6分の1の重力2018年10月24日 00:39

6分の1の重力
6分の1の重力


月の重力は、地球の6分の1だそうだ。

(月の重力場)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%88%E3%81%AE%E9%87%8D%E5%8A%9B%E5%A0%B4

「月面の重力加速度は、1.6249 m/s2であり、地球上の約16.7%である。月面全体では、0.0253 m/s2以下(重力加速度の1.6%)の変動がある。」

細かいことは、この際無視してしまう。

16.7パーセントというのは、概ね6分の1だ。

現代なら、月着陸船の操縦訓練を行うのに、実機を制作して、地球上で飛ばして練習するなんてことはあり得ない話(とーぜん、コンピューター使ったシミュレーターでやるでしょう?)だが、アポロの開発時代(1960年代:半世紀以上昔)では、それが行われていた。

(Apollo Lunar Module:Astronaut training)
https://en.wikipedia.org/wiki/Apollo_Lunar_Module#Astronaut_training

「宇宙飛行士が月着陸技術を学ぶことを可能にするために、NASA は1964年にBell Aerosystemsと契約し、月の重力をシミュレートするために重量の5/6に対応するジンバル搭載垂直ジェットエンジンを使用した月着陸研究車両(LLRV)それ自身の過酸化水素スラスタに加えて、LMの降下エンジンと姿勢制御をシミュレートします。」(自動翻訳のまま:以下、同じ)

「1966年に3台のLunar Landing Training Vehicles(LLTV)を運営し、LLRVとともにヒューストン人工衛星センターで宇宙飛行士を訓練しました。」

LLRV2機とLLTV3機のうち、3機が墜落してぶっ壊れたという。

(Lunar Landing Research Vehicle)
https://en.wikipedia.org/wiki/Lunar_Landing_Research_Vehicle

「研究用車両は、ジンバルに搭載された単一のジェットエンジンを使用して垂直に指向する垂直離着陸車両でした。それは車両重量の5/6をキャンセルするように調整」

「1つのLLRVと2つのLLTVがクラッシュで破壊されました」

かなり物騒な代物だな。

「すべてのアポロ着陸の最終段階では、任務司令官が手作業で操縦しました。アポロ11司令官のニール・アームストロング氏は、着陸地の選定に問題があるため、LLTVに関する広範な訓練がなければ、彼の使命は成功しなかったと語った。」

「1968年5月6日、アームストロングは、制御問題の後に約200フィート(60m)の高度からLLRV#1の排出シートを使用することを余儀なくされ、地上に着陸する前に完全なパラシュートで約4秒を過ごしました。」

昔の宇宙飛行士は、確かに身体を張って取り組んでいたと言えよう。

クラッシュした練習機からは、射出座席で脱出している。

墜落した他の2機の操縦はテストパイロットによるものだが、死者は出ていないようだな。

やれやれ・・・。

・LLRV♯1:1964年10月30日初飛行:1968年5月6日墜落:ニール・アームストロング操縦

・LLRV♯2:1967年1月出荷:エドワーズ空軍基地内のアームストロングフライトリサーチセンターで展示

・LLTV♯1:1968年6月飛行試験を開始:1968年12月8日墜落:Joe Algranti(テストパイロット)操縦

・LLTV♯2(NASA 952):ジョンソン宇宙センターで展示

・LLTV♯3:1971年1月29日墜落:Stuart Present(テストパイロット)操縦

「このユニークな航空機は、空中に浮かぶ数少ないハードウェアシミュレータの1つです。」

浮沈子が面白いと思ったのは、これを制作したのがベルエアロシステムズであったことだな。

月着陸船の実際の製作では、上昇ステージのエンジンを担当した。

LLRVやLLTVが相当する降下ステージのエンジンは、以前にも書いたようにTRWが担当している。

へえー・・・。

練習機の操縦用ロケットは、過酸化水素を用いたようだが、ニールアームストロングによれば、再現性は良かったようだ。

「推力が100〜500 lbf(440〜2,200 N)の範囲で変更可能な2つの過酸化水素リフトロケットは、車両の降下速度と水平移動に対応していました。」

「イーグル(月のモジュール)は、私が宇宙センターの近くのエリントン空軍基地で30回以上飛行していた月面着陸訓練車両のように飛行しました。」

まあいい。

垂直に推力を掛けることにより、空中にテストベッドを浮かべて月の重力を再現し、宇宙飛行士に月着陸船の操縦を練習させた空飛ぶシミュレーターだ。

アポロ計画の名脇役だな。

JAXAは、次期月探査計画で、月着陸機の降下ステージを作ることを目論んでいるようだが、そのシミュレーターが実機で作られることはないだろう。

つーか、操縦なんて自動で行われて、人間がジョイスティックをグリグリすることなんてないに違いない(タブレットで、着陸地点をポイントするくらいか:その選定もAIがやるんだろうな)。

宇宙船の操縦を最終的に人間が行っていた古き良き時代の遺物、AIによる自動運転以前の野蛮な時代(今もそうですが)の名残り、歴史の彼方に霞んで、やがて忘れ去られていく運命の20世紀の機械たち。

こんな話は、アポロの時代にはいろいろあったんだろうな・・・。

(Lunar Landing Training Vehicle (LLTV): "300 Feet To The Moon" ~ 1971 NASA; Lunar Module Trainer:追加:動画出ます)
https://www.youtube.com/watch?v=D3Y5YN4tQ78

ヒトの遺伝子をいじくる話2018年10月24日 22:46

ヒトの遺伝子をいじくる話
ヒトの遺伝子をいじくる話


昔から遺伝子工学に興味があって、周辺の情報を漁ってきた。

最近も、特に宇宙関係で遺伝子改変の話がいろいろ出てきて、その度にヒヤヒヤドキドキしている。

生命は、存在環境や生態系の中で、絶妙なバランスをとって生きており、細菌の遺伝子をちょろっと弄って組み込んだからといって、その能力を継続的に発揮したり、次世代に繋いだりはできない。

ある特殊な環境の下で、様々な条件を整えて発現させることが出来るわけで、殆どは一代限り。

例外的に、単細胞生物などは、分裂して増殖することによって継続的に組み込んだ遺伝子の能力を発揮できる。

人間じゃ、とても無理だな・・・。

少なくとも今は。

(人類は火星移住に向け、遺伝子改変で“進化”する──科学者の提案と、その倫理的な考察)
https://wired.jp/2018/10/23/genetic-engineering-for-mars/

全体的には、かなりアグレッシブなトーンになっている。

子は親を選べないということから、親は子供に何をしてもいいという論理を導く辺りは、かなりなもんだな。

火星に行くのが、そんなに偉いのかあ?。

「当然のことながら、火星を植民地にするとか、移住するといった話は考えられない。」

この辺までは、いい感じで読んでたんだがな。

「だが、NASAで働く研究者も含む一部の生物学者が、人間は宇宙旅行に適するように遺伝子を改変できるかどうか、真剣に検討し始めている。彼らの問いは、人類の進化における次の局面で人類自身がどのような責任と義務を負うのかという、深い問いにもつながっている。」

どうも、米国では、この手の話が最近流行っているらしい。

(宇宙人の作り方?)
http://kfujito2.asablo.jp/blog/2018/03/25/8811112

「現在のレベルで、放射線耐性のある遺伝子を人類に組み込むような話を、まともに取り上げる研究者は皆無だろう。」

浮沈子は、そう感じていて、正直に書いたんだが、事実は遥かに先行していたようだ。

(「合成生物学の衝撃」の衝撃 )
http://kfujito2.asablo.jp/blog/2018/05/18/8853481

「以前、彼女が一般向けの講演で、「意志による進化」という自らのアイデアを生き生きと語ったとき、会場からはヒトゲノムを改変することへの疑問の声など出なかった。」

「代わりに人々は、合成生物学が切り開くかもしれない人類の新たなフロンティアに驚嘆し、盛大な拍手を送った。」

本のエピローグからの引用だが、もう、そういうのが当たり前というか、倫理とかより行動が先行する情勢が蔓延しているようだな。

ワイアードの記事でも、同じ論調がみられる。

「太陽系の大変動によって人類が絶滅することを避けるために、複数の恒星系に居住可能な環境を確立すること」

「道徳的優先順位がどうであろうと、まずは生き残ることを考えるべきです」

そこには、静かに滅亡を受け入れるという東洋的発想はない。

現生人類だけが拡張指向を持っているかのような記述も、植民地から成りあがった米国的発想だな。

ヤシの実だって、数千キロを旅して新たな命を宿す冒険心(?)がある。

脳の高次機能の発達は、動物の行動に多様性を与え、環境の変化に対する耐性を向上させてきた。

その成れの果ての人類が、とち狂って遺伝子そのものを改変したり、宇宙空間に進出したりするのも、進化の一部であることは間違いない。

太陽系の一大事に対応するために、火星とか星間空間で生き延びようとするのも結構だ。

やれるもんなら、やってみろってんだ!。

「起きるかどうかではなく、いつ起きるのか、という話です」

まあいい。

リサニップといい、クリスメイソンといい、前のめりになっている連中がいて、それに同調しているその他大勢がいるという話は分かった。

浮沈子が好きなSFコミックに、2001夜物語というのがあって、その中にスターシードというのが出てくる。

(ねぎぼうず宇宙)
http://blog.livedoor.jp/cm4619/archives/2156264.html

「空想の世界では星野宣之氏のSFコミック「2001夜物語」では第19夜「緑の星のオデッセイ」で絶滅に瀕した惑星から種を宇宙に打ち上げて星間種子(スター・シード)を飛ばす巨大植物なんかも登場します。」

自らの遺伝子を改変してまで、宇宙空間に飛び立とうとしている米国は、絶滅に瀕した国家なのかもしれないな。

米国だけではなかろう。

人類全体が飽和し、閉塞感の中に叩き込まれている。

それを打開するために、目を外に向けさせ、国内(地球上)の懸案から目をそらさせようという話かもしれない。

少数の宇宙飛行士の話ならいい。

本人たちが納得ずくでいく話だからな。

しかし、人類播種計画は余計なお世話だ。

浮沈子は、宇宙になんて行かないぞ!(そもそも、行けないけど)。

まあ、どうでもいいんですが。

この、穏やかで居心地のいい惑星の上でぬくぬくして、静かに滅びていくのがいい。

それは、数百年後かも知れないし、もっと遥か先のことかも知れない。

その時のことは、その時の人々が決めればいい。

火星探検は容易ではないこと、そのためには、遺伝子改変すら必要かもしれないこと、植民とか移住とかは現状では考えられないということはよく分った。

宇宙空間に適応することが優生学的価値かどうかは、大いに議論があるだろうが、その研究のスピンオフが、がんの遺伝子治療などに繋がれば幸いだな。

ワイアードの記事は、宇宙空間における無重力や、火星の低重力の影響について直接触れていないけど、そいつも確認しておく。

(火星の重力は地球と比べてどのくらい小さい?地球を1とすると・・)
http://40sfile.com/kasei-juryoku

「太陽・・・28.01
水星・・・0.38
金星・・・0.91
地球・・・1.00
火星・・・0.38
木星・・・2.37
土星・・・0.93
天王星・・・0.89
海王星・・・1.11
月・・・0.17」

「重力が少ないとなると、先ず思いつくのは骨密度の低下です。」

「基本的には、背が高くなる、循環器系の衰退などです。」

無重力に長期間晒されるISSミッションでは、宇宙飛行士は地球帰還後に立っていられないほど筋力が低下している。

世代を重ねた火星人が、どんな姿になっているかを考えると、ブキミーな想像を掻き立てられるな。

イカタコ星人のようになった未来の人類・・・。

「「それは種の形成なのです」とメイソンは言う。」

違いない・・・。