全翼機とRR2018年10月31日 08:10

全翼機とRR
全翼機とRR


(宿痾(しゅくあ))
http://kfujito2.asablo.jp/blog/2013/05/26/6823875

「911というクルマは、スポーツカーにとっては致命的な欠点となる、リアオーバーハングに自動車の最大の重量物であるエンジンを搭載することを、自らに課し続け、それを宿命として受け入れ、弛まぬ技術の投入で手懐けてきたのだ。」

人類もまた、直立二足歩行という地球重力下では不利な形態を保ちつつ、巨大な脳を支えてきた。

久しぶりのポルシェネタだなあ・・・。

F-2戦闘機の後継機のことを調べていて、全翼機にぶち当たっている。

(F-35に勝る? フランスとドイツの次世代ステルス戦闘機)
https://www.businessinsider.jp/post-170841

「ダッソーの新型戦闘機は動画では、垂直尾翼を持っていないようにも見える。」

B-2みたいなやつだ。

(全翼機)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%A8%E7%BF%BC%E6%A9%9F

「全翼機には設計上の困難が多く、完全な実用機となったものはB-2しかない。」

静的安定性を得ることが難しく、常時、エンジン出力を含めたコンピューターによる制御下に置かなければ実用化は困難だったわけだ。

B-2の場合は、戦略爆撃機として、敵中深く侵入し、大量の爆弾を投下したり核兵器をおっこどしてこなければならないからな。

F-2戦闘機の後継機絡みで出てきたのは、フランスのダッソー社が開発しているといわれている第6世代戦闘機や、各国で開発されている無人機のうち、X-47Bみたいに平べったいカッコしたやつだ。

これらは、おそらく全て空力的な不安定要素を抱えたまま設計され、それを電子制御で動的に補うことによって成立している。

RRの911もまた、リアオーバーハングに重量物であるエンジンを置きながら、電子デバイスを駆使した動的制御を行って、高機動時の安定を確保するようになってきた。

最早、RRであることの不利を感じることはない。

地べたに這いつくばって走っているクルマと、天空を駆ける航空機とを比較するというのもなんだが、物理の神様にケンカ売って、機械的不安定要素を電子デバイスで塩梅して、システムとして成立させるという点では似ている。

21世紀の産物だな(B-2は、20世紀に開発されましたが)。

YF-23が先進的に見えた時代は遠く過ぎ去り、現在の流行は無尾翼の全翼機になってきたのかもしれない。

(YF-23 (航空機))
https://ja.wikipedia.org/wiki/YF-23_(%E8%88%AA%E7%A9%BA%E6%A9%9F)

「アメリカ空軍向けにノースロップ(現・ノースロップ・グラマン)/マクドネル・ダグラス(現・ボーイング)が設計した試作ステルス戦闘機。」

電子の帝国が機械の王国を席巻していく。

21世紀は、さらにその先を目指していく。

今は爆撃機とか攻撃機或いは偵察機位だが、そのうち戦闘機は無人になり、編隊を組み、地球を覆う人工衛星のネットワークと接続され、指向性高エネルギー兵器(光線銃ですな)をぶっ放すようになるのだ。

いや、鳥型とか昆虫型のドローンになって、いつの間にか侵入し、待機し、自爆して目的を果たすようになるのかもしれない。

(殺人無人機「キラードローン」の歴史と未来)
http://gigazine.net/news/20140520-lethal-drones-of-the-future/

「汎用性の高いマイクロドローンはアメリカ軍の最終的な目的になっているだろう」

人間が操縦する機械(ふつーのヒコーキ)に爆弾積んでおっこどしたり、マシンガンやミサイル積んでぶっ放す時代は、あと少しで終わるだろう。

それをコントロールするのは、最終的には人間だが(そう願いたいもんだな)、それは遠く離れた安全なオフィスのなかで、AIの支援(指図?)を受けながら行うことになる・・・。

戦争は、大量破壊兵器を生み出したが、最早、余りに強力過ぎて、実際に使用するには制御が追い付かなくなってきている。

空飛ぶ兵器は、人間の手による操縦ではなく、機械自身の能力によって操られ、飛行し、目的を果たす。

ポルシェが自動運転になるには、もうしばらく(人間側が納得するための)時間が必要だろうが、同じころには戦闘機だって自動操縦になっちまうだろうな・・・。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
kfujitoの徒然の筆者のペンネームは、
「○○子」です。
○○を記入してください。

コメント:

トラックバック