氷河時代のややっこしい話2018年12月31日 11:45

氷河時代のややっこしい話
氷河時代のややっこしい話


地球温暖化について書いたついでに、氷河時代について調べた。

気軽に使っていた氷河時代という言葉は、気候学的には厳密な使い方をされているようだ。

日常語としては、就職活動が困難になる雇用状況を指すことが多い(そうなのかあ?)。

浮沈子的に、今回調べて分かったことは、氷河時代と氷河期はイコールではないということだ。

逆に意外だったのが、氷河期と氷期は同じということだな。

で、ややっこしいから氷河期という表記はしない様にしようという話になっている(ここでややっこしくしてどーする?)。

まあ、どうでもいいんですが。

(氷河時代)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B7%E6%B2%B3%E6%99%82%E4%BB%A3

「地球の気候が寒冷化し、地表と大気の温度が長期にわたって低下する期間で、極地の大陸氷床や高山域の氷河群が存在し、または拡大する時代である。」

しかも、人類史的な観点から記述される時には、氷河時代と言えば、5つある代表的な氷河時代の中で、最後の氷河時代のことを指すと相場が決まってるんだそうだ。

知るかよ・・・。

「氷河期は氷河時代と氷期の両方の意味で使用されてきたが、混乱を避けるため、今後は氷期と同義とし、できれば本用語の使用は避け、氷期を使用するべきである」(2014年に提唱)

「単に「氷河時代」といった場合、一般的には人類史とのかかわりが深い新生代第四紀更新世の氷河時代(新生代氷河時代、第四紀氷河時代とも表記)を指すことが多い」

代表的な氷河時代として、5つが挙げられている(これ以前に、ポンゴラ氷河時代(29億年前から27億8千万年前まで)というのがあったらしい)。

・ヒューロニアン氷河時代:22億年前(スノーボールアース?)
・クライオジェニアン:8億5000万年前から6億3000万年前:スノーボールアース)
・アンデス-サハラ氷河時代:4億6000万年前から4億2000万年前
・カルー氷河時代:3億6000万年前から2億6000万年前
・現在の氷河時代(新生代第四紀更新世の氷河時代(新生代氷河時代、第四紀氷河時代とも表記)):約258万年前から

で、この氷河期の中に氷期と間氷期があり、さらに亜氷期と亜間氷期がある。

「氷河時代の中でも、中緯度地域まで氷河や氷床に覆われるような、特に氷河の発達した寒冷な時期を氷期という」

「氷期と氷期の間の温暖期で、相対的に氷河が縮小した時期を間氷期という」

「氷期の中にも氷河・氷床の極大期と極小期があり、それぞれ亜氷期と亜間氷期と呼ばれる。」

氷期の一覧を表記しておこう(だから、ややっこしくするなって!)。

・ヴュルム氷期:15–70(単位千年:以下同じ:最終氷期とも表記!)
・リス氷期:130–180
・ミンデル氷期:230–300
・ギュンツ氷期:330–470
・ドナウII氷期:540–550
・ドナウI氷期:585–600

現在は、ヴュルム氷期後の間氷期(後氷期)に当たる。

現代は、氷河時代の中の間氷期だからな。

最終氷期(すでに終わっている)の中の亜氷期、亜間氷期を見ても仕方ないけどな。

「最終氷期終了前後から現在にかけてはヨーロッパの泥炭湿地で発見された花粉層序がしばしば用いられ、現在では最終氷期の終了から後氷期にかけての気候変化を表現する際に幅広く使われている。」

せっかくだから見ておこうか。

・オールデストドリアス:13,000BCE-(2,500年間):寒冷(亜氷期)
・ベーリング:10,500BCE-(500年間):冷涼-やや温暖(亜間氷期)
・オールダードリアス:10,000BCE-(200年間):寒冷(亜氷期)
・アレレード:9,800BCE-(1,000年間):温暖(亜間氷期)
・ヤンガードリアス:8,800BCE-(500年間):寒冷(亜氷期)
・プレボレアル:8,300BCE-(600年間):冷涼(亜間氷期)
・ボレアル:7,700BCE-(2,200年間):温暖乾燥(亜氷期)
・アトランティック:5,500BCE-(2,500年間):温暖湿潤(亜間氷期)
・サブボレアル:3,000BCE-(2,500年間):温暖乾燥(亜氷期)
・サブアトランティック:500BCE-現在:冷涼-温暖湿潤(亜間氷期)

細かい・・・。

氷河時代とかは、1千万年から億年単位だが、氷期・間氷期は1万年から10万年単位、亜氷期・亜間氷期は100年から1000年単位だ。

なお、氷河時代と氷河時代の間は、温室時代とか無氷河時代とか言われているようだな。

地球は寒暖のサイクルを繰り返しながら、太陽の周りをまわっている。

液体の水を保持しながら、比較的安定した気候を保っているのだ。

金星のように500度の高温になることもなく、火星のように乾ききってしまうこともなく。

スノーボールアースとか、破局噴火とか、ヤバい話を乗り越えて、生命はその命脈を保ち続けている。

人類が、余程のドジを踏まない限りは、まあ、死に絶えることはないだろう。

大ドジ、踏むかもしれないけどな・・・。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
kfujitoの徒然の筆者のペンネームは、
「○○子」です。
○○を記入してください。

コメント:

トラックバック