とうとう国際感染症に?2018年12月31日 15:34

とうとう国際感染症に?


(Doctor exposed to Ebola brought to United States)
https://www.politico.com/story/2018/12/29/ebola-doctor-united-states-1076875

「医師はDRCの宣教師病院で働いていて、その後エボラ陽性であるとテストされた重症患者を治療しました。1日後、医師は曝露後予防策として実験的エボラワクチンを接種され、1週間観察されています。」(自動翻訳のまま:以下同じ)

この記事だけでは、この医師が感染しているかどうかは分からない。

(American Flown To Nebraska After Possible Ebola Exposure)
https://www.npr.org/2018/12/30/681016402/american-flown-to-nebraska-after-possible-ebola-exposure

「この人はウイルスにさらされた可能性がありますが、病気ではなく、伝染性もありません」

推測で書いてはいけないんだろうが、適切な防護措置なく診療したのかもしれないし、治療の過程で飛沫を浴びたか接触感染の疑いがあるのかもしれない。

真相は不明だ(当事者の性別すら不明だ)。

症状は出ていないというから、ひょっとしたらセーフかも知れないしな。

3週間(既に1週間経過し、さらに今後2週間観察する)というのは、発症までの監視期間としては十分だな。

つーことは、エボラ陽性かもな(未確認)。

まあ、何かやらかしちゃったことは間違いない。

やれやれ・・・。

やや不可解なのは、事後的にワクチン接種を受けていることだ(曝露後予防策として)。

(曝露後予防:記事はHIVについて:追加)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9B%9D%E9%9C%B2%E5%BE%8C%E4%BA%88%E9%98%B2

「HIVに感染したかもしれない行為の後でも、72時間以内に抗HIV薬の内服を開始して、内服治療を28日間続ければ感染リスクが低減する」

エボラの場合は、ワクチンを抗エボラ薬(って、たぶんないんでしょうけど)の代わりに使っていることになる。

本来なら、患者と接触する可能性がある医療職は、事前にワクチン接種を受けるべきだけどな。

ワクチンの機序としては、別のウイルスの表面のマーカーを、遺伝子組み換えによってエボラウイルスのものが発現するようにしてあるだけの、エボラ的には不活性ワクチンのようだ。

(rVSV-ZEBOV vaccine:Chemistry:追加)
https://en.wikipedia.org/wiki/RVSV-ZEBOV_vaccine#Chemistry

「生の弱毒化組換え 水疱性口内炎ウイルスであり、その中で、天然のエンベロープ糖タンパク質の遺伝子が、エボラウイルス、Kikwit 1995 Zaire株由来の遺伝子と置換されている。」

T細胞とかが活性化して、ウイルスに取り付き、中和的に感染を抑えるという仕組みらしい(元のウイルスで水疱性口内炎にならないように、弱毒化はしてあるようだ)。

本当に感染したなら、本物のウイルスが抗体の産生を促すだろう。

それとも、事後に接種したメルクのワクチンの方が、効果があるとでも言うんだろうか?(未確認:免疫系を上手く刺激してくれれば、本物が悪さする前に活性化することが出来るのかもしれない)。

日本語記事も上がっている。

(米国人医師、コンゴでエボラウイルス接触の疑い 経過観察へ)
https://www.cnn.co.jp/world/35130800.html

「何らかの症状が出た場合も、ここには世界最高クラスのチームがいる」

だから、発症して助からなかったら諦めてくれということなのか(そんなあ!)。

まあ、どうでもいいんですが。

ウイルスが検出されているとすれば、ワクチンとかではなく、試験的な治療方法が行われるべきだろうけどな。

つーことは、まだ陰性なのかもしれない。

北キブ州とイツリ州以外での感染は報告されいないから、そのどちらかの勤務地での暴露ということになる。

ハイリスク地域での勤務で、医療者へのワクチン接種がなかったことが問題だろう。

詳しい事情は分からないけど、米国としては大チョンボだ。

プロ中のプロのCDCスタッフが全員引き上げているのに、現場で働くスタッフはほったらかしだったわけだからな。

まあいい。

自己責任だから、そういうところは大目に見てもらえるのかもしれない。

感染地域から感染の疑いがあるスタッフを撤収させるのは、標準的な手順だ。

それでなくても貧弱な現地の医療資源は、現地の住民のために使われるべきだからな。

現地からネブラスカへの経路がどうだったのかは知らないが、適切に感染ブロックがされていたことを願う。

もし感染していたら、今回の流行が国際感染症に昇格(!)することになる。

感染者は、今朝の集計では596人となっている。

死者は361人(いずれも、疑い症例除く)。

その疑い症例は、たった8人しか計上されていない。

おまけに、最大の懸案のブテンボで増加している。

ワクチンは射てず、トレースはできず、医療スタッフは曝露され、大都市での感染者が増加している(2人ですが)。

踏んだり蹴ったりだなあ・・・。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
kfujitoの徒然の筆者のペンネームは、
「○○子」です。
○○を記入してください。

コメント:

トラックバック