んーなしぃ、がんばらや~(みんなでがんばろうね)2019年01月07日 07:43

んーなしぃ、がんばらや~(みんなでがんばろうね)
んーなしぃ、がんばらや~(みんなでがんばろうね)


宮古島ダイビングツアーから帰ってきた。

暖かい南の島から、極寒の東京へ。

帰りたくなかったけど・・・。

まあ、そうもいかないからな。

一応、ダイビングツアーだから、潜ったポイントを記しておく(数字は、解説ページの地図中の番号)。

1日目(1月2日):
・JDC:赤21
・ツインケーブ:赤18

2日目(1月3日):
・なるほど☆ザ☆ケーブ:赤16
・中の島チャネル:赤10
・ミニ・グロット:赤7

3日目(1月4日):
・魔王の宮殿:赤1
・中の島ホール:赤11
・本ドロップ:赤9
・来間ビーチ:青2

4日目(1月5日):
・崖下:緑10
・クロスホール:緑2
・沈船:緑12

各ポイントの解説は、今回お世話になったマレア宮古島のページを参照されたい(手抜きじゃん!?)。

(ボートダイビング・ダイビングポイント)
https://marea-miyako.jp/fun_diving/

初日は我々だけの乗船だったが、2日目からは乗り合いとなった。

12本ダブりなしで、海況等を考えれば見事な展開(最終日は南風)。

各ポイントは、それぞれ特徴があって、天気こそ小雨或いは曇り時々晴れで、ピーカンというわけにはいかなかったが、洞窟潜水(カバーンですが)を楽しめた。

来間島のビーチも、まったりとして癒し系だ(最大水深6m)。

最後に沈船を見られたのは良かったな。

浮沈子は3日目に船酔いになり、船尾と水中で吐きまくった。

まあ、吐いてしまえば楽にはなるが、昼の弁当を食えなかったのが返す返すも心残りだ(そういうことかあ?)。

それ以外は、耳抜きに苦労して、皆さんを待たせたりしたが、時間を掛けてゆっくり潜ればなんとか抜けてきたので助かった。

無理は禁物。

2日目のミニ・グロットで、一度浮上してから潜る時に、上手く抜けなくて苦労した程度。

それ以外は、特段のトラブルはなかった。

ビーチダイビングの際に、活動量計を無くしてしまったくらいか(トホホ・・・)。

ああ、5mmのウエットが、ポケットを縫い付けたところから破れてしまった。

形あるものは全て壊れる運命だからな。

活動量計は、買い替えろという天の声か。

ウエットは修理に出す。

宮古島は、地形とマクロ中心だな。

群れとかもいたし、ギンガメアジを見たメンバーもいたようだ。

今回は、水中カメラを持っていかなかったけど、ダイビング自体は楽しかった。

着底なし、天井タッチ1回で、何とかこなした。

マレスのフィンだが、細かいコントロールがしやすく、狭いところはこれに限るという気がした。

流れに逆らったりする時は、脚力勝負になるけどな。

今回は、そういう場面はなかった。

アフターダイブでは、ライブ付き島料理の店(セイルインの隣)に初日と最後の晩で騒いだ。

2日目は焼肉、3日目が海鮮料理。

ホテルの向かいのマッサージには3日目と4日目に行って、凝り固まった身体をほぐしていただいた。

帰りの器材は、重い工具や予備のファーストステージなどを宅急便にして、それ以外は20kgギリギリで持って帰ってきた。

空港では、手荷物に入れたライトの電池を抜くように言われたが、往きは言われなかったな。

まあいい。

次回からは抜いておこう。

そう、次回のダイビングの予定を立てなければならない。

とりあえず、シェルドライの練習をやる日程は決まっている。

国内の島や海外にも行けるようになったので、なるべくなら1年以上我慢を強いられていた環境に飛び出したい。

画像は、神田方面のお土産に買った「ちんすこう」の箱だが、「宮古島まもる君」という怪しげなマネキン人形がモチーフになっている。

(宮古島まもる君)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%AE%E5%8F%A4%E5%B3%B6%E3%81%BE%E3%82%82%E3%82%8B%E5%90%9B

「宮古島市では、鉛筆やボールペン等の文房具・携帯ストラップ・クッキー・清涼飲料水等のキャラクター商品が販売されて人気となっている」

箱には、19体の勤務地(配置場所)と名前(「まもる君」というのは、全体の名称としても使われているが、実際には特定の個体の名称で、みなそれぞれに名前が異なる)が書かれている。

・すすむ君:狩俣線勤務
・いさお君:大浦公民館前勤務
・たかや君:宮古島市公設市場前勤務
・こうじ君:西原入口勤務
・りょうぞう君:郡農協交差点前勤務
・まさお君:比嘉入口勤務
・かずき君:下地小学校勤務
・たくま君:ユートピア入口勤務
・ひとし君:宮古電水前交差点勤務
・あつし君:ドイツ村交差点勤務
・きよし君:ドイツ村入口勤務
・いずる君:上野小学校前勤務
・まさかつ君:宮古島海宝館前勤務
・てつや君:長間宅前交差点勤務
・まもる君:宮古島警察署勤務
・じゅんき君:伊良部勤務
・としお君:フジレンタカー隣勤務
・いたる君:宮古島空港ロビー勤務
・つよし君:多良間村勤務

勤務地については、時々移動(異動?)があるようなので、現状とあっているかどうかは知らない(上記は、菓子箱より)。

まあ、何のことはない、警察官のカッコしたマネキン人形だ。

最近流行りの、御当地ゆるキャラというわけでもない(未確認)。

設置は、平成3年8月5日(「385」で、「みやこ」)だとさ・・・。

ネットなどで見ると、宮古まもる君と表記されていることもあるようだが、設置当時は、宮古警察署(現宮古島警察署)であったためと思われる。

(宮古島警察署)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%AE%E5%8F%A4%E5%B3%B6%E8%AD%A6%E5%AF%9F%E7%BD%B2

「元々「宮古警察署」という名称であったが、2005年(平成17年)に平良市・城辺町・上野村・下地町・伊良部町の5市町村が合併して「宮古島市」となったことに伴い現在の名称となる。」

ちなみに、商標登録上の名称は「宮古島まもる君」となっているらしい(菓子箱の解説による)。

なんと、歌まである!。

(宮古まもる君のうた@クイチャーフェスティバル2009:動画出ます)
https://www.youtube.com/watch?v=X68jIG83jaY

2009年デビューで、警察署の名称が変更後なんだが、曲名は「宮古まもる君のうた」のままとなっている。

まあ、どうでもいいんですが。

ったく、宮古島に何しに行ったんだか・・・。

つーか、ダイビングだけでない、豊かな時間を過ごしてきたというわけだな。

東京に戻って、途端に元気が失せて、ブログは今朝になってから書き始めた。

ダイビングなどの詳細については、少し回復してから書くことにしよう・・・。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
kfujitoの徒然の筆者のペンネームは、
「○○子」です。
○○を記入してください。

コメント:

トラックバック