4日目で2本になったロタダイビング2019年02月01日 02:56

4日目で2本になったロタダイビング
4日目で2本になったロタダイビング


お客さんが入れ替わり、4日目のダイビングはサブチェイサーとジョアンズリーフ。

1本目はBCのトラブルに泣いた。

ダンプバルブからエアーが漏れてしまって、浮力のコントロールが上手くいかず焦った。

こういう時に限って、フロートを持っていなかったりするんだよな・・・。

いざとなれば、ウエイトを捨てて肺の浮力だけで十分上がれるから心配には及ばないし、深度が変わっても浮力に変化がない服装なので、コントロールも容易だ。

が、まあ、不快であることに違いはない。

SMS50のデフォルトのダンプバルブは右側で、カウンターウエイトを着けているとはいえ、左のタンクが下がり気味になっているので余計漏れる。

エキジットしてダンプバルブをばらしてみたら、ゴム製の弁が外れていた。

真ん中の穴に軸を差し込んで締め直したら直った。

2本目では漏れは全くなく、快適なダイビングが可能だった。

前後のトリムについては、邪道ではあるが、タンクを少し前方に押し出す感じでバランスさせることが可能であることが分かった。

ちょっと人様には見せられない感じになるが、本人が快適であればそれでいいのだ。

今日の出物は、イソマグロ(浮沈氏は見られませんでしたが)とナポレオン(カメも出たとか)。

こんなもんか。

2本目は、多少流れに逆らって戻るような感じになったが、バランスを修正してトリムが取りやすくなっていたので問題はなかった。

残圧はだいたい90くらい。

結構吸っている。

今日は耳抜きも問題なく、バルブのトラブル以外は快適だ。

エントリーの際、3日目の2本目まではタンクを船上から渡してもらっていたんだが、船倉の蓋の上(舷側と同じ高さ)に置いて、装着してからバックロールで入るようにした。

水中では、バンジーだけ着ける。

ここのタンクは、タンクバルブのグリップの反対側の出っ張りがなく、フライトのヨークバルブの出っ張りに引っ掛けている。

テンションは、まあ、こんなもんか。

若干調整の余地はある。

あと3日間だが、どこまで詰め切れるかな・・・。