5日目はよく泳いだロタダイビング2019年02月02日 05:38

5日目はよく泳いだロタダイビング


新しいゲストが加わり、浮沈子入れて4人になったお客さん。

うーん、ちょっと心配な感じ・・・。

シーズンオフでも、5、6人のゲストは欲しいな。

今日も2本だが、1本目はファイアーワークスから松運丸までのドリフト、2本目はナンバーワンでのドリフト。

ここのドリフトは、流されていくというより、ほぼ泳ぎ続ける。

それ程距離はないんだが、1本目は少なくとも400m位は泳いでいる(松運丸の船尾を上から見たのは初めて)。

2本目も、エキジットするために沖に出る際はアゲインストになっているから、相当泳いだ。

残圧も60とか70とか。

やれやれ・・・。

出物は2本目のバラクーダの群れ。

足の筋肉痛と戦いながらの毎日も、あと2日となった。

今日は3本の予定で、集合時刻も朝8時半に戻る。

昨日、一昨日は、10時半とか11時半だったのでのんびりできたんだがな。

まあいい。

動かざる者食うべからず。

昨夜は、新しく来られたゲストの方とバレンチノで夕食をご一緒した。

メニューはチキンカツカレー。

ワンプレートにカレールーがかかったチキンカツ(えーと、カレールーの上にカツが乗っているのでないところに注意)に円錐台状のライスとボイルドサラダが乗っている。

分量としては、カツがデカい(草履サイズ)。

ライスは、大盛りにしてもらったが、その割にはふつーだった。

別に、サラダとスープが選べるので、サラダにした(前回のポークカレーは、両方ついてきたのにな)。

まあ、どうでもいいんですが。

帰りに、ハーベストマーケットに寄って、飲み物などを調達する。

ここは、遠いのであまり来たことはなかったが、アンズコンビニエンスストアよりは品数が多いような気がする。

ラッキーストアより、パンの種類が豊富だそうだ(あまり良く見てないので、聞いた話です)。

問題なのは、ここにも2匹のケルベロスがいて、近寄る客に吠え掛かることだな。

ラッキーストアだけは、その手の犬はいない。

戌年のくせに、イヌが苦手の浮沈子。

今回は、筋肉痛のために、余り出歩かないようにしている。

ダイビング優先の毎日(食事優先ともいう?)。

まったりとした癒し系のダイビング。

インドメタシン入りの塗り薬が頼りだけどな・・・。

6日目はまったりロタダイビング2019年02月02日 18:56

6日目はまったりロタダイビング
6日目はまったりロタダイビング


ポーニャポイント、サンタクロースリーフ、ケーブルラン(初)。

巨大ウミウチワのあるドリフトダイビングの1本目や、例によって人文字と水中サーフィン、ヨスジフエダイ招き(?)、イエローカーディナルフィッシュの癒し系(なぜか、ここはエアーの消費量が最大になる)の2本目。

3本目は、たぶん初めて。

リン鉱石搬出の跡地らしい。

サブチェイサー(駆潜艇)の残骸と、なぜそこにあるのか不明な1枚だけの大きめのスクリュー。

鎖を辿っていくと見つかる。

今日の出物は1本目の小型のカメと、2本目のイカの群れ。

そんなもんが珍しいロタのダイビングも、あと1日を残すだけとなった。

楽しいことが過ぎるのは早い。

今日は、部屋で静かに冷蔵庫の在庫整理に勤しむ。

ロタでのサイドマウントの一つのスタイルが落ち着いてきた。

初日のジタバタに比べたら、格段の進歩だが、3mmでもウエットスーツがあった方がいい。

さもなければ、軽くて硬いフィンを選択するかだな。

次回以降の課題だ。

ロタは、ロタホールのシーズンに必ず来る。

そう決めた。

確かに乗り継ぎで来るのは大変だし、天候のリスクもある。

今回は、前半は曇り時々雨だったが、中盤以降は晴天に恵まれた。

スタッフや陸上の様子は変わったが、透明で青い水中は以前のままだ。

その中で水中を漂っているのがいい。

ロタの海 ひねもす ふわりふわりかな

まあ、どうでもいいんですが。

時々インターネットへの回線が切れることがあるけど、ホテルの部屋でワイファイが繋がってくれるのが有難い。

バレンチノは、ロビーとかでないと繋がらない部屋もあるようだ。

コーラルガーデンは繋がらないだろう(未確認)。

ベイビューでいい。

部屋の時計が止まったままであるとしてもだ。

まあいい。

明日はダイビング最終日。

7日間に渡ったダイビングの総決算だ。

安全第一、のんびりまったりのロタダイビングを続けよう。

今回の最終日は、次回の予行演習のようなもんだからな。

気を抜かずに、次に繋がるダイビングにしよう・・・。