低温順応或いは霙の降る中5mmウエットで潜る単なるアホ(年寄りの冷や水ともいう)2019年02月10日 09:37

低温順応或いは霙の降る中5mmウエットで潜る単なるアホ(年寄りの冷や水ともいう)


一週間前は水温28度、最低気温25度(最高気温30度)の環境でダイビングしていたのに、昨日はシェルドライの手首のシールを破ってしまって、5mmウエットとフードベストで水温14度(気温は4度くらい?)の海に潜った。

アホか?(いや、疑いの余地はない!)。

稲取の温泉プールは快適だったが、海洋での講習は低体温症のリスクとの戦いだな(良い子はマネしないでね!)。

一応、ヤバくなったら、途中で離脱するつもりで潜ったら、水中は案外平気だった(とはいえ、体温は確実に奪われましたが)。

どうやら、黒っぽいサカナのテリトリーだったらしく、我々がトレーニングしている最中、ずーっと周囲を泳いでいた。

この水温で5mmウエットで潜るアホの顔を見たかったのかもしれない(マスク脱着のお題はなかったので、素顔は晒さなかったけどな)。

まあ、どうでもいいんですが。

30分くらい潜って、スロープからエキジットして器材を脱ぎ捨て、温泉丸(と呼んでいるかは知らない)に向かってひたすら走る。

動いていれば死ぬほど寒くはないが、みぞれ交じりの雨が降っている中をウエットスーツで走っている状況自体が異常だ・・・。

凍死することもなく、無事に温水に浸かって体温を回復する。

このまま、出たくない・・・。

温泉に浸かりながらデブリーフィングをやっていただいて、無事にIEに向けての講習(浮沈子は生徒役でのサポート)は終わった。

富戸では、バレンタインデーにちなんだチョコフォンデュとかのイベントがあった様だが、浮沈子はさっさと帰ってきてしまった(協調性ないので)。

まあいい。

当分シェルドライで潜る予定はないけど、一応修理はしておこう・・・。

とうとう致死率100パーセント???2019年02月10日 16:28

とうとう致死率100パーセント???
とうとう致死率100パーセント???


ブテンボでは、エボラの致死率が100パーセントになってしまった(そんなあ!)。

(SITUATION ÉPIDÉMIOLOGIQUE DANS LES PROVINCES DU NORD-KIVU ET DE L'ITURI
Samedi 9 février 2019)
https://mailchi.mp/sante.gouv.cd/ebola_kivu_9fev19

全体の感染者は800人を超え、死者は500人を超えて、さらに増加している。

現在の増加は、カトワが中心だが、他の地域でも少しずつ増えてきている。

問題のブテンボだって、隠れ感染者がいるに違いないのだ・・・。

保健医療機関を通じた感染とか、情けない話が多い。

なんとかならんもんか・・・。

今までは出来なかったワクチンの接種、これから感染しそうな地域への先行投資など、戦略的な部分では成功しているかもしれないが、戦術面では惨憺たる状況だな。

「流行の開始以来、累積症例数は806であり、そのうち745が確認され、61が推定されている。合計で505人の死亡が確認され(確認された444人、推定61人)、273人が治癒した。」(自動翻訳のまま:以下同じ)

806-505-273=28

動的集計の中では、あまり意味がない。

が、少なくとも28人が治療中だ。

「190の疑いのある事件が調査中です。」

最大では218人ということになるのか。

まあ、どうでもいいんですが。

現地の医療機関の中での感染を何とかしない限り、疑わしい症例が出たとしても積極的な治療が遅れる可能性がある。

病院に行くとエボラに罹ってしまうからな。

やれやれ・・・。

そうして、その間、隔離されていない患者の治療や看護に当たった人々が感染していく。

「コミュニティの死はエボラ治療センターの外に起こった死です。」

浮沈子は、最初、何のことを言っているのか分からなかったが、つまり、ちゃんとした治療を受けられずに死んでしまった患者というわけだな。

まあ、エボラ治療センターで診療を受けたとしても、半分も助からないかもしれないけどな。

そんな悲惨な状況が、もう半年以上も続いている。

今のところ、感染は制御されていて、爆発的な流行には至っていない。

ブテンボの異常値が、今後、どういう展開になるのかは分からない(まさか、死者数が感染者を上回ったりはしないよねえ?)。

捕捉されない感染者を加えれば、既に100人あるいはそれ以上の感染者がいるはずなのだ。

まあいい。

ここや、最大都市のゴマでの感染爆発は脅威だ。

幸い、もう一つの大都市圏でもあるベニでの感染は収まっている。

捕捉されない無数の感染経路が錯綜し、面的対応へと発展しないことを祈るばかりだが、ブトンボの状況は何とかしないとな・・・。

ラプターエンジンはものになるのか2019年02月10日 20:09

ラプターエンジンはものになるのか
ラプターエンジンはものになるのか


いつまでたっても完成しないと思われていた(そうなのかあ?)スペースXのラプターエンジン。

(Raptor (rocket engine family))
https://en.wikipedia.org/wiki/Raptor_(rocket_engine_family)

「ラプターは、ある多段燃焼、メタン -fueled ロケットエンジンが開発中のSpaceX社。」(ワケワカの自動翻訳のまま:以下同じ)

まあ、何となく意味が分かるからいいか。

(姿を現した、イーロン・マスクの「月ロケット」のエンジン)
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2019/02/post-11642.php

「ラプターは液体酸素とメタンを推進剤に使う。メタンは理論上、比較的高い性能が発揮しやすく、また低コストであるため開発や運用がしやすい。さらにススが発生しないため、エンジンの再使用もしやすいといった特長をもつ。」

「さらにラプターは、エンジンを動かす仕組みに「フル・フロウ二段燃焼サイクル」と呼ばれる技術を採用している。この技術は、理論上、最高の効率が得られるうえに、エンジンの耐久性や信頼性の向上も図れるなど、数々の利点がある。しかし、それと引き換えに複雑な構造、技術が要求されるため、これまでに実用化に成功した例はない。」

1970年代からソ連で開発が始まっていたが、究極のややっこしさのために、実用化は見送られてきた。

米国では、空軍の次世代エンジンプロジェクトに取り上げられているが、実用化に至ることなく中止されている(開発自体は続いているようです)。

パワーが足りなければ、デカいエンジン作ったり、燃費が悪ければ燃料を大量に積めばいいわけで、どーせ使い捨てにされるロケットエンジンに、そこまでややっこしさを求めなくてもいい・・・。

そう考えたのかどうかは知らないけど、再使用ロケットや再使用エンジン(ULAのバルカンとか)の構想が現実になり、ここにきてフルフロー二段燃焼サイクルは、にわかに注目を集めている。

我が国の次世代基幹ロケットのメインエンジンであるLE-9は、そういうややっこしさに背を向けて、もっと単純で低コストな方式を採用している。

(LE-9)
https://ja.wikipedia.org/wiki/LE-9

「現在の衛星打ち上げ市場において競争力を持つためには、ロケットの製造費用を下げて打ち上げ費用を下げることが重要である。このため、H3の1段目エンジンには従来の高価で複雑な二段燃焼サイクルにかわり、日本で最初に実用化された簡素で信頼性のあるエキスパンダーブリードサイクルを採用することにした。」

(エキスパンダーブリードサイクル)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%82%AD%E3%82%B9%E3%83%91%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%83%AB

「二段燃焼サイクルと比べて構造が簡素になること、ターボポンプ作用気体も低温となることから低コスト化が図れ、エンジン始動時の制御性と信頼性は格段に向上する」

高圧、高エネルギー、高温のロケットエンジンでは、性能と信頼性のトレードオフ(コストもですが)が重要で、ロケットに何を求めるかによっても、どの方式が望ましいかは変わってくるのかもしれない。

国威発揚なのか、技術的優位のアピールなのか、将来の有人ロケットに向けて安全性を取るのか、それとも単なるコスト削減なのか。

ちなみに、1基10億円といわれるH2AのLE-7Aの半額で作れるといわれているLE-9だが、騙されてはいけない。

H3ロケットを飛ばすには、サイテー2基、場合によっては3基必要になるといわれている。

三菱が損をするような選択肢はあり得ないわけか・・・。

まあ、どうでもいいんですが。

ニューズウイークの記事の時点では、ラプターエンジンの方は、まだ燃焼試験は行われていなかったわけだが、先日、1回目の試験が行われたと報じられている。

(マスク氏、スターシップの次世代エンジンの燃焼実験動画を公開)
https://sorae.info/030201/20190206_spacex.html

「「スターシップ(Starship)」のエンジン「ラプター(Raptor)」の画像および燃焼実験の動画を公開しました。」

さらには、追加の試験も行われたようだ。

(RAPTOR FIRED AT POWER LEVEL NEEDED FOR STARSHIP, SUPER HEAVY)
https://www.spaceflightinsider.com/organizations/space-exploration-technologies/raptor-fired-at-power-level-needed-for-starship-super-heavy/

「最初のテストから1週間も経たないうちに、SpaceXは再びRaptorの飛行エンジンを始動させ、その性能をStarshipとSuper Heavyに必要なレベルまで高めました。」(キャプションより)

「テストがどのくらいの期間行われたのか、それともテストがフルパワーで行われたのかについて、Muskは述べていません。2月3日の燃焼はたった2秒で、出力は約60パーセントでした。しかし、彼は、後者の試験で257バール、つまり1平方インチあたり約3,700ポンドのチャンバー圧力と、「暖かい推進剤」を用いた場合の推定力約172メートルトンに達したと述べた。」

これは、現時点では十分な出力とされているようだ。

キンキンに冷やした燃料では、1割から2割増しになるという。

まあいい。

ウィキ(英語版)によれば、2013年10月時点で公表されていた計画推力は2,900 kNとあるが、今回の達成値(172メートルトン)がそれと比べてどの程度なのかはよく分からない。

(計算サイト:
指定された力を他の単位の力に換算します。
計算したい力と単位から他の単位の値を計算し表示します。:追加)
http://www.calc-site.com/units/force

「172000 重量キログラム を換算
単位名:値:単位
重量キログラム:172000:kgf:g × 1 kg
ニュートン:1686743.8:N:kg·m/s^2」

1687 kNというところか(当初計画値の6割以下)。

しかし、その後、計画値は大きく変動する。

・2014年2月:4,400 kN
・2014年6月:6,900 kN(海面)、8,200 kN(真空)
・2015年1月:2,300 kN
・拡大率40のラプター2016:3,285 kN
・膨張比200のラプター2016:3,500 kN
・2017年9月:1,700 kN(海面)、1,900 kN(真空)
・2018年9月:2,000 kN、
・2019年2月:2,452 kN(表中の値:これと比べても7割以下)

浮沈子的には、このエンジンがものになるには、あと10年はかかると見ている(そんなあ!)。

確かに、搭載するロケットの方が定まらない(ロケットのスペックは、毎年変わっています)と、エンジンの設計も出来ないというのは分かるが、そのためのクラスター化だからな。

言い訳は無用だ。

今回の情報にしたって、ツイッターでちょこっと出しただけ。

スターシップやスーパーヘビーが宇宙にちゃんと飛び立つまでには、更に長い年月を要する(再使用もしないとな)。

月周回なんて、2030年代にでもならなければ、実現は不可能だろう(そうなのかあ?)。

火星なんて、今世紀中に行けるかどうかも怪しい・・・。

一方、ブルーオリジンは、BE-4の製造工場の建設に入ったといわれているが、こっちの方こそ怪しい話だ。

(Blue Origin、ロケットエンジン製造工場をアラバマ州に建設)
https://gunosy.com/articles/a92ZE

「米国アラバマ州でロケットエンジン製造工場の建設に着手」

「新設工場で作られるBE-4エンジンは、ULAが開発中の大型ロケット「ヴァルカン」にも使われる」

間違ってはいけない。

工場だけで来ても、エンジンが出来るとは限らないのだ。

ブルーオリジンに至っては、メタン燃料エンジンも初めてなら、衛星打ち上げロケットに使われるエンジンも初めてだからな。

ニューグレンなんて、影も形もない。

浮沈子的には、今世紀中にエンジンが出来れば、上等じゃないかと考えている(そんなあ!)。

ULAがBE-4を選んだのは、バルカンロケットの開発の遅れを、エンジン開発の遅れのせいに出来るからではないかとみている(そうなのかあ?)。

ただ、スペースXについていえば、打ち上げながら開発を進め、改良を重ねて所期の結果を得るという開発手法だからな。

鳥嶋さんの記事にもこうある。

「まずはやや低めの性能を狙い(それでも月へ飛行するには十分な性能である)、ゆくゆくは設計の最適化や改良による性能向上を図るとしている。」

先日ぶっ壊れたホッパー(高度は、せいぜい5km)のテストに使える程度の出力でリリースし、ロケットのテストと並行して開発を進めると思われる。

とりあえず、燃やすところまではいっているようだからな。

配管の直径とかの性能が依存するところの設計の妥当性や、負荷をかけた時の影響とかを評価するための試験を行うところまではこぎつけたわけだ。

ものになるまでには、遥かな道のりが待っている。

どこかで技術的な壁にぶち当たれば、開発がストップすることだってあり得るからな。

大体、ロケットそのものの開発からして怪しい。

スターシップやスーパーヘビーというロケットがあってこそのラプターエンジンだ・・・。

いや、ひょっとしたら、大どんでん返しで、BE-4の開発次第では、ブルーオリジンとかにOEM供給するかもしれない。

敵に塩(エンジン)を送る。

民間企業だからな。

商売商売・・・。

「的は小さくして狙え」2019年02月10日 23:19

「的は小さくして狙え」
「的は小さくして狙え」


浮沈子が、余り肯定的になれないミッションであるはやぶさ2。

ミネルバ2-1(2機あります)が降りた時には興奮したが、一過性のものだ。

冷めた目で見ている。

その本体の着陸及び試料採取が迫っている。

(はやぶさ2のタッチダウン精度はついに±3mの領域へ、どうやって実現する?)
https://news.mynavi.jp/article/20190207-768756/

「タッチダウンの日時は2月22日の8時頃。場所は「L08-B1」と「L08-E1」の2カ所が候補になっていたが、3カ月間の検討の結果、より狭いL08-E1の方に挑むことになった。」

誤差15mというゼツボーテキな精度だったと記憶していたんだが、なんとか高い精度になるように努力したらしい。

「広さだけ見るとL08-B1の方が有利だが、L08-E1は降下の目印となるターゲットマーカーに近く、エリア内がより平坦で安全だという利点もある。」

「しかし狭いL08-E1に着陸するためには、±3mの精度が必要。もともとの想定では、タッチダウンは±50mの精度で考えられていたため、精度を10倍以上に高める必要があった。これを可能にするのが、はやぶさ2に搭載された新機能「ピンポイントタッチダウン」である。」

そんなもんがあるなら、最初から出せばいいのに・・・。

「ピンポイントタッチダウン方式では、投下済みで、事前に正確な位置が分かっているターゲットマーカーを使用。このターゲットマーカーに対し、指定した相対位置に着陸することが可能だ。たとえばターゲットマーカーの北に2m、東に1mというように指定(オフセット)できるので、着陸精度はターゲットマーカーの投下精度には影響されない。」

いくつかのチューニングも行われたようだ。

1つめは小惑星モデルの高精度化。
・降下地域の岩の1つ1つの高さや形まで見直し
・また重力の影響も、より詳細に分析

2つめは自律制御のチューニング。
・探査機の位置制御や姿勢制御も、より細かく正確に行う(スラスタの噴射パターン、姿勢制御のパラメータ、ソフトウェアのタイミングなど)

3つめは着陸安全余裕の拡大。
・西側(サンプラーホーン側)を下に傾け、東側(イオンエンジン側)を浮かせた「ヒップアップ」姿勢を採用することで、岩を回避し、安全に着陸できるようにした。

まあ、どうでもいいんですが。

「現在の着陸精度は±2.7mと見込まれている」

がんばったじゃん!?。

つーか、初めから、その精度での運用能力を付与されていたわけだな(そういうことかあ?)。

だって、ない袖は振れないし。

「ピンポイントタッチダウンの着陸精度は、ターゲットマーカーから離れるほど悪くなる。この影響に比べれば、広さの違いは「さほど気にならない」(同)とのことで、狭いL08-E1の方がむしろ余裕が得られるという。ターゲットマーカーの投下後、狭いながら、近くに平坦な領域が見つかったのが大きな決め手になった。」

浮沈子は、この話を読んで、アメリカンスナイパーのセリフを思い出した。

(映画『アメリカン・スナイパー』ネタバレ感想)
https://www.hirosico.com/entry/2015/03/28/000000

「彼が訓練のとき指導教官から「的は小さくして狙え」というようなことをしつこく注意される。」

「その方が外れたときの誤差も小さくて済むからという理屈らしい」

映画自体は、浮沈子的にはいい印象ではなかった。

ドンパチや命のやり取りは苦手だからな。

主人公が敵の狙撃手を狙うシーンは覚えている。

距離は遠く、カモフラージュ用の布みたいなのが揺れていて見にくい。

その時に、このセリフを思い出すわけだ。

「的は小さくして狙え」

はやぶさ2は、まあ、20kmくらいのホームポジションから、6mの的を狙っている。

3億キロメートルくらい離れたところからトリガーを引く(コマンドを出す)わけだから、まあ、比較にはならない。

しかし、素人目には広い「L08-B1」ではなく、狭い「L08-E1」を狙うというのは似ている。

さらに、その中心を狙って精度を高めている。

「今回、オフセット点では、ターゲットマーカーに対し、±25cmの精度で位置を制御する予定とのこと。これさえ実現できれば、直径6m円内への着陸はほぼ確実にできるだろう。」

アンドレジッドの作品名にも、そういうのがある。

(狭き門)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8B%AD%E3%81%8D%E9%96%80

「題名の「狭き門」は、新約聖書のマタイ福音書第7章第13節にあらわれる、イエス・キリストの言葉に由来する。すなわち困難であっても多数派に迎合せず、救いにいたる生き方の喩えである。」

「狹き門より入れ、滅にいたる門は大きく、その路は廣く、之より入る者おほし。」

耳が痛い話だ(えーと、耳抜きに失敗したわけではありません)。

まあいい。

いずれにしても、2週間後には結果が分かる。

ウィキからの引用には続きがある。

(狭き門より入れ)
http://kotowaza-allguide.com/se/semakimonyoriire.html

「・・・いのちに至る門は狭く、その路は細く、これを見出す者なし」

4か所のチェックポイントをクリアできなければ、アボート(中断)する。

「各チェックポイントで確認する項目:
1.LIDARからLRFへの切り替え(高度45m)
2.ターゲットマーカーの捕捉(同)
3.地表に想定以上の凹凸が無いか(高度8.5m)
4.オフセット点での姿勢・位置の安定(同)」

「アボートになる可能性も低くは無いだろうが、津田プロマネは「アボートは再度のチャンスがあるということ」と前向きに捉える。」

人類は将来、小惑星を丸ごと捕まえて、中の資源をほじくり出して利用しようとしている。

そういう荒療治に比べれば、耳かきでひっかくような今回のサンプルリターン。

遠い未来に、歴史として語られることになる時間を過ごす。

小さな的を狙い、狭き門から入ることを選んだはやぶさ2の物語を、3億キロの彼方で楽しみたいものだ・・・。