A380は消え、超音速旅客機の時代になるのか2019年02月15日 07:27

A380は消え、超音速旅客機の時代になるのか
A380は消え、超音速旅客機の時代になるのか


先日、超音速旅客機開発の記事を書いたばかりで、さっき、総2階建ての巨人機A380の生産が打ち切られるという記事を読んだ。

(超音速旅客機は飛ぶのか)
http://kfujito2.asablo.jp/blog/2019/02/11/9035073

「市場がそれを求め、当局が規制を緩和すれば、数年以内に実現する可能性は高い。」

(A380、2021年に生産終了へ エミレーツ航空、39機キャンセル)
https://www.aviationwire.jp/archives/166681

「エアバスは現地時間2月14日、総2階建て大型機A380型機の引き渡しを2021年で終了すると発表した。」

時代の流れというか、なんというか。

エミレーツは、他のエアバス機をしこたま発注したらしいから、商売としては問題ないんだろうが、苦労して開発した巨人機が消えてなくなる(わけじゃありませんが)のは寂しい限りだ。

もっとも、その開発過程で得られたノウハウは、エアバスの宝になっているだろうけどな。

旅客機というのは、キャリアの道具であって、航空マニアのために作っているわけじゃないからな。

商売を成り立たせるための、一つのツールに過ぎない。

エアバスが巨人機を開発したのにはそれなりの理由があった。

21世紀には、旅客需要が増大するが、空港の数はそれに伴って増えることはなく、ハブ空港とローカル空港に2極化し、ハブ空港の混雑緩和のためにはハブ空港間を結ぶ巨人機が必要になるとかなんとか。

それに対して、787の開発を進めていたボーイングの見立ては、乗り継ぎが必要になるような需要はそれほど伸びず、航続距離の長い中型機で、ダイレクトに目的地まで行くことが出来るようにした方が売れると踏んだわけだ。

蓋を開けてみれば、B社の見立てが正しかったわけで、巨人機を受け入れるための空港設備の改修が出来るところは限られ、また、機材の維持管理費用や運用の制限(後ろに出来る乱気流のために、高頻度の離着陸が行われる羽田のような空港では運用できない)のために、キャリアにとっては使いづらい器材になってしまった。

もちろん、エアバスが見込んだように、ハブ空港間を結ぶ大量輸送需要はあり、そのための器材の需要は存在する。

しかし、4発で燃費の面では双発に勝てず、小回りが利かない運用上の制限も仇になったわけだ。

双発機の性能が向上し、輸送能力が増えたこともあるしな。

A380を双発で飛ばせるようなエンジンはない。

もちろん、将来、コスパの高い巨人機が生まれないとは限らない。

遅くてもいいから、同じ路線を定期的に運航する需要は無くなることはないのだ。

開発費用を早期に回収するために、エアバスは値段を上げざるを得なかったのかもしれないしな。

しかし、それよりも、キャリアにとってのメリットが無くなってしまったというのが正解なんだろう。

金を稼ぐための道具としては、使えないということになった。

エアバスにとっても、中型機の性能を上げて稼いだ方がメリットがあるとすれば、無理して値段を下げてまで売り続けることはないのかもしれない。

浮沈子は、タイに行くときに乗っただけだが(もちろんエコノミー)、だだっ広いだけで、まあ、ふつーの飛行機だ。

787に乗った時のような、時代を画する機材というかんどーはない(その後、バッテリーが燃えたという話も聞かないしな)。

A380は、デカいだけ・・・。

見栄で乗る以外に、メリットはない。

複合素材を多用し、巨人機を開発したという実績だけが残った。

A350とか、後発の航空機がどんな出来映えなのかは知らない。

JALとかは、あまり乗る機会がないからな。

導入されても乗らないかもな。

売れてるわけだから、いい機材なんだろうな。

A380のような航空機は、一度生産を打ち切ったら、たぶん、暫くは作れないだろうな。

失敗したトラウマとかを引きずるだろうし、航空市場に大きな変化がない限り、商売としても続かないだろうしな。

エミレーツに頼り過ぎた販売戦略にも、問題があるような気がするんだがな。

まあ、どうでもいいんですが。

20世紀に超音速旅客機が開発されていたころ、米国は騒音や成層圏での排気ガスによる汚染を気にして、747を作って大成功した。

それが時代の流れだったし、おかげで海外旅行は庶民のものになった。

そのことが国際交流を活発にし、産業や文化の発展に貢献したことを考えれば、超音速旅客機を選択しなかったことは正しかったといえる。

歴史にタラレバはないけど。

時代は移ろい、鈍足な巨人機が金を稼ぐようになり、行きつく先としてA380が生まれた。

747よりデカいヒコーキを作りたかった、エアバスの気持ちも分からなくはない(そうなのかあ?)。

世の中は、つまらん双発の小型機や中型機で溢れ、4発の巨人機はやがて消える運命にある。

超音速で移動したいという需要が、どれほどあるかは分からないが、ビジネスジェットや小型機くらいなら商売になるのかもしれない。

世界の航空需要全体から見ればニッチな市場だが、商売になればそれでいい。

多様な航空需要をこなす、多様な航空機が空を飛ぶ時代になる。

空飛ぶタクシーなど、従来は夢物語でしかなかった話が、もうすぐ現実になろうとしているご時世だ。

おっと、ドローンが宅配する方が早いかもな。

我が国では、電線とかが沢山あるからな。

都市部では普及はしないだろうけどな。

旅客だけではなく、物流にも変化が訪れるかもしれない。

イノベーションが需要を喚起し、需要の変化が新たなイノベーションを生む。

人類は、宇宙で生き延びるために、ありとあらゆる選択をしていくに違いない。

双発の巨人機と、ソニックブームの小さい超音速旅客機、それにエアタクシー・・・。

ひょっとしたら、スペースXのスターシップが加わるかも(浮沈子は、懐疑的ですが)。

子供のころに描いた未来は、形を変えて現実になろうとしている。

何かが無くなれば、新しい何かがきっと生まれる。

諸行無常だな・・・。

火星に愛された探査機2019年02月15日 08:58

火星に愛された探査機
火星に愛された探査機


マーズエクスプロレーションローバーBというのが正式名称なんだそうだ。

(オポチュニティ)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%9D%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%8B%E3%83%86%E3%82%A3

「アメリカ航空宇宙局 (NASA) の火星探査車で、マーズ・エクスプロレーション・ローバープログラムで使用された2台の探査車のうちの2号機である。」

同時期に火星に着陸していた相方のマーズエクスプロレーションローバーA(スピリット)は、2010年に通信途絶したが、オポチュニティは、その後も活動を続け、14年以上探査を続けた。

(NASA「オポチュニティ」火星探査ミッションを終了)
https://sorae.info/030201/2019_02_14_oppo.html

「NASAは2019年2月13日(現地時間)、火星探査機「オポチュニティ」のミッションが終了したと、正式に発表しました。」

火星探査は、死屍累々の歴史を持つ。

過去の探査機で着陸に成功したのは、数えるほどに過ぎない。

オポチュニティが、大成功した探査機であることに異論を挟む余地はないだろう。

「特に重要な成果として、液体の水が存在していた有力な証拠を発見しています。」

まあ、どうでもいいんですが。

(FAREWELL OPPORTUNITY: NASA ENDS EFFORTS TO CONTACT SILENT MARS ROVER)
https://www.spaceflightinsider.com/missions/solar-system/farewell-opportunity-nasa-ends-efforts-to-contact-silent-mars-rover/

「オポチュニティの最後の休憩場所は、エンデバークレーターの西側にある忍耐谷(Perseverance Valley)の西端です。」(自動翻訳のまま)

当初の予定を大幅に超える探査は終わった。

浮沈子は、この探査機の記事を読んで、ダイビングにおける沈船に共通する感慨を抱く。

人が自然の素材から作り出したものが、その役目を終えて自然に還り、長い長い休息に入る。

人間のもとにあった時間をはるかに超え、悠久の時の流れに身をゆだねる。

それは、単なる残骸ではなく、その存在の本来の姿であるかもしれない・・・。

人間の手元を離れ、遠い惑星の上で眠りについたオポチュニティは、最も火星に愛された探査機ともいえるだろう。

火星の砂に埋もれ、その一部となり、未来永劫留まり続ける。

仮に、人類が火星に到達し、その姿を目にすることがあったとしても、ほじくり返して博物館に展示するなどという無粋なことをすべきではない。

マーズエクスプロレーションローバーBだとか、オポチュニティだとか、人間が付けた名前など、その存在の絶対性にとっては無意味だ。

静かに眠れ。

はかり知れない宇宙の営みが、その存在を素粒子に還元する日まで・・・。

想い出だけが通り過ぎていく2019年02月15日 12:25

想い出だけが通り過ぎていく
想い出だけが通り過ぎていく


浮沈子の記憶の中では、ダークダックスの歌声と共に流れている・・・。

(雪の降る街を / 高 英男 & ダークダックス:動画出ます。)
https://www.youtube.com/watch?v=XoK-lNmEeRc

(雪の降る街を)
http://www.mahoroba.ne.jp/~gonbe007/hog/shouka/yukinofurumachi.html

歌詞を読むと、身につまされるようで辛いな。

思い出ではなく、想い出としているところが意味深だな。

(思いと想いの違いとは?意味や使い分けも - 国語力アップで人生豊かに)
https://www.google.com/search?q=%E6%80%9D%E3%81%84+%E6%83%B3%E3%81%84+%E4%BD%BF%E3%81%84%E5%88%86%E3%81%91&oq=%E6%83%B3%E3%81%84%E3%80%80%E6%80%9D%E3%81%84&aqs=chrome.5.69i57j0l5.13795j0j4&sourceid=chrome&ie=UTF-8

思いは、考えたり決心したりする頭の働きを含めて広い意味で使い、想いは具体的なイメージを心に描いた時に使うというのは、うまい区分だな。

過去の記憶をたどる意味での思い出は、どちらかというと想い出の方が適切な表記なのに違いない。

東京地方は、さっきから雪が舞っている。

余りの寒さに、フィットネスをサボり、いつものレストランでランチを食っていたら降り始めた。

やれやれ・・・。

禁煙席は、相変わらず保育園状態で賑やかだ。

喫煙席は、対照的に寡黙である。

食ってるか、吸ってるか・・・。

来月からは、全面的に禁煙席になるらしいから、全面的に保育園になるんだろう。

賑やかで結構だが、どうにかならんもんかな。

時間帯を見計らって来なくてはならないかもしれない。

静かな時間を過ごしたければ。

雪は、静かに舞っている程度で、積もる気づかいはない。

人は、時を失った分、心地よい諦めと平安を得る。

雪が舞っているのを見ていると、そのことをしみじみと感じる。

浮沈子は、まだ年を取り足りていないに違いない。

寒ければ、南の島に行きたがったりするしな。

ふと、おもてを見ると、雪はいつの間にか止んでいた。

雪雲は、いつの間にか通り過ぎたようだ(通り過ぎるのは想い出だけじゃないってことか・・・)。

仕方ない。

遠い国から落ちてくる雪に、想い出を委ねる前に、遠い国へ行って温かい海に潜る算段でもしてこようか・・・。