無人の有人宇宙船が飛んだ日は多忙の極み2019年03月03日 08:32

無人の有人宇宙船が飛んだ日は多忙の極み
無人の有人宇宙船が飛んだ日は多忙の極み


(スペースX「クルー・ドラゴン」無人打ち上げ成功 米有人宇宙飛行復帰に道筋)
https://sorae.info/030201/2019_03_02_x.html

「内部にはダミー人形「リプリー」と「ゼロGセンサー」と名付けられた人形が搭乗しています。」

搭乗ではなく、搭載が正しいだろう?。

「クルー・ドラゴンは複数回の使用が可能ですが、NASAは宇宙飛行士の打ち上げには新品の宇宙船とロケットの使用を求めています。」

これが本当ならゆゆしき事態だな。

SLSのオリオン宇宙船も使い捨てにするつもりなんだろうか?。

世界の宇宙機関で最大の死者を出しているNASAは、羹に懲りて膾を吹くというわけか。

(米宇宙計画に暗雲 NASA、スペースXとボーイングの設計リスク警鐘)
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2019/03/nasa-15.php

「2月初めの時点では、スペースX、ボーイングそれぞれに未解決の技術的懸念が30─35件、リスク要因として挙げられていたという。」

「両社ともにこれらの懸念の「大半」に対処してからでなければ、宇宙飛行士を、そして最終的には観光客を宇宙に送り込むことはできない」

「スペースXもボーイングも、安全性という点で、同じ程度の課題を抱えている」

が、まあ、とりあえずクルードラゴンは上がった。

懸念されている問題は、走りながら(飛ばしながら?)解決するつもりなのかもしれない。

試行錯誤を重ねたNASA自身が、宇宙開発におけるリスクを一番知っているだろうことは間違いない。

そして、様々な圧力が、開発スケジュールや予算の面で掛かってくることも承知だ。

「飛行の安全確保は常にスケジュールよりも優先される」

それは、尊い人命と引き換えに得た教訓だ。

慌てることはないが、過剰な対応と必要な対策との区別は付けなければなるまい。

昨日は、愚弟にお土産を渡したり、神田詣でをしてお土産を渡した後、83タルガの車検上がりを引き取り、疎開先に乗って行ってバスと電車を乗り継いで帰ってきた。

歴史的な打ち上げは、慌ただしいスケジュールをこなした後、録画で見た。

(crew_demo-1:プレスキット)
https://www.spacex.com/sites/spacex/files/crew_demo-1_press_kit.pdf

(Crew Demo-1 Mission:動画出ます。)
https://www.youtube.com/watch?time_continue=2826&v=2ZL0tbOZYhE

NASAが絡んだりして、いつもより賑やかな中継となった。

1段目は新品で、当たり前のようにドローン船に着陸している。

もう、そういう時代になったということだな。

この1段目が有人飛行に使われることはない。

新品のロケットで打ち上げることを要求されているからな。

宇宙船も毎度毎度、新品を作って飛ばすことになる。

開発力の衰えたロシアや、再使用など絵空事に過ぎない中国、有人飛行はこれからというインドなどは、競争相手にもならないからな。

その都度新品作って飛ばすことに、何の問題もない。

有人宇宙開発は、かくして20世紀の態様のまま、あと100年くらいは続くことになるんだろう(そうなのかあ?)。

スペースシャトルの2度に渡る事故は、それ程までに深い傷を米国に残した。

ニューズウイークの記事が本当なら、またしても宇宙開発における人的損耗が生じる可能性があるということだ。

NASAが気付いていない問題もあるに違いないし、運用の中で生じてくる新たな問題もあるだろう。

当面は、ドッキングがうまくいくかどうかだな。

プレスキットで「March 3 at approximately 6:00 a.m. EST.」とあるから、日本時間では夜8時ということになる。

NASAは、生中継するようだ。

ISSには現在3人の宇宙飛行士が滞在しているらしい。

事故なく、無事にドッキングしてくれることを願おう・・・。

追加:
さっき(日本時間3月3日午後7時51分ころ)、無事にドッキングしたようです。

無人の有人宇宙船がISSにドッキングした日は、バタフライ中級でヘロヘロ2019年03月03日 20:54

無人の有人宇宙船がISSにドッキングした日は、バタフライ中級でヘロヘロ
無人の有人宇宙船がISSにドッキングした日は、バタフライ中級でヘロヘロ


日曜日の朝の水泳教室。

1月の振り替えなんだが、中級コースにチャレンジ。

日曜日の組は初めてだな。

傍から見ていたことも記憶にない(忘れてるだけじゃね?)。

新人のコーチは、まだキャピキャピ感が残る若い女性だ。

まあいい。

ベテランの中級の生徒さんに交じって泳ぐ。

ウォーミングアップは50mずつ。

大変だったのはそのくらいか。

ドルフィンキックは、中級では顎を動かさず、肩をすぼめたり広げたりしながらうねりを作る。

新機軸だな・・・。

なかなかうまくいかなかったんだが、浮沈子の場合は潜り過ぎだと指摘された。

少し浅めに突っ込んでみると、若干改善されたような気になる(気のせいじゃね?)。

実際、進みやすくなった感じだ。

脚の蹴り出しや腰の使い方についてもアドバイスをもらう。

うーん、このクラスは浮沈子に合っているかもしれないな。

帰ってきて一休みして、夕方からデモ1のドッキング中継を見る。

一度、130m以下まで近づいてから、180m辺りに退避してホバリング。

更に近づいて、150m辺りでちょっと止まり、20m辺りで夕暮れをやり過ごしてからゆっくりとドッキングした。

ドッキングスピードは毎秒8cmくらいか。

ソユーズのように、何の躊躇いもなくいきなりドカンと合体するのではなく、慎重にゆっくりと間を置きながらドッキングした。

機体に優しい・・・。

まあ、どうでもいいんですが。

これからコネクター繋いだりして、ハッチが開くまでは時間が掛かりそうだ。

歴史的瞬間だな。

もちろん、人間は乗っていない。

リプリーと名付けられたセンサーだらけのダミー人形と、ゼロGインジケーターともっともらしい名前を付けられた只のぬいぐるみだけだ(他にも荷物を積んでいるらしいが、詳しくは知らない)。

が、ISSに自動ドッキングした宇宙船は、人間を乗せて飛ぶことを想定して作られた、れっきとした有人宇宙船だ。

米国が8年のブランクを克服して、満を持して投入する21世紀のスペースビークルである。

民間主体といっても、NASAの技術はふんだんに盛り込まれているだろうし、余りに保守的な運用にしても、NASAの下請け色満載だがな。

とりあえず、ISSに激突して、居住区画に大穴空けて、3人の宇宙飛行士をぶっ殺すようなことはなかった。

やれやれ・・・。

全世界が、固唾を飲んで、その瞬間を見つめていたに違いない。

我が国では臨時ニュースも流れなかったし、速報もない。

浮沈子は、まあ、そういうものだと思っているが、これは大変な話だ。

民間企業が有人宇宙船を飛ばして、宇宙ステーションに自動ドッキングさせる・・・。

20世紀には夢物語の話が、現実のものとなった。

間違いなく、21世紀的話だな。

20m離れたところに浮かぶクルードラゴンは、さながら2001年宇宙の旅に登場するポッドのようにも見える。

慌てて乗り込んでヘルメットを忘れたフランクボーマンの乗ったスペースポッドが、HALの支配下に置かれたディスカバリー号と対峙する息詰まる場面・・・。

(Open the Pod bay doors, HAL.:消えてなければ、動画出ます。)
https://www.youtube.com/watch?v=dSIKBliboIo

クルっと後ろを向いて、ハッチを爆破してリプリーが出てくるんじゃないかって、一瞬期待したりはしなかったけどな(当たり前です)。

ちなみに、クルードラゴンのハッチは側面にある。

今回のデモフライトが上手くいけば、また、動的なアボートテストがクリアされれば、一足先にクルードラゴンがISSタクシーとして就航する。

有人のテストフライトであるデモ2は、今年の夏に予定されている。

今朝書いたように、山積する問題を解決できればの話だがな。

ボーイングのスターライナーも、おいおい合流するといわれているが、実際のところは年内に有人飛行が行われれば上等の部類ではないのか。

空力的問題、構造的問題、燃料バルブの問題など、課題山積だからな。

克服されたとされるが、全ては机上の話だ。

ボーイングが有人宇宙船を作るのは、スペースシャトル以来ということになる(SLSのオリオン宇宙船はロッキードマーチンだからな)。

民間航空機部門とは、完全に分離されている宇宙機部門だから、787のバッテリー発火問題のようなことはないだろうが、スペースシャトルは2度の墜落事故で14人をぶっ殺した宇宙船だということを忘れるわけにはいかない。

スターライナーは、何人殺すのかな・・・。

(スペースX「クルー・ドラゴン」ISSにドッキング成功 民間開発の有人宇宙船:追加)
https://sorae.info/030201/2019_03_03_x.html

「米スペースXの宇宙船「クルー・ドラゴン」が3月3日(現地時間)、国際宇宙ステーション(ISS)とのドッキングに成功しました。」

追加:
ハッチも無事に開いたようです。

(‘NEW ERA IN SPACEFLIGHT’: CREW DRAGON DOCKS WITH SPACE STATION:追加)
https://www.spaceflightinsider.com/missions/iss/new-era-in-spaceflight-crew-dragon-docks-with-space-station/

「この新しい商用宇宙飛行の時代がどのようになるかを明確にするために熱心に取り組んできたSpaceXとBoeingのチームにおめでとうと言いたい」(自動翻訳のまま)

ボーイングにおめでとうをいうのは、いささか気が早いような感じがするんだがな・・・。