晴れた日にはDM2が見える2019年03月05日 14:39

晴れた日にはDM2が見える
晴れた日にはDM2が見える


シールや取説には、DM2となっている。

正式の型名は、「DM2 DM52-202-A1401」(色は、ハーフマットブラック)なんだそうだが、中国製のヘルメットを近所の2りんかんでゲットする。

(2015-08-18
バイク ヘルメット2点入荷しました。【入間店】:参考まで)
https://www.treasure-f.com/shop/27/topics/129407/

2015年製か・・・。

発売元は日本になっているけど、れっきとした中国製。

125cc以下のSGマークも付いていて、税込み4980円で購入した。

本来なら昨日買いに行く予定だったんだが、雨がやまなかったので今日になった。

ワンタッチのあご紐、ベンチレーション、後部のリフレクター(反射板)も付いている。

ハーフタイプにしようかとも思ったんだが、店員さんのお勧めもあってこれにした(在庫整理なのかあ?)。

店頭表示価格より、1000円プライスを落としていたので、買い得感がある。

激安とまでは言えないけどな。

ネット通販だと、2000円くらいからあるからな。

SGマークなしだけど。

何より、転倒しない安全運転を心がけるのが一番だ。

しかし、構造的に不安定な二輪車は、転倒事故が避けられない。

人間が乗る以上、クルードラゴンとはいわないまでも、安全性を追求するに越したことはない。

専用のヘルメットも買って、後は登録と保険の加入が残るだけだ。

(晴れた日にはGMが見える―世界最大企業の内幕 (新潮文庫))
https://www.amazon.co.jp/dp/product/4102228012/ref=as_li_tf_tl?camp=247&creative=1211&creativeASIN=4102228012&ie=UTF8&linkCode=as2&tag=bookmeter_book_middle_detail_pc_logoff-22

「内容(「BOOK」データベースより)
GTOを開発し、シボレーの売上げを伸ばし、いくたびかGMの救世主となって、GM史上最年少の重役に昇進した男が、次期社長を目前にして、突然同社を辞した。いったい何故か?自動車業界の風雲児デロリアンの証言と弾劾は、王国の聖域「十四階」のヴェールを剥ぎ取った。本書は、「問題の男」の「問題の書」であると同時に、組織と個人に関して、望みうる最良のテキストである。」

(ゼネラルモーターズ)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BC%E3%83%8D%E3%83%A9%E3%83%AB%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%BA

「20世紀初頭にミシガン州で創業。1930年代から第二次大戦後にかけてアメリカ最大の市場シェアを握り、特に1950年代から60年代には世界最大の自動車メーカーとして繁栄した。」

「70年代以降は輸入車との競争に苦しみ低迷、2009年6月1日に連邦倒産法第11章の適用を申請し倒産、国有化された。」

「2013年12月9日にアメリカ合衆国財務省が保有するGMの株式全ての売却が完了し、国有化が解消された。」

まあ、どうでもいいんですが。

明日は、辛うじて曇りのようだが、明後日(木曜日)には雨が降るという。

晴れた日は、今日だけかもな・・・。

電動バイク登録完了2019年03月05日 18:15

電動バイク登録完了(画像は加工してあります)
電動バイク登録完了(画像は加工してあります)


なんか疲れが出てしまって、せっかく晴れて暖かいのにフィットネスをサボってうだうだしていたら、書留郵便で(!)ナンバープレートが届いた。

ちゃんと、浮沈子が棲息する大田区ナンバーになっている。

名古屋の会社は、ちゃんとした仕事をしているようだな。

(Quality · Maintenance)
https://www.blaze-smartev.jp/quality/

「※ナンバープレートの登録はブレイズにて行います。お客様の手続きは一切必要ありません。」

まあ、委任状とか書いたけどな。

無事に届いたプレートを、車体のプレート取付板(折りたたむ際に車体(バッテリー保持部分)に当たらないように、畳めるようになっている)にねじ止めする。

あとで、増し締めしないとな。

早速、強制保険と任意保険の手続きを、懇意にしている保険屋さんに依頼して、明日夕方に届けてもらうことにした。

いよいよ、電動バイクデビューである。

乗り心地はどうか、操縦性はどうか、駐車とか大丈夫なのか(ふつーに停めると、軽いのでそのまま持っていかれてしまう)。

何かにワイヤーとかで固定しておかなくてはならないんだが、本体には、そのワイヤーを通す輪っかがない。

前輪のスポークの間に通すことは可能だが、前輪自体が6角レンチで簡単にバラせるからな。

やれやれ・・・。

本格運用に入る前に、何か工夫してみよう。

日常の保管は部屋の中か、Nバンの中にでも放り込んでおけばいい。

今は、部屋の中に立てかけてある。

余りジャマにもならないし、このままでもいいんだがな。

浮沈子の部屋は2階だから、ちょっと出し入れが重いけどな。

乗る頻度を考えると、わざわざ駐車場まで行って(徒歩5分)、Nバンから出す方が面倒かも知れない。

積んだまま、Nバン走らせるのもなんだしな。

まあいい。

明日は、朝から水泳教室だし、その後は500Eの車検出しをしなければならない。

保険屋さんには、夕方に会う約束をした(ナンバープレートに貼るシールとか貰わなければならないしな)。

夕方のデビューになる。

近所を走り回るくらいだが、一通が多いので困るな。

狭いところでの取り回しも簡単だし、押して歩くのにも苦労はない(電動アシスト自転車と同じくらいの重量だしな)。

こんなんで、30kmも走るとは思えないな。

坂道とか登ったら、あっという間に消耗してしまいそうだ。

上り坂では、降りて押した方がいいかも(何のために買ったんだか・・・)。

まあ、どうでもいいんですが。

世の中に登場したての電動バイク(一時期、ヤマハで出してましたが)。

今度こそ、本格普及に向けて加速してもらいたいもんだ。

浮沈子は、電動自動車については懐疑的だが、もともと遠乗りを想定していない原チャリレベルの電動バイクは賛成だからな。

電動アシストママチャリの代わりとして、大いに活躍してもらいたいな・・・。

電動バイクルートシミュレーション2019年03月05日 21:35

電動バイクルートシミュレーション


今日は、フィットネスの定休日だということを忘れていた。

真理はあなた方を自由にする。

聖書の一節だというが、単に忘れていただけだ。

で、真理に疎い浮沈子は、タオルとか短パンとかを自転車の前かごに積んで、えっちらおっちら坂を上がる。

一方通行を逆走することなく、渋滞に巻き込まれることのない裏道を検索して、遠回りして大井町の近くまで行ってから気づいた。

即刻、Uターンして戻ってきたけどな。

帰り道は、ほぼ、今までの自転車でのルートと同じである事が分かった。

プログラムによって、最高時速が30kmに抑えられているので、慎重にルートを選ばなければならない。

エンジン付きのやつは、最高速度もそれなりに出るわけだが、電動バイクは厳密だからな(未確認)。

街道を実際の走行速度で70km位で走っているクルマや大型バイクの脇を、相対速度40km差でテロテロと走るのは危険だ。

そこは、慎重に避けつつ、なおかつ、余り遠回りしないルートを開拓する必要がある。

自転車は、我が国では一通逆走が概ね可能だからな。

パリは、自転車もクルマと同じく、一通は守らなければならなかった。

ケアンズはどうだったかな。

まあ、どうでもいいんですが。

原付一種は、自動車と同じく、一通は守らなければならない。

原動機付「自転車」といっても、れっきとしたバイクだ。

しかし、二段階右折などというややっこしいルールもある。

(原付の2段階右折は2車線から必要?合図の出し方)
https://bright-future21.com/archives/866

「①交差点の手前で右ウィンカーを出す
②方向転換をしてウィンカーを消す
③進行方向の信号が青になったら進んでも良い」

もう忘れている。

原付に乗っていたのは何十年も前だし、その頃は二段階右折などという制度はなかった。

該当する交差点は、左折専用車線があろうが右折専用車線が増えようが、それらを含めて3車線以上で二段階右折禁止の標識がなければ、また、2車線以下であっても、二段階右折指示の標識があれば、上記の方法で右折しなければならないようだ。

更にややっこしいのは、左折専用車線が設定されていた場合の「直進」の方法だな。

上記の二段階右折を行う際は、左折専用車線を直進しなければならないが、直進の場合は左折専用車線を避け、中央の直進車線に移らなければならないそうだ。

やれやれ・・・。

自転車なら、何の迷いもなく道路の左端を走っていればいいのに・・・。

街道沿いを走るのは、最小限にして、生活道路までいかない広めの裏道を探して安全に走るに越したことはない。

しかし、そういう道は渋滞もしやすいからな。

時間帯によっても異なる。

買い物道路になって、車両通行止めになることもあれば、う回路になって渋滞することもある。

朝の通学時間帯は、出歩かないようにしているけど、やむを得ず出動する時もあるだろうからな。

それも調べておかなければならない。

最適なルートで、安全快適に原チャリライフを始めよう。

明日は、フィットネスも営業するし、朝から忙しいからな。

ルート検索も早々に切り上げて、身体を休めておかなければならない。

いつもと違うルートで自転車こいで、少々疲れた。

ブレイズがまともに走るかどうかの確認は、明日の夕方以降だが、どうやら雨が早めに降り出しそうな感じだ。

焦らずに、天気が回復する明後日の午後以降にした方がいいかも知れない。

500Eの車検引き取りの時は、電動バイクで行ってもいいかもな。

で、後席に放り込んで帰ってくるわけだ。

うーん、そういう使い方が出来るというのは便利に違いない(バッテリーも片道だけ持てばいいので、結構遠くでも大丈夫!)。

行った先に電源があれば、充電させてもらって帰ってくることも可能だ(充電器持参?)。

片道20km位は、それで行けるかもしれない。

おお、神田詣では、天気が良ければ電動バイクで行こうかな・・・。