晴れた日にはDM2が見える2019年03月05日 14:39

晴れた日にはDM2が見える
晴れた日にはDM2が見える


シールや取説には、DM2となっている。

正式の型名は、「DM2 DM52-202-A1401」(色は、ハーフマットブラック)なんだそうだが、中国製のヘルメットを近所の2りんかんでゲットする。

(2015-08-18
バイク ヘルメット2点入荷しました。【入間店】:参考まで)
https://www.treasure-f.com/shop/27/topics/129407/

2015年製か・・・。

発売元は日本になっているけど、れっきとした中国製。

125cc以下のSGマークも付いていて、税込み4980円で購入した。

本来なら昨日買いに行く予定だったんだが、雨がやまなかったので今日になった。

ワンタッチのあご紐、ベンチレーション、後部のリフレクター(反射板)も付いている。

ハーフタイプにしようかとも思ったんだが、店員さんのお勧めもあってこれにした(在庫整理なのかあ?)。

店頭表示価格より、1000円プライスを落としていたので、買い得感がある。

激安とまでは言えないけどな。

ネット通販だと、2000円くらいからあるからな。

SGマークなしだけど。

何より、転倒しない安全運転を心がけるのが一番だ。

しかし、構造的に不安定な二輪車は、転倒事故が避けられない。

人間が乗る以上、クルードラゴンとはいわないまでも、安全性を追求するに越したことはない。

専用のヘルメットも買って、後は登録と保険の加入が残るだけだ。

(晴れた日にはGMが見える―世界最大企業の内幕 (新潮文庫))
https://www.amazon.co.jp/dp/product/4102228012/ref=as_li_tf_tl?camp=247&creative=1211&creativeASIN=4102228012&ie=UTF8&linkCode=as2&tag=bookmeter_book_middle_detail_pc_logoff-22

「内容(「BOOK」データベースより)
GTOを開発し、シボレーの売上げを伸ばし、いくたびかGMの救世主となって、GM史上最年少の重役に昇進した男が、次期社長を目前にして、突然同社を辞した。いったい何故か?自動車業界の風雲児デロリアンの証言と弾劾は、王国の聖域「十四階」のヴェールを剥ぎ取った。本書は、「問題の男」の「問題の書」であると同時に、組織と個人に関して、望みうる最良のテキストである。」

(ゼネラルモーターズ)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BC%E3%83%8D%E3%83%A9%E3%83%AB%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%BA

「20世紀初頭にミシガン州で創業。1930年代から第二次大戦後にかけてアメリカ最大の市場シェアを握り、特に1950年代から60年代には世界最大の自動車メーカーとして繁栄した。」

「70年代以降は輸入車との競争に苦しみ低迷、2009年6月1日に連邦倒産法第11章の適用を申請し倒産、国有化された。」

「2013年12月9日にアメリカ合衆国財務省が保有するGMの株式全ての売却が完了し、国有化が解消された。」

まあ、どうでもいいんですが。

明日は、辛うじて曇りのようだが、明後日(木曜日)には雨が降るという。

晴れた日は、今日だけかもな・・・。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
kfujitoの徒然の筆者のペンネームは、
「○○子」です。
○○を記入してください。

コメント:

トラックバック