保健大臣からの特別な連絡2019年03月25日 08:46

保健大臣からの特別な連絡
保健大臣からの特別な連絡


(SITUATION ÉPIDÉMIOLOGIQUE DANS LES PROVINCES DU NORD-KIVU ET DE L'ITURI
Dimanche 24 mars 2019)
https://us13.campaign-archive.com/?u=89e5755d2cca4840b1af93176&id=20dee366c5

「流行の開始以来、累積症例数は1,009」(フランス語は比較的得意らしい自動翻訳のまま:以下同じ)

一気に超えたな。

10日前の感染者数は936人だったからな。

1日平均7人以上のペースで増えたことになる。

DRCにおけるエボラの感染力は衰えていない。

1000人突破を記念して(?)、保健大臣が特別寄稿している。

「今日までに、629人が死亡しました。この苦痛な試練を克服する機会を得た321人の癒された人々にとって、家に帰ることは必ずしも容易ではありません。すでにこの病気の遺産と暮らすことを余儀なくされているこれらのエボラの受賞者は、彼らのコミュニティ内での汚名にも直面しています。」

「コミュニティは、暴力、噂、および偽の専門家の呼びかけに屈しないことによって、ウイルスの拡散を阻止し、そのメンバーを保護するための集団的および個人的責任を持っています。」

「病気の子供を保健所に連れて行って、検査室でサンプルを採取することを受け入れる母親のレベルから始まります。」

「家族の一人がエボラに感染した後に家族全員が予防接種を受けていることを認める家族の長に基づいています。」

「地区または村の長が率いる地元の暴力団委員会の設置は、市民の行動センターをより密接に結び付けます。」

このメッセージの中には、現地で対応を阻害しているのが反体制武装勢力だけではないということが明記されている。

コミュニティは、暴力、噂、および偽の専門家の呼びかけに屈し、母親は病気の子供を保健所に連れて行くことが出来ず、家族の一人がエボラに感染した家長は残りの家族全員に予防接種を認めようとしない・・・。

地域の暴力団は、その隠然たる権力を維持するために、家族を脅し、治療が成功した患者が村に戻った後も差別を助長しているのだ(そうなのかあ?)。

村八分にされてしまう・・・。

そうした行動が積もり積もって、1000人を超える感染者を生み出し続けている。

エボラは現代を映す鏡だ。

DRC東部地域では、まさにその通りだと言える。

人間の社会の在り様そのままに、その隙間に入り込み、拡大し、維持し続ける。

外からもたらされた災厄ではなく、内に持っている姿そのものなのだ。

そこに光を当て、何らかの変化をもたらすことが出来なければ、この災厄は終わらない。

人間の社会が変わる時には苦痛を伴う。

それを受け入れることが出来るのは、その痛みにいや増す苦痛がもたらされた時だけだ。

そして、変化することによって、その苦痛が取り除かれることが確信された時だ。

保健大臣のメッセージが、その確信を与えるとは思えないけどな。

ETC(エボラ治療センター)での治療成績が90パーセント以上とかならともかく、6割じゃあな・・・。

ネガティブな情報が増幅されがちなことを考えれば、ETCに行ったらみんな殺されるぞと言われかねない。

祈祷師の商売敵だからな。

放っておいても、4割くらいは自然治癒するからな。

そっちを強調して宣伝すれば、まだまだ商売することは可能だ・・・。

その祈祷師を取り纏めている勢力だって、いるに違いない。

地元に巣食い、隠然たる力を及ぼしている連中だ。

彼らに逆らってまで、母親は子供を保健所に連れて行くだろうか。

家長は、怪しげなワクチンを家族全員に受けさせるだろうか。

村は、ETCから戻ってきた連中を、暖かく迎え入れるだろうか。

DRCのエボラ流行の根は深い。

1000人の感染者の次は、2000人の感染者だなどと、軽々しく言うことは許されないだろうが、浮沈子は間違いなくそうなると見ている。

この致死率や、ETCでの治療成績、感染者の増加具合、地域での抑え込みと国際感染症へ発展しない状況は、ある意味、嵌っているからな。

根絶へ向けてのインセンティブが働きにくい。

じわじわと増え続けるパターンなわけだ。

ひとたび資金ショートなど起きて、対応の手が緩めば、一気に広がりかねない。

しかし、現状の対応では、根本的な解決は困難だ。

「Beni、Mabalako、Tchomiaなど、Ebolaの対応が適切であったすべての保健ゾーンでは、ウイルスの感染は止められています。」

これらの地域で成功した手法が、現在感染が続いている地域で同じように奏功するかどうかは分からない。

赤道直下の地域に、春が来るかどうかは知らないが、浮沈子の予想が外れて、2000人の感染者を記録する前に今回の流行が終息することを願おう・・・。

e-BIKE≠電動バイク?2019年03月25日 16:57

e-BIKE≠電動バイク?


このブログでは、何の考えもなしに(まあ、いつものことですが)モーターだけで走る第一種原動機付自転車を電動バイクと表記している。

世間では、ちょっと誤解を招きかねないな・・・。

(山道も長距離通勤も楽々 「e-BIKE」お薦め5選)
https://style.nikkei.com/article/DGXMZO32097480S8A620C1000000/

「e-BIKEは分かりやすく言えば電動アシスト付きのスポーツサイクルのことである。」

ほおーっ、そーなんだ・・・。

先日、愚弟と会話した時に、どうも話がかみ合わない。

パナソニックからイーバイクが出ていて、航続距離が最大100kmとかいうから。

そんな、ぶわっくぁぬぁー(ばかな)!。

「パナソニック XM2:急勾配に強い高トルク型ドライブユニット搭載」

「車両重量:24.0kg 
満充電でのアシスト走行距離:HIGHモード約61km/AUTOモード 約75km/ECOモード 約107km」

確かに・・・。

価格は驚愕の38まんえん!。

ブレイズのスマートEVが諸経費消費税込みで2台買えて、お釣りがくる値段だな。

記事の中には、浮沈子の電動アシストママチャリ(スポーツタイプではないので、e-BIKEとはいわない?)を作っていた宮田のやつもある。

「ミヤタ クルーズ:汎用性の高いクロスバイクタイプ」

「車両重量:18.7kg 
満充電でのアシスト走行距離:HIGHモード約78km/NORMAL モード 約106km/ECOモード 約115km」

お値段は26万9000円と、ぐっとお安いが、相変わらず電動バイクよりは高い。

100km以上のアシスト距離は、ママチャリと比べると長い。

基本的に、アシスト量が少ないんだろう。

スポーツタイプだからな。

脚で漕げよ!。

ヤマハのやつは何と最大225kmアシストする(ホントに走ったのかあ?)。

まあ、どうでもいいんですが。

ブレイズは、たった30kmしか走らないが、それで全く問題ない。

イーバイクに比べれば安いしな。

ペダル付いてないけど。

充電時間とかは、ほぼ同じだ(3時間半から5時間)。

(《2019年》人気の電動アシスト自転車!タイプ別に13モデルを徹底解説)
https://kakakumag.com/sports/?id=9912

街乗り用:
・パナソニック「ティモ・DX」:約5時間(71km)
・ヤマハ「PAS With DX」:約3.5時間(76km)
・ブリヂストン「アルベルトe」:約4.1時間(80km:26インチ)

子乗せ用:
・ヤマハ「PAS Kiss mini un」:約3.5時間(60km)
・ブリヂストン「bikke GRI(ビッケ グリ) dd」:約4.1時間(88km)
・パナソニック「ギュット・クルーム・EX」:約5時間(80km)
・ヤマハ「PAS Crew Disney edition」:約3.5時間(60km)

スポーツタイプ:
・ヤマハ「YPJ-ER」:約3.5時間(242km)
・BESV「JF1」:約3.5時間(111km)
・パナソニック「XM1」:約3時間(78km)

小径タイプ:
・デイトナ「DE01S」:約4~5時間(50km)
・パナソニック「オフタイム」:約3.5時間(59km)

カッコ内は、最大アシスト距離。

電動バイクは、充電時間の割に航続距離が半分ということだが、人間の脚のパワーは食費によって賄われるからな。

100円のパンで走るとしても、燃費がいいとは言えない(浮沈子は2個くらい必要かも)。

ちなみに、ブレイズの充電代は約10円といわれている。

(よくある質問)
https://www.blaze-smartev.jp/faq/

「充電時間・電気代はどれくらいですか?:
満充電に対し、一回当たりの電気代はわずか約10円です。」

夜間電力換算かも知れないからな(未確認)。

それにしても安い。

電気自動車が普及したら、ガソリンはだぶだぶに余っちまうだろうな。

電気自動車に充電するのに、ガソリンエンジン回して発電した電気で走らせなきゃならないか・・・。

まあ、どうでもいいんですが。

イーバイクは、電動バイクのことではない。

バイクというのは、海外では自転車のことで、エンジンで走るのはモーターバイクなのか(じゃあ、モーターで走るのは?)。

ああ、ややっこしい。

もう少し整理してくれないと、混乱するな。

このブログでは、モーターだけで走るのは当分電動バイクということにしておこう。

イーバイクなどという、販促(反則?)っぽい名称は使わない。

つーか、浮沈子には縁がないしな(坂道きつくて、電動アシストママチャリから、電動バイクに乗り換えたくらいだからな)。

昨日、今日は体調がすぐれず、家でうだうだして、久しぶりにいつものレストランで遅いランチを食べてから書いている。

急に気温が下がったので、風邪をひいたのかもしれない。

身体がだるくていけない。

明日は活動的な日になるといいな・・・。