スターライナーは飛ぶのか?2019年04月07日 12:32

スターライナーは飛ぶのか?
スターライナーは飛ぶのか?


浮沈子の妄想の中では、既にスターライナーは没になっていて、延期された8月の無人飛行の日程は、世間を煙に巻くための仮の日程で、その時になればクルードラゴンの成功が確信されていて、NASAも安心して断念を発表できるというストーリーが出来上がっている(えーと、あくまで妄想なので、予想とかではありませんが)。

(寒の戻り或いは花冷えの朝(1.1度!))
http://kfujito2.asablo.jp/blog/2019/03/24/9050832

「ひょっとしたら、既にB社はスターライナーを見限ったのかもしれない。」

有人飛行に至っては、11月とか年内とか言っているけど、まず、間違いなく来年以降になる。

ドンガラ(システムとか未完成)のスターライナーを飛ばして、ISSに接続し、空気漏れしないかを確認したのち、制御落下させてパラシュートで地上に着陸させるだけの話なのに、既に数年遅れている。

アトラスVに乗っけて、軌道に打ち上げるところからして怪しい。

空力に問題があって、まともに飛ぶかどうかも定かではない。

70インチ(約1.8m)のスカートを穿かせて、空力を改善しなければらない。

ダサッ・・・。

(CONFIGURATION)
https://www.ulalaunch.com/missions/commercial-crew

「ULAはまた、長さ70インチのエアロスカートを設計し、Starlinerの空力面を拡張しました。これにより、独自の乗組員構成のためにAtlas Vの空力特性、安定性、および荷重が向上します。」(自動翻訳のまま:以下同じ)

ロケットは、強大なエンジンパワーを持っているとはいえ、打ち上げの時には、暫く地球大気の中を飛ばなければならないからな。

空気力学的特性にも配慮が必要だ。

しかし、せっかくの工夫も、それが役に立つのはわずかの期間かもしれない。

アトラスV自体が、いつまで飛ぶか分からないしな。

(Atlas V:Successor)
https://en.wikipedia.org/wiki/Atlas_V#Successor

「2014年9月、ULAはBlue - Originとのパートナーシップを締結し、新しい初段ブースターのRD-180に代わるBE-4 LOX / メタンエンジンを開発したと発表しました。Atlas VコアはRP-1燃料を中心に設計されており、メタン燃料エンジンを使用するように改造することはできないため、新しい最初の段階を開発する必要があります。」

そうなれば、空力特性とかも変わるからな。

再設計が必要になるかも知れない。

そもそも、スターライナーは、他種のロケットで打ち上げられるように設計されているようだから、例えばファルコン9とかで上げることも考えている。

そうなれば、また、空力を調整しなければならない。

浮沈子の妄想は別にしても、スターライナー自体はISSだけではなく、ビゲローと組んで、宇宙ホテルへの往還にも使用されるらしいから、仮にNASAの開発が没になっても、独自に開発を継続して実用化される可能性はある。

まあ、ISS自体がビゲローに乗っ取られる可能性もあるからな。

生き馬の目を抜く宇宙開発、一寸先は闇だ。

スターライナーの延期については、詳しい記事が上がっている。

(Boeing delays first Starliner test flight to August, NASA extends duration of first crew mission)
https://spaceflightnow.com/2019/04/02/boeing-confirms-delay-of-first-starliner-crew-capsule-test-flight-to-august/

「スターライナーの中止エンジンの熱いテストは、ニューメキシコのNASAのホワイトサンズテスト施設でテストスタンドで燃料漏れがあった後に昨年から遅れて、今後数カ月の間に計画されています。」

「各CST-100クルーカプセルは最大10回の宇宙飛行が可能です。」

「Starlinerチームは最近2つのパラシュート落下試験を完了」

「人間が評価するStarliner宇宙船の1つが最近カリフォルニア州エルセグンドにあるボーイングの衛星工場で一連の環境試験を終えた」

「ドッキングアダプタで「可動範囲」テストを実施しました。」

「ボーイングは軌道飛行試験のためにSpacecraft 3を組み立てています。」

どうやら、再使用可能なカプセルを現段階では3個(機?)作成しているようだな。

「環境テストが完了したので、クルーフライトテストに合格するには、もう1つのパラシュート認定テスト、サービスモジュールのホットファイアテスト、およびパッドアボートテストが必要です。」

これらののテストは、必ずしも無人飛行前に行う必要はない。

無人飛行のデータを有効に活用して、より良い設計に変更してからテストすることも可能だ。

そして、スケジュールはさらに遅れる・・・。

製造をロシアに依存しているRD-180エンジンを使っていること以外にも、アトラスVは問題を抱えている。

そう、固体燃料ブースターを使うことだな。

当初は、402構成(4m、固体燃料ブースター0本、セントール上段のロケットエンジン2個)でいくはずだったんだが、どうやら422構成(スターライナー用はN22と呼ぶらしい)に落ち着いたようだ。

途中で燃焼を止めることが出来ない固体燃料ブースターを使うというのは、有人ロケットでは禁忌といわれている。

そういう構成を取りながら、動的打ち切りテストはパスしようという根性が気に入らない。

「パッド脱出のデモンストレーションとは異なり、飛行中のアボートテストはどちらの会社のNASAでも要求されておらず、ボーイングはそれを見送ることにしました。」

まあ、それをやったから安全かと言われれば、それは気休めに過ぎないのかもしれない。

いずれにしても、静止打ち切りテストさえ、いつ行われるかは分からない。

スターライナーの緊急脱出用ロケットは、本体の下部に取り付けられていて、クルードラゴンのようにプッシュ式でロケットから離脱する仕掛けだ。

アポロ宇宙船やSLSに取り付けられるオリオン宇宙船のように、緊急脱出用ロケットがカプセルを引っ張る方式とは異なる。

どっちがいいとかについては、詳しくは知らない。

ドッキングポートの位置とかにもよるけど、後方に噴射できるなら、ISSの高度を押し上げる(リブーストする)のにも使えるかもしれないしな(未確認:何事もなく打ち上げられれば、燃料とロケットは無駄な重量にしかならない)。

まあいい。

スケジュール的には、今年中の有人飛行はないと思ってた方がいいかもな。

浮沈子的には、余り素性がいい宇宙船とは言えない気がする。

繰り返し利用、陸上への着陸、プッシュ式の緊急脱出用エンジンなど、新規要素はあるけど、パラシュートでの着陸、使い捨てロケットによる打ち上げ、ノーズコーンの使い捨てなど、旧態依然とした運用が残る。

それだけ手堅いということなのかもしれないが、それにしては開発スケジュールや開発費用が問題だな。

いい宇宙船を作るには、金も時間もかかるということなのか。

それとも、やっぱ、断念するのか・・・。

フロッグキック養成ギプス或いはダイビングの星2019年04月07日 21:46

フロッグキック養成ギプス或いはダイビングの星


今なら、差し詰め虐待とか言われそうな話だな。

(大リーグボール養成ギプス)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%AB#%E5%A4%A7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%AB%E9%A4%8A%E6%88%90%E3%82%AE%E3%83%97%E3%82%B9

「左投手用
一徹が作成したバネを使用した上半身強化用の器具。装着するとバネが常に腕を逆方向に引っ張り、強い筋肉を鍛えることができる。」

「日常生活の中でもギプスを装着しており、その甲斐あって代名詞ともなる豪速球を身につけた。」

イメージ的にはやや異なるが、効果的なフィンキックを身に付けるうえで、陸上における畳の上の水練が効果的ではないかと考え、そのための補助具(水の抵抗の再現や、正しい足の軌道を学習するためのもの)が考えられる。

バネとかゴムバンドでなくても、ある程度の抵抗を実現できればいいので、例えば重りと滑車のようなものでもいい。

トレーニングジムにある筋トレマシンのような感じか。

具体的な設計はこれからだけど、これを使えばフロッグキックはおろか、モジュールを交換したり、可動範囲を調整することによって、モディファイドフロッグキックやモディファイドフラッターキック、頭の中が攣りそうになるヘリコプターターンも陸上でトレーニングすることが出来るという魔法のような補助具だ。

中性浮力とトリムの調整を身に付けた後には、その本来の目的である効率的なフィンキックを学習しなければただの浮沈子になってしまう。

そう、中性浮力もトリムも、フィンで水を掻いて効率的に進むための前提条件に過ぎない。

前進あるのみ(ああ、バックワードキックもあるか・・・)。

まあ、どうでもいいんですが。

4月3日、4日とサイドマウント講習のお手伝いをして、フィンキックに悩む受講生を見ていて、陸上トレーニングを提案したのがきっかけ。

フロッグキックをマスターするのに、陸上で腹ばいになって、足の裏で手を押して、水中の水の抵抗を再現するトレーニングから思いついた。

正しいフィンの使い方、正しく使わないと、効率的に進めないというのを、水中でなくても気軽に練習できる優れものだ(単なる妄想ですが)。

流れが殆どない環境とかでは、バタ足よりもかえる足で泳いだ方がエア持ちがいいというのは知られた話だ。

慣れれば、筋肉痛とかにもならないかもしれないしな。

ガイドさんがよくやるはさみ足と、どっちが楽ちんかは知らない(浮沈子は、はさみ足は出来ないので)。

いずれにしても、エア持ちのいい、つまり効率的なフィンキックを行うことが出来れば、エアの消費が少なくなるだけでなく、疲労が軽減出来たり、窒素を溜め込むことが少なくなったりして、安全上も好ましいわけだ。

もちろん、コントロール系のフィンキックは、カメラ派ダイバーにとっても有効だ。

対象に正確に接近し、撮影した後はバックワードキックでスマートに対象から離れ、水底の砂を巻き上げたり、隣のダイバーを蹴りまくったりせずに泳ぐことが出来る。

PADIのトレーニングでは、フィンワークについて本格的に学習するプログラムは、サイドマウントスペシャルティくらいしかない。

そんなもんは、本数潜るうちに自然に身に付くという体育会系発想なのかもしれない。

そうではない。

正しい知識と効率的な学習で、しっかりとしたフィンワークの基礎を早い段階で学べば、それだけ長い期間を快適に過ごすことが出来るわけだし。

PADI的言い方をすれば、水中の環境保護にも貢献する。

PPBの後は、直ちにフィンキックのトレーニングが行える学習環境が望まれる。

一緒に潜っているバディが、スマートなフィンワークをしていれば、それ自体に宣伝効果があるかも知れないしな。

サイドマウントの学習に進む上でのアドバンテージにもなる。

興味関心があれば、テクニカルダイビングに進む人にとっても効果的だ。

フィンワークこそ、ダイビングを楽しむためのトレーニングツールに違いない。

周りを見ると、数百本潜っていても、中性浮力やフィンワークに問題があるダイバーがいる(浮沈子含めてだな)。

ダイビングのスキルの中で、少なくとも学習プログラムとしては、かなり軽視されているような気がしてならない。

昨日は、インストラクター講習の補助に参加したけど、初めに習うのは中性浮力を取って、足をゆっくり大きく動かしてキックするというだけの指導だ(そういうお題をやりましたから)。

それができれば、ダイバーとしてのCカードを貰えて、世界の海で潜ることが出来る(世界の海を荒らすことも可能だ)。

もう少し、何とかならんものか・・・。

最近、テクニカル系の講習に参加するようになり、ちょこっと齧っただけで、そういう問題意識が芽生えてきた。

自分が苦手とし、なかなか上手く出来ないからこそ、それに特化した学習プログラムが必要だと感じる。

誰もが、サイドマウントをやるわけではないし、テクニカルダイビングを行うわけではない。

しかしながら、そこで使われているフィンワークは、レクリエーショナルダイビングでも大いに有効だ。

細かく分ければ、数十通りあるといわれるフィンワーク。

その全てをいきなり教える必要はないけど、基礎的な使い方をマスターしておくことは有効だ。

特に、バックワードキックは、トリムが取れていないと困難ということもあり、ホリゾンタルトリムを維持することにも繋がる。

俺様は体力には自信があるし、水底には近づかないし、ドロップオフでしか壁際には寄らないし、呼吸ガス吸い放題のリブリーザーでしか潜らないからそんなもんは不要だという方を除けば、効率的でコントロールを目的としたフィンワークを練習する意義は大きい。

畳の上の水練を効果的に行うための補助具も、正しいフォームを身に付けたり、誤ったフォームに陥ってしまった方の矯正用としても使えるかもな(まだ妄想ですが)。

フィンの問題もある。

世の中に出回っている多くのフィンは、必ずしもフロッグキック向きではないからな。

3日のプールでは、ダイブライトのプラフィンとマレスのフィンで膝を寄せてフィンを開くタイプのフロッグキックを試してみたが、開く時に水を捉えて進む感覚はあまり感じなかった(単に下手なだけかも)。

今のところ、フルフットのゴムフィンのダイレクト感に勝るものはない。

バビューン・・・。

コントロール性では、マレスの柔らかいのがいい。

細かく動かした時の水流が穏やかな感じがする。

ダイブライトのプラフィンは中間といったところか。

次回のプール練習(久々の國富)では、ジェットフィンで試してみよう。

今日は疲れがどっと出て、1日中寝ていた。

フィンワーク以外にも、改善の余地はあるようだ。

巨人の星ならぬダイビングの星(それってヒトデ?)を目指すのも、楽じゃないってことか・・・。

ブテンボでは何が起こっているのか2019年04月07日 23:42

ブテンボでは何が起こっているのか
ブテンボでは何が起こっているのか


(北キブとイトゥリの近郊の疫学的状況
2019年4月6日土曜日:標題から自動翻訳のまま:以下同じ)
https://mailchi.mp/sante.gouv.cd/ebola_kivu_6avr19

「流行が始まって以来、累積症例数は1,130人で、そのうち1,064人が確認され、66人が推定されています。合計で714人の死亡(確認された648人および66人の可能性)があり、342人が治癒した。」

ブテンボの感染者は104人、死者は100人となっている。

まあ、死者の数字は弄りようがないんだろうが、感染者は異常に少ない。

以前にも、同じ様な状況があり、見直しが行われたが、また、同じ様なことが起こっている。

ブテンボではいったい何が起こっているのか。

一つ考えられるのは、他の地域からブテンボの治療センターに患者が来て亡くなるという事例が多いということだ。

本来なら、発祥地でカウントされるべき死者数が、一時的にブテンボに付けられてしまっている可能性がある。

もう一つは、あまり嬉しくないんだが、ブテンボの感染者捕捉に問題があって、的確に捕捉されていないのではないかという疑い。

致死率(63パーセント)を考えれば、100人の死者に相当する感染者は、160人くらいになるはずだからな。

まあ、もう暫くすれば、見直しが行われて数字が整えられるだろう(たぶん)。

(エボラウイルス病 - コンゴ民主共和国
疾病発生ニュース:
2019年4月4日 更新)
https://www.who.int/csr/don/04-april-2019-ebola-drc/en/

「先週、コンゴ民主共和国におけるエボラウイルス病(EVD)の症例数が著しく増加しました。」

「過去21日間(2019年3月13日から2019年4月2日)の間に、12の保健区域内の57の保健区域が新しい症例を報告しました。135の健康分野の42%が今日までに影響を受けている(表1と図2)。この期間中、合計172の確定症例がKatwa(50)、Vuhovi(34)、Mandima(28)、Masereka(18)、Beni(13)、Butembo(12)、Oicha(8)、Kayna(18)から報告された。 3)、Lubero(3)、Kalunguta(1)、Bunia(1)、Musienene(1)。」

カトワなどの増加が目立つが、一時撲滅されたと言われていたベニでの感染例が気になる。

他から持ち込まれたものか、潜在していた細い感染経路が顕在化したものなのか。

「ButemboやKatwa周辺の特定の地域では、コミュニティへの消極的な態度や不信感が残っていますが、他の地域では対応作業員の存在に対する抵抗が著しく低下しています。直接対話を通じてコミュニティ委員会に参加するための熱心な取り組みの結果、カトワでETCが再開され、ベニ、ブテンボ、ゴマ、コマンダ、マンギナ、およびベニにある6つのトランジットセンターに最大6つのETCが設置されました。」

対応が後手後手に回っているような気がするんだがな。

「コンゴ民主共和国におけるEVDの拡散を抑制するためには、伝染の連鎖を断ち切るための実証済みの措置の厳格な実施、徹底的な契約の追跡、継続的な高リスク接触の予防接種、および持続的なコミュニティエンゲージメントの取り組みを含む総合的アプローチ。」

そう、撲滅ではなく、拡散の抑制にしかなっていないことが問題なわけだ。

感染爆発には至らない、中規模の流行が続く。

「WHOは、疫学的状況の変化とアウトブレイクの状況を継続的に監視し、対応への支援が進化する状況に適応するようにします。最後の評価では、国内および地域のリスクレベルは非常に高いままで、グローバルなリスクレベルは低いままであると結論付けられました。」

この状況にハマってしまった現地では、消耗戦が続くことになる。

感染区域が、じわじわ広がっているのも不気味だ。

一旦撲滅された地域での再発も気になるし、最大都市ゴマでの感染の恐れは高まりつつある(現在はゼロ)。

国際社会は、見て見ぬ振りならぬ、見てるだけで手は出さない状況だ(金は出しているけど?)。

感染者が、週当たり100人超えるようになると、おそらく何らかの動きが出てくるかもしれない。

今は、最大で週当たり60人程度だからな。

或いは、国際感染が顕著になるとかな。

「WHOは、この事件に関連して旅行と貿易の措置を注意深く監視し、必要ならば検証し続けます。」

現在は、コンゴ民主共和国の内政問題だ。

広域での感染があるわけではなく、限られた地域に抑制されている。

いつまで、その状況が続くかは分からない。

夏までには、なんとか落ち着いて欲しいもんだな・・・。