首を回すと身体が回る話2019年04月13日 06:05

首を回すと身体が回る話


鶴見のプールで、シュノーケリングの自主練習。

藤上さんは、股関節痛とかで今日は潜れず。

浮沈子一人だけでダイビングプールを占有する(他のお客さんがキャンセルだったため)。

なんて贅沢なんだ!。

もちろん、ちゃんとジャックナイフの練習とかもしたけど、水面でのフィンキック(フロッグキック)の指導とか、水面での身体の安定のさせ方とかも教わった(自主練習なのにな)。

浮沈子は、普段から変なダイビング(?)ばかりしているので、水面でのスキルを練習することは殆どない。

BCに空気入れて浮かんでいればいいだけだと思っていたら、ウエットスーツとマスクで、シュノーケル付けて、足を下にしてバーチカルトリムで浮かんでいるというのは結構大変だということが分かった。

フィンは着けない。

バランスを崩したり、力を抜いたりすると、もちろん水平になろうとする。

箒の柄を持って、バランスを取るのと同じで、動的にコントロールし続けなければならない。

安定させることが出来たら、今度は片手を横に出して、そちらに傾こうとするのを体幹のコントロールで元に戻す練習。

左右で出来るようになったら、次は首を回して身体を回転させる練習。

右を向けば、ごくゆっくりと右に回転を始め、左を向けば、そっちに回転を始める。

何故回るのかは不明だ。

もちろん、全てのスキルに於いて、手で掻いたり、足で蹴ったりすることはしていない。

首を回すことによって崩れたバランスを、体幹で回復させようとするだけで、手も足も使わずに鉛直になったまま、僅かずつではあるが身体が回転する。

魔法だ・・・。

昔、コックリさんというのが流行った。

(コックリさん)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%81%95%E3%82%93

「机に乗せた人の手がひとりでに動く現象は心霊現象だと古くから信じられていたが、科学的な見方では意識に関係なく体が動くオートマティスムの一種と見られている。」

(オートマティスム)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%9E%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%83%A0

「心理学用語で「筋肉性自動作用」という意。あたかも、何か別の存在に憑依されて肉体を支配されているかのように、自分の意識とは無関係に動作を行ってしまう現象などを指す。」

ひょっとして、あれと同じように、首を向けた方に回ろうと意識する時に、自然に筋肉が動いているのかもしれない。

本人に自覚がないから、自動的に回っているように感じる。

ウソだと思うなら、どこかで試してみるといい。

まあ、2m位の深さがないと、足が着底してしまうけどな。

穏やかな海面とかでも可能かもしれない。

普段、バーチカルトリムでいることは殆どないから、そんな現象が起こるとは思ってもいなかった。

ひょっとしたら、水中でもできるかもしれないしな(今度試してみよう・・・)。

帰りの電車の中では、藤上さんと大激論(というほどのものかあ?)。

物理の法則に反しているとか、目力(めぢから)による超自然現象だとか・・・。

まあ、どうでもいいんですが。

フィンキックのトレーニングについても、例によって、ダイビングの基礎スキルとして、PPB(ピークパフォーマンスボイヤンシー)が終わったら、早い段階で行うべきだという浮沈子の持論を吹っ掛けたら、もう少し本数を重ねてからの方が、モチベーションの点などから効果が期待できるという反論を食らった。

経験値が豊富なインストラクターの言うことには、素直に耳を傾けなければならない。

PPBの講習を受けたからと言って、直ぐにプラスマイナス10cmで2時間ホバリングが出来るようになるわけじゃないからな。

でもなあ、マスタリーしたからこそ、認定するはずなんだがなあ・・・。

その時は出来ていても、すぐに忘れちゃうからということにしておこうか。

まあいい。

いずれにしても、中性浮力もトリムも、フィンキックで効果的に進むために身に付けるスキルだからな。

それだけ教えて、フィンキックをしっかり教えないというのは仏作って魂入れずの類だ。

(仏作って魂入れず)
http://kotowaza-allguide.com/ho/hotoketsukutte.html

「いちばん肝心なものが抜け落ちていることのたとえ。」

まあ、安全停止で止まっている時にも役には立つから、全くの無駄というわけではない。

もちろん、バタ足だけだって十分なんだろうが、流れがそれほどないところでゆっくり長く泳ぐには、フロッグキックがよろしい(呼吸ガスの消費も抑えられるし)。

可能であればバックワードキックが出来た方が便利だし、ヘリコプターターンが出来ればカッコイイ!。

バタ足にしても、水底近くを砂などを巻き上げずに進む際には、フィン先を途中で止めるフラッターキックが適しているしな(水底から距離を取って進むのがお勧めですが)。

これら便利なフィンワークを教えるコースは、P社の場合、サイドマウントスペシャルティを受けるしかない。

それ以外で、公認されたスキルとして習うことはできない。

インストラクターになっても、もちろんできない方は大勢いる(教わる機会がないからな)。

IEの試験に出ることもない。

需要がないわけじゃないけど明確に意識されていないようだし、レクリエーショナルレベルでは必須ではないと思われているんだろう。

フィンキックなんて、本数潜れば自然に身に付くもんだという迷信があるのかもしれない。

逆に、アプネア(息こらえ潜水)の世界では、ダイナミックアプネアウィズアウトフィンくらいでしかフロッグキックは使われない(たぶん)。

最近の流行りは、モノフィン使ったドルフィンキックなのかもしれない(未確認)。

昨日の自主練習は、結構疲れた。

腹筋が筋肉痛になったしな。

鶴見に行く前に、大井町のフィットネスで筋トレとか水泳とかやってから行ったからな。

どっちのせいかは分からない(両方やったからじゃね?)。

如何に普段、体幹を鍛えていないかを思い知る。

来週も、プール練習が予定されている。

ああ、また筋肉痛かあ・・・。

水上からだがフェアリングの回収にも成功2019年04月13日 17:06

水上からだがフェアリングの回収にも成功
水上からだがフェアリングの回収にも成功


今回のファルコンヘビーの打ち上げに伴い、フェアリングの回収に成功したという記事が出ている。

(SpaceXのFalcon Heavyが完璧なミッションを成し遂げたぜ)
https://www.gizmodo.jp/2019/04/falcon-heavy-first-commercial-launch.html

「24:06で先端を覆うフェアリングも分離。フェアリングには窒素ガス・スラスターやコントロール用のパラシュートが付いており、のちほどStarlink衛星の打ち上げミッションで使われる」

画像を見ると、A型フレームクレーン(?)が付いた回収船で、洋上に浮いているフェアリングを船上に引き込んでいるのが分かる。

初めからそうすりゃあよかったのに・・・。

海水に浸かっているから、洗浄とかは必要だろうけど、ミスタースチーブンのように、船の上に網張って、落ちてくるフェアリングをピンポイントでキャッチしようなどというのよりは、余程現実的対応だ。

空から降ってきた6億円が回収できたわけで、またまたコスト削減への道が開けたわけだ。

再使用される予定のスターリンク衛星の打ち上げは、早ければ5月中旬に予定されている。

例によって数か月遅れることはザラだがな。

まあいい。

今日は体調が優れず、天気晴朗なれども部屋でうだうだしている。

風も収まって、穏やかな天気だ。

この1週間、活動的に過ごしたから、週末は少しのんびりしよう。

何事も、メリハリ付けなければな。

そういう理屈で、サボりたいだけなんだがな。

春だしな。

眠いのは仕方ないからな。

去年は、この時期にひどい風邪をひいて、大変な思いをした。

今年は、おかげさまで、寝込むような病気はしていない。

身体と気持ちの余裕の範囲内で行動するのが、継続の秘訣だからな。

ちっと、筋肉痛がキビシーかも。

昨日のプール練習で、慣れないところを使って、堪えてるような気がする。

何事も経験だな・・・。

世紀の大発見のはずなんだが、いまいちピンとこないブラックホールの写真2019年04月13日 21:07

世紀の大発見のはずなんだが、いまいちピンとこないブラックホールの写真
世紀の大発見のはずなんだが、いまいちピンとこないブラックホールの写真


(ブラックホールシャドウの撮像を目指す「イベントホライズンテレスコープ」が記者会見を実施へ - GIGAZINE)
https://gigazine.net/news/20190410-event-horizon-telescope-livestream/

「なんだかおぼろげな画像に見えますが、これまで理論上の存在だったブラックホールを、CG合成やシミュレーションではなく実際の観測結果として撮像することができた点において画期的な画像だとのこと。」

(イベントホライズンテレスコープ)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%9B%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%97

「人類史上初のブラックホールの直接撮影であるM87中心の巨大ブラックホールの撮像が公開された。」

「この観測により、超大質量ブラックホールの事象の地平面の周囲に存在する光子球(photon sphere) の存在とそれが作るブラックホールシャドウが直接確認された。」

「ブラックホールシャドウのサイズは1000億km、事象の地平面の直径は400億kmと見積もられている。」

今回発表された画像は、人類が初めて手にしたブラックホールの実際の観測画像として、長く記憶されることになるだろうことは分かるんだが、しかし・・・。

写っている黒い穴は、実はブラックホールそのものではないという。

(史上初、ブラックホールの撮影に成功 ― 地球サイズの電波望遠鏡で、楕円銀河M87に潜む巨大ブラックホールに迫る)
https://www.nao.ac.jp/news/science/2019/20190410-eht.html

「ブラックホールの重力によって光が曲げられたり捕まえられたりすることで、ブラックホールシャドウが生まれます。」

「内側のある一定範囲では光がやってこないことがわかります。これが、ブラックホールシャドウです。」

つまりだな、ブラックホールによって周辺の光が曲げられてしまって、真ん中のところは光が届かないから黒く見えるだけの話だ。

けど、まあ、その辺りにブラックホールがあることは間違いなさそうだ。

「今回の観測は2017年4月に行われ、波長1.3mmの電波が観測されました。」

つまり、現像するのに2年掛かったわけで、とんでもない量のデータを処理して得られた画像ということになる。

我々の住む銀河系の中心にも巨大ブラックホールがあるが、M87星雲のそれに比べればチンケな大きさらしい(チンケといっても、太陽質量の数百万倍だからな)。

近いが小さいやつと、遠いけどドデカいやつは、望遠鏡の見掛けでは同じように見えるはずだ(大きさと距離は共に2000倍)。

日常生活とはかけ離れた話だ。

例によって、業界が結託して、素人受けする画像をでっち上げたに違いない(そんなあ!)。

ブラックホールの直接観測ということになれば、ホーキング輻射を増幅してみるしかないんだろうが、パワー的には桁が14桁くらい小さいらしいから、原理的に可能かどうかというレベルになる。

それを見ることが出来れば、文字通り、事象の地平面を見ていることになるんだがな。

それは、おそらく、ブラックホールの重力で曲げられて、我々のところには届かないに違いない。

やれやれ・・・。

ペタバイト単位の大容量データは、ハードディスクに入れて、媒体毎運んで処理したんだそうだ。

レトロだな・・・。

超高速専用回線を南極点まで引いて、リアルタイムで集計したわけじゃない。

解析に2年もかかるわけだから、あまり意味もないしな。

それで得られた画像が、ピンボケのオレンジ色のドーナツとはな(色は、テキトーに着色したんでしょうけど)。

それでも、当事者たちは、凄い凄いと大はしゃぎしている。

それほどのものなのかあ?。

最近は、ヒッグス粒子や重力波の検出にも成功したし、21世紀の科学は、20世紀に生まれた理論を次々と観測している。

今回のブラックホールシャドウの撮影は、それに並ぶモノだろう。

もちろん、業界的には、地球サイズなんて小さ過ぎて話にならないに違いない。

宇宙に電波望遠鏡を上げろとか、月面に作れとか、火星じゃなきゃ嫌だとか・・・。

銀河中心にある超巨大ブラックホールじゃなくて、恒星由来のブラックホールの場合、観測感度は10桁くらい上げなければならない。

22世紀の連中は大変だろうな。

知ったこっちゃないけどな・・・。

なかなか書けない話題がいっぱい2019年04月13日 22:20

なかなか書けない話題がいっぱい


はやぶさ2のクレーター、新元号のこと、そして、べレシートの失敗。

最近関心があった話は、エボラが勢いを増しつつあること、風疹が相変わらず収まっていないこと、737MAXが当分(少なくとも8月くらいまでは)飛びそうにないこと。

そうこうしているうちに、F-35Aは落ちるし、ファルコンヘビーは上がるし、米国の月政策絡みでペンス副大統領の不規則発言はあるしで、いったい何から書いたらいいのやら・・・。

やれやれだな。

別に、何も書かなくてもいいんだが、どれも一定の関心はあるからな。

あまりないのは、元号の話くらいか。

5月になってから書いてもいいんだけどな。

はやぶさ2も、穴開けただけだからな。

そこから、石ころくらい拾ってこれたら書いてもいいかも知れない。

F-35Aの墜落は頭の痛い話だ。

脱出の形跡がないらしいので、残念ながらパイロットの生存は望めないしな。

事故原因の究明についても、サルベージしてみなければわからないしな。

ファルコンヘビーと米国の月政策は書いたから、消去法でいえばエボラ、風疹、べレシートが残る。

エボラは、毎日感染者の増加を追っていて、朝起きるとコンゴ民主共和国の衛生局のページで確認している。

大体、浮沈子が起きるころに更新される様だ。

風疹は、毎週火曜日に更新されている。

エボラは、またカトワなどを中心に増加し始めている。

これについては、いずれ必ず書く。

風疹は、相変わらず東京中心に増加しているが、その勢いは徐々に弱まりつつある。

新年度が始まって、人の動きが慌ただしくなり、従来の流行の周期に乗っかるとヤバいかもしれない。

かつては、5年周期みたいな現象が見られたけど、最近はそれも当てはまらない。

ワクチンを全員接種するようになってから10年以上経つけど、自然感染による免疫の増幅がなくなっているから、それを期待することはできない。

前回の流行から6年目になるが、今年が当たり年かどうかは分からない。

そのリスクを睨みつつ、春先から初夏にかけてのレトロな増加のパターンが現れるかどうかを見るしかない。

何かあれば書く。

最後に残ったのが、イスラエルのべレシートの失敗。

宇宙機運用の経験が乏しく、ましてや月軌道は初めてだからな。

成功もあれば、失敗もある。

今回は失敗したが、次回は成功を期待していいかも。

打ち上げがファルコン9だったから、少し関心があったけど、あまり期待はしていなかったからな。

(イスラエルのBeresheetは月面への降下中に消息を絶つ)
https://jp.techcrunch.com/2019/04/13/2019-04-11-israels-beresheet-spacecraft-is-lost-during-historic-lunar-landing-attempt/

「1回目に失敗したら、何度も挑戦するだけです」

その意気や、良し!。

次の月面着陸挑戦国は、インドだ。

この国の計画は、あまり表面に出てこないからな。

何か書こうにも、ネタがなくて困る。

月周回軌道、火星周回軌道に衛星を送り込み、米ロ欧州、中国に次ぐ実力を持っていると見ている。

浮沈子のひいき目かも知れないが、衛星打ち上げビジネスでファルコンに対抗できるのは、ひょっとしたらインドのロケットかも知れない。

コスパ高いしな。

まあいい。

我が国は、スリムが2021年になるようだが、精密着陸以外に見るべきものはない(小型軽量化もあるか:ひとみ後継機と相乗りだからな)。

トヨタやブリヂストンが月面車を開発するとか言っているが、ものになるのは10年以上先の話だし、下手をすると立ち消えになる話かもしれないからな。

月面基地を先に作るのは、ひょっとしたら中国かも知れないしな。

中国に売りつければ、高く買ってくれるかもしれない。

もっとも、電気自動車の技術は、あっちの方が上かも知れないからな。

まあ、どうでもいいんですが。

宇宙も地上も話題に溢れている。

(「民間初の月面着陸」に惜しくも失敗し墜落した探査機から送られた最期の写真 - GIGAZINE)
https://gigazine.net/news/20190413-israel-lunar-lander-picture/

「信じ続けてください。私たちはもう少しだったのに不幸にも着陸プロセスでうまくいきませんでした。今後のためにもさらなる改善を行います」

パレスチナの地を追われて2000年、捲土重来を実現した国家だ。

きっときっと、次の挑戦を見せてくれるだろう・・・。