衛星ビジネスの新しいカタチか、単なる廃物利用か2019年04月14日 07:43

衛星ビジネスの新しいカタチか、単なる廃物利用か


衛星を軌道に投入する際に使用されるキックステージ。

ロシアのフレガートとか、エレクトロンのキュリーキックステージが典型的なやつだろうな。

それには、通常、衛星分離機構が付いていて、そこに独立した衛星を1機または多数搭載し、バネなどで穏便にリリースした後は、単なる宇宙ゴミとなって、ペリジー辺りに僅かにある大気の抵抗で落ちてくるまで軌道に留まるか、気の利いた奴は自分で降下して燃え尽きることになる。

このキックステージには、正確な軌道投入を行うためのアビオニクス(航法装置)、通常複数回の噴射を行うことが出来るロケットエンジン、姿勢制御装置、地球との通信装置、電源、それらを接続するデータバス、そして衛星分離機構が搭載されている。

一方、衛星の方は、最近の流行りとして、衛星バスという仕掛けがある。

(衛星バス)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A1%9B%E6%98%9F%E3%83%90%E3%82%B9

「バスは主に以下のサブシステムから構成されている。

・C&DH系(コマンド及びデータ処理系、Command and Data Handling System)
・TTC系(テレメトリ・トラッキング・コマンド系)と呼ばれていたが、オンボードコンピュータの発達に伴いC&DH系と呼ばれるようになってきている。
・電力系(EPS)
・姿勢制御系(ACS)
・推進系
・構体系
・熱制御系(TCS)
・生命維持系(有人飛行の場合)」

通信系については、ミッション機器側で用意されることが多いようだが(まあ、通信衛星に使われることが多いからな)、多くの機能はキックステージと被っている。

そこに注目して、そんならキックステージを衛星バスを持つプラットフォームにしちまって、そこにミッション機器を乗っければ衛星丸ごと完成できるようにすれば商売になるのではないか・・・。

(宇宙ロケットのスタートアップロケットラボは今、あまりにも衛星を構築しています:標題から自動翻訳のまま:以下同じ)
https://www.space.com/rocket-lab-photon-satellite-program-photon.html

「Photon衛星は、Electronの「キックステージ」を進化させたもので、小型衛星の軌道をRocket Labの任務の終わりに向けて周回させる単一エンジンの技術です。」

「衛星プラットフォームは、独自のアビオニクススイートと通信および姿勢制御システムを備えています。」

これ自体が、1機の衛星として機能するところまで仕上げられている感じだ(通信系も、もちろんあるし)。

ミッション機器側の熱処理系とかは、仕様によって大きく異なるので、そこまでは面倒見ないかもしれないが、物理的な分界点の新しいカタチであるとは言えよう。

なにより、キックステージという廃棄物(!)を有効に利用できるところがいい。

適用される衛星サービスはある程度限られるんだろうが、170kgの観測機器を乗せられれば、いろんなことが出来そうな気がする。

ビジネスチャンスを広げ、エレクトロンによる本来の打ち上げ機会を増やそうとするツールの一つなんだろうが、上手いことを考えたものだ。

文字通りのプラットフォームとして、複数のミッション機器の相乗りも考えられる。

既に、イリジウムネクストなどでは、1つの衛星に異なるミッション機器を相乗りさせているし、通信衛星にしても、複数の会社が一つの衛星に相乗り(区分所有)してサービスを提供するというのが一般的になりつつあるからな。

まあ、小型衛星では、独自の軌道を採りたがったり、打ち上げのタイミングも自由に決めたいという需要がメインだから、そもそも相乗りというのは馴染まないかもしれないけどな。

それでも、同じ様な軌道で構わないから、余計なことは大家さんに任せて、単一のミッションそのものに専念したいというニッチな市場はあるんだろう。

いや、ひょっとしたら、これからの衛星ビジネスに画期的な変化をもたらすキーテクノロジーになるかも知れない。

分界点をどこに置くのかというだけの問題だが、そこに新しいカタチが見えてくる。

衛星を独自に構築できないニーズを、如何にしてすくい上げてロケットに乗せるかというのは重要だ。

キューブサット業者だけに、美味しいところを持っていかれてたまるか・・・。

いや、そういう業者こそ、共通プラットフォームに期待しているかもしれないしな。

どこまで面倒見てもらえるかということを考えて、ミッション機器側を柔軟に設計するノウハウが必要だからな。

客層としては、その辺りが当面のターゲットだろう。

元々、薄利多売で稼ぐしかない小型衛星市場だから、細かいところで工夫するしかない。

宇宙ビジネスが民間に定着する過程では、同じ様な発想で、様々な展開が期待できる。

ハードウェアの分界点の問題だけでは済まないだろうしな。

汎用衛星を打ち上げておいて、搭載されているソフトウェアをシェアして、特定の衛星機能を切り売りするようになるかもしれない。

リアルタイムで送られてくる地球観測カメラの映像を、時分割して利用するとかな。

そうすると、ハードウェアを小分けにして、独自の需要に応えようという小型衛星のコンセプトとはかけ離れていくけどな。

ハードとソフトの切り分けも含めて、多種多様な衛星サービスが展開されていくに違いない。

その、一つのカタチとして捉えるのが正解だろう。

はたして、ビジネスとして成功するのかどうか。

単なる宇宙ゴミのエクスキューズに終わらないようにしてもらいたいもんだな・・・。

ポールアレンの魂2019年04月14日 19:28

ポールアレンの魂
ポールアレンの魂


(ポール・アレン)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%AC%E3%83%B3

「ポール・ガードナー・アレン(中略)は、アメリカ合衆国の実業家、マイクロソフト社共同創業者。」

金に困ることがない人間が好きなことをするとこんな感じになるというのを、地で行った人生だな。

半年前(昨年10月)に、65歳で病没した。

「2004年10月4日、スケールド・コンポジッツの弾道飛行宇宙船スペースシップワンへ投資している。2011年12月13日、民間宇宙企業ストラトローンチ・システムズの創業を発表した。」

その、ロケット打ち上げ用飛行機が初飛行したという。

(世界最大の航空機「ストラトローンチ」 初の試験飛行)
https://www.afpbb.com/articles/-/3220720?pid=21169445

「同機は人工衛星を搭載したロケットを空中発射できるように設計された。空中発射に必要な設備は長い滑走路だけなので、垂直発射よりも柔軟に衛星を打ち上げることができる。」

当初は、この飛行機から打ち上げられるロケット開発も目指していたといわれるが、同氏の死後、その開発は中止された。

「開発元の米ストラトローンチ・システムズ(Stratolaunch Systems)には、米IT大手マイクロソフト(Microsoft)の共同創業者ポール・アレン(Paul Allen)氏が小型衛星打ち上げ市場参入の一環として出資していた。しかしアレン氏が昨年10月に死去したことで、同社の先行きは不透明になっている。」

(巨大飛行機の「ストラトローンチ」、ロケットの開発計画を中止)
https://news.mynavi.jp/article/20190124-761344/

「巨大飛行機からのロケット発射を目指している米国企業「ストラトローンチ・システムズ」が、新型ロケットの開発計画を中止したことがわかった。」

まあいい。

金に糸目をつけず、やりたいことをやって生きた人生が幸せかどうかは本人にしかわからない。

浮沈子は、このブログに、かつてこんな記事を書いた。

(「スティーブ・ジョブズの魂」)
http://kfujito2.asablo.jp/blog/2012/03/02/6355893

「ジョブズ自身が、NeXTを「宝石」に例えたことがあった。ピュアで美しいもの、それ自身に価値を秘めたもの、永遠に輝きを失わないもの。」

自分の一生のうちに、自らの宝石を見出したものは幸せである。

ストラトローンチの巨人機が、アレンの宝石であったかどうかは知らない。

しかし、浮沈子には、そこに彼の魂が宿っているような気がしてならないのだ。

ビデオを見ると、機は軽々と舞い上がり、怪鳥のように空を飛んだ(まあ、23トン以上もあるペガサスロケットを、最大3機も抱えて飛び上がるわけだからな)。

双胴型航空機は数多く作られているようだが、真ん中にペイロードを吊り下げるタイプの輸送機は、他には同じ設計者バートルータンの、ホワイトナイトワン、ホワイトナイトツーくらいだろう。

実際には、片側で操縦するらしいが、ストラトローンチのホームページを見ると、着陸の際は右側の降着装置から降りている(画像参照)。

おそらく、パイロットは、そっちに乗っているに違いない(未確認)。

横風のせいとかではないだろう。

反対側は、ドンガラなのかもしれないな。

いや、ひょっとしたら・・・。

初飛行を見届けることなく身罷った、ポールアレンの魂が乗っていたかもしれない。

ははあ、だから左側の胴体は軽いのかあ?(そんなあ!)。

まあ、どうでも(胴でも?)いいんですが。

年に1回飛ぶかどうかというペガサスロケットを飛ばすためだけに、この航空機を維持していくというのはあまり現実的とは思えないな。

特殊な機体だし、エンジンも先行き不透明な747のを6発も使っている。

天候に左右されにくい、特殊な打ち上げ用途にしか使えない。

米軍は、ペガサスに代わる空中打ち上げシステム(XS-1)の開発に入っているからな。

活用されるとしても、それまでの繋ぎだ。

AFPの記事にもあるように、会社の存続さえ怪しい。

ひょっとしたら、初飛行でお終いになってしまうかもしれないからな。

浮沈子は、別にそれでもかまわないと思っている。

金に困らない男が追い続けた夢。

それがカタチになっただけでも大したもんだ。

その魂を乗せて飛ぶ怪鳥ストラトローンチ・・・。

うーん、やっぱ右から着陸しているのが気になるなあ・・・。

国際宇宙探査計画だってえ!?2019年04月14日 22:20

国際宇宙探査計画だってえ!?
国際宇宙探査計画だってえ!?


(チーム人類で宇宙を招く! 人類の活動領域、ついに地球外進出へ)
https://dot.asahi.com/aera/2019041100022.html?page=2

「宇宙飛行士で宇宙航空研究開発機構(JAXA)理事の若田光一氏が、国際宇宙探査計画の全体像を説明した。」

ちなみに、国際宇宙探査計画なるものは、ハッキリ言って、ない!。

(世界の国々が協力して、人類の活動場所を太陽系に広げる国際宇宙探査計画)
http://www.isas.ac.jp/j/topics/event/2016/0729_open/image/leaflet/1-8.pdf

「JAXAも、世界15の国と地域の宇宙機関が参加している「国際宇宙探査協働グループ」(ISECG)に加わり、人類が宇宙での活動領域を拡大していくことの検討を進めています。」

浮沈子に言わせれば、世界中の業界が結託したカルテルのようなもんだ。

(国際宇宙探査協働グループ(ISECG))
https://imidas.jp/genre/detail/K-105-0253.html

「宇宙探査を実施している各国の担当機関が、情報交換と連絡、長期的な国際協力計画の検討などを行うための国際組織。国際宇宙探査フォーラム(ISEF)が閣僚レベルの会合であるのに対して、ISECGは実施機関が参加する。NASA(アメリカ航空宇宙局)、ESA(欧州宇宙機関)、日本のJAXA(宇宙航空研究開発機構)、フランス国立宇宙研究センター、ドイツ航空宇宙センター(DLR)、ロシア連邦宇宙局、インド宇宙研究機関(ISRO)など、13カ国の政府機関と一つの国際組織が参加している。」

情報は、やや古いかもしれない(2015/06)。

予算の裏付けがある真っ当な計画ではなく、こんなことが出来たらいいなという、各国の思惑をすり合わせる場だ(NASA親方から、仕事の割り当てを受ける場かも)。

予算当局に、これが通らないと国際的な信用を失っちまうぞという、脅し文句を突きつけるアイテムともいえる(そうなのかあ?)。

アエラの記事には、とんでもない話も出てくる。

「宇宙における人類の活動領域は、(中略)世界初の有人宇宙飛行に成功した1961年以降、約20年周期で広がってきた」

「60年代は、米ソ間の急速な開発競争の下で宇宙船技術などが急速に発展。」

「人類初の月面着陸も69年7月20日だった。」

「80年代には、米スペースシャトルや、ソ連からロシアにかけて運用された宇宙ステーション「ミール」などで、人間が宇宙に滞在する能力が確立された。」

「00年代は国際協力の時代を迎え、ISSによる地球低軌道での持続的な長期滞在が当たり前になった。有人宇宙船「神舟」や宇宙ステーション「天宮」に代表される中国の有人宇宙活動も急速に発展した。」

浮沈子には、活動領域は縮退しているように見えるんだがな。

・60年代:月面(380000km)
・70年代以降:地球低軌道(400km)

もちろん、月面には12人しかおり立っていないし、それに対して00年代以降に本格的になったISSへは、何百人という宇宙飛行士(や、大金を払った少数の観光客)が訪れている。

距離を稼いだ60年代と、数で勝負の00年代と言うなら、まあ、話は分かる。

で、その20年説に基づいて、2020年代から30年代がどうなるかという話は、残念ながらタダでは読めないらしい。

まあいい。

浮沈子には、怪しげな「国際宇宙探査計画」のシナリオは読めている。

月に足場を築き、火星探査に乗り出そうという話に決まっている。

「範囲は、国際宇宙ステーション(ISS)が飛ぶ地球低軌道より遠方の領域で、当面は地球の衛星である月の周回や月面を含む月全体、さらにはフォボスとダイモスの二つの衛星を含む火星を計画している。」

しかし、その肝心の月周回ステーションを提唱している米国ですら、その計画にブレが出ているからな。

同床異夢・・・。

20年というのは、事業的にみて、一人の人間が継続して携われる時間間隔だ。

それを一世代として、次々と計画を立て続け、実現へ結び付けていかなければ、業界は混迷する。

イデオロギーを背景とした宇宙開発競争が終焉を迎え、国際協力の美名の元に一気にクランチした時、一つの時代は終わった。

人類は月から撤退して、地球低軌道に留まることを余儀なくされる。

その期間は半世紀近くに及び、欲求不満は爆発寸前、政治的にポピュリズムが台頭し、業界への突き上げも厳しくなったが、もちろん、出すものは出さない。

米国一国で成し遂げた月面着陸を、世界中のなけなしの金をかき集めてやろうとしている(そうなのかあ?)。

既に、公共セクターだけでは持たないからな。

民間の資金を、どうやって導入するかという仕掛けも必要だ。

月や小惑星の開発の権利を切り売りして、それを元手に食いつないでいくしかないのだ(そんなあ!)。

火星なんて、いい商売になるかも知れない。

S社は、公然と火星移民をぶち上げているが、本当にそんな話になったら、当局はタダでは済まさないだろう。

当分、出来っこないと思ってるから静観しているだけだ。

わからんぞお・・・。

スターシップとスーパーヘビー(まあ、名前は毎年変わるだろうけど)が完成して、一度に100人ずつ、編隊組んで送り込み始めたら、あっという間に占領される。

独立して自給自足できるコロニーを成功させることが出来れば、もう、地球に頼ることはないからな。

それこそ、人類の活動領域の拡張になる。

さて、次の20年(2040年から2060年まで)はどういうことになるのか。

いよいよ、木星圏に進出してエウロパに降り立ち、惑星改造(エウロパは衛星ですが)して第二の地球を作り上げようとするかもしれない。

火星くらいなら、ちょこっと行って、気に入らなければ帰ってくることも可能だろうが、木星ではそう簡単にはいかないからな。

行くだけでも10年、帰ってこようなどと考えたら、数十年の期間がかかると考えた方がいい(公転周期は12年弱)。

そんなところに、活動領域を求める意義はわからない(浮沈子には、月も理解できないけど)。

もちろん、行ったきりで帰ってくることは想定されない。

そこで生まれ、そこで育ち、そこで子孫を得て、そこで死ぬことになる。

地球を故郷と思わない連中が蔓延るわけだ・・・。

火星なら、植民地が反乱が起こして、独立運動とかで反地球勢力が台頭しても、まあ、地球から出張って行って退治(!)することも可能かもしれないけど、木星圏ではそうはいかないだろうしな。

もう、諦めるより仕方がない。

次の20年(2060年から2080年まで)はどうか。

まあ、木星の次だから、土星かもな。

土星は遠いからな。

木星の倍もある。

エンケラドゥスとかに行くわけだ。

そんなとこまで、活動領域を広げてどうするかは知らない。

その頃になれば、そろそろ太陽系外惑星の直接探査の話が具体化しているだろうしな。

人類の活動領域を、太陽系の外に求めるかどうかで大激論だ。

土星圏でも、世代を超えたアプローチが必要だからな(公転周期30年)。

行って帰ってくれば、一生が終わる。

恒星間飛行になれば、数千世代を要することになり、生身では行けないからな。

無人の探査機飛ばすだけでも、おそらくは数百世代は結果が得られないに違いない。

人類は、そんな異世界にアプローチしようとするんだろうか?。

近所の恒星に活動領域を広げられれば、次はいよいよ、他の銀河への進出ということになる・・・。

んなわけ、ないじゃん!?。

浮沈子が見るところ、月軌道や月面止まりで、火星には行けないというのが正解に近いだろう。

少なくとも、今世紀中には無理だ。

月に足場を築くのでさえ、出来るかどうかは怪しい。

単に、行って帰ってくるだけの繰り返しになり、結局撤退してお終いになるのではないか。

その決断は、苦渋に満ちたものになるだろうが、それは仕方ない。

人類は、結局、この地球上の限られた場所でしか活動できず、せいぜい地球低軌道に留まることになる。

別に、留まらなくてもいいしな。

物見遊山に行って、短期滞在で帰ってくる程度で十分だろう。

(「月・火星探査時代」が始まった 第1回 新たな宇宙ステーションとトヨタの月面車が目指す未来)
https://news.biglobe.ne.jp/it/0401/mnn_190401_9785096994.html

「アメリカを中心とする有人宇宙探査は大きく分けて2つの時代に分けることができるだろう。」

「ひとつめは最初の有人宇宙飛行に始まり、月探査までの「アポロ時代」。」

「もうひとつは1981年のスペースシャトル打ち上げから、国際宇宙ステーション(ISS)建設を経て現在に至る「スペースシャトル・ISS時代」。」

「そして2021年から次の「月・火星探査時代」へ、人類の宇宙活動が新たな一歩を踏み出すのだ。」

業界は、20年時代説にハマっている。

そこには、地球低軌道からの撤退という、至極真っ当な選択肢はない。

「アポロ計画後、有人宇宙探査が行われなかった理由は、主に「費用がかかるうえに、行った先に資源などの利益がない」ということだった。」

浮沈子的には、まあ、まともな話に聞こえる。

「月に水が発見されたことで「費用を抑えられる資源」を手に入れるという目標が明確になった。」

それを手に入れて、活用するまでのコスト、その資源を活用して利益を生み出すことが出来るかどうかの検討は、しっかりやってもらいたいもんだな。

世界を支配するのはどっちかなどという、イデオロギー対立の動機がないからな。

商売が成り立つかどうかの物差ししかない時代だ。

水があったからと言って、それがどーしたの話に過ぎない(これがホントの水商売?)。

「「きぼう」の開発は1985年に決定し、宇宙ステーション計画自体の遅れが相次いだこともあって、2009年の完成まで24年を要した。」

「これに対してゲートウェイは開発決定から打ち上げまでわずか5年だ。」

なーに、心配することは何もない。

(伏兵現る)
http://kfujito2.asablo.jp/blog/2019/04/12/9058677

「とりあえず、行って帰ってくるだけなら、ゲートウェイの構成も最小限でいい。」

米国は、ゲートウェイ構想さえ自ら踏みにじって、最小構成(我が国が開発に携わる居住モジュールはない)で、2024年の月着陸を最優先で行おうとしている。

まあ、政権が変われば吹っ飛ぶ可能性もあるが、何かの間違いで現政権が継続するようなことがあれば、JAXAの出る幕は当分ない。

(ミールに見えてしまう深宇宙ゲートウェイ:画像のみ参照)
http://kfujito2.asablo.jp/blog/2019/03/11/9045873

最小構成に必要なのは、一番左の「電気・推進部(米)」、補助棟と居住棟の間にあるドッキングポートだけだからな(たぶん、米国が担当?)。

それもこれも、SLSが上手くいったらという、最も当てにならない前提の上での話だ。

浮沈子的に見ると、少なくとも2020年代前半には、ゲートウェイの影も形もないに違いない。

まあ、電気・推進部くらいは、民間ロケット(ファルコンヘビー?)で上げられるかもしれないけどな。

ドッキングポートも、何とかなるかも知れないけど、どうやって結合するのかな。

纏めて上げられる重量なのかな。

それだけじゃ、何の役にも立たないけどな。

SLSが上がらないことには、オリオン宇宙船を月まで飛ばせないからな・・・。