ノートルダムの金(かね)2019年04月17日 13:17

ノートルダムの金(!)
ノートルダムの金(かね)


(ノートルダム大聖堂 (パリ))
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%AB%E3%83%80%E3%83%A0%E5%A4%A7%E8%81%96%E5%A0%82_(%E3%83%91%E3%83%AA)

「ノートルダムとはフランス語で「我らが貴婦人」すなわち聖母マリアを指す。」

浮沈子は、5年前の6月、ルマンを観戦するついでにパリ観光した際、訪れたことがある。

「バラ窓」と呼ばれるステンドグラスが美しかった印象があって、今回の火災で無事だったことを知って、胸をなでおろしている(画像は、そのバラ窓の一つと、今回崩れ落ちた尖塔の真下辺りの天井)。

(ノートルダム「5年以内に再建」と仏大統領 各界から寄付880億円)
https://www.afpbb.com/articles/-/3221132

「寺院の再建に対しては支援の輪が広がっている。寄付活動の先鞭(せんべん)をつけたのは、グッチ(GUCCI)やイヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)などの高級ブランドを傘下に置くグループ「ケリング(KERING)」で、15日夜に1億ユーロ(約130億円)の寄付を表明した。」

「これに続いて16日、ケリングのライバル企業であるLVMHモエヘネシー・ルイヴィトン(LVMH)と、その創業者でフランス一の富豪であるベルナール・アルノー(Bernard Arnault)氏の家族が2億ユーロ(約250億円)の寄付を表明。さらに仏化粧品大手ロレアル(L'Oreal)を創業したベタンクール(Bettencourt)家が2億ユーロ、仏石油王手(大手?)トタル(Total)が1億ユーロの寄付をそれぞれ表明した。」

あるところには、あるもんだな。

「支援は国外からも寄せられている。米アップル(Apple)のティム・クック(Tim Cook)最高経営責任者(CEO)は「かけがえのない遺産を次世代のために」再建するべく支援を行うと発表した。支援額については言及しなかった。」

我が国も、要請に応じて支援を行う意思を表明している。

マクロンは、5年以内に修復すると豪語している(パリオリンピックに間に合わせたいらしい)。

「2024年のパリ五輪までに再建完了を目指す意向を示唆した。」

この寺院は、完成までに80年近くかかっている。

「・1163~1177 内陣の建造(1182奉献)
・1180~ 身廊(五廊式)の建造
・1196 司教モーリス・ド・シュリー死去、西側の梁間を除き、ほぼ完成
・1200~ 後継者ユード・ド・シュリーによる、西正面ファサードの建造
・1220 「王のギャラリー」の層まで
・1225 バラ窓の層まで
・1240 北塔(高さ地上63m)
・1250 南塔、全面完成」(ウィキより)

まあ、80年なんていうのは短い方だからな。

(サグラダ・ファミリア)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%80%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%9F%E3%83%AA%E3%82%A2

「2026年の完成予定が現実となれば、1980年代に見込まれた約300年という建築期間はその後の30年で半減し、約144年の工期で完成することになる」

「なお、建設開始から長い年月が経っているため、建築と並行して既存部の修復も行われている。」

やれやれ・・・。

だが、建築期間の長さという点では、まだまだだな。

(ケルン大聖堂)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B1%E3%83%AB%E3%83%B3%E5%A4%A7%E8%81%96%E5%A0%82

「現存の大聖堂は3代目」

「3代目は2代目が焼失した年である1248年に建設がはじまった。しかし、16世紀に入って宗教改革を発端とする財政難から一度工事が途絶し、正面のファサードの塔がひとつしかない状態が続いた。建設が再開されるのは19世紀に入ってからだった。」

「1842年に建設が再開され、もうひとつの塔の完成が急がれた。全てが完成したのは建設開始から600年以上が経過した1880年のこと」

引き算すると633年ということになる(!)。

もう、どうでもいいんですが。

ケルン大聖堂も、2代目は消失してるわけで、歴史的建造物が燃えてしまう話はよくある。

修復についても、あとから手を加えたりするしな。

「大聖堂は第二次世界大戦時のケルン市に対する英米軍の空襲で14発の直撃弾を受けた。内部は激しく破壊されたものの全体は崩れなかったため、1956年まで復旧工事が行われ、元の状態に復元された。この際に周囲の廃墟から再利用した粗悪なレンガで復旧された部分が残っていたが、1990年代に入り空襲前の外観に戻す作業が始まっている。」

ノートルダムといえば、ビクトルユゴーの小説でも知られる。

(ノートルダム・ド・パリ)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%AB%E3%83%80%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%91%E3%83%A

「『ノートルダムのせむし男』の邦題でも知られている。」

小説自体は凄惨な物語だが、デズニーアニメの邦訳は異なる。

(ノートルダムの鐘)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%AB%E3%83%80%E3%83%A0%E3%81%AE%E9%90%98

「原題は冒頭の通り『THE HUNCHBACK OF NOTRE DAME』(日本語訳:ノートルダムのせむし男)だが、この「せむし男」が放送コードに抵触するため、邦題は変更された。」

まあいい。

今日のタイトルは、修復基金へ莫大な寄付を競う連中をパロったつもり(鐘→金!)。

5年で再建とか、政治日程と絡めずに、じっくりと時間を掛けて直すのがよろしい。

「1000年前に建設された仏ストラスブール大聖堂(Cathedral of Strasbourg)の修復を手掛ける財団のエリク・フィシャー(Eric Fischer)代表は、ノートルダム寺院の再建には「数十年」が必要との見解を示した。」(AFPの記事より)

順当な見積もりだな。

修復に必要な寄付は、早めに受け付けた方がいいかも知れない。

そっちは、早くしないとな。

数十年後、連中が存続しているかどうか分からんからな・・・。

スターリンク衛星の量産と追加の準試作衛星群2019年04月17日 21:54

スターリンク衛星の量産と追加の準試作衛星群


(量産が始まると、SpaceXの最初の専用Starlink打ち上げが発表されました:標題から自動翻訳のまま:以下同じ)
https://www.teslarati.com/spacex-starlink-first-launch-date/

「SpaceXのCEO Elon Muskは2018年夏にStarlinkグループに痛みを伴う再編成を余儀なくさせ、残りのリーダーと彼らのチームに2019年6月までに最初の運用Starlink衛星の打ち上げを要求しました。本格的な大量生産のための真の最終設計に落ち着く前に、1つの追加の準試作衛星群が打ち上げられるという、ある種の妥協がなされなければならなかった。」

試験衛星2機は、昨年上がっている。

その研究成果を踏まえて、内容は不明だが、追加試作衛星群を上げる。

スタートは、なんと来月だという(まあ、例によって当てにはなりませんが)。

今年中にでも上がれば上等じゃないのかあ?。

まあいい。

注目すべきは、初期の衛星群が、Kuバンドだけで運用される点だな(当初は、Kaバンドも)。

「それらを単純化することによって、SpaceXはそれがStarlinkの初期の展開を大いにパフォーマンスを失うことなく、あるいはOneWebのような競合他社からの星座と干渉することなく促進することができると信じています。」

「その方向に沿ったどこかで、SpaceXは、スターリンク衛星のその後の各世代を、同社の最初の星座アプリケーションで概説された公称性能特性に達するまで、繰り返し改善していきます。」

「最初の75機の宇宙船が建造され打ち上げられた後、SpaceXは既に計画され設計されたアップグレードを導入」

軌道要素も変更される。

「1584の​​衛星の最初のフェーズの運用軌道を550 km(340マイル)に減らすことです、SpaceXが言う変更は劇的に軌道の潜在的寿命を減らすでしょう」

追加試作衛星に続く初期ロットの衛星群は、当初予定(1100kmから1300km)より、低い軌道に置かれる。

早く落としてしまって、追加で打ち上げられる衛星に置き換えようということだ。

これは、一見無駄に見えるが、打ち上げロケットを自前で持つS社ならではの戦略的対応だ。

浮沈子が見るところ、ライバルであるワンウェブをけん制し、早期展開を図ることで実績を作ろうということのようだ。

100億ドルのコストが掛かる長期のプロジェクトだからな。

財政基盤を固めておくに越したことはない。

出資者を安心させるために、早期のサービスインを狙い、安定した財政基盤の上で絶え間ないバージョンアップを重ねるというのは、ファルコンシリーズで同社が示している開発手法だ。

画期的な技術で市場を席巻してしまえば、あとは刈り入れの季節になる。

そこで要求される最大の資源は時間だ。

スピードこそ、変革の時代に求められる。

(SpaceXは彼らのスターリンクインターネットサービスがどのように機能するかについてより多くの詳細を与える。より少ない衛星数、より低い軌道、より短い伝送時間、より短い寿命)
https://www.universetoday.com/140539/spacex-gives-more-details-on-how-their-starlink-internet-service-will-work-less-satellites-lower-orbit-shorter-transmission-times-shorter-lifespans/

「Starlinkは一連の地上局を介してメッセージを送信し、それが電波を介して上の衛星に情報を送信します。これらの衛星はそれから受信者の目的地の上のものに届くレーザーを使ってメッセージを中継するでしょう、そこでデータは再び電波を使って正しい局にビームダウンされるでしょう。」

昨年の記事だが、動画を使って、スターリンクのデータ伝送のイメージを確認できる。

経路選択とかのアルゴリズムがどうなっているのかは知らない。

(SpaceXのStarlink Constellation Constructionが始まりました。今後5年間で2,200の衛星が上がる)
https://www.universetoday.com/141980/spacexs-starlink-constellation-construction-begins-2200-satellites-will-go-up-over-the-next-5-years/amp/

「SpaceXは、非アクティブな衛星を優れたパフォーマンスを提供するものに徐々に置き換えることによって、これを有利に利用するつもりです。このようにして、より多くの情報を送信することができ、そしてより長く持続する、より高い軌道に置かれるより重い衛星の追加で星座は徐々に改良されるでしょう。」

これをみると、衛星の寿命は5年程度ということになる。

短いな。

何か、画期的な方法を取らなければ、計画は遂行できない。

デプロイした後、衛星が2つに分かれて倍になるとか、そういうトリッキーな方法をとるかも知れない。

まあ、どうでもいいんですが。

スターリンクについては、なかなか情報が上がらないからな。

計画初期の段階だし、その仕組みは精緻にして複雑を極める。

ウィキには、雑駁な情報を並べたページが置かれている。

(スターリンク(衛星星座))
https://en.wikipedia.org/wiki/Starlink_(satellite_constellation)

「2組目の試験衛星と最初の大規模な配置が2019年に予定されています。 2019年5月より前。」

うーん、何やら当てになりそうにない感じだな。

打ち上げに、ファルコンヘビーを使うことはないだろう。

6月には、空軍の打ち上げがあるからな。

使うとすれば、ファルコン9だ。

地球低軌道への小型衛星の打ち上げ。

イリジウムネクストで、薬籠中にしているわけだが、今後は10機どころではなく44機程度を上げ続けなければならない。

衛星ビジネスでの実績に乏しく(衛星を壊すのは得意ですが)、運用経験もない。

空軍の仕事で、実際どこまで任されているかは不明だ。

衛星間通信をレーザーで行うようだが、それも不明。

何もかも見えない中で、手探りとぶっつけ本番と運を(文字通り)天に任せて、不具合があれば走りながら(打ち上げながら?)改善していく。

スパイラル方式の開発手法が、今回も成功するかどうかは分からない。

分かっていることはただ一つだけ・・・。

他の会社じゃあ、決して通らない話だということだな。

今回の一連の発表で明らかないなったのは、スターリンクがビジネスプロジェクトとして、正式にスタートしたということだけ。

ものになるかどうかは、これからに掛かっている。

とにかく走り出してしまったわけで、事の性格上、走り続けるしかないのだ。

立ち止まって、これで良かったのかと振り返る余裕はない。

一本道を、全力で走り切るしかない。

ワンウェブには、すでに先行を許しているからな。

そんでもって、システムがまともに動かなければ話にならない。

衛星がちゃんと数上がって、システムが動き出せば、ライバルと市場を食い合うことになる。

ひょっとしたら、先行した一社が全てを獲るかもしれない。

ナンバーツーはいらない。

隙間産業として生き残ることが出来れば幸いだ。

打ち上げ手段を確保し、必要に応じてロケットをタイムリーに手配できるのは、その意味では最高の強みだ。

衛星さえできれば・・・。