公休日は、全国的に晴れ2019年04月20日 09:43

公休日は、全国的に晴れ


地方選挙最終日の土曜だ。

朝からお騒がせの選挙カーが、元気いっぱいに走り回る。

今日は、フィットネスの公休日(毎月、5日と20日)。

良心の呵責なくサボれる日(!)。

もっとも、そう感じてサボったことはない。

サボって、身体を休めるのも健康維持のうちだ(いやいや、ただ単にサボってるだけ・・・)。

まあ、どうでもいいんですが。

昨日は、鶴見のダイビングプールで、先週に引き続きシュノーケリングの自主練習会。

ジャックナイフは、ようやくストレスなく行うことが出来るようになった。

やはり、数をこなすと違うな。

浮沈子の他にもお客さんがいて、独占というわけではなかったけど。

腰痛のせいで藤上さんはまだ潜れない。

こんなんで、ドルフィンツアーだいじょうび?。

浮沈子は、参加しないからいいけど。

そもそも、その前に富戸方面でレスキューコースを仕切る予定だしな。

安全管理と段取りさえできれば、後はサポートできるけど、それまでには回復して欲しいな。

一年365日が連休の浮沈子と異なり、巷では来週末から(たった)10連休で大騒ぎしている。

今日はまだ外には出ていないけど、天気は上々だ。

一週間くらいこのまま続くようだが、来週末からは少し崩れる模様だ。

ダイビングは、全天候型レジャーだけどな。

晴れているに越したことはない。

まあいい。

今日は公休日。

天気は上々。

右背部痛が取れない。

筋肉痛なのか、持病の尿管結石なのか。

暫くすれば分かるだろう。

横になって身体を休めている時には痛くないからな。

たぶん、筋肉痛だ。

やれやれ・・・。

水に身体を馴染ませる練習を続け、力業ではなく、無理のない運動をするための努力。

水泳やったり、シュノーケリングしたり(プール練習だけですけど)、たまにダイビングしたりして、勘が衰えないようにする。

力業の方は、フィットネスで筋トレ(負荷、小さめですが)。

関節の可動域を維持するのが目的だからな。

その筋トレも、今日は休み!。

うれしーっ!。

F35A発見!?2019年04月20日 11:16

F35A発見!?
F35A発見!?


(F35A墜落、米軍の捜索活動終了…支援は継続:4/19(金) 22:38配信)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190419-00050313-yom-int

「米軍による捜索活動は終了させた」

(F35墜落原因究明で協力 岩屋防衛相、米長官代行と会談 青森沖に深海捜索船:2019.4.20 08:04国際米州)
https://www.sankei.com/world/news/190420/wor1904200004-n1.html

「米側が墜落現場である青森県沖の太平洋に深海捜索船を派遣する」

(青森沖のF35A引き揚げか 深海作業支援船が停泊 那覇軍港:2019年4月18日 10:42)
https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/410319

「F35Aの引き揚げのために寄港しているのではないか」

一連の報道から見えてくるのは、海中のF35A戦闘機の残骸が発見されたのではないかということだ。

引き上げのための船が出港したかどうかは知らない(AIS切ってるみたいです。:うーん、ますます怪しい・・・)。

(VAN GOGH - OFFSHORE SUPPORT VESSEL)
https://www.vesselfinder.com/vessels/VAN-GOGH-IMO-9777553-MMSI-311000591

(VAN GOGH
DIVING SUPPORT CONSTRUCTION VESSEL)
http://www.ultradeepsolutions.com/van-gogh-dsv.html

「ディーゼル電気制御された推進力、非常に能率的な方位のスラスタ、動的位置システムおよび150t沖合いクレーン(3,000mの水深)を装備している。坑口の点検、検査および建設のための潜水およびROVのサポートに適した、大きなプラットフォームデッキ1,000 m 2のデッキスペース」(自動翻訳のまま)

さて、問題は、引き揚げた後、どうするかだな。

我が国の防衛庁長官を呼びつけて話した内容は、想像に難くない。

事故調査は、米軍が行うということを一方的に伝達したに決まっている(そうなのかあ?)。

交渉の余地はない。

F35Aは、ブラックボックスの塊だからな。

三菱では手も足も出せない。

逆に、三菱の組み立てに問題があったとすれば、チョンボの当事者ということになる(過去に、F2の配線間違えて墜落させた実績(!)あり)。

(三菱F2墜落炎上 原因は配線ミス!)
https://blogs.yahoo.co.jp/enoimreh01/50424813.html

「そんな会社に飛行機やロケットやミサイルを作らせて大丈夫なんでしょうか?」

やれやれ・・・。

米軍による調査は妥当だ。

引き揚げた現物は、米国にお持ち帰りの上、徹底調査されて原因が究明されることになる(たぶん)。

もちろん、我が国の国有財産だからな。

最終的には返してもらえるだろう(おそらく)。

秘密なところは、全部消去されたうえでの話だ(きっと!)。

墜落事故を起こしたことは、開発に当たった米軍にしてもショックだったに違いない。

B52飛ばしたり、U2飛ばしたりして牽制して、敵対勢力に横取りされないようにしてたからな。

「しっかり監視しながら捜索活動を続けている。その可能性はない」

可能性まで否定したということは、既に引き揚げ済かもな。

政治家のくせに、ウソつくの下手だな・・・。

「日米は、事故原因の究明についても協力する。」

結構な話だな・・・。

(「F35A」日米捜索大作戦 最新鋭の潜水艦救難母艦「ちよだ」出動!「絶対に他国に渡すわけにはいかない」:追加)
https://www.zakzak.co.jp/soc/news/190417/soc1904170018-n1.html

「海上自衛隊は最新鋭の潜水艦救難母艦「ちよだ」を出動させた。」

エース投入か。

「無人潜水探査機に加え、小型の深海救難艇(DSRV)も海中に降ろして、探索を続けている。」

最大潜水深度は非公開だが、1500mくらいは楽勝でしょう。

「墜落機が発見されれば、民間のサルベージ会社に引き揚げを依頼する。」

当初は、我が国で引き上げるつもりだったようだな・・・。

定性と定量の狭間で2019年04月20日 12:48

定性と定量の狭間で
定性と定量の狭間で


(スペースXの超大型ロケット「ファルコン・ヘヴィ」、初の商業打上げに成功)
https://news.mynavi.jp/article/20190419-811788/

もう、お手本のような記事だ。

ロケットの打ち上げについて書かせたら、鳥嶋さんの右に出る記者はいないのではないか。

事実関係も、定量的にきっちり押さえているし。

「日本時間2019年4月12日7時35分(米東部夏時間11日18時35分)」

「2分34秒後」

「3分35秒後」

「34分02秒後」

「約63.4t」

「26.7t」

「16.8t」

「約6460kg」

「3万5800km」

「約9万km」

「約15年」

「20年近く」

「約500万ドル」

「10回以上」

「100回以上」

「24時間以内」

「2018年5月12日」

それぞれが何を表しているかは、記事に明記されているので割愛する。

先日、浮沈子も似たような観点から記事を書いた(似てるかあ?)。

(センターコアも回収成功で商売繁盛)
http://kfujito2.asablo.jp/blog/2019/04/12/9058782

「使い捨てでも100億円くらいだろうから、少なくとも50億円以下で商売可能ということになる。」

根拠数字を調査せず、テキトーに書いているヨタ記事だと痛感する。

妄想に駆られ、勢いだけでかきまくる(子供は分かんなくていいです!)。

まあ、どうでもいいんですが。

ファルコン9の使い捨てと、ファルコンヘビーの再使用のコストの差が500万ドルしかないというのは意外だったな。

回収されたフェアリングの片割れの値段程しかない。

今回は、残念ながらセンターコアはドローン船に着陸後、海ポチャになっちまったがな。

もちろん、根拠となる数字を明確にし、定性的な記述について正確性を高める必要はある。

マトモな記事とヨタ記事との差はそこにある。

正しい記事とテキトーな記事との差ともいえる。

浮沈子は、テキトーなヨタ記事を書くのが得意だし、性分に合っている。

勢いと妄想が入り乱れて、もうワケワカなのがサイコー!。

それだけじゃあ、あんまりだからな。

たまには、マトモで正しい記事を読んで、リセットしなければならない。

ファルコンヘビーの打上げは、次回は6月以降に予定されている。

そん時には、もちっとマシな記事を書くように心がけよう(自信ないけど・・・)。