飛翔体とやらは短距離弾道ミサイルのイスカンデル2019年05月11日 18:06

飛翔体とやらは短距離弾道ミサイルのイスカンデル
飛翔体とやらは短距離弾道ミサイルのイスカンデル


このミサイルについては、2年余り前に記事にしている。

(盾と矛かあ?)
http://kfujito2.asablo.jp/blog/2017/02/05/8351813

「つーか、あれだな、イスカンデルを北朝鮮に輸出するのが手っ取り早いしな(ウィキによれば、韓国への輸出を目論んでいるようだ)。
そうすると、日本海上空で直接対決ということになる。
怪しげな北朝鮮製のミサイルと違って、ちょっと手強そうだな。
弾道低く、MDを回避する能力があると言われている。」

北朝鮮はいち早くコピーしたらしい(ロシアからもらったんじゃね?)。

今回、5月4日及び9日に発射している。

(北朝鮮が亀城で発射したのも“イスカンデル”と推定)
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/33432.html

「ミサイルのうちの1発は420キロメートル、残りの1発は270キロメートルを飛行したと推定した。前日までミサイルの最高高度を50キロメートルと推定していたが、この日の国会報告を通じて45~50キロメートルに修正した。」

最もよく飛ぶ角度の45度(最小エネルギー軌道)で発射した場合、600km以上の射程距離となるようだ。

ふーん、そんなもんか。

今回の発射地点から東京までは1300km以上あるしな・・・。

と、舐めて掛ってはいけない。

このミサイルは、移動式発射台(トラックみたいなもんです)から発射される。

今回は北西部の亀城だったが、北朝鮮の南の地域から発射された場合、600km以内には北九州地域が含まれることになる。

ひとごとではないのである。

このミサイルの着弾精度は、最終段階の光学誘導装置なしの場合でも、30mから70mの半数必中界(Circular Error robability:CEP)だそうだ。

光学誘導装置があれば、1桁少ない5mから7mになる(北朝鮮が持ってるかどうかは不明)。

通常弾頭だけでも、十分に威力を発揮することが出来るだろう(弾頭重量480kg)。

まあ、東京に届くことはないからな。

あまり心配することはないかもしれない。

政治的にいろいろ事情があって、事を荒立てまいとしているようだ。

射程距離自体は実質的に600kmから700km程度(たぶん1000km未満)で、短距離ミサイルの範疇に入る。

ややっこしいんだが、500kmを超えて核弾頭搭載可能の場合には、例の中距離核戦力全廃条約の対象となっているらしい。

(中距離核戦力全廃条約)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E8%B7%9D%E9%9B%A2%E6%A0%B8%E6%88%A6%E5%8A%9B%E5%85%A8%E5%BB%83%E6%9D%A1%E7%B4%84

「中射程、及び短射程ミサイルを廃棄するアメリカ合衆国とソビエト社会主義共和国連邦の間の条約」

もちろん、北朝鮮とは関係ないからやりたい放題だな(国連決議違反ですけど)。

INF自体も今年の8月1日には失効する(米国の条約破棄による)。

イスカンデルは、このことにより最大射程500km未満のくびきから解き放たれ、本来の性能(改良型では射程距離700kmで、ベルリンを捉える)を発揮できるようになる。

ロシアは公式には認めないだろうが、核弾頭も搭載可能といわれている。

ヤバい話だ・・・。

その系譜に当たるミサイルの発射が行われたにもかかわらず、我が国では外交上の配慮か何か知らないが、飛翔体とか寝言を言っているようだ。

我が国の国土を射程に収める新型ミサイルの発射実験が行われたわけで、事態は緊迫している。

もちろん、我が国には、これを迎撃できる防御兵器はない。

パトリオットは、特定地区防御しかできないし、スタンダードミサイル(SM3ブロックⅠA)では対応できない。

(北朝鮮が再びイスカンデル短距離弾道ミサイルを発射)
https://news.yahoo.co.jp/byline/obiekt/20190510-00125515/

「迎撃可能高度40~150kmのTHAAD地対空ミサイルならば高度50kmだろうと迎撃が可能です。」

我が国はTHAADを導入する気がないし、弾道ミサイルにある程度対応できるブロックⅡAが導入されるのは何年も先の話だ(今のところ、2021年以降らしい)。

もちろん、低高度軌道で打ち込まれれば手も足も出ない。

ロシアは、北方領土に米国のミサイルが配備されることを警戒しているくせに、自分とこじゃ、ちゃっかり北朝鮮に供与してるからな。

油断も隙もあったもんじゃないな・・・。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
kfujitoの徒然の筆者のペンネームは、
「○○子」です。
○○を記入してください。

コメント:

トラックバック