「何となくニュース見ながら、ボーっと生きてんじゃねーよ!」2019年05月31日 00:58

「何となくニュース見ながら、ボーっと生きてんじゃねーよ!」
「何となくニュース見ながら、ボーっと生きてんじゃねーよ!」


大金星だな。

(エボラ病原体の輸入方針を正式表明 厚労省、今夏にも)
https://www.sankei.com/life/news/190530/lif1905300028-n1.html

「早ければ今夏にも国内に持ち込まれる見込みだが、輸入経路や日時は事前に公表しない」

テロの標的になったりすれば、それこそ大問題だからな。

核兵器並みの情報管理が求められる。

「輸入対象となっているのは、国外で感染例があるエボラ出血熱、南米出血熱、ラッサ熱、クリミア・コンゴ出血熱、マールブルグ病の5種類の感染症の病原体。」

ごっ、5種類もかあ!?(ウイルスの種類はもっと多い。エボラだけでも数種類あるからな:追加)。

(南米出血熱:追加)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97%E7%B1%B3%E5%87%BA%E8%A1%80%E7%86%B1

「南米大陸で見られるアレナウイルス科に属するウイルスによって引き起こされる出血性熱性疾患の総称」

ウイルスは、多岐に渡る。

「感染症名と病原体ウイルス:
南米地域で病原体となるウイルスが同定されている感染症を以下に記す。
・アルゼンチン出血熱:フニンウイルス
・ブラジル出血熱:サビアウイルス
・ベネズエラ出血熱:ガナリトウイルス
・ボリビア出血熱:マチュポウイルス
・チャパレ出血熱:チャパレウイルス」

「2020年東京五輪・パラリンピックを控え、国内で発生した場合の検査体制の強化を図る。」

終われば撤去(廃棄)というわけではないだろう。

今回の発表に先立ち、様々な動きがあった様だ。

(この夏、日本にエボラ病原体。「BSL4」施設で保管?)
https://newswitch.jp/p/17567

「厚生労働省と国立感染症研究所が、致死率の高いエボラ出血熱などを引き起こすウイルスを今夏にも初めて輸入し、感染研村山庁舎(東京都武蔵村山市)の「BSL4」施設で保管する可能性があることが8日、分かった。訪日客の増加が続く中、患者が出た場合の検査法の精度向上が目的。近く地元住民らに方針を示す計画という。」

「厚労省などは2018年11月、感染研や地元自治体、住民らとつくる協議会でウイルスの輸入に向けた考えを提示。その後も説明会などを繰り返しており、今後住民らの理解が得られたと判断されれば、夏にも輸入される見通しという。」

そういえば、浮沈子も、昨年11月の時に記事にした記憶があった。

(どさくさに紛れて墓穴を掘る)
http://kfujito2.asablo.jp/blog/2018/11/18/9000110

「西アフリカ地域のエボラ流行の際に、人命に係る必要最小限の業務の履行を受け入れたというのは英断だろうが、オリンピックをネタにして「制約なく研究目的で使用すること」に道を開こうというのは無理筋のような気がする。」

見送りになると思ってたんだが、住民の理解が得られたということだろう。

この記事の中にも、研究施設でのチョンボの例を挙げているが、そんなことがないように祈るばかりだ。

「・1976年英国ポートンダウン研究所において,エボラウイルス感染モルモットの肝臓組織を誤って針刺しすることにより感染。回復している。
・1980年代ロシアにおいて、詳細は不明だが、マールブルグウイルスに感染し、1名死亡。
・2004年ロシアのBSL4施設でエボラウイルス感染モルモットからの採⾎時に針刺し事故により感染し死亡。
・2009年ドイツ(ハンブルグ)のBSL4施設でエボラウイルスの針刺し事故が報告されているが、感染したかは否かは不明。」

「アトランタにある米国保健福祉省所管の総合研究所、疾病管理予防センター(CDC)が新設したハイセキュリティーの施設「Building 18」に関して、6月に起きた電源障害で、研究者が危険な病原体に晒された可能性」

「電力が失われれば実験室もキャビネットも機能しない。BSL4の区画も稼働していれば、実験室の気圧を低く保つことができなかっただろう。」

「幸いなことに、Building 18にあるのBSL4の区画はまだ稼働していない。」

やれやれ・・・。

「今回、武蔵村山の話は、ダメもとで話を持って行ったのかもしれない。」

意外に、すんなりと受け入れられたようだ。

オリンピックのためなら、一肌脱ごうということか。

エボラについては、いい記事が上がっていた。

(いま、再び忍び寄る「日本でエボラウイルス大流行の危機」)
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/64434

「アフリカで流行するのは、「体液で汚染された感染者の遺体を葬儀の時に参列者が触るからだ」と言われている。逆に言えば日本の場合、第1例目の感染者とその接触者の隔離で、大方は封じ込めが可能だろう。」

煽情的なタイトルに、また煽り記事かと思って読んだが、内容はまともだったな。

「常日頃から一般的な感染症対策を個々人が実行することにある。例えば適切な情報の入手だ。エボラウイルスに関して言えば、前述のように流入の危険性は常にあるものの、爆発的な感染拡大は日本では起こりにくいことを念頭に置く。」

「また、エボラウイルスの直接対策ではないが、感染症対策マインドの強化として、普段から風疹やはしか、インフルエンザなどワクチンで防げる感染症ではワクチンを接種する。そして、もし感染症が流行してしまった時には、むやみに人混みに近づかないなどだ。」

「今流行りの言い方をすれば、「何となくニュース見ながら、ボーっと生きてんじゃねーよ!」ということだ。」

反省・・・。

DRCの流行は、今のところ限定された地域に留まっている。

浮沈子的に見れば、奇跡のようなものだ。

感染症はアリの一穴。

一旦、感染ルートの穴が開けば、そこから一気に広がる。

ああ、もちろん、ちゃんとした態勢が出来ていれば、広がらずに済むかもしれない。

前回の西アフリカ地域での大流行の際、米国に入国したリベリアの患者は、ベルギー経由だった気がする。

先日、オリンピックの抽選の締め切りだったようだが、関心のない浮沈子は人から聞いて知った。

もう来年なのだ。

このままでは、その時期とDRCでの流行が重ならないとは限らなくなってきている。

ボーっと生きてるだけ浮沈子は、いつの間にか地球の反対側の感染症に取り囲まれちまうかもしれないな・・・。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
kfujitoの徒然の筆者のペンネームは、
「○○子」です。
○○を記入してください。

コメント:

トラックバック