今回はセンターコアの回収ならず2019年06月26日 14:21

今回はセンターコアの回収ならず
今回はセンターコアの回収ならず


なんと、特設ページまで作成された。

(STP-2ミッション:標題から自動翻訳のまま:以下同じ)
https://www.spacex.com/stp-2

「米空軍宇宙およびミサイルシステムセンター(SMC)によって管理されている国防総省(DoD)宇宙試験計画-2(STP-2)任務は2019年6月24日の打ち上げを目標としています。 :午後30時ET フロリダのケネディ宇宙センターにあるLaunch Complex 39Aから離陸して、この任務はDoDの最初のSpaceX Falcon Heavy打ち上げロケットの宇宙に24個の衛星を届けるでしょう。STP-2のミッションは、最も挑戦的な打ち上げの中にあります」

「SpaceXの歴史上、4つの独立した上段エンジンの燃焼、3つの独立した展開軌道、最終的な推進不動態化操作、および6時間以上の総任務期間。さらに、米空軍は、打ち上げ現場への着陸に戻った後に回収されたアラブサット-6Aのファルコンヘビー発射からのサイドブースターを再利用することを計画しています。」

で、いつものプレスキット。

(STP-2 MISSION)
https://www.spacex.com/sites/spacex/files/stp-2_mission_press_kit.pdf

「Falcon Heavy’s center core will attempt to land on the “Of Course I Still Love You” droneship, which will be stationed in the Atlantic Ocean.」

フェアリングの片割れのネット回収まで成功したんだが、肝心のセンターコアの回収は失敗に終わった。

(STP-2 Mission:約4時間の動画出ます。)
https://www.youtube.com/watch?time_continue=3&v=WxH4CAlhtiQ

ほぼ、予定通りの運用で、3つの異なる軌道に衛星の投入を成功させた。

まあ、まずは目出度い。

(スペースX、3度目となるファルコンヘビーの打ち上げを実施 24基の衛星を投入)
https://sorae.info/030201/2019_6_25_spacex.html

「米スペースXは6月25日15時30分(日本時間)、通算3回目となる「ファルコンヘビー」ロケットの打ち上げを実施しました。」

(夜間はSPACEX STP-2ミッションにふさわしい時期です)
https://www.spaceflightinsider.com/organizations/space-exploration-technologies/night-time-is-the-right-time-for-spacex-stp-2-mission/

「センターコアは自律宇宙飛行ドローン船で大西洋に着陸しようとしました「もちろん私はあなたを愛しています」。しかし、着陸燃焼の間に何かがうまくいかないようでした。無人機に搭載されたカメラは、コアがプラットフォームからほぼ水平に離れて飛んで近距離で海に衝突することを示しました。」

「ドローン船が記録的な774マイル(1,245キロメートル)のダウンレンジを記録した状態でこれがSpaceXによって行われた最も挑戦的な着陸の試みであったことに注意することは重要です。」

「もう1つの方法では、SpaceXの回収船Ms. Tree(以前のSteven氏)が、巨大なネットの半分内側でペイロードフェアリングのキャッチに成功しました。これは打ち上げから1時間以上が経過した後にSpaceXによって発表されました。」(動画では、1時間38分50秒辺りから)

今回、ほぼ生中継でみていたんだが(4時間近くに及ぶ衛星のデプロイを除く)、フェアリングの回収に成功したシーンも見ることが出来た(ネットに収まった映像だけですが)。

回収したフェアリングに対して、キャッチネットが巨大である事が分かる。

まあいい。

なんであれ、上手くいくに越したことはないのだ。

ツアー帰りの翌日で、体調も万全ではなく、打ち上げが3時間くらい遅れて拍子抜けしたりしたが、最後の空軍の衛星まで、概ね生放送(インターネット中継)で見ることが出来て満足だった。

次回のヘビーの打ち上げの際には、センターコア(フェアリングのもう片割れも?)の回収も成功させて、完璧を期してもらいたいもんだな・・・。

今期の風疹は終息しつつあるのか2019年06月26日 16:06

今期の風疹は終息しつつあるのか
今期の風疹は終息しつつあるのか


全国の風疹週別新規感染者は減少しつつも下げ止まっているような感じだ。

(2. 週別⾵しん報告数 2019年 第1〜24週 (n=1793))
https://www.niid.go.jp/niid//images/idsc/disease/rubella/2019pdf/rube19-24.pdf

24週までの推移を見る限り、徐々に減少しつつも終息には至らず、ロングテイルを引きずる感じに見える。

しかし、主な感染地(ほぼ全国の半数を占める)である東京都をみると、いささか異なる状況であることが分かる。

(受理週別報告数推移(2019年))
http://idsc.tokyo-eiken.go.jp/diseases/rubella/rubella/

なんと、多少の増減はあるものの、週当たり30人弱のベースラインを年初以来維持し続けている(画像参照)。

つまり、減少傾向を示しているのは東京都以外であって、流行の中心地ではないのだ。

うーん・・・。

まあ、ある程度の規模に広がった流行は、終息までに時間が掛かるというのは分かる。

最近の風疹の流行は、過去の知見では推し量ることが出来ない。

春先から初夏にかけて、子供中心に5年毎に流行を繰り返していたのは大昔のこととなった。

今どきの風疹は、中年オヤジの病気で、先天性風疹症候群(CRS)が恐ろしいといわれている。

もちろん、過去にだってCRSはあったし、症例数も桁違いに多かったわけで、今更の話ではない。

我が国は撲滅にこそ至っていないが、その症例数は激減している。

今期(昨年8月以来の流行期)、CRSは既に3例が報告されている。

昨年行われた講習会に参加して、胎内感染したお子さんを産み、後に亡くされたお母さんの話も直接聞いた。

自分がワクチンさえ射っておけば、と後悔されていたが、事実はビミョーに異なるようだ。

つまり、母親から胎児への垂直感染はワクチンでは防げない。

ワクチンで防ぐことが出来るのは、母親自身の発症だけ。

残念ながら発症に至る前の感染レベルで、胎児に胎盤を介して感染しCRSになってしまう。

もちろん、ワクチンが垂直感染に対して、効果がないかどうかは分からない。

少なくとも母親自身が発症して、周りにウイルスを撒き散らさない効果はあるわけで、全く無意味というわけではないが、妊娠前のワクチン接種がCRSの特効薬のような考え方は改めるべきだろう。

CRSの発症を避けるには、妊娠しないこと(少なくとも、風疹の流行期に)、妊娠直後(特に、妊娠初期)は外部との接触を完全に断つことしかないが、家族から完全隔離することは事実上不可能だろうから(それができれば、そもそも妊娠しない?)、効果的な方法とは言えない。

現在の周産期における検査体制は、妊婦に対する抗体検査だが、結果が出るころには、胎児は既にCRSに罹患しているタイミングで行われている。

つまり、堕胎を促す効果しかない(かつての我が国では、流行期には数多くの堕胎が行われていたと思われる)。

悲惨だな・・・。

抗体価が高いからといって安心できないのは、既述のとおり。

風疹に感染しないための決定的な方法は、妊婦の隔離ではなく、この世の中から風疹をなくす以外にはない。

で、流行の中心のオヤジ世代へのワクチン接種が行われ始めた。

ワクチン自体の大増産を行うことなく、効率的に接種を促進するというさもしい発想で、段階的に導入されているらしいが、一時的な対応にどれだけの効果があるかどうかは不明だ。

あくまでも、希望者のみだからな。

本人に対するメリットは、おそらくほとんどない。

風疹自体は、大した病気じゃないからな。

ここが難しいところだ・・・。

赤の他人のために、自分の時間と手間をどれだけかけることが出来るか。

民度が問われるところだが、それに対する報酬は全くない。

悉皆でワクチン接種を義務付ける発想はない。

現在は、2種(麻疹・風疹)混合ワクチンが新生児に接種されているので、数十年経てば風疹に罹患する確率はゼロに近くなるだろうが、それまでをどう凌ぐかというのが問題なわけだ。

現世利益を追求するなら、出すもの(報奨金とかあ?)出すか、接種を義務付けるかしないとな。

まあいい。

全国的にはともかく、浮沈子が棲息する東京都では風疹は現在進行中のホットな感染症だ。

無料ワクチン接種の対象年齢外で、抗体価も十分(32倍以上:昨年、自腹で検査済み)あるということで、浮沈子にとっては他人事だけどな。

そう割り切って考えることもできまい・・・。

エモンズ潜って鼻血ブーな沖縄ツアー2019年06月26日 18:47

エモンズ潜って鼻血ブーな沖縄ツアー
エモンズ潜って鼻血ブーな沖縄ツアー


6月21日から24日にかけて、沖縄ツアーに行ってきた。

潜ったのは21日から23日までの3日間。

最終日はガス抜きと美ら海水族館見学。

巨大回遊水槽が小さく見えるジンベイザメにカンドーし、イルカショーに大満足して2時間かけて見学した。

まあ、1度行けば十分かな・・・。

初日は、万座の辺りで潜る。

砂地と根があるポイント(1本目)と、ホテルエッジ(2本目)。

2本目は、エキジットの際に流れに逆らって泳いだが、泳力不足でボートから投げてもらったロープを掴んで引き揚げてもらうという体たらく・・・。

サイドマウント(2本目は、7リッター2本)で、エキジット前に右側タンクのホースを収納して、タンクを垂らしていたとしても、無様を晒して大ヒンシュク!。

やれやれ・・・。

ちょっと、筋トレの増量を考えないとな(ついでに、有酸素運動も強化かあ?)。

まあいい。

で、翌日22日は本命のエモンズ。

今回は下見のつもりで、サイドマウント(8リッター2本)で気楽にエントリー。

表層はブン流れだが、ロープ伝いに降りるので、耳抜きは楽勝。

5mmとフードベストで、ウエイトは4kg。

フルフットのゴムフィンは重くて足が下がるので、ウエイトの位置を考えるか、フィンを換える必要がある。

潜降が比較的ゆっくりだったので、浮上に掛る前に減圧が出た。

ダイコン(初代ペトレル)の保守性(GF)を厳しめ(30/70)にしているとはいえ、あっさりと減圧ダイビングになるポイントなわけだ。

プロファイルを見て分かる通り、ボトムも35mと浅めにとっている(画像は2本目)。

他の連中は、いったいどうしてたんだろうな(未確認)。

6m以浅でないと、安全停止のカウントダウンが出来ないダイコンのダイバーのために、ロープのスペースを譲って、若干深めでゆったり減圧。

終わった頃に、少し浅めに移動して順番待ち。

8リッターのアルミタンク2本を付けたままエキジットして、ボート上で外した。

うーん、筋トレは十分な感じなんだがなあ・・・。

自重減少は、こういう時には最大の効果を発揮する。

2本目は、表層の流れも緩くなって、楽勝のエントリー。

1本目は、2本差ししてエントリーしたが、2本目は左タンクだけ付けて、右は渡してもらった。

流れが緩かったので、右タンクを付けながらフリー潜降していたら、サイナスが痛くなってしまった。

後で考えれば、潜降ロープ伝いにゆっくり下りればよかったと反省。

タンクセットしながら浮力調整できないという、スキル不足が露呈したわけだな。

ボトム近くでは、流れは殆どなく、船体中央のロープから降りて船尾から上がった(1本目は船首から潜って、中央で上がった)。

肝心のエモンズは、綺麗に形をとどめていて、船尾側(特にスクリュー周辺)は崩れていたけど、概ね良好な状態に保たれている。

それほどドン深ではないので、台風が来る度にどこか壊れていくんだろうが、まだまだ潜りがいのある沈船だ。

次に潜る時には、ダブルタンクで減圧ステージ持って潜るか、デカいベイルアウト持ってCCRで潜るかだな。

エアの不足が心配で、サイドマウント2本差しにしたが、それよりデコの管理がシビアだと分かった。

流れが強い時には、細心の注意と配慮が必要で、現地ガイドさんと船長さんの言うことをよく聞かなければならない。

ブン流れの時は、必死でフィンキックしても泳ぎ切れないだろうな・・・。

で、2本目のエキジットも両脇にタンク抱えてラダーを上がってタンク降ろそうとしたら、鼻血がポタポタ滴って大騒ぎ。

潜降の時に、サイナススクイーズになっちまって、溜まっていたのが噴き出した感じ。

幸い、大したこともなく、暫くしたら落ち着いてきたけど、3本目(エモンズ2本潜って、3本目行くかあ?)はキャンセルした。

鼻の粘膜が弱くなったらしく、3日目に慶良間へ行った時には、エキジット時に3本とも鼻血が垂れた(量は少なかったけど)。

まあ、3日目はシングルタンクに切り替えたけどな。

沖縄本島のダイビングは、今回が初めて。

流れに逆らって、よく泳いだ(エモンズを除く)。

泳力と持久力を要求されるということが分かった(ガイドさんによると思います)。

若い人向けだな。

本来なら、粟国島に行って潜るはずだったんだが、海況が悪く、慶良間で3本潜った。

まあ、エモンズの口直しな感じか。

しかし、船はよく揺れて、帰りは酔い止め飲んでても吐きそうになった(ちょっと、ヤバかったです)。

ははは・・・。

体重は、よく動き、よく食べたので、2kg以上増え、昨日必死に減量した。

今日もこの後、2回目のフィットネスに行く。

動かざる者、食うべからず・・・。

若い人向けのツアーだからな。

ジジイ向けのを選んで申し込めばよかった・・・。

エモンズのシングルタンクダイブはアリなのか2019年06月26日 23:24

エモンズのシングルタンクダイブはアリなのか
エモンズのシングルタンクダイブはアリなのか


ボトムタイム10分で、既に減圧停止をしなければならない対象のUSSエモンズ。

水底47m、甲板上でも35mを超える水深(画像は1本目)。

ガス量は、今回潜ってみて、10リッターのタンクでも不可能ではないことは分かった。

画像を比較して分かるように、水面休息時間は2時間以上取っている。

2本目だからといって、早めにデコが出ているわけでもない。

窒素の吸収や排出が遅い組織には、しこたま溜め込んでいると思われるが、まあ、許容範囲かも知れない。

ガイドさんの言うことをよく聞いて、深度のコントロールが出来れば、瞬間芸(!)に近いダイビングを楽しむことは可能だ。

タッチアンドゴーで、エモンズ見てきたと言うことはできる。

真ん中のブイのそばには、金属製のプレートが貼られていて、戦闘で亡くなった兵士のこととか書いてあるのかもしれない(浮沈子は、カメラ持たずに行ったので未確認)。

多少欠けてはいたが、船尾のスクリューもきれいに残っている。

深度があるからなのか、ソフトコーラルとかは余り付いていない。

外から見る限りは、サカナもほとんど見かけなかったな。

もっとも、2本併せても20分くらいしか水底にいないわけで、100mの沈船を、それで見たと言えるかどうかは何とも言えない。

しかし、別の意味でこの沈船は浮沈子の心を打った。

我が国と戦って沈んだ船だからな(自沈だけど)。

停泊中に爆撃されて沈んだ船とかではない。

戦闘行動中に沈められた船だ。

生々しい・・・。

浮沈子は、沈船に対しては、浮かんでいた時のことをあまり考えないようにしている。

鉄の塊が水に浮くこと自体が不自然な気がするし、朽ちていく時間の長さに比べて、水上艦としての時間はあまりに短い。

スービックのニューヨークも戦艦だが、艦種が戦闘艦かどうかはあまり関係ないような気がする。

沈んだ時の状況とか、その際に犠牲になった乗組員のことが気に掛かる・・・。

せっかくダイバーが潜れる深さにあるんだから、多くのダイバーに潜ってもらって、その姿を目に焼き付けてもらいたいものだと思う。

いつか、近いうちに、CCRでもって、たっぷりと時間を掛けて潜ってみたいものだと思った。

今回は、下見だからな。

十分だ。

そして、再訪する価値のある沈船だと感じた。

シングルタンクでも、何度も潜れば違う姿を見ることが出来るかもしれない。

しかし、この船に潜るなら、テクニカル器材を使いこなして、たっぷりと時間を掛けて潜るのが正しい。

表層近くの流れがあるので、要注意な点もある。

ガイドさんの話では、ボトム近くではあまり流れないということだった。

おそらく、我が国で潜ることが出来る最大級の沈船だろう。

みんなが、大騒ぎするだけのことはある・・・。

ただし、ちょっと引っかかる点もあるわけだな。

深いとか、エモンズしかないとか。

他にも、何かあるならいいかもしれないけど。

ロタの松運丸のように、何回も訪れて、その朽ちていく過程を見ていく船になるかも知れない。

沖縄は国内だからな。

パスポートもいらなければ、税関もない。

空港へは、30分くらい前に行けば十分だしな。

気楽なことは気楽だ。

エモンズか。

夢中になるほどの沈船かどうかは分からない。

何回か、通ってみなけりゃあな。

いつ行こうかな・・・。