この道はいつか来た道と、心を過る一抹の不安2019年07月02日 20:06

この道はいつか来た道と、心を過る一抹の不安


(NASA、大型ロケット「SLS」の2020年打ち上げ方針は変わらず)
https://sorae.info/030201/2019_06_03_sls.html

「「スペース・ローンチ・システム(SLS)」の初打ち上げを2020年に実施するスケジュールは、依然として変更されていない」

(「スペース・ローンチ・システム(SLS)」の初打ち上げを2020年に実施するスケジュールは、依然として変更されていない:標題から自動翻訳のまま:以下同じ:元記事)
https://www.space.com/nasa-still-aiming-for-2020-first-sls-launch.html

「航空宇宙安全諮問委員会の委員長であるPatricia Saunders 氏は、4月25日の委員会で、「安全な操業を確保するために必要な、本格的な統合推進システムの重要な運転データを集める他の試験方法はない」と述べた。」

この記事は、以下のような延期報道を踏まえていると思われる。

(NASAの将来の月面ロケットはおそらくまた遅れて予算を超過するでしょう。)
https://www.theverge.com/2019/6/19/18691230/nasa-space-launch-system-orion-artemis-moon-human-exploration

「SLSが2021年6月という遅くに初めて飛行する可能性があります。」

この遅延(まだ、決定じゃないけど)が、米国の月面着陸計画のスケジュールに、どれ程の影響があるのかは知らない。

NASAは、従来必要とされてきた統合テストである「フルグリーンランテスト」の代わりに、スペースXのファルコンシリーズが行っているような、発射台における短時間の噴射試験で済まそうとしている(そうなのかあ?)。

「SLSコアステージの元請業者であるボーイングが今年の終わりまでにステージを完成させてステニスに出荷することができれば、2020年6月末までにコアステージはKSCに行くことができるでしょう。」

こっちの方こそ、有り得ない話だな・・・。

既に、ボーイングやロッキードマーチンに対しては、何度も札びらで顔をひっぱたいているしな。

必要な手順を端折り、政治日程に迎合しようとして重大事故を招いた実績(!)があるNASAは、その組織上の問題などから、再び同じ道を歩もうとしているのかもしれない。

(いやーな予感)
http://kfujito2.asablo.jp/blog/2017/02/26/8376285

「チャレンジャー号の事故の後、NASAでは幾つか顕著な改革がなされたが、多くの評論家はNASAの管理構造と組織文化における変化は深いものでも長続きするものでもないと評した。」

そしてコロンビア号の事故が起こるが、その際問題にされたのが、今回苦言を呈している航空宇宙安全諮問委員会(ASAP)なわけだな。

(NASAは主要なSLSテストを保持するよう求めた)
https://spacenews.com/nasa-urged-to-retain-key-sls-test/

「マーシャル宇宙飛行センターで4月25日に開催された宇宙航空安全諮問委員会(ASAP)の会議で、メンバーは宇宙飛行士の乗務員の運搬に安全であることを保証するためのいくつかのマイルストーンの1つとしてグリーンランテストを実施することを勧めました。」

浮沈子的には、今回は真っ当な助言をしていると感じるんだがな。

もちろん、初飛行は無人で行われる。

仮に、何か隠れた瑕疵があったとしても、事前の個別テストや短時間の噴射と合わせ、その際のデータを解析して対応することは可能なのかもしれない。

しかしながら、巨大技術の検証というのは、それ自体がそもそも可能なのかということもある。

宇宙ロケットなんて、どこまでやっても、完璧にテストすることなどできはしない。

絡んでいるのがボーイングだし。

737MAXの対応をみれば、金儲けのためのコストダウンや、それを糊塗する営業トークは得意だからな・・・。

(737MAXの欠陥ソフトウエアは低賃金、大学を出たばかりの臨時社員が開発:追加)
https://www.businessinsider.jp/post-193842

「当社の最優先課題は、常に当社の製品とサービスが安全なものであり、最高の品質を持ち、適用されるすべての規制に準拠していること」

そんじゃあ、なぜ飛行機が落っこちるんだあ?。

どうやら、司法省は737MAXのみならず、火を噴くバッテリーを搭載したまま飛んでいる787も気になっているらしい。

(DOJプローブは787 Dreamlinerを含むBoeing 737 MAXを超えて拡張:追加)
https://www.seattletimes.com/business/boeing-aerospace/federal-prosecutors-issue-subpoena-for-boeing-787-dreamliner-records/

「連邦検察官はボーイングからサウスカロライナの787 Dreamlinerの生産に関する記録を召喚した。」

「飛行機を顧客に配達する際の遅れを避けるために不完全な作業を承認する圧力が含まれる可能性がある」

まあ、どうでもいいんですが。

政府機関であるNASA自体が、政治的圧力に晒されるのは当然としても、下請け企業も同じ穴の狢じゃあな・・・。

ここは、政権のメンツなんて思いっきりぶっ潰して、10年くらい遅れてでも、より確実で安全な道を歩むべきだろう。

その頃になれば、中国とかインドが月面着陸に乗り出しているだろうけど・・・。

既にライバルだったロシアは撤退し、月周回ステーションのモジュールを提供できるかどうかも怪しい。

10年遅れたって、米国の優位は揺るがないだろう。

元の計画が2028年だったわけだからな。

数年遅れは当たり前の宇宙開発だ。

2020年代に初飛行できれば、誰も咎めたりはしないだろう(そうなのかあ?)。

どーせ、身内であるスペースXのBFR(スターシップ+スーパーヘビー)との競合になるのだ。

どちらも、10年くらいのスパンで見た方が無難だな(どちらも、2年先には飛ばすと言ってるけど)。

まあ、何事もなく開発が順調に進んだとしての話だ。

SLSは、根本的な問題を抱えて、結局飛ばずに頓挫する可能性すらある(そんなあ!)。

再使用型ロケットのエンジンを使い捨てにするという、いわば後ろ向きの開発を行ったにもかかわらず、ここまで長引いたわけだからな。

固体燃料ロケットのブースターにしても、アレス1の開発には失敗しているわけだしな(開発を途中でやめただけじゃね?)。

ブースターとロケット本体が結合された状態でどんなことになるかは、やってみなければ誰にもわからない。

せめて、液体燃料系の統合テストを完璧に行い、問題点を可能な限り潰しておかなければ、史上最大出力のロケットシステムを本番に供することなどできないと考えるのがふつーだ。

まして、有人宇宙船を上げるわけだからな。

「オリオンの作品は予定よりも「五十数日」遅れているという。「私たちは、そのうちのいくつかを回復できるかどうかを確認するために取り組んでいます。」」

おいおい、こっちもテストを端折るつもりなのかあ?。

スペースXのクルードラゴンがテストベッドで木っ端みじんに吹き飛んだのは、ついこの間じゃなかったっけえ?。

まあいい。

この際、1年や2年の遅れは問題にならないだろう。

チャレンジャー号、コロンビア号に続いて、SLS絡みで死者を出すようなことがあれば、米国の宇宙開発史に取り返しのつかない汚点を残すことになる。

学習能力ゼロと言われても仕方ない(そもそも、学習する気があるのかどうか・・・)。

無人の打ち上げに成功したとしても、それは、隠れた瑕疵がたまたま表面化しなかっただけなのかもしれないしな。

有人宇宙船の打ち上げの際に表面化することにでもなれば、無人の打ち上げをフルグリーンランテストの代わりにするというのは無謀だ(通常、テストの方が、実際の打ち上げの時よりも過酷な条件を与えるしな)。

事前にやれることは、全てやっておくに越したことはない。

SLSは、それでなくてもスペースシャトルの部品を繋ぎ合わせて作ろうとしている。

筋が悪いロケットだからな。

基本設計は、1970年代だ。

どんな技術も、正しく運用されなければ、所期の結果を得ることはできない。

いつか来た道を辿ることがないよう、外野からヒヤヒヤしながら見守るしかないわけだがな・・・。

(NASAの長寿命のORIONテストプログラムにおけるAA-2テストの次のステップ:追加)
https://www.spaceflightinsider.com/missions/human-spaceflight/aa-2-test-next-step-in-nasas-long-lived-orion-testing-program/

「打ち切りシーケンスがトリガーされ、ミリ秒以内に打ち切りモーターが発射され、乗組員モジュールをロケットから引き離しました。姿勢制御モーターがカプセルをひっくり返して適切な向きにした後、投棄モーターが作動し、大西洋での飛び降り用のクルーモジュールを解放しました。」

動的アボートテストは成功したみたいだな・・・。

損耗率5パーセントは想定の範囲内なのか2019年07月04日 04:40

損耗率5パーセントは想定の範囲内なのか
損耗率5パーセントは想定の範囲内なのか


将来の高速インターネット接続のバックボーンであり、地球上の未接続地域の解消も狙う、人類の未来のネットワーク=低軌道衛星コンステレーション。

その嚆矢であるスターリンク衛星群(まあ、ワンウェブの方が6機先に上げたけどな)。

最終的には1万2千機をブンブン回して運用する予定なんだが、とりあえずは60機打ち上げた。

その後、光学的天文観測の障害になるとか、電波天文学的には破滅だとか、難癖付けられてたみたいだが、順調な飛行をしていると思われていた。

(SpaceXは3つのStarlink衛星との連絡が途絶えました:標題から自動翻訳のまま:以下同じ)
https://www.universetoday.com/142733/spacex-has-lost-contact-with-3-of-its-starlink-satellites/

「先月の間に、SpaceXは60の衛星すべてが応答していたと発表しました、しかし最近接触がそれらのうちの3つと失われたことを示しました。」

さらに、大気圏に再突入して消滅させる運用に供するため、2機が計画的に失われるという。

合計5機が、宇宙の藻屑となる(えーと、通信できなくなった3基も、「受動的に」再突入するためにデブリにはならない模様)。

60機上げて、3基は意味なく損耗したわけだ。

初回の打ち上げとはいえ、5パーセントの損耗率は決して低くはない。

まあ、あのデプロイの仕方(衛星保持機構から1基ずつ放出するのではなく、2段目をぶん回して、纏めて放り出すだけ)を見れば、3機位壊れたからと言って不思議はないような気もする。

今後は、故障の原因を追究して、損耗率を下げていくことになるだろう。

なにしろ、1万2千機だからな。

その5パーセントということになると、ざっと600機だからな。

お安くない話だ・・・。

「SpaceXのスポークスマンが出した声明によると、残りの衛星はうまく機能しており、それらのほとんどすべてが正常に運用軌道に到達しています。」

「これまでのところ、45個の衛星が軌道を上げ終えており、5個がまだ軌道に乗っていて、残りの5個はロケットを使う前にシステムチェックを完了しています。」

「それらがすべて動作可能になると、これらの衛星はStarlinkネットワークの信号速度と容量、さらに宇宙から信頼性のある低遅延、高帯域幅のインターネットサービスを提供する能力をテストします。」

「SpaceXは2024年4月までにフェーズI星座の前半(1,584衛星)を展開し、続いて2027年11月までにフェーズII(別の2200衛星)を展開することを計画しています。」

まあ、この手の話は、ころころ予定が変わるから、当てにしないでおこう。

当面は、衛星間光通信がないKaバンドだけのサブセットのようだしな。

未来は、1日にして成らずだ。

それでも、数千機規模の衛星群の展開について、具体的なスケジュールを示していて、それが実現可能なのはスペースXだけだろう。

低軌道でなければ、低遅延時間(低レイテンシ)の実現は困難だし、軌道が低ければ薄い大気の影響で衛星寿命が短くなり、運用上、大量の追加打ち上げを必要とする。

打ち上げ能力と低レイテンシには、密接不可分な関係があるわけだ。

ワンウェブにしても、その他のサービスにしても、衛星インターネットを実現させるために、その兼ね合いを見ている。

浮沈子がインターリンクに注目しているのは、大型の部分的再使用ロケットを量産でき、打ち上げコストと頻度をコントロールできるスペースXが始めた事業だからということもある。

衛星の設計製造にも乗り出し、ロケットへの搭載や放出に際して最適化された設計を施している。

全て自前でなければ、こういう芸当は難しいだろうな。

その本格的な打ち上げの中で、損耗が具体的に出てきたわけで、今後の展開にも影響が出そうだ。

インターリンク衛星については、ファルコンシリーズの打ち上げとは異なる意味で、今後も注目してく。

何かあれば、また書く。

(スペースXのネット衛星群、3基と通信が途絶えるも「順調」:追加)
https://www.technologyreview.jp/nl/spacex-has-lost-communication-with-three-of-its-60-starlink-satellites/

「スペースXは米国連邦通信委員会(FCC)から「優先権」を得ている。つまり、地球低軌道(LEO)で他社の人工衛星の通信ネットワークと競合が生じたら、FCCが最初にスペースXの周波数を選ぶこともあり得るということだ。」

へええーっ、知らなかったな・・・。

(衛星ブロードバンド「スターリンク」3基が通信不能に:追加)
https://sorae.info/030201/2019_07_08_star.html

「すべての人工衛星が予定通りに動作しないのは想定済みだ」(元記事の原文:"It's possible that some of these satellites may not work, and in fact [there's a] small possibility that all of the satellites will not work,":以下略)

日本語って難しいな(「すべての人工衛星」が動作しなかったら大変だけどな)・・・。

トヨタ製なのにヒュンダイマークが付いていると勘違いして乗った井30系統の水素バス、行き先の駅名がやり過ぎ2019年07月04日 17:01

トヨタ製なのにヒュンダイマークが付いていると勘違いして乗った井30系統の水素バス、行き先の駅名がやり過ぎ
トヨタ製なのにヒュンダイマークが付いていると勘違いして乗った井30系統の水素バス、行き先の駅名がやり過ぎ


京急バスのマークがヒュンダイ自動車のマークに似ているかどうかは、意見が分かれるところだ(似てねーよ!)。

大井町駅(西口)のバスターミナルから、1日に数本運行されている水素バス(トヨタ製SORA)。

たぶん、走れば走るほど赤字になるんだろう(エネルギーコストは、ディーゼルエンジンの路線バスより高いそうです:後述)。

運航するバス会社としては、なるべく本数を少なくして運航したい(そうなのかあ?)。

いろいろなところから補助とか受けていて、ある程度の運行本数をこなさなければならないとか、縛りがあるのかもしれない(未確認)。

車内の掲示にはこうある・・・。

「この設備は、一般社団法人環境技術普及促進協会により交付された「環境省 平成30年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金」(再エネ水素を活用した社会インフラの低炭素化促進事業)により整備されたものです。
平成31年2月設置 代表事業者:トヨタファイナンス株式会社」

この掲示とか、たぶん紙製で、湿気を含んでヨレヨレになっていたんだが、たぶん、ずーーーっと張り出しておかなければならないんだろうな。

ナンバーは、如何にもそれらしい「20‐20」。

くさっ・・・。

まあいい。

オリンピック、パラリンピックが終わったら、どーすんのかな?。

水素バスには前々から乗りたいと思っていたんだが、本日、ついに乗車が叶った。

なにしろ、本数少ないからな・・・。

事前に、運転手さんに、「ずーっと乗りっぱなしで、出発点まで戻ってきてもいいですか?」と確認しておく(前払いなので、かまわないとのこと)。

そういうことをしていたのは、11時30分発の便に限っては、浮沈子だけだった。

路線は、ふつーのバスも走る生活道路だからな。

この他に、井33系統(1日1本だけ)というのがあるらしいが、お台場方面への片道になる。

スケジュールは、事前に確認しておかないと、変わることもあるようだ。

逆に、バス停の後ろの方に停まっていて、運行停止とか書いてあっても、運転手さんに確認した方がいいかも知れない(乗っていれば)。

肝心の乗り心地は、排気ガス臭くないのを除けば、ふつーのバスと変わりない。

リアサスが少し固めな感じがしたが、まあ、許容範囲といえる。

席は、先頭(進行方向左側)、真ん中の優先席左側、最後部左側に座った。

ケチケチせずに、エアコンを利かせているのが嬉しい(停車時には切ってあったようです)。

今日は降ったり止んだりの雨模様で湿気が多く、発車して暫くはサイドウインドウが曇りがちだったが、走っているうちにクリアになった。

吹き出し口は、手動で方向が変えられ、全閉することも出来る。

行先表示にある「東京国際クルーズターミナル駅」なんて、聞いたこともなかった。

(東京国際クルーズターミナル駅)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E3%82%AF%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%9F%E3%83%8A%E3%83%AB%E9%A7%85

「・1995年(平成7年)11月1日 - 船の科学館駅(ふねのかがくかんえき)として開業。
・2019年(平成31年)3月16日 - 駅名を東京国際クルーズターミナル駅に改称。」

聞いてねーよ・・・。

しかし、あそこからクルーズ船なんて出てたかあ?。

「駅周辺:
東京国際クルーズターミナル - 2020年7月14日開業予定」

これも2020年絡みか・・・。

(東京国際クルーズターミナル)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E3%82%AF%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%9F%E3%83%8A%E3%83%AB

「晴海ふ頭の晴海客船ターミナルには、国際クルーズ路線に対応した出入国管理設備があるが、レインボーブリッジ(高さ52m)により大型クルーズ客船の寄港は困難で、品川埠頭、大井ふ頭の貨物用埠頭を利用するクルーズ船もあった。」

「そのため東京の新しい玄関口として2020年東京オリンピックが開催される、2020年開業に間に合わせ、ターミナルビルの建設を決定した。」

「2020年7月14日 - 開業予定日。
スペクトラム・オブ・ザ・シーズが初入港予定。
2020年秋 - クイーン・エリザベスが来航予定。」

爆買いの中国人観光客とかも来るのかなあ(未確認?)。

あんな、往来が激しい西航路に面したところに作らなくてもいいような気がするんだがな。

まあ、年に数回来るかどうかという話だからな。

我が国は、これからスルーされる国家になるかも知れない(100年後の人口は、今の半分以下)。

誰も来なくなり、何も起こらない静かな小さい国・・・。

ジャパン?。

そんな国のことは知らないなあ・・・。

まあ、どうでもいいんですが。

それにしても、開業の1年以上前から駅名を「東京国際クルーズターミナル駅」にするってのは、気が早すぎるような感じだな・・・。

例によって、今日はチョンボをやらかしてしまった。

フィットネスに行ったら、水着一式を忘れたことに気付く(タオルもない!)。

やれやれ・・・。

バスツアー(?)を挟んでジムで汗を流し、そのまま風呂にも入らずに帰ってきた(臭っ!)。

これから行って、プールと風呂だけ浸かってこよう(明日は、月に2回のフィットネスの定休日だからな)。

水素バスをアピールするなら、羽田空港への系統とかで使えばいい気がする。

経路として、岩谷産業のガスステーションが近くにないということはあるが、そんなことに拘らなくてもいい航続距離があるんじゃないのかあ?(200kmだそうです:後述)。

(水素ステーション)
http://www.iwatanigas.co.jp/gas/station.html

「イワタニ水素ステーション 東京有明 東京都江東区有明1-5-8」

しかし、よく見ると、「速度60キロ制限車」という表示もある(どうやら、車両の制約のようです:後述)。

首都高湾岸線を走らせるわけにはいかない。

ショボ・・・。

水素バスは、都バスも運用している。

(トヨタ燃料電池バス「SORA」、乗って見えた特徴と課題 普及目指しまずは都バスから)
https://trafficnews.jp/post/80375

「最高速は65km/h」

「航続距離は200kmほどで、水素の充填には水素ステーションまで出向く必要」

「主流であるディーゼルエンジンのバスよりもエネルギーコスト高となる」

普及はこれからというところか。

掛け声倒れにならないように、継続した取り組みが重要だな・・・。

ここ数週間のダブルフィットネスの疲れがどっと出て、爆食爆睡の怠惰な一日2019年07月05日 20:26

ここ数週間のダブルフィットネスの疲れがどっと出て、爆食爆睡の怠惰な一日
ここ数週間のダブルフィットネスの疲れがどっと出て、爆食爆睡の怠惰な一日


ようやくやってきたフィットネスの公休日(毎月、5日と20日)。

もっと増やしてくれても、浮沈子は文句は言わないけどな。

良心の呵責を感じないで、大っぴらにサボれる。

近所のコンビニに行ったり、いつものレストランに行く以外には、外出すらしない。

ああ、外に設置されている自動販売機でコーラ買ったか・・・。

ひたすら昼寝を決め込む。

起きたら、また買い出しに行って食う。

食っちゃ寝、食っちゃ寝・・・。

デブは、かくして作られる。

まあ、どうでもいいんですが。

自転車で外出した際に、法令通り交差点を右折したら、右折先道路を右側通行していた自転車とぶつかりそうになって焦る。

(交差点の右折方法)
https://law.jablaw.org/rw_cross3

「右折方法の基本:
交差点での右折は、あからじめできる限り道路(車道)の左側端に寄り、できる限り交差点の左側端に沿って徐行することにより行う。
右折し、交差点を通過し終えたら、右折先道路の適切な位置を通行できるように、通行位置を調整する。
右折後、他の車両の妨害となる恐れがなければ、後述する信号機がある場合を除き、右折後停止せずにそのまま進行して差し支えない。」

(交差点の左折方法)
https://law.jablaw.org/rw_cross2

「交差点で左折をする際は、あらかじめできる限り道路(車道)の左側端に寄り、できる限り左側端に沿って徐行する。」

浮沈子が棲息している東京都大田区界隈では、自転車は最強の乗り物だ。

地元警察のゆるーい取り締まりのおかげで、一時停止など一切しないでも、何のお咎めもない。

ちなみに、一時停止とは、停止線の前で車輪を止めて停止し、安全の確認を行って、徐行または多段階停止行って交差点を通過する行為だ。

停止線を超えてから停まっても、一時停止とはみなされないので念のため。

近所の交番のお巡りさんさえ、停止線の前で停まることはないからな・・・。

迂闊に停止線で停まったりすると、後続の自動車から警笛を鳴らされたりするしな。

道路交通法を守って走るのも命懸けだ。

一時停止せずに交差点を突っ切る自転車の運転者(概ね、近所のおばちゃん)は、交差する優先道路を走ってきて、焦って停まる自動車の運転者を睨みつけている。

無敵だ・・・。

時には、2台並走してしゃべりながら走って突っ切っている(自転車の並走も違反です)。

もちろん、交差する優先道路の安全確認などしていない(ああっ・・・)。

幸い、浮沈子の目の前で事故が起こったことはない。

幸せな住宅街の、幸せな交通環境・・・。

で、今日は焦った。

右側通行していた自転車とぶつかりそうになったからな。

もちろん、右折した浮沈子は徐行していたから、進路を変えて避けることが出来たが、対向していた自転車は、右側から左折していた。

あまり見ないパターンだったので、記憶に残った。

なぜ、右側から左折するんだろう?。

ありがちなのは、右折時にショートカットして、右側の角をかすめて曲がるというパターンなんだがな(つーか、近所で右折する自転車で、法令通りの進路を取っているのは皆無だ・・・)。

左折なのに、右側による理由とは?。

ははあ、右折してくる自転車との衝突を回避するための自衛策なのかもしれない。

浮沈子のように、法令通りの進路を取れば、むしろ危険な状況になるにもかかわらず、敢えて一般的な(!)右折自転車との衝突を避けたのか(深読みし過ぎ?)。

自転車の右側通行は、珍しい話ではない。

つーか、左右に関係なく、夏は日陰、冬は日向を走っている。

もちろん、それが右側通行になれば、法令違反であるには違いないんだが、無法地帯にはそんなことは通じないからな。

対向する自転車は、しかたなく反対側に寄らなければならない。

夏は日陰、冬は日向の右側を、勝ち誇ったように走っている自転車の運転者の顔を見ながら・・・。

やれやれ・・・。

そんな浮沈子も、偉そうなことは言えない。

有料の駐輪場に停めずに、路上駐輪することはしょっちゅうだ。

短時間でも、最近は取り締まりの対象になる。

何度か、注意の紙を貼られているしな。

気を付けよう。

右折自転車対策で、対向車が左折時に右側通行するパターンは初めてだった(実際に、そのためだったかどうかは未確認)。

半世紀も自転車に乗っているのに・・・。

人生はいくつになっても、未知との遭遇に溢れている(それほどのことかあ?)。

一見、無法地帯に見えて、そこには、目に見えない暗黙のルールがあるに違いない。

歳をとって、反射神経が衰え、危機回避が困難になれば、いつの日か自転車を降りる時が来る。

近所の買い出しくらいならともかく、大井町までの往復(片道5km程度)など思いもよらなくなる。

まあいい。

その時は、近所のフィットネスに切り替えるだけだ。

なるべく、公休日が多いとこがいいな(そういうことかあ?)・・・。

密やかに延期されていたスターライナーの無人打ち上げと、年内にとりあえずスケジュールされている有人宇宙飛行2019年07月05日 23:20

密やかに延期されていたスターライナーの無人打ち上げと、年内にとりあえずスケジュールされている有人宇宙飛行
密やかに延期されていたスターライナーの無人打ち上げと、年内にとりあえずスケジュールされている有人宇宙飛行


迂闊にも知らなかったが、軍事衛星と競合するから満を持して8月に延期されたことになっている(?)スターライナーの無人テスト飛行が、さらに1か月延期されていたようだ。

(ステーションミッション計画は新しい目標コマーシャルクルー打ち上げ日を明らかにする:標題から自動翻訳のまま:以下同じ)
https://www.nasaspaceflight.com/2019/06/station-planning-new-crew-launch-dates/

「特に注目に値するのは、FPIPはボーイングのスターライナー車の未承認の軌道飛行試験(OFT)がケープカナベラル空軍基地のSLC-41から2019年9月17日の打ち上げ計画日に移動していることを示しています。」

ISSへの有人飛行絡みでは、整理された日程が上がっている。

(New planning dates for #CommercialCrew flights! These are planning, not official launch target, dates defined by anticipated times Station's visiting vehicle & crew schedule can accommodate them. #SpaceX #Dragon #Boeing #Starliner
CLICK to read ARTICLE: https://www.nasaspaceflight.com/2019/06/station-planning-new-crew-launch-dates/ …)
https://twitter.com/ChrisG_NSF/status/1141738478390194177?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1141738478390194177&ref_url=https%3A%2F%2Fbgr.com%2F2019%2F06%2F22%2Fcrew-dragon-manned-mission-iss-nasa-schedule%2F

「Starliner OFT(uncrewed) - Planning launch for 17 September; Dock 19 Sept.; Return to Earth 24 Sept.」

「SpaceX DM-2(crew) - Planned launch for 15 November; Dock 16 Nov.; Return to Earth on 22 Nov.」

「Starliner CFT(extend multi-month crew) - Planning launch for 30 November; Dock 1 Dec.; Return to Earth May 2020」(手打ちなので、違っていたらご容赦を)

もちろん、この日程は暫定的なもので、変更がありうるわけだが、まあ、延期されたスケジュールが早まることはないだろう。

1か月の延期の理由は定かではない(未確認)。

スターライナー側の問題なのか、それとも打ち上げるアトラスV側の問題なのか。

有人仕様のアトラスVもまた、初めての打ち上げとなる。

詳細は不明だが、各部を冗長化したり、例によって空力問題を解決するためのアンダーカバー(?)を追加したり、いろいろ物入りだからな。

(アトラス5号(422 / N22))
https://space.skyrocket.de/doc_lau_det/atlas-5-422.htm

表では、固体燃料ブースターがロケットダイン製AJ-60A1基となっているが、まあ、2基の間違いだろうな(型番も、オービタルATK製GEM 63になっている模様:後述)。

セントール上段のエンジンは、珍しい2基掛けとなっている。

N22の構成については、以下の記事が詳しい(記者は宇宙開発は専門外のようで、スーパードラコエンジンが水素燃料であるなどの基本的な事実誤認があります)。

(NASA主導の壮大な民間宇宙旅行計画が進展 —NASAは民間有人宇宙飛行計画に90億ドルを投入中—)
http://tokyoexpress.info/2018/06/24/nasa%E4%B8%BB%E5%B0%8E%E3%81%AE%E5%A3%AE%E5%A4%A7%E3%81%AA%E6%B0%91%E9%96%93%E5%AE%87%E5%AE%99%E6%97%85%E8%A1%8C%E8%A8%88%E7%94%BB%E3%81%8C%E9%80%B2%E5%B1%95-nasa%E3%81%AF%E6%B0%91%E9%96%93/

「スターライナー用のアトラスVは、ペイロード・フェアリングが無く(No fairing)、固体燃料ブースターは2本、2段目セントールには2基のRL10 エンジン(DEC=dual-engine Centaur) の形式のため、“N22”と呼ばれる。」

「N22からは、固体燃料ブースターが従来のロケットダイン製AJ-60Aから新しいオービタルATK製GEM 63に変更される。」

それにしても、いつの間にか延期されていたのいうのは怪しい。

想定外のトラブルを抱えたのかも知れない(未確認)。

ライバルであるクルードラゴンが地上試験でぶっ飛んで、余裕をくれているだけか(そうなのかあ?)。

まあ、どうでもいいんですが。

細かいスケジュールの変更は、いちいちアナウンスされないのかもしれない。

単に、打ち上げ施設側の都合かも知れないしな。

このスケジュールの遅れが、有人飛行の遅れに確実に影響してくるだろう。

一応、年内に両方とも有人飛行を開始することになってはいるが、クルードラゴンが短期間(7日間)の接続期間なのに対して、スターライナーの方は半年程度の駐留となっている。

余程の自信があるんだろう(スペースXは、信用ないからな:そうなのかあ?)。

まあいい。

いずれにしても、有人飛行の方は、無人飛行の問題点が解決されてからだからな。

スペースXの方は、パラシュートの問題も残っているしな(無人飛行の後のパラシュート試験で失敗)。

スターライナーは、そっちの方は終わっているらしいが、実際の運用については未知数だ。

浮沈子的には、打ち上げ機であるアトラスVの方が気になるんだがな。

年内の有人飛行は、たぶん、無理かもしれないな。

来年中に運用開始出来れば上出来だろう。

有人飛行だからな。

派手にぶっ飛んで、取り返しが付かなくなるとことだからな。

少々遅れても、確実に地固めしてから打ち上げて欲しいもんだな・・・。

(SPACEXとボーイングが宇宙飛行士をどのようにISSに参加させるか クルードラゴン、スターライナー、ソユーズ、スペースシャトルの比較。:追加)
https://everydayastronaut.com/crew-dragon-vs-starliner/

結構楽しめた記事。