季節の移ろいを感じさせる梅雨明けの予感2019年07月18日 06:01

季節の移ろいを感じさせる梅雨明けの予感


季節は、いつの間にか小暑を過ぎ、大暑が近づいてきている。

(小暑)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E6%9A%91

「現在広まっている定気法では太陽黄経が105度のときで7月7日ごろ。」

(大暑)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E6%9A%91

「現在広まっている定気法では太陽黄経が120度のときで7月23日ごろ。」

東京地方では、6月下旬は真夏日とかあったのに、7月に入ってから、ずーっと低温の日が続いて季節感が梅雨のまま停滞していた。

(東京都心 21日ぶりに日照3時間以上に!)
https://tenki.jp/forecaster/deskpart/2019/07/17/5285.html

めったに引用しない、日本気象協会のページ(天気予報が当たらない恨みのせいかあ?)。

「きょう(17日)、東京都心では昼過ぎから青空が広がり、21日ぶりに日照時間が3時間を超えました。最高気温は28.7度まで上がり、この時期らしい暑さとなっています。」

「ただ、晴れの天気は長続きしません。10日間予報を見てみると、関東地方は、あすから来週前半にかけて、ふたたび雲の多い天気が続きます。」

今日までは何とか持つようだが、本格的な梅雨明けは、来週木曜日(一週間先)まで待つしかないようだな。

しかし、既に季節は変わりつつある。

そんな予感がする、昨日の晴れ間だった。

水泳教室は、背泳ぎの基礎。

ヌードルを使って、手の掻きを入れる。

ローリングなしで、手は入水してから真横に流すだけ。

力を入れて漕ごうとすると、身体がよれて、却って進みづらい。

力を入れずに、手を流す感じがよろしい。

って、手のことばかり意識していると、足が止まるのは何故?。

例によって、同時に1つのことしかできない浮沈子・・・。

まあ、どうでもいいんですが。

最後に、ふつーの背泳ぎをして、ローリングも入れる。

泳ぎやすい・・・。

現代風の背泳ぎは、確かに人間の体の構造を念頭にして、合理的に考えられていると知る。

ローリングしないで泳ぐのは、長距離を疲れずにゆっくり泳ぐのに適している。

遭難とかして、あの島まで泳がなければならないというような際には、役に立つかもしれない。

午後からは、久々のダブルフィットネスに行く。

土(大瀬崎で潜り)・日・祝日・雨模様が続き、週末から火曜日までは、ダブルでは行ってないからな(土日祝日は、終了時刻が早まる)。

筋トレを強化している関係で、毎回、少し時間が余分にかかっている。

負荷のウエイトを増やした分、途中の休憩時間が長くなっているから。

暫くすれば、慣れてきて、時間短縮が図れるだろう。

そのせいかどうか、有酸素運動系がきつくなった気がしている。

いわゆる、息切れという奴で、ペースが落ちている。

いつもは気にしないんだが、昨日は気になった。

スタミナ切れというか、なんというか。

まあ、もう歳なんだから、むちゃくちゃに鍛えているわけではない。

現状維持か、やや向上を目指している。

ライバルは、まわりでブッ飛ばしている若い人たちではなく、昨日の自分だ(去年の自分には、到底勝てない!)。

ダブルフィットネスの場合は、特に、午後から行った時には、午前中の自分がライバルになる。

さっきは苦も無く出来たことが、午後になると、苦しい・辛い・面倒くさい(←これがメインかあ?)。

暑い夏になれば、大井町まで通うのにもパワーを食われる。

炎天下を自転車こいで通うのは、結構キツイ。

今年は、電動スクーターという新兵器があるからな。

問題ない。

で、フィットネスでエアロバイクを漕ぐ・・・。

問題ない(そうなのかあ?)。

屋根のある、空調のきいた屋内で、事故にあうリスクもなく、安心して自分のペースでペダルをこぐ。

炎天下を汗水たらしながら、自動車や他の自転車(電動アシストなのに、アシストなしのママチャリにも抜かれるしな)や歩行者(赤信号でも、堂々と渡ってるし)に怯えつつ走ることもない。

まあ、電動スクーターも、20km位しか出さないからな。

ふつーにママチャリにぶち抜かれるけど・・・。

まあいい。

新兵器を得て、ダブルフィットネスの習慣も身に付き、減量も始まり(始まっても続かないのが問題だがな)、いつでも梅雨明け・夏本番が来てもいいような態勢は整っている。

お誘いを受けて、今年もチャレンジのGUEファンダメンタルズ。

合否の確率は五分五分だ(甘いんじゃね?)。

ベーシックファイブとか、忘れてるしな。

SドリルとかVドリル、SMB打ち上げは何度かやってるけどな。

そっちは、大丈夫だろうけど(たぶん)、レスキュースキルは通算でも3回しかやっていないしな(相方と、安全管理者がいない状況では練習できないからな)。

ポジションに、まだ自信が持てない。

手順も怪しいしな。

だからこそ、練習をする。

やってできるかどうかは分からないが、やらずに出来るようになることだけは絶対にない。

それは、確実に分かっているからな。

膝が開いて落ちる癖(じっとしている時は意識しているんだが、何かやろうとすると出る癖)は、あまり気にしないことにした。

つーか、スキルが安定してくれば、意識がそっちに回って、気を付けることが出来るようになると気付いたからな。

そのうち、意識せずとも出来るようになるだろう(希望的観測)。

なにしろ、一度に1つのことしかできないからな。

スキルと膝を同時に攻めるわけにはいかない。

今年、合格できなければならないという制約もないしな。

今年はスキルを安定させることに集中しよう。

最終的なゴールは高く掲げて、当面の目標は思いっきり下げてしまう(得意です!)。

ダイビングは、楽しめなければ続かない。

そのダイビングを続けるために、健康を維持し、体力を保ち、そのためのトレーニングを日々続けていく。

暴飲暴食を慎み(これが一番困難?)、十分な睡眠と休養を取り(これは得意だがな)、ストレスを溜めず、活動的な日常生活を心がける。

予報によれば、もう、一日中雨が降り続く日はない(当たればね)。

Tシャツ、短パン、サンダルという、浮沈子の夏の正装も、怪訝な目で見られることは無くなるに違いない(雨降っても、このカッコだったからな:怪しい奴・・・)。

夏よ、来い。

早く、来い。

浮世の雑事から解放されて、初めての夏・・・。

まあ、まだいろいろ雑事は残っているけど。

それでも、子供のころ以来の解放感を味わっている。

梅雨明けが、待ち遠しい今日この頃・・・。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
kfujitoの徒然の筆者のペンネームは、
「○○子」です。
○○を記入してください。

コメント:

トラックバック