ほぼ一週間単位のプチリバ周期が定着したところで、先週土曜日からの減量はたったの1.4kg2019年07月27日 22:28

ほぼ一週間単位のプチリバ周期が定着したところで、先週土曜日からの減量はたったの1.4kg
ほぼ一週間単位のプチリバ周期が定着したところで、先週土曜日からの減量はたったの1.4kg


まあ、瞬間最低体重は、ボクシングの計量みたいなもんだからな。

本当の体重は、爆食して増加したタイミングで見なければならない。

今日も昼飯を爆食して、反省しきり・・・。

さっきまで、今期初のロングフィットネスを敢行。

筋トレ+有酸素運動系(クロストレーナー)をそれぞれ2倍、1000m泳いで辻褄を合わせる。

今期瞬間最低体重+0.9kgに、辛うじて踏みとどまる(65kgのシーリングの範囲内)。

で、先週の土曜日と比べて愕然!。

1.4kgの減量だけ。

1日平均0.2kg。

今週は、フィットネスは皆勤賞で、総遊泳距離(浮遊距離?)は、7000mになったのにな。

日曜:500m
月曜:1500m(3回)
火曜:1000m(2回)
水曜:500m(水泳教室除く)
木曜:1000m(3回)
金曜:1500m(3回)
土曜:1000m
ーーーーーーーーーーーーーーーー
合計:7000m(14回:水泳教室除く)

毎日1km泳いでいる計算になる。

距離だけで見れば、去年と同じペースだ(回数は確実に勝ってる:そういうことかあ?)。

有酸素運動系は、毎日200キロカロリーを維持。

完璧な運動量だが、水曜から今日にいたる4日間を含め、7日のうち5日間は爆食(!!!!!←5日分)。

やれやれ・・・。

それでも、一応、形の上では減量しているからな(ここ、重要です)。

いいことにして、今夜も爆食しよう(そんなあ!)。

脳が、強烈にそれを要求している。

本来なら、梅雨明けまでに標準体重に持って行きたかったんだが、おまけに、せっかく例年に比べて遅い梅雨明けになりそうだったのに、今回はその中間目標は達成できそうもない。

まあいい。

誰かに頼まれて減量しているわけじゃない。

浮沈子の減量に合わせて梅雨が明けるわけでもない(トーゼンです!)。

今回の減量のポイントの1つは、脳の欲求には素直に従うことだからな(もう1つは、毎日精密体重計に乗ること)。

身体に良さそうなメニューを見繕って、しっかり爆食しよう。

しかし、今日のロングフィットネスはキツかったな。

筋トレは、分散して休憩しながらやったから、それ程苦痛ではなかったけど。

有酸素運動系も、100キロカロリーを2回行い、なおかつ、インターバルを入れながら強度を弱くしてだらだらと続ける。

同じ運動量を、時間を掛けて行う。

プールが一番まいったな。

寒くていけない(温水プールのはずなんだがな:どんだけ運動してないかだな)。

途中で、何回ジャグジーやバブルバスに入ったことか(時間的にも、同じくらい浸かってたような気も)。

ジムトレーニングとプールの間には、30分くらいの大休止を入れた。

半日がかりのロングフィットネス・・・。

久々だな。

去年は、こういうパターンでやってたと思い出す。

筋トレの負荷は少しだけ増えているけど、有酸素運動系やプールの距離は同じだ。

2年前は、その倍だったわけで、俄かには信じられない・・・。

年齢と共に、運動機能は確実に落ちてきている。

自分の身体を運ぶことについても、歩く歩数は激減しているからな。

もうそろそろ、自然なウォーキングを取り入れてもいい頃だ。

65kg前後の体重を維持できれば、かつ、いきなり長距離とか歩かなければ、足腰や循環器系への負担はそれほどではないだろう。

3年前の減量の際に、コースは大体決まってたからな。

別に、活動量計(歩数計)がなくても問題はない。

善は急げだ。

今夜から、早速始めよう。

まずは、夜の爆食の食材の買い出しからだな(そういうノリかあ?)。

健康的な夜の散歩と、爆食の組み合わせが良く似合う(似合わねーよ!)。

もちろん、行って帰ってくるだけでは、大した消費にはならない。

月が青いわけではないけど、遠回りして買い出しに行こう。

往きに遠回りして、還りは直帰が正しい(正しいもクソもないような気も・・・)。

いずれにしても、先は長い。

千里の道も散歩からというじゃないの(言わねーよ!)。

夏の夜の湿った熱い空気を吸い、爆食する罪悪感にどっぷりと漬かりながらの散歩・・・。

何事も、始めてみなければ分からない。

今週末の爆食のツケを、来週で贖うことが出来るかどうか。

先のことは分からない。

浮沈子は、脳が命ずるままに買い出しに行くだけだ・・・。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
kfujitoの徒然の筆者のペンネームは、
「○○子」です。
○○を記入してください。

コメント:

トラックバック