プチ爆→プチリバという当たり前なことを確認しただけのことだがへこむ朝2019年08月01日 08:00

プチ爆→プチリバという当たり前なことを確認しただけのことだがへこむ朝
プチ爆→プチリバという当たり前なことを確認しただけのことだがへこむ朝


今期瞬間最低体重から、2日間の爆食と1日のフィットネスのサボリによる3kgの増加を経て、昨日せっかく2kgを取り戻したはずのロング+ダブルフィットネス(水泳2km)。

脳が、強烈に爆食を要求したので、無駄な抵抗をしない浮沈子は、素直にプチ爆食(粗食+2品程度)。

今朝の体重測定では、ものの見事にプチリバ!。

65kgの壁の外に戻ってしまった。

やれやれ・・・。

物理の法則は正しい。

食えば太る。

それでも、今期瞬間最低体重+2kgの範囲にはとどまっている(BMI:22.8)。

こういう時には、一喜一憂せずに、規則正しい生活、バランスの良い適量の食事、毎日の活動的な生活、ストレスを溜めないなどという、基本に立ち返ることが重要だ。

標準体重とか目標体重は、そうした健康的な生活の結果の指標として得られるもので、最終的な目的ではないのだ。

ほぼ標準体重になりつつある今の時期、コントロールが難しくなるのは当然。

夏場で、減量には不適当な気候だしな。

この時期、無理して体調を崩し、3か月も水泳教室を休んだ挙句、10kg以上の本格的なリバウンドを食らった3年前を思い出す。

タイガー&ホース(虎・馬:トラウマ?)・・・。

まあ、どうでもいいんですが。

今回の減量を始める際に、梅雨明けしたら、無理に体重を減らすことは止めようと考えていた。

体調管理を最優先して、多少のプチリバは許容し、爆食を慎み、体重の安定を目標にしている。

その目安としては、65kgの壁が手ごろだ(標準体重+3kg程度)。

日変動(浮沈子の場合、最大4kg、通常でも2kgくらいあります)は別として、この壁の下に留まっていられれば、まあ、許容範囲と考えている。

今朝は、あっさり突破してしまっている。

うーん、まずいな・・・。

昨日の予定では、今日は成田詣で(航空科学博物館)に行って、737MAXのシミュレーターを拝んで来ようと思ったのにな。

んでもって、爆食してプチリバして・・・。

昨夜は、後半部分だけ先取りしてしまったわけだ。

ちょっと予定変更して、フィットネスでしっかり運動してこよう。

精密体重計による計量結果は、かくして脳にフィードバックを掛けて、行動の変化を促す。

今日から8月。

フィットネスでのMC-980A(タニタの業務用体組成計)による測定日だ(概ね、月初めに乗る)。

運動前に、ストレッチが終わったタイミングで乗るので、今日の運動の結果は反映されないけど。

爆食の贖いは、どこかでしなければならない。

信賞必罰の体重管理。

爆食している時は、ケロッと忘れているんだがな(体脂肪は溜めても、ストレスは溜めない性格?)。

まあいい。

今日も朝から、景気よく気温だけは上がっている。

東京地方の最低気温は26.3度(明け方の3時36分)、6時59分の時点で既に29.7度に達している。

30度超えの時間帯が長い。

身体には、大きな負担がかかる。

大井町までは、無理せず電動スクーターで行こう。

ペダルをこぐのは、涼しい室内でエアロバイクに乗ればいい(眠くなるのが問題か)。

低強度の運動を、だらだらと時間を掛けて行う。

もう、若くはないんだから、ガンガン飛ばしても仕方ない。

穏やかな、しかし、ド暑い一日の始まり・・・。

今年初の猛暑日になった本日、午前中のロングに続きダブルフィットネスに出かけようかという夕方(ただし、出走は電動スクーターというなんじゃく・・・)2019年08月01日 16:38

今年初の猛暑日になった本日、午前中のロングに続きダブルフィットネスに出かけようかという夕方(ただし、出走は電動スクーターというなんじゃく・・・)
今年初の猛暑日になった本日、午前中のロングに続きダブルフィットネスに出かけようかという夕方(ただし、出走は電動スクーターというなんじゃく・・・)


一応、65kgの壁の中には押し戻した。

筋トレダブルで有酸素運動系はシングル。

プールは1kmで、余力を残す。

この辺りは、柔軟に対応する。

今日は、仮に今期瞬間最低体重を記録したとしても、爆食はしないと決めている(夕方からの水泳で、それ程追い込むつもりもないしな)。

暑いので、身体が弱っているのを感じる。

プールの水温も高いしな。

300m置きのバブルバス(マッサージバスと表示されていました:追加)。

じゅうぶん温まれる。

だいたい、プールサイドがサウナ状態だからな。

低温サウナは、必要ないかもしれない。

あっつ!。

バッテリーの充電が終わって、出走の準備が整ったようだ。

もう一泳ぎして、それからゆっくりと寛ぐことにしよう・・・。