爆食と運動量の減少が重なると体重が顕著に増えることに気が付いたのはいいが、そんなことは当たり前に決まっている2019年08月10日 09:36

爆食と運動量の減少が重なると体重が顕著に増えることに気が付いたのはいいが、そんなことは当たり前に決まっている
爆食と運動量の減少が重なると体重が顕著に増えることに気が付いたのはいいが、そんなことは当たり前に決まっている


この4週間の体重変化のグラフに、イベントを書き加えてみて分かったこと。

①運動を継続している時には、爆食してもプチリバの影響はそれほどではないこと(7月25日ころ)。

②爆食していなくても、運動量が減っている時には体重の増加がみられること(7月30日ころ)。

③爆食と運動量の減少が重なると、救いようがないほど体重が増えること(7月20日、8月5日、6日)。

④しかし、猛反省して粗食に切り替え、運動を継続すると、比較的早期に元の体重に戻ること(7月22日ころ、8月7日ころ)。

グラフの体重は、日変動量を考慮していない。

その日に、最も低い体重だけを表示している。

それでも、先週末には悲劇的に体重増加したことが分かる。

実際の最大体重は、6日に67kgまでいった(!)。

慌てて夜のフィットネスで減らして、65.9kgに戻す。

水分を絞り出しただけだが、運動することによって代謝を促し、翌日の減量に繋がっている(63.6kg)。

フィットネスが休みの日とか、体調不良で行けない時には仕方がない。

爆食せずに、栄養バランスを考慮した粗食で凌ぐしかない(②を見て分かるように、粗食でもカロリー過剰気味!)。

この際にも、散歩するなどして、適度な運動量を維持することが好ましい。

爆食(といっても、通常は、野菜中心に量を増やしているだけですが)後に、粗食に戻し、運動を継続していると、比較的早期(2日程度)で爆食前の体重に戻せている。

脳を満足させ、減量を継続する動機を維持するためには、ある程度の頻度での爆食は欠かせない(今回の減量における戦略の一つでもある)。

浮沈子の場合は、今期瞬間最低体重を更新したら爆食することにしている。

あと、週末はほぼ欠かさず爆食する(週末は、運動量も減るし)。

先週は、体重増加の要因(最低体重更新後、週末、フィットネス休み、イベント)が全て重なった。

まあいい。

その後、猛反省して粗食に戻し、運動量を維持したら減量し過ぎた(んでもって、昨日はレストランで過去最大の爆食!)。

やれやれ・・・。

BMIが22になったお祝い兼ねてだからな(四捨五入ですが)。

今朝の計量では、22.5に戻ってしまっている。

今日は土曜日で週末だしな。

運動量も少なくなる(終わる時間が早いので、ダブルでは行けない)。

明日からは、ダイビング週間が始まる。

爆食の日々だ。

3日間はダブルタンクで筋トレするが、ダイビング自体の運動量は少ない(講習だからな)。

希望的観測では、65kgの壁の下に留まっていたいんだが、まあ、無理だろうな。

翌週は、フィットネスの休みの日が連続する(19日と20日)。

10日間余り、運動量少なく爆食しやすい日々が待っているわけだ。

まあ、どうでもいいんですが。

散歩して運動量を補ったり、爆食を控えたりして、標準体重からの乖離を少なくしておかないとな。

21日(水泳教室の日で、やや運動量が減りますが)からのリカバリーで、8月中にどこまで戻せるかだな。

65kgの壁の下に戻ってこられればいいとしよう。

9月の計量で、8月の計量の値(65.8kg)を切っていれば良し、さもないとリバウンドの恐れが出てくるからな。

やっぱ、ダイビングに精密体重計を持って行くのが正解かもな(そうなのかあ?)。

毎日、神妙な顔して体重計に片足上げて(どーして?)乗るわけだ・・・。

脳を満足させるための一定の爆食許容と合わせて、毎日精密体重計に乗るというのが、今回の減量の戦略だからな(たまに忘れることもありますが)。

持参するかどうかは別としても、日々、それを意識して過ごそう。

運動の継続と、バランスの取れた適量の食事、ストレスのない規則正しい生活、周囲の人との良好なコミュニケーション・・・。

健康的な日々を送ることが目的だからな。

そのための減量だし、そのための運動や食生活だ。

フィットネスも、ダイビングも、水泳教室も、それが最終目標ではない。

本末転倒しないようにしないとな・・・。