エジプト・紅海ツアー(レッドシーツアー)の研究(その6)ダイビングスポット:ティラン島エリア2019年09月14日 09:20

エジプト・紅海ツアー(レッドシーツアー)の研究(その6)ダイビングスポット:ティラン島エリア
エジプト・紅海ツアー(レッドシーツアー)の研究(その6)ダイビングスポット:ティラン島エリア


ツアー案内の資料から無断転載する。

「ティラン島エリア:
シャルム・エルシェイクから北東へ行った先にはティラン島があり、穏やかで浅場が多いことから紅海の固有種をほとんど見られるポイントになっている!」

このブログに匹敵するワケワカの日本語だが、読む人の読解力でカバーするしかない(文末の無意味な「!」は原文のまま)。

ポイントについての解説を見てみる。

「ジャクソンリーフ(最北端):
沈船が見られ、数万匹単位のキンギョハナダイや紅海ナンバーワンとも言われる珊瑚や運が良ければ夏場にはハンマーヘッドの群れを見ることができる!」

「トーマスリーフ(南側):
地形ポイントで水深の5m、14m、22m各付近には独特の景観を造り出しているダイナミックなケイブがあり楽しめる!」

「大物遭遇率も高いトーマスリーフの深場ではホワイトチップやハンマーヘッドなど見ることが出来る!」

以前引用したこの記事では、ティラン島エリアでのダイビングについても触れられている。

(紅海でダイビング5/6(ダイビング4日目:ティラン・リーフ))
https://4travel.jp/travelogue/11494782

「一本目:ゴードンリーフ
二本目:ジャクソンリーフ
三本目:ラスナスラーニ(ローカルエリア)」

共通ポイントはジャクソンリーフだけだが、クルーズ船の雰囲気とかが伝わってくるので、イメージを膨らませるのにちょうどいい。

「お迎えの時間は7時35分」

朝は早いようだ。

「砂漠の赤い砂の色が空に映りこんで見えるからこの辺の事を紅海って言うんだって」

へえー・・・。

「約1時間の休憩後、日本目(二本目?)のジャクソンリーフへ」

水面休息時間は1時間のようだな。

「お昼までの間、光合成をしながら体を温めます」

2本潜ってからランチになるようだ。

「ランチを取りに行くのが遅れ、直前でフライがなくなってがっかりしていたら、追加されたので安心」

「毎回違うメニューで、温かいメニューもあるのでなので、楽しみでした」

ビュッフェスタイルかあ(うーん、爆食の予感・・・)。

記事に登場する主な生物:
・ナポレオンフィッシュ
・ウミウチワ
・ハタタテダイの群
・カメ
・ハナダイの群
・スズメダイの群
・クマノミとイソギンチャク
・キイロハギ
・ハタタテダイ
・イルカとマンタ(船上より)
・シュノーケラー
・ダイバー

大物期待というより、浅いところの群れなどを豊かなサンゴと共に楽しむ、まったり系のダイビングのようだ。

春先に行ったグレートバリアリーフでのダイビングに近いイメージか。

掲載されている写真を見ると、ダイバーはフルフットフィンではなく、オープンフットのフィン(ブーツ履いて、ストラップ掛けるヤツです)を履いているように見える。

浮沈子は、ボートダイビングの際はフルフットフィンが基本なんだが、今回はダハブエリアでのビーチエントリーで岩場を歩くようなので、ブーツ着用は必須のようだ。

2セット持っていくか、オープンフットだけにするか。

まあいい。

1か月近く先の話なので、じっくり考えよう(重量の問題もあるしな)。

ダイビングエリアとしては、ダハブエリアの他にラスモハメッド国立公園(ラスモハメッドエリア)で潜ることになるが、これらについては別稿で取り上げる。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
kfujitoの徒然の筆者のペンネームは、
「○○子」です。
○○を記入してください。

コメント:

トラックバック