晩秋の富戸を潜る2019年11月16日 05:42

晩秋の富戸を潜る


お誘いがあったので、富戸の秋を潜ってきた。

といっても、両日(14、15日)とも、陸上は温かく、風が強かったことを除けば穏やかな水中だった(透視度は10mくらい?)。

シェルドライの慣熟を目的にして、4本ともそれで潜る。

初日はDPVを持ち出したが、2日目は朝方風波が出ていたので止めにした。

午後からは収まったので、持って入っても良かったかもしれない。

中性浮力が課題のダイバーさん達と潜る。

2日目には、ベテランの方とも潜れた。

藤上さんの水中での教え方など、非常に参考になった。

初級者は、インストラクターに依存しがちだからな。

高齢者の場合は、なおさらそこから脱することができない。

早く独り立ちさせるには、安全の範囲内で見放すことも必要だ。

中級者の方は、そろそろ中性浮力をビシッと決めたいところだ。

トリムと一緒にやらないと、頭下がりになってフィンで調整するという悪い癖が付きがち(浮沈子もややその傾向あり)。

早いタイミングで中性浮力とトリムをマスターした方が苦労は少ない。

コツは、こまめなBC操作による浮力調整。

ダイビング初心者には、呼吸で浮力を調整することを教えがちだが、正確な中性浮力を取るためにはBCのコントロールが重要。

つーか、そのためのBCだからな(タンクを背負うためだけじゃない!)。

ダイバーの中には、浮力調整を呼吸で行うことに慣れて、その技術を自慢する方もいるが、是非ともCCRにチャレンジしていただきたい(苦労するって!)。

まあ、どうでもいいんですが。

ドライスーツの季節になり、2日目から参加のベテランの方はネオプレンのドライ講習。

初めはドライスーツだけで浮力のコントロールを行う。

BCと両方操作するのは難しいからな。

足にエアを溜め過ぎないように、頭上がりのトリムになりがち。

2本目は、やや改善され、明日はBCと両方使った操作にチャレンジ。

潜り方はちゃんと出来ているので、上達は早そうだ(若いしな・・・)。

浮沈子がシェルドライに慣れるよりも早いかもな。

浮沈子のコンフィギュレーションはシングルタンクのロングホース。

ウエイトは、その設えで6kg必要だ。

やれやれ・・・。

ダブルタンクよりは軽いが、立ち上がるのに苦労する。

ドライは、水没したかと思ったが、汗没だけで済んだ(温泉丸入ったし)。

インナーの調整が必要かもな。

来月のドライでのダブルタンクの練習も兼ねて、今回はシングルタンクでのテクニカル仕様で臨んだ。

慣れてしまえば、水中では快適だ。

ブーツのサイズと形状の関係で、フィンの脱着に四苦八苦する。

ジェットフィンが脱げない!。

やれやれ・・・。

これも、慣れれば何とかなるだろう。

グローブも着けて潜った。

水温は20度程度だから、なくても問題はない。

今年の冬は、この設えでCCR担いで潜るつもり。

浮力体が3つになるし、そもそも担いで立ち上がれるかどうかも分からない。

専用の椅子でも作って、クルマに積んで持って行こうか。

特盛カレーを爆食して、帰ってきて体重計に乗ったら67.5kgになってしまった。

まあいい。

暫くダイビングの予定はないからな。

減量に専念して、リバウンド状態から脱出を図ろう。

TDIイントロテックのテキストのミスプリ等にコメントしたら、加藤さんから詳細な検討資料が送られてきた。

米国にいるらしい(DEMA?)が、レスポンスが早いな。

よく読んで、再度コメントするかもしれない。

ダイビングは、やっぱ楽しい。

水泳とかも楽しいけど、道具を使って遊ぶのは、哺乳類の本能かも知れない。

水中スクーター、ドライスーツ、キャニスターライト、もちろんスクーバタンク。

今回は、ポケットパンツの中のもの(SMB、スプール、予備のマスク、水中ノート)とかロングホースとかは弄らなかった。

ネックレギの長さも合わず、テンポラリーなコンフィギュレーションになった。

それでいい。

富戸で潜る時は、ふつーのダイビングにしよう。

ジャケットタイプのBCに、ふつーのオクトパス。

ジェットフィンじゃなくって、プラスチックフィン。

郷に入っては、郷に従う。

秋色の水中を、のんびりと散歩した。

くたびれたのは、ヨコバマとの往復と、器材を担いでのエントリー、エキジットの際だけだ。

どっこいしょ・・・。

担げなくなったら、ダイビングは終わる。

水中は何とかなるとしても、陸上は自分で担ぐからな。

分かってるって!。

軽くしたけりゃダイエットしかないって・・・。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
kfujitoの徒然の筆者のペンネームは、
「○○子」です。
○○を記入してください。

コメント:

トラックバック