インターリンク衛星打ち上げを巡るあれこれを調べると、世界で最も難しいといわれるチェコ語に当たる2019年11月16日 20:11

インターリンク衛星打ち上げを巡るあれこれを調べると、世界で最も難しいといわれるチェコ語に当たる


まずは、苦労して見つけたウィキのページから。

(Starlink:このページはスロバキア語らしい)
https://sk.wikipedia.org/wiki/Starlink#cite_note-:1-10

「衛星は280 kmで周回しました。そこから彼らは350 kmの高さまで上昇します。20は550 kmまでまっすぐ続きます。40日後、550キロへの追加20の出力、および別の40日後に、最後の20。」(自動翻訳のまま:以下同じ)

母国語である日本語を、60年近く操ってきても怪しい浮沈子が、地球の向こう側にある見たこともない、聞いたこともない国の言葉を理解する。

インターネットとコンピューターのおかげだ。

この記事に辿り着いたのは、英語記事を元にした日本語記事の内容に疑問を持ったから。

(スペースX、スターリンク衛星を60機打ち上げ ロケット着陸も成功)
https://sorae.info/space/20191114-starlink.html

「これらの人工衛星は高度350キロメートルに投入され、通信サービスを提供します。」

(SpaceXが60個のスターリンク衛星を打ち上げました(そしてマイルストーンロケットの着陸を打ちました:元記事)
https://www.space.com/spacex-starlink-launch-fourth-rocket-landing-success.html

「編集者注:このストーリーの以前のバージョンは、このStarlinkの打ち上げを意図した軌道を誤って述べていました。341マイル(550キロメートル)ではなく、217マイル(350キロメートル)です。」

あれえ?、現在展開中の衛星高度は550kmの円軌道のはずなんだがな(傾斜角53度)。

(スターリンク(衛星星座):2018–2019)
https://en.wikipedia.org/wiki/Starlink_(satellite_constellation)#2018%E2%80%932019

「2019年9月までに、SpaceXはFCCに戻って、軌道の配置の変更を申請しました。SpaceXは、550 kmの軌道シェルの軌道面の数を24から72に3倍にし、1回の打ち上げから衛星を複数の面に配置し、より早くより多くのエリアにサービスを提供できると主張しました。」

いろいろ調べて、今回の打ち上げは2段階の高度(280km(実際には約300km)での衛星放出と、一部の衛星の350kmでの待機)を経て、最終的に550kmの高度に配置されることを確認した。

将来的には、以下のようになるという(一部割愛)。

「軌道高度(km):衛星の数:傾斜角度:今のところの配置予定数
550:1,584:53:122(実際には、数機が失われています)
1,110:1,600:53.8:0
1,130:400:74:0
1,275:375:81:0
1,325:450:70:0
335.9:2,493:42:0
340.8:2,478:48:0
345.6:2,547:53:0」

将来的にも、高度350kmという軌道はない。

それに近い約2500機ずつ配置されるビミョーに違う3つの高度は、おそらくVバンド衛星用だろうな(打ち上げは、来年後半以降の予定)。

この他に、30000機の追加があるわけだが、詳細は不明だ(未調査)。

それより気になったのはこの記述。

「Starlink衛星は、一度に400個の衛星を発射するSpaceXの未開発ロケットであるStarshipでも打ち上げる予定です。」

(SpaceXは、3年以内にスターシップを月に着陸させたいと考えています。:元記事)
https://www.cnbc.com/2019/10/27/spacex-president-we-will-land-starship-on-moon-before-2022.html

「一度に400個の衛星を打ち上げるスターシップ:
しかし、Starshipは、単なる探検以上の方法で会社の計画に盛り込まれます。Shotwellは、SpaceXが新しいロケットを使用して、Starlinkネットワークをより迅速に展開する予定であることを明らかにしました。」

「スターシップは一度に400個の衛星を使用できます」

浮沈子が想定していた衛星寿命も確認した(ビンゴだな)。

「従来の衛星とは異なり、Starlinksの寿命は約5年と限られています」

「SpaceXは、地球の大気で意図的に燃焼するように設計された衛星を迅速に交換することにより、スターリンクネットワークの「技術を更新」します。」

スパイラル式の開発手法を、衛星コンステレーションの展開においても採用するということだ。

壊れたり古臭くなったら、ケチケチせずに、さっさと交換しちまうわけだ。

都度、新しい機能を盛り込んだ衛星を投入し続けることにより、5年後にはすべての衛星が入れ替わっている。

大型静止衛星の寿命が、イオンエンジンの投入やメンテナンス衛星による燃料補充で延長される一方で、低軌道衛星は低レイテンシのメリットを最大化させるべく、超低高度に配置され、消費されていく。

同じ人工衛星といいながら、全く異なるコンセプトのもとに製造され、配置されていく。

これまでのような、年に100機程度が打ち上げられる人工衛星とは質的に異なる時代に突入しつつある(静止衛星は、せいぜい20機程度)。

一度に400機かあ・・・。

想定外だな。

スロバキア語のウィキには、今回の打ち上げのまとめページへのリンクもあった。

(スターリンクミッションv1-1:国別ドメインがczだから、これはチェコ語だな:たぶん)
https://www.elonx.cz/mise-starlink-v1-1/

「これは、SpaceXが空力カバーの両方の半分を一度に捕捉しようとする最初のミッションとなるはずでした。残念ながら、試みは開始の数時間前に取り下げられました。」

「衛星は280kmの高さまで運ばれました。その後、彼らはすぐに350kmの高さに移動し、そこで550kmの高さで最終軌道に移動する前にテストされます。」

浮沈子が確認したかった情報は、このページにも書かれていた。

世界の言語の中で、最も習得が難しいといわれているチェコ語。

それを数秒で自動翻訳してくれる時代に、英語圏だけの情報を機械的に翻訳しているだけでは十分とは言えないだろう。

この媒体には、スターリンクの包括的かつ最新のまとめページもある。

(スターリンク星座について:もちろん、チェコ語)
https://www.elonx.cz/vse-o-konstelaci-starlink/

「この記事は、最新情報を反映するために継続的に更新されます(最近の変更点のリストは記事の最後にあります)。」

媒体の名称だけは頂けないなあ。

「イーロンX」(くっさ!)だってさ・・・。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
kfujitoの徒然の筆者のペンネームは、
「○○子」です。
○○を記入してください。

コメント:

トラックバック