年末年始後半ダイビング終了:久々のサイドマウントも出来て満足なれども、また忘れ物2020年01月03日 10:33

年末年始後半ダイビング終了:久々のサイドマウントも出来て満足なれども、また忘れ物
年末年始後半ダイビング終了:久々のサイドマウントも出来て満足なれども、また忘れ物


先に書いてしまおう。

稲取にインナーを忘れてしまい、東京に帰ってきてから気づいた。

後日、取りに行くまで預かっていただけることになった(早く回収しないと臭いが・・・)。

まあいい。

新年早々、早速ドジったわけだが、ダイビングの方は満足した。

12月28日からの年末年始ダイビング後半は、東伊豆の富戸に泊まり、まったりファンダイビング。

大みそかと元日は、ネオプレンのドライにアウトローで富戸のヨコバマを潜る。

大みそかは、ナイトも潜った。

ウエイトは、10kg(ウエイトベスト4kg+ベルト6kg)。

ドライだから、多少重めでもアウトローの浮力体の容量が小さいからといって、浮上できなくなる心配はない。

ジェットフィンを履いたので、アンクルウエイトは無し。

若干履き辛いが、許容範囲だ。

いい感じで潜れた。

初心者の方々とご一緒したけど、みなさん、それなりに潜れていたので、手を出すことはなかった。

富戸のナイトは初体験。

水中おみくじとかあったが、浮沈子はやらなかった。

除夜の鐘(これも水中)突いただけ。

ああ、茅の輪くぐりもやったか・・・。

(茅の輪くぐりとは|意味や茅の輪の由来,くぐり方等作法について解説)
https://shinto-bukkyo.net/shinto/%E7%A5%9E%E9%81%93%E3%81%AE%E7%9F%A5%E8%AD%98%E3%83%BB%E4%BD%9C%E6%B3%95/%E8%8C%85%E3%81%AE%E8%BC%AA%E3%81%8F%E3%81%90%E3%82%8A/

「茅の輪くぐりとは6月と12月の末に日本の多くの神社で行われる、厄払いの神事です。」

6月にもやるのか・・・。

「古来日本では1年を6カ月としていて、6月末と12月末はそれぞれ年末でした。」

なるほど。

茅の輪の由来については、記事をお読みいただきたい。

年始初潜りは、恒例の「2020」の人文字から。

別に、昨日と変わるところはないんだが、2本目も潜った。

2日は獅子浜の予定だったのだが、ダイビングサービスが休みということで、急遽稲取に変更してサイドマウント。

腰巻タイプは、ハーネスの調整が面倒なので、SMS50をシェルドライ用に調整して、まずはプールでウエイトチェック。

こちらも10kgだが、サイドマウントは設えが難しいからな(初め、BC4kgベルト6kgで試したら足が浮いた)。

ポシェットに1kg放り込んで誤魔化したら、今度は海洋で足が下がってしまった(フィンは、マレス)。

ドライなので、足に空気を送り込んで調整する。

左右のバランスはまあまあか。

ネックレギが漏れ気味(セカンドからプクプク程度)だったので、後で調整してもらおう。

Sドリルを交代でやって、3回目は貰い手だけ(後は見てるだけ)。

シェルドライでサイドマウントするのは初めてだ。

日本の冬を潜る・・・。

楽じゃないな・・・。

稲取は、いつも底揺れしていて、ご一緒した方は酔ってしまったようだ(浮沈子も、一度吐いたことがあります)。

気の毒に・・・。

慣れの問題もあるかも知れない。

今回は、ライトも予備ライトに使っている小さい奴だけ持って行くとか、ややっこしい要素を取り除いてトリムとバランスに集中した。

海洋は1本だけだが、60分超えのダイビングになった(画像参照)。

残圧は、プールと合わせて100barずつくらい(初めに230barも入ってたんで)。

まあまあかな。

初めに書いたように、忘れ物をした以外は平和な年末年始。

もちろん、爆食爆睡のリバウンドモード。

やれやれ・・・。

それでも、今朝の計量では67.3kgで済んだ。

早いとこ、65kgの壁の下に戻らないと、大変なことになりそうな気がしてきた。

今日はフィットネスの初日。

短縮営業だが、キッチリ絞ってくるか・・・。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
kfujitoの徒然の筆者のペンネームは、
「○○子」です。
○○を記入してください。

コメント:

トラックバック