風疹の流行周期が5年なのは「免疫が付く感染症はそういうものだから」なのかあ?2020年01月16日 21:16

風疹の流行周期が5年なのは「免疫が付く感染症はそういうものだから」なのかあ?


(数理モデルに基づく風疹流行の考察)
https://core.ac.uk/download/pdf/145774340.pdf

コピペできないので、詳細は読んでいただくしかない(資料36ページ:1-3など)。

風疹が、5年毎に大流行を繰り返している理由について、浮沈子的には免疫の低下が原因だと思ってたんだが、どうやら一般的に免疫が付く感染症の場合、そういうものだからということらしい(そうなのかあ?)。

もちろん、感染力とか潜伏期間や感染期間などの病態が異なるから、流行の周期は感染症ごとに異なるし、なぜか平均寿命が関わってくるようだから、国によっても異なることになる。

資料37ページには、T:流行周期、L:平均寿命、D´:平均感染潜伏期間、D:平均感染期間、R0:基本再生産数とした計算式が出ている。

T=2π(L(D´+D)/(R0-1))^-2

実際に計算してみよう(採用する数値については、独自)。

T=2×3.14×(84×365×(17+14)÷(6-1))^-2
≒‭‭2,738.0‬日
→7年6か月

(基本再生産数)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9F%BA%E6%9C%AC%E5%86%8D%E7%94%9F%E7%94%A3%E6%95%B0

「代表的な感染症のR0値:
・風疹:飛沫感染:5–7」(真ん中取って6を採用)

(1.風疹(ふうしん)と先天性風疹症候群について)
https://www.niid.go.jp/niid/ja/rubellaqa.html

「潜伏期間は2-3週間(平均16-18日)」(真ん中取って17日を採用)

「発疹のでる1週間まえから発疹がでたあと1週間くらいまでの患者さんは感染力があると考えられています。」(14日を採用)

(平均寿命、最高を更新 女性87.32歳 男性81.25歳)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO47950740Q9A730C1CR8000/

「2018年の日本人の平均寿命は女性が87.32歳、男性が81.25歳」(単純に足して2で割った約84歳を採用)

もちろん、現代は風疹ワクチンが接種されているので、この式を直接使うわけにはいかない。

また、引用した論文が採用した数字(平均寿命:80歳、平均感染潜伏期間:10日、平均感染期間:11日、基本再生産数:7)が妥当かどうかは知らない。

浮沈子が採用したデータがまずいんだろうか?。

明らかに異なるのは平均寿命だから、女子中学生を対象にワクチン接種が始まった、1977年当時の平均寿命を採用してみる。

(日本国における平均寿命の推移)
https://www.city.koriyama.lg.jp/material/files/group/72/sankosiryo3_vol4.pdf

「1977年(昭和52年)男72.69歳 女77.95歳」

ざっくり平均して75歳を採用しよう(端数切り捨て?)。

T=2×3.14×(75×365×(17+14)÷(6-1))^-2
≒‭‭2,587.2日
→約7年

あんま変わんないな。

しかし、1年とか10年とかにはならない。

概ね妥当な数字といえるかもしれない。

既に書いた通り、ワクチン接種などの政策的圧力が掛かれば、数値モデルを弄らなくてはならない。

浮沈子にはワケワカだが、2012年・13年の6年後の2018年・19年に流行が訪れたことは間違いない。

平均寿命がビミョーに伸びていることを考慮すれば、この傾向は続くと考えられる。

もっとも、数値モデルで予想されるのは、30代から50代のオヤジ世代がワクチン接種して有効抗体価を有する面々を20パーセント増やすことができれば、流行は起きず、その間隔は無限大となるはずだ。

そう上手くはいくまい。

今期流行を、我が国最後の風疹流行とすることができるかどうかは、オヤジ世代とその周辺の企業や家族、友人知り合い、エトセエトセに掛かっている。

免疫感染症の流行周期とは別に、自然感染によるブースト効果が消えた後、抗体価の低下(免疫力の低下)がどの程度起こるかについても懸念される。

HI法で32倍希釈以上の抗体感受性があれば、ワクチン接種は行わないということらしいが、その閾値は本当に大丈夫なのか。

(予防接種が推奨される風しん抗体価について(HI法))
https://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/rubella/dl/140425_1.pdf

「32倍以上:
風しんの感染予防に十分な免疫を保有していると考えられます。風しん含有ワクチンの接種は、基本的に必要ありません。」

「本資料は「風しんに関する小委員会」での議論を踏まえて作成した目安(考え方)であり、個々の予防接種の必要性については接種希望者が直接医師と御相談されたい。」

まあいい。

一昨年からの懸案だった、風疹の流行間隔が、免疫感染症一般に適用される性質だということが分かって、喉のつかえが下りた気分だ(隔離やワクチンがない場合)。

そういうことだとすれば、エボラなんかも同じような傾向が見られるかもしれないな。

外部からの流入の問題(そもそも、自然宿主からの感染だし)があるけど、コンゴ民主共和国では、所を変えて発症している。

風土病ということになれば、周期的な流行というパターンもあり得る。

T=2×3.14×(61×365×(7+10)÷(2-1))^-2
≒‭‭3,863.6日
→10年7か月

(コンゴ民主共和国:平均寿命参照)
https://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/medi/africa/rdcongo.html

「平均寿命:男性59歳,女性62歳」(61歳を採用)

「基本再生産数:エボラ(2014 Ebola outbreak) 血液感染 1.5-2.5」(ウィキ(既出)より:2.0を採用)

(エボラ出血熱:症状)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%9C%E3%83%A9%E5%87%BA%E8%A1%80%E7%86%B1#%E7%97%87%E7%8A%B6

「潜伏期間は通常7日程度(最短2日、最長3週間以上」(7日を採用)

「潜伏期間中は感染力はなく、発病後に感染力が発現する」

治癒までの期間の資料は、なんと、このブログの中で見つけた。

(予測)
http://kfujito2.asablo.jp/blog/2014/09/17/7436858

「発症から死亡まで:9.6日間」

「生存者の発症から快癒まで:10日」(平均感染期間としては、10日を採用)

結果は、10年から11年毎の流行となった。

もちろん、この数字に意味はない。

自然宿主由来だし、現在は有効なワクチンが射たれ始めていて、治療方法も確定しつつある。

全く適用がないことを断っておく。

が、コンゴ民主共和国の感染を見ると、考えさせられるな。

(エボラ発生のリストより:大規模感染のみ)
https://en.wikipedia.org/wiki/List_of_Ebola_outbreaks

「日付:国:ウイルス株:感染者数:死者数:致死率
・1976年8月:ザイール:EBOV:318:280:88%
・1995年5月〜7月:ザイール:EBOV:315:254:81%
・2001年10月〜2002年7月:コンゴ共和国:EBOV:59:44:75%
・2002年12月〜2003年4月:コンゴ共和国:EBOV:143:128:90%
・2003年11月〜12月:コンゴ共和国:EBOV:35:29:83%
・2007年8月〜11月:コンゴ民主共和国:EBOV:264:187:71%
・2008年12月〜2009年2月:コンゴ民主共和国:EBOV:32:14:45%
・2012年6月〜11月:コンゴ民主共和国:BDBV:57:29:51%
・2014年8月〜11月:コンゴ民主共和国:EBOV:66:49:74%
・2018年5月〜7月:コンゴ民主共和国:EBOV:54:33:61%
・2018年8月–現在(2020年1月14日速報値):広範囲:コンゴ民主共和国・ウガンダ:3,406:2,236:66%」

100人超えだけピックアップする。

・1976年8月:318:280:88%(初出)
・1995年5月〜7月:315:254:81%(19年)
・2002年12月〜2003年4月:143:128:90%(7年)
・2007年8月〜11月:264:187:71%(5年)
・2018年8月–現在:3,406:2,236:66%(11年)

平均すると10.5年となる。

やれやれ・・・。

もちろん、何の意味もない。

たぶん・・・。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
kfujitoの徒然の筆者のペンネームは、
「○○子」です。
○○を記入してください。

コメント:

トラックバック