封鎖都市から封鎖国家へ:北京の決定と世界への影響2020年01月26日 10:49

封鎖都市から封鎖国家へ:北京の決定と世界への影響
封鎖都市から封鎖国家へ:北京の決定と世界への影響


標題を書いてみて、なんか満足する。

武漢に気化爆弾落とすとか、誤報を垂れ流す新聞社を吹っ飛ばすなどという妄想記事を書いた翌朝。

やや寝不足気味だが、雨も降っていることだし、今日も安心してフットネスをサボれる(そうなのかあ?)。

体調も万全ではないしな(まだ、悪寒がしてるし)。

体温計はないけど、微熱状態だ(微熱少年なら色気もあるけど、ジジイじゃキモいだけだ)。

中国は、明日から国外への団体旅行を止めるそうだ。

宿泊と航空券のパッケージ商品も取りやめ。

期限はない。

商用とか公用で移動することはできるんだろうが、庶民は足止めということになる。

これって、この時期、大変な影響が出るんじゃね?。

我が国でも相当の影響が出ると思われる。

春節商戦で張り切っていたところは、肩透かしだな。

昨日見つけた北大の論文との絡みでいえば、海外への移動パラメーターが使えなくなるということになる。

中国国内のテキトーな診断とか、漏れだらけの(漏れの方が多い?)集計に頼らず、海外で感染した実績から推計するという、なかなかユニークなアプローチだったが、明日からはもう使えないことになる。

まあ、暫くは有効かもしれないけど、10日もすれば役立たずだ。

まあいい。

中国は、武漢周辺を封鎖都市にして囲い込み、過剰な資源を投入して新型コロナウイルス肺炎を殲滅しようとしている。

(新型肺炎専門の病院、2か所目を「半月以内」に新設へ 中国・武漢)
https://www.afpbb.com/articles/-/3265138

「「半月以内」に2つ目の病院を建設」

「新たな病院はベッド数1300床」

やっぱ、1000床じゃ足りないわけだ。

しかも、武漢周辺を囲い込むだけでは足りなくなってきたようだしな。

韓国は一足先に、中国全土を汚染地域と想定した水際作戦に踏み切っている。

(韓国疾病管理本部「中国本土全体が汚染監視対象」新型肺炎措置拡大)
https://japanese.joins.com/JArticle/261877

「監視対象汚染地域を「中国本土全体」に変更」

「中国はまだ領土全域を汚染地域と発表していないが、韓国当局が先制措置をしようとするもの。」

先制攻撃か!(措置だってば・・・)。

我が国は、湖北省への渡航制限だけ・・・。

危機意識が違うな。

湖北省以外の感染者数の方が、既に多くなっちまってるんだがな。

中国全土を監視対象にするのは、まあ、時間の問題だろう。

中国は、周辺国(=全世界)から汚染国扱いされるわけだ。

米国が武漢市から全面撤退する話は既に書いたが、ロシアも引き上げるようだしな。

(中国当局、海外への団体旅行を27日から禁止…人気渡航先は日本)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200125-00050262-yom-int

「米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)は25日、米政府が、武漢市から米国民を避難させるためのチャーター便を26日に運航する計画だと報じた。チャーター機は約230人乗りで、米国総領事館に勤務する外交官を含む武漢在住の米国民とその家族などが搭乗する。米政府は在武漢総領事館の一時閉鎖も計画しているという。ロシア通信も25日、ロシア政府が、武漢市から自国民を退避させるため中国側との調整を進めていると伝えた。」

CDCは、事態を重く受け止めているようだ。

自国民を封鎖都市に置いておくのは忍びないんだろう。

ロシアも同じかもな。

ロシアは、諜報活動が盛んだからな。

(ロシアによるスパイ活動か SB営業秘密を不正入手疑い)
https://www.asahi.com/articles/ASN1T72QKN1TUTIL00W.html

「情報は在日ロシア通商代表部の外交官に渡した」

「この外交官と、同部に所属していた別の職員1人の出頭を警察庁などを通じて要請しており、2人が情報機関員で、ロシアによるスパイ活動とみて解明を進める。」

「ロシアによるスパイ事件の摘発はソ連崩壊以降9件あり、最近では2015年にあった。」

まあ、どうでもいんですが。

ひょっとしたら、ロシアは中国国内の諜報網を通じて、我々が知り得ない情報を入手している可能性が高いしな。

やっぱ、気化爆弾かな・・・。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
kfujitoの徒然の筆者のペンネームは、
「○○子」です。
○○を記入してください。

コメント:

トラックバック