筋肉痛と関節痛に悩む:原因はダブルタンクと80キュービックフィートのデコタン2020年07月24日 09:27

筋肉痛と関節痛に悩む:原因はダブルタンクと80キュービックフィートのデコタン
筋肉痛と関節痛に悩む:原因はダブルタンクと80キュービックフィートのデコタン


3月以来、久々のテック1予備講習。

充填所待ち合わせで、獅子浜か大瀬崎かを選択するが、大瀬に決定。

透視度最悪(<3m?)なるも(潜降したらいきなりロスト:再浮上してやり直し)、充実した(=チョンボしまくり)講習となった。

相方のドライ水没で、2本目(画像参照)は荻原さんと初のマンツー(後半はファンダイブ中心)。

リールワークの最後で回収に手間取ったり、フロートアップ(今回から標準サイズにチャレンジ)でスプールがどっか行っちまったりしても、終わり良ければ総て良し(回数練習しないとな)。

セッティングして立ち上がる時とか、海水浴客(まばらです)の間を、バカみたいに重いタンクを背負って歩く時も、筋トレ効果は感じられない(ただ重いだけ)。

エキジットの際に、デコタン1本持って(引きずって)砂利山をなんとか上ることができたので、まあ、効果がないわけではない。

筋トレして筋肉痛と関節痛になり、ダブルタンクの実戦(練習ですが)でも筋肉痛と関節痛に悩まされる。

どっちかにしてもらいたいんだがな(そんなあ!)。

新型コロナ太りの解消は、夏過ぎまでかかりそうだが、自重を軽くして対応するのが早道だ。

筋肉を落とさずに、余分な脂肪だけ落とす。

そんな器用なことができるなら苦労はない。

昨日も爆食して、結局先週稼いだ減量は元の木阿弥。

今日から心を入れ替えて再びダイエットの日々に(と、いつも決心するだけで終わることは見え見えだけどな)。

次回は8月初旬の予定で、単なるダブルタンク潜り。

トレーニング的要素はないが、スキルの繰り返しで練度を上げる。

今年の夏は、その機会を多くして筋肉に覚えさせることに専念しよう。

実際、マッスルメモリーというんだそうだ。

もっとも、筋肉痛や関節痛で抵抗してくるけどな(そういうことかあ?)。

脳細胞は今更鍛えようがないかも知れないが、筋肉なら何とかなるかも(そうなのかあ?)。

まあいい。

今日もフィットネスで良く温めて、血行を良くして筋肉痛と関節痛を癒して来よう(多少、筋トレもしてな:「多少」ってのは多いのか、少ないのか、どっち?)。

階段の昇り降りが辛い日々が続く。

それが癒えた頃に、再びダイビングで潜る。

8月下旬にも、トレーニングダイブのお誘いが入った。

新型コロナの夏が、ようやく始まった感じだな・・・。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
kfujitoの徒然の筆者のペンネームは、
「○○子」です。
○○を記入してください。

コメント:

トラックバック