南の島計画復活:新型コロナの影響でもっぱら国内ですが2020年08月05日 09:52

南の島計画復活:新型コロナの影響でもっぱら国内ですが


来週から南の島計画が復活する。

とりあえずは、伊豆大島。

日程が急遽変更になって、8月下旬から中旬に繰り上がった。

最も近い南の島のくせに、ダイビングで行ったことはない。

10月には小笠原の予定も入ってきた(今朝、お誘いあり)。

催行されるかどうかは未定だが、とりあえず予約。

9月の予定はない。

沖縄行ければ完璧だけどな。

コロナで大騒ぎのようだからな。

今年予定していたフィリピンのテック1ツアーがなくなって、埋め合わせ(!)にいろいろ突っ込んでいる。

ダイビングは通年のレジャーだが、やはり夏がシーズンだろう(そうなのかあ?)。

新型コロナの夏を、国内(今のところ都内だけ!)の南の島で過ごす。

持ち込んだりしないように用心しながらな(現地からお土産貰ってこないようにもな)。

ダイビング自体には、特段のリスクはないだろうが、陸上での集団行動には当然リスクが伴う。

そっちの方が心配だ。

吸った息は言葉にして出さないと損をすると思っているおばちゃんとか(偏見じゃね?)、酒が入ると声がデカくなるおっさんとか、罹患していても症状が出ないハイリスクのカタマリな若者とか・・・。

今年はダイビングそのものに集中して、3密を避け、存在を希薄にし、自分自身を仲間外れにして暗くジミーに過ごそう(出来んのかあ?)。

筋トレ減量の方は、順調に進んでいる。

一応、昨日は68kg台を記録した(今朝計ったら69kg台に戻ってたけどな)。

70kgの壁は超えた感じだ(わからんぞお?)。

今日はフィットネスは休み。

爆食し、怠惰な一日を過ごそうと決めている。

昨日はその分頑張って、自転車こいで2往復し、筋トレと水泳をダブルでこなした(しんど!)。

水泳は500mずつだけど(これを1kmずつにアップしたいんだがな)。

現状では、身体が持たない。

6月にフィットネス復帰してからは、しばらく200mしか泳がなかったしな。

9月くらいから1kmずつに増やして、通常メニューに戻そう。

筋トレのウエイトは一昨日から標準(新型コロナ前:3月時点)に戻した。

70kgの壁を切ったからな。

65kgの壁を越えられたら、ウォーキングを始める。

秋くらいか(小笠原ツアーまでには切っておきたいもんだな)。

年内に瞬間でも60kgを切れたら大収穫だが、筋肉量を落とさずに絞るのはキツイな(筋トレ、辛いです・・・)。

とにかく、今日は爆食!。

昨日の夜も爆食したけどな。

今朝は、筋肉痛に悩まされることなく動いている。

少しずつ、身体が順応し始めているようだ。

苦手の筋トレは、無理せずに徐々に強度を増やしてきた。

負荷ウエイトは現状で維持し(やや軽め)、今後は回数で調整する。

ダブルで続けるのはキツイからな。

テキトーに間引きして、フィットネス通いを続けることを優先する。

有酸素系のクロストレーナーは、10分×2回を20分×1回に調整した(トータルでは変わんないんじゃね?)。

クーリングダウンのつもりだが、間に挟んでその後で筋トレを1クール入れている。

筋トレを2クールしてから、最後に有酸素系を持ってきた方がいいかも。

なるべく楽して、疲れないように運動したい(そんなあ!)。

水泳も、どっちかといえば壁蹴って浮いたり、水底蹴ってジャンプして浮いている距離の方が、手足を動かして泳いでいる距離よりも長いしな。

25m連続で泳ぐのは、最後の50mだけ。

平泳ぎは、一掻き一蹴り入れれば、6ストロークで泳げるようになってきた(たまに7掻きするけど)。

目標は5ストロークなんだがな(水面で漂っていれば今でも可能)。

クロールは、まだシングルでは泳ぎ切れない。

11回とか。

1回だけ、8ストロークで泳げたことがあったけど、あれはまぐれだ。

楽して筋トレし、楽して泳ぎたい。

そのために、ぜい肉落として正しいフォームで泳ぐ練習を重ねる。

絶対的な体重を落とせば、その分楽も出来るしな。

ジジイのフィットネスの極意だ(そうなのかあ?)。

それもこれも、楽しいダイビングを続けるための習練だからな。

タンクを担ぎ、CCRを背負って陸上で動き回らなければならない(有難いことに、水中では苦にならなくなってきた)。

いつまでも続けられるわけではない。

いつかは、タンクを降ろして陸に上がる日が来るのだ。

海に別れを告げ、今の生活を懐かしみながら残りの時間を爆食と与太ブログで潰す人生(それはそれで最高だけど)。

今日は、その予行演習だな・・・。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
kfujitoの徒然の筆者のペンネームは、
「○○子」です。
○○を記入してください。

コメント:

トラックバック