ココアは効果があるのか:いくつかの疑問と懸念2020年08月06日 17:05

ココアは効果があるのか:いくつかの疑問と懸念
ココアは効果があるのか:いくつかの疑問と懸念


(日本政府公式の新型コロナ接触確認アプリ「COCOA」に感染者を抑える効果はあるか実際にシミュレーションした結果とは?)
https://gigazine.net/news/20200806-cocoa-contact-tracing-apps-coronavirus/

「感染者数を削減する効果について、日本大学生産工学部がシミュレーション」

「「アプリの利用率」と「外出を控える度合」の両方が40%の場合は、感染者数は38人」

引用されている資料にも当たった。

(COCOA(接触確認アプリ)を利⽤したCOVID-19(コロナ)感染者数削減効果)
http://www.ka.cit.nihon-u.ac.jp/wordpress/wp-content/uploads/2020/07/COVID-19_COCOA_Omae.pdf

「約半数の⼈々がアプリを利⽤し、感染者と接触したことを知った⼈は、外出を半分にすることができれば、感染者数が半減する」

「人口の約半数がアプリを利用すれば、外出を少し控えるのみで良い」

うーん、ちょっと観点が違うような気がするんだがな。

もちろん、何らかの効果が期待できるという点に異論はない。

ただし、それにはいくつかの前提が含まれているということも指摘しておきたい。

まずは、感染したという通知を受け取った感染者が、全員感染登録(っちゅーのかあ?)を行うとは限らないということだ。

アプリに感染者番号を入力しない限り、濃厚接触者(厳密には、やや異なりますが)に通知されることはない。

アプリに対する不信、感染したという事実が外部に漏れて公表されるのではないかという不安、自暴自棄、面倒くさい(これが最大の理由かあ?)などなどにより、入力しない利用者(利用者なのかあ?)がどの程度に及ぶかは計り知れない。

シミュレーションでは、ダウンロードして運用していても感染登録しない場合は利用者とはみなしていないんだろう(未確認)。

しかし、シミュレーションモデルでは、通知を受ける側としては計算しているのかも知れないし、その効果は期待できる。

さらに気になったのは、当初10人の感染者が1か月後に73人になるという計算の妥当性だな。

感染してから二次感染するまでの期間は、10日程度としておこう(潜伏期間は平均すれば10日未満(5日くらい?)で、発症前でも感染させることができるわけだから、かなり保守的!)。

何も対策しない基本再生産数を2.5(欧州での仮定:我が国でも採用)とすると、3クールするわけだから10×2.5×2.5×2.5≒156人ということになる(ざっと2倍か)。

感染を止めるには、実効再生産数を1以下にしなければならないんだが、半分でいいことにしようとか甘々の3分の2でいいことにしようといったご都合主義的な仮定を置いているのも気になる。

なんで38人でいいことにするのかが、浮沈子には理解できない(感染速度を遅らせて、医療崩壊を防ぐ効果はある程度期待できるけどな)。

10人の感染者が、8人とか9人になっていなければ、感染の終息は見込めない。

もちろん、何もしないよりはいいに決まっているが、「効果」を謳うには、いささか問題なのではないか(10人が10人のままでも、感染は収まらないからな。11人になれば、拡大し続けるということになる)。

浮沈子的に言えば、接触者通知アプリで感染を止めることは不可能だということを立証したようなもんだ(そうなのかあ?)。

OSのバージョンが古くて導入できなかったり、そもそもスマホを持たない国民に対する対策が皆無というのも問題だ。

もちろん、社会的距離政策やマスク、手洗いなどなど、ありとあらゆる手段を投じて総合的に取り組むわけだからな。

アプリのみの「効果」で抑制しようとしているわけではない。

この点も気になるな。

アプリさえ入れて持ち歩けば安心とか(マスクもしてね!)。

マスクとトークン(シンガポールのトレーストゥギャザートークン)がセットになったアイテムが出来たらいいな(アベノマスクの代わり?)。

こんな記事も出ている。

(新型コロナ接触アプリの効果は測定できるか? このアプリはできるらしい)
https://news.yahoo.co.jp/byline/kazuhirotaira/20200729-00190545/

「7月7日に公開されたアイルランドの接触追跡アプリ「COVIDトラッカー」が、公開から1日半でダウンロード数が100万を超え、人口の2割の普及を達成」

「位置情報は使わないが、ユーザーの同意によるオプションで、濃厚接触通知やユーザーの健康状態などを「追跡」できる多機能アプリ」

記事を読むと、プライバシーと高機能化はトレードオフのような感じだな。

どんな手段であれ、たった一つで効果を上げることは困難だろう。

3密避けたり、マスクしたり、ソーシャルディスタンス取ったりしながら新型コロナの時代を生きる。

舌噛んでも、二度と緊急事態宣言しないと腹を括っている現政権が続く限り、全国的なロックダウンは不可能だしな。

沈没寸前の経済に棹差すようなことは絶対に出来ない。

ココアが「効果」限定としても、ないよりはマシだ(たぶん)。

感染してしまったユーザーが、感染者番号を入力してくれることを祈るばかりだな・・・。

<以下追加>-----------

(接触確認アプリ「COCOA」に不具合情報 厚労省が調査)
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200806/k10012555161000.html

「感染が判明した利用者が保健所から発行された処理番号を入力すると相手に通知します。」

「先週以降、通知が届いた人から、「アプリを開くと『接触は確認されませんでした』と表示された」という連絡が複数寄せられた」

まーたチョンボかあ?。

「厚生労働省は通知を受けた人に対しメールで連絡するようホームページなどで呼びかけています。」

(接触確認アプリ利用者向けQ&A:問21)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/covid19_qa_kanrenkigyou_00009.html#Q21

「問21 接触確認アプリが出したと思われるプッシュ通知が表示されましたが、接触確認アプリを開いて陽性者との接触を確認すると「陽性者との接触は確認されませんでした」と表示されます。どちらが正しいですか。
大変お手数ですが、メール(appsupport@cov19.mhlw.go.jp)にてご連絡いただきますよう、お願いいたします。」

お手数どころじゃないよなあ・・・。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
kfujitoの徒然の筆者のペンネームは、
「○○子」です。
○○を記入してください。

コメント:

トラックバック