米国の感染者が中国の100倍を超えた日2020年10月24日 22:20

米国の感染者が中国の100倍を超えた日
米国の感染者が中国の100倍を超えた日


インド(感染者7,814,682人、死者117,956人)に速報値で70万人くらいまで詰め寄られた米国(8,578,831、227,107)が、突き放しに掛かっている。

各州の公式集計を計上しているページで見ているんだが、昨日時点で7万人を超える増加を見せている(速報値では8万人超だそうだ)。

(Template:COVID-19 pandemic data/United States medical cases:公式集計)
https://en.wikipedia.org/wiki/Template:COVID-19_pandemic_data/United_States_medical_cases

「Oct 23:77057:8298508」(日付:新規感染者数:総感染者数)

(新規感染、最多更新8万人 来年2月までに51万人死亡の恐れ―米コロナ)
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020102400386&g=int

「米国内で23日に少なくとも8万人の新型コロナウイルス新規感染が報告され、米国の1日の感染者数としては過去最多を更新」

欧州では、さらに悲惨な状況が続いている。

(欧州の1日当たりコロナ感染者数、初めて20万人突破 10日で倍増)
https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-europe-cases-idJPKBN27801U

「欧州で報告された1日当たりの新型コロナウイルス感染者数が10日間で2倍以上に増加し、22日に初めて20万人を超えた。多くの南欧諸国が今週、過去最多の新規感染者を報告している。」

標題に掲げたように、米国は中国(85,775、4,634)の100倍の感染者を記録したが、最早、そんなことに頓着している場合ではない。

中国の感染者数は、無症候性キャリアを含まないし、感染者、死者とも、十分に捕捉されているとは言えない。

それは、我が国を初めとする多くの国々でも同じだが、死亡率から逆算してもせいぜい20万人程度、最大限見積もっても40万人は超えないだろう(テキトーです)。

米国の感染者数が、アットーテキに多いことに疑問の余地はない。

しかも、第2波が完全に終息することなく、9月上旬に底打ちしたあと増加に転じ、過去最大の新規感染者数を記録している(画像のグラフ参照)。

インドが首位の座を奪うシナリオは、完全に潰えた(本日の新規感染者は53370人)。

2万人以上の差がついていて、さらに拡大する可能性もあるからな。

ファウチが当初(春頃)示したシナリオ通りになってきている。

少し違うのは、波が終息する前に、以前より大きな新たな波が押し寄せていることだろうな。

欧州の第2波は確かに深刻だが、ドイツ(417,350、10,090)の新規感染者が1万人を超えたと言っても、3.3億人の米国と人口比(約4倍)で比較すれば、4万人(8万人の半分)に過ぎない。

米国の憂鬱は真の憂鬱だ・・・。

WHOは、世界(42,214,376、1,144,319)的な流行の増加を、北半球の危機と捉えている。

(新型コロナ流行、北半球で重大な岐路に直面=WHO事務局長)
https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-who-idJPKBN2782LB

「検査体制を改善し、感染者の接触先を追跡するほか、ウイルスを拡散する恐れのある人を隔離する」

それは、何処でも行っているだろうが、問題はどれ程徹底できるかだがな。

米国の大統領選挙が近づいている。

大方の見方は、民主党候補が有利ということだが、4年前もそう言ってたしな。

米国の選挙は、ふたを開けてみるまでは分からない。

サイレントマジョリティが趨勢を支配する状況になっている。

新型コロナも同じかもしれない。

中西部や南部では、今でも恐れるに足らずと思っている人々が多いに違いない。

そして、それらの州では感染者がジワリと増えつつある。

御三家(カリフォルニア、テキサス、フロリダ)だけではなく、東部諸州でも再び増加の兆しが出ている。

第3波は、外部からもたらされたものではなく、米国内での新たな地域への拡散と、第1波や第2波にさらされた地域の再燃が重なっている。

仮に、それが収まったとしても、第4波は数か月後に始まる。

更なる拡散と、更なる再燃。

波は、次第に高くなり、終息することなく際限なく繰り返される。

米国の感染者は、このまま行けば、来月中に確実に1千万人を超える(年内に1200万人超えの勢い)。

死者数の予測は慎みたいが、春頃想定されていた最大数である24万人を超えることは間違いない(時事通信は来年2月末までに51万人を超える恐れがあると報じている:悪名高いIHMEの予測だけど)。

まあ、どうでもいいんですが。

NYなどの状況を見ると、米国においてさえ、必ずしも正確に死者数が捕捉されているわけではない。

(アメリカ 「超過死亡」約30万人 新型コロナ影響 CDC発表)
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201022/k10012675251000.html

「CDCが20日に発表した報告によりますと、アメリカで、ことし1月26日から今月3日までの間に、統計などから予想される死者数を実際の死者数が上回る「超過死亡」は29万9028人でした。」

「このうち新型コロナウイルスの感染による死者は、およそ3分の2にあたる19万8081人で、ニューヨークを中心に感染が拡大した4月上旬、急速に増えました。」

もちろん、記事にもあるように、他の原因で亡くなった方の増加もあるかも知れないが、名目上、捕捉率の最低値が66パーセントということになる。

やれやれ・・・。

年末に25万人を計上した場合、実態は約38万人ということになる。

2月末に51万人(グロスで)というのは、必ずしも大げさな数字ではない。

来月選出される大統領は、そういう事態に向き合うことになる。

新型コロナは、どんな指導者が出てきても、大して変わりはない。

社会の在り様、国柄が正直に出る。

効果的なワクチンを、多くの人々に接種できるようになるまで、この状況は続く。

来年中にはムリポだろうな。

2年後か、3年後になる可能性もある。

世界は、それまで持つのだろうか?。

数億人の感染者と数百万人の死者を出し、終息への道が見えない中、米国は次の大統領選挙を迎えることになるのではないか。

来年、米国は、おそらく2千万人以上の感染者を計上することになるだろう。

2年後は、4千万人か(併せて7千万人)。

ワクチンの普及の遅れ、反ワクチン派による接種拒否(おそらく接種率は50パーセント以下)、キレと持ちの悪いワクチンによる効果の低下が相まって、3年後には1億人の感染者が出て、米国民の過半数が罹患することになる。

ウイルスの性質から、この程度では集団免疫の獲得は難しそうだしな。

どーせ、誰が大統領になったとしても状況が変わらないということなら、トランプさんを再選しておいた方がいいかも知れない(そうなのかあ?)。

もちろん、新型コロナだけが政策じゃないけどな。

誰が考えても実現不可能な、アルテミスとやらもあるしな。

宇宙戦争や米中貿易摩擦、欧州との関係、我が国や韓国、台湾、北朝鮮など、身近な問題にも大きな影響力を持っている。

今日、米国の感染者は中国の100倍を超えたが、3年後には2000倍を超える(中国が増えなければ:そうなのかあ?)。

トランプさんが再選されたら、そのころになっても、中国が悪いと言い続けているんだろうか?。

<以下追加>-----------

(新型ウイルス対策は「少なくとも来年夏まで」=マクロン仏大統領)
https://www.bbc.com/japanese/54671610

「フランスでは23日、新たに4万人の感染と298人の死亡が確認された。」

フランスの人口は米国の5分の1強だからな。

換算すると、20万人弱になる。

やっば!。

欧州の第2波は深刻なようだ・・・。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
kfujitoの徒然の筆者のペンネームは、
「○○子」です。
○○を記入してください。

コメント:

トラックバック