スターリンクV1L14上がる:GPS衛星の異常をきたしたエンジンはマクレガーで現象再現か2020年10月25日 10:30

スターリンクV1L14上がる:GPS衛星の異常をきたしたエンジンはマクレガーで現象再現か
スターリンクV1L14上がる:GPS衛星の異常をきたしたエンジンはマクレガーで現象再現か


(SpaceXはさらに60個の衛星をStarlinkネットワークに追加します)
https://spaceflightnow.com/2020/10/24/spacex-adds-another-60-satellites-to-starlink-network/

JRTIでの1段目(B1060.3)の初回収以外に、特筆すべきことはないかも知れない。

フェアリングの回収が、打ち上げの間隔が短すぎて回収船の配置が間に合わず、着水してからの回収を試みることになったことくらいか(成功したかどうかは未確認)。

記事では、GPS衛星打ち上げ前にタービンポンプを駆動するためのガス発生器の異常圧力のためにスタックしたエンジンの、その後について記されている。

「ターボ機械ガス発生器の予期しない圧力上昇」

「最近の非NASAの打ち上げ中に観察された予期しない動作をよりよく理解するために、エンジンテストで多くの良い進歩を遂げている」

「最も信頼できる原因であると考えられているものを検証するためのテストを続けているため、この時点で調査結果を報告するのは時期尚早です」

「SpaceXがクルードラゴンミッションに割り当てられたファルコン9ロケットの1つのエンジン(クルー1として知られている)と、来月バンデンバーグ空軍からの米欧海洋衛星の打ち上げに指定されたファルコン9ブースターの1つのエンジンを交換する」(バンデンバーグからの打ち上げは、センチネル6A)

ほほう、9分の1の確率で、問題が発生したということか(異常があったかどうかは未確認)。

「交換されたエンジンは、地上テスト中に、10月2日に打ち切られたGPSの打ち上げ中に記録された「早期始動動作」と同様の動作を示した」

「Sentinel-6 Michael Freilich海洋学衛星の打ち上げは、カリフォルニアから11月10日に予定」

「Sentinel-6とCrew-1の間に数日かけて、データのレビューを完了し、パフォーマンスを確認する必要があります。」

GPS衛星の打ち上げは、その後ということになるのかも知れない(未確認)。

「NASAのマネージャーは、10月16日の記者会見で、NASA、米宇宙軍、スペースXのエンジニアが、10月2日のカウントダウン中に表面化したエンジンの問題を共同で調査していると述べました。」

「ケープカナベラルの発射基地でのテストに加えて、スペースXはGPSミッションのためにファルコン9ロケットからエンジンを取り外し、詳細なテストとレビューのためにテキサス州マグレゴーにある同社のテスト施設に戻しました。」

「さまざまなロケットに搭載されているエンジンに応じて、前進するにつれてハードウェアに影響が出るでしょう。GPSミッションは明らかに影響を受けます。NASAクルー1ミッションが影響を受けます。Sentinel-6では、最初の段階にあるエンジンを調べています。私たちは必要なことを実行するつもりですが、今日の時点で、必要なやり直しが必要な場合は何でも実行でき、11月10日の発売日を維持できるようになる道があります。」

GPS衛星打ち上げ用の異常をきたしたエンジンが、マクレガーで同様の現象を再現したかどうかは明記されていない。

後続のセンチネル6Aと、クルードラゴン打ち上げ用のエンジンで、「早期始動動作」時に同様の現象が出たとだけ記載されている。

うーん、ビミョーだ。

「さまざまなロケットに搭載されているエンジンに応じて、前進するにつれてハードウェアに影響が出るでしょう。」(There’s going to be some hardware implications as we move forward, depending on the engines installed on various rockets.)とあるが、中古品じゃない。

GPS衛星用のエンジン(1段目)は新品だからな(B1062.1)。

センチネル6A用(B1063.1)もクルードラゴン用(B1061.1)も新品だ。

コスト削減のために部品を替えたのか、製造工程を変更したのか、作動条件(エンジン制御用ソフトウェア)を変えたのか。

一方で、再使用で飛ばしているスターリンク衛星は、GPS衛星打ち上げがスタックして以降、3回連続で何の問題もなく上がっている。

やれやれ・・・。

詳細は一切分からないが、いずれにしても中古エンジンに問題はなく、新品エンジンにトラブルが出ている点に注目だな。

どーせ、また、NASAや空軍に内緒で、合理化のためにこっそりコストダウンを図ったに決まっている(そうなのかあ?)。

ブロック5は、無断で変更しないということになってたんじゃなかったっけえ?。

まあいい。

ガス発生器やタービンには、不完全燃焼のためにPR-1の炭素が燃え残り、煤が溜まるわけで、再使用の際には大規模な清掃や部品交換をしているのかも知れない(未確認)。

この手間を省ければ、再使用のサイクルやコストを大幅に削減できるわけで、そのためにガス発生器の燃焼条件(燃料供給量や燃焼のタイミング)を変更するというのは大いにあり得る話だ。

B1061以降の1段目のエンジンに、これらの改良が加えられ、十分な確認を行わずに実戦投入した可能性はあるな。

んなもん、飛ばしてみなけりゃ分らんだろう?。

有人宇宙船や国家の重要な衛星を飛ばすロケットが、そういう杜撰なことでは困るな(そうと決まったわけじゃありませんが・・・)。

GPS衛星と、後続のロケットのエンジンで異常が出ているというのは由々しき事態だ。

「GPSミッションは明らかに影響を受けます。NASAクルー1ミッションが影響を受けます。Sentinel-6では、最初の段階にあるエンジンを調べています。」(再掲)

偶然とか、たまたま製造上の問題が出たということではないようだな。

中古エンジン(つーか、以前に作られたエンジン)を搭載したスターリンクを躊躇いもなく打ち上げているのは、リスクを取っているからではなく、単に怪しげな変更を加える以前の製造だからかもしれない(もちろん、未確認)。

そう考えると、何となく、全てが納得いく気がするしな・・・。

<以下追加>----------

(スペースXが15回目となるミッションで60基のStarlink衛星を打ち上げ)
https://jp.techcrunch.com/2020/10/25/2020-10-24-spacex-launches-60-more-starlink-satellites-during-15th-starlink-mission-2/

「今回の打ち上げは、Falcon 9の第1段ブースターの2回目の使用となった。」

うーん、3回目なんだけどな・・・。

(最初の段階の概要:B1060の詳細参照)
https://www.elonx.cz/prehled-raketovych-stupnu/

「完了したミッション:
・GPSIII-SV03(2020年6月30日)、JRTIに着陸
・Starlink v1-11(2020年9月3日)、OCISLYに上陸
・Starlink v1-14(2020年10月24日)、JRTIに上陸(今回)」

(SpaceXは、15回目のスターリンクミッション中にさらに60個の衛星を打ち上げます:原文)
https://techcrunch.com/2020/10/24/spacex-launches-60-more-starlink-satellites-during-15th-starlink-mission/

「今回の打ち上げでは、Falcon 9の第1ステージブースターを使用しました。これは、以前の2回、今年の初めの2回で、スターリンク衛星の前のバッチの配信のための9月だけを含みます。」(This launch used a Falcon 9 first stage booster that twice previously, both times earlier this year, including just in September for the delivery of a prior batch of Starlink satellites.)

翻訳の誤りと判明。

やれやれ・・・。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
kfujitoの徒然の筆者のペンネームは、
「○○子」です。
○○を記入してください。

コメント:

トラックバック