マーリンエンジンの問題解決か:GPS衛星の打ち上げ決まる2020年10月27日 20:23

マーリンエンジンの問題解決か:GPS衛星の打ち上げ決まる
マーリンエンジンの問題解決か:GPS衛星の打ち上げ決まる


(ミッションGPSIII-SV04)
https://www.elonx.cz/mise-gpsiii-sv04/

「開始日: 6。11。2020 00:24 CET」

「2020年10月27日04:48 Petr Melechin
エンジンの問題はおそらく解決されています(または間もなく解決されます)。
6. 11. 00:24 CET。」

以外に早いな・・・。

日時にリンクが張られていたので、一応確認する。

(ケープカナベラルのロケット発射表示ガイドアトラス5、ファルコン9、デルタ4ヘビーを見るのに最適な場所)
http://www.launchphotography.com/Delta_4_Atlas_5_Falcon_9_Launch_Viewing.html

「FALCON9:
ケープカナベラルからの次のSpaceXFalcon 9ロケットは、11月5日午後6時24分ESTにパッド40から米国空軍/宇宙軍用の4番目のブロックIIIGPS衛星を打ち上げます。日没は午後5時34分です。打ち上げウィンドウは15分に広がっています。」

「パッド39Aからのファルコン9は、ISSにクルー1を発射します。11月中旬の未定、東部標準時午後7時30分頃。起動ウィンドウは瞬時に表示されます。打ち上げ時間は22〜26分です。毎日早く。」

「その他の今後のFalcon9の発売は未定です。Falcon 9は、11月のTBAに国家偵察局向けにNROL- 108を発売します。最初のステージは、打ち上げから約8分後にケープに着陸します。」

「Falcon 9は、11月の未定にスターリンク衛星の16番目のバッチを打ち上げます。」

「Falcon 9は、11月の未定にSiriusXM-7通信衛星を打ち上げます。おそらく東部標準時の深夜に打ち上げられます。」

「そしてファルコン9は12月の未定にパッド39AからISS、CRS-21に最初の貨物ドラゴン2を発射します、東部標準時の朝。起動時間は22〜26分です。毎日早く。」

この記事によれば、日時の確定している打ち上げはGPS衛星だけということになる。

ペトルメレチンは、ここからネタを仕入れていたわけだな。

まあいい。

虎の子のGPS衛星を上げるわけだから、実際の話、エンジンのトラブルは解決されたとみていい。

単に以前の設定に戻しただけかもしれないけどな(未確認)。

スタックしているのは、もちろんファルコン9だけじゃなく、再三再四延期が繰り返されているデルタ4ヘビーも同じだ。

こっちは、いつ上がるのかは未定だ。

ファルコン9の新品のブースターの問題が解決されて、つっかえていた打ち上げが再開されれば、余計目立つことになるけどな。

ロケット側の問題ではなく、概ね地上施設側の問題だ(天候(雷)とかもあったけど)。

<以下追加>----------

書きかけで放置して置いたら、今日になって、一斉に予定が決まった。

(SpaceXは、Falcon 9エンジンを交換した後、次のGPS衛星打ち上げの試みをスケジュールします)
https://www.teslarati.com/spacex-gps-satellite-launch-rescheduled-falcon-9-engine-swap/

「SpaceXが3回目の米軍GPS III衛星の打ち上げを11月5日木曜日の(NET)午後6時24分EDT(23時24分UTC)までに再スケジュールした」

まあ、これは既報の通りだ。

「11月3日火曜日の午後5時30分EDT(22:30 UTC)までに打ち上げられる予定のULAのNROL-101ミッションは、アトラスVロケットで飛行します。」

まあ、こっちは別のロケットだからな。

「Falcon 9 B1062が10月2日にまれなラストセカンドローンチアボートに見舞われたため、SpaceXはいくつかの新しいMerlin 1Dブースターエンジンの問題を発見し、影響を受けたエンジンをFalcon 9ブースターB1062から削除し、テストのためにテキサス州マグレゴーに出荷しました。は、悪い動作を特徴づけ、約3週間で最も厳しい顧客(NASAと米軍)を満足させることができる修正を実装しました。」

原文では、「SpaceX has discovered an issue with several new Merlin 1D booster engines and apparently removed affected engines from Falcon 9 booster B1062」となっていて、単一の事象が複数のエンジンで生じたということになっている。

マクレガーに送られて修正されたのも複数だ。

うーん、その修正の内容が知りたいんだがな。

「ほとんどの場合、Falcon 9 B1062は次の発射試行の前に再び静的に発射されます。つまり、物事が名目上進んでいる場合、ロケットは11月1日または2日頃に発射台に展開する可能性があります。」

前回の10月2日の打ち上げ前にも静的点火は行われている(9月25日実施)。

それは、問題なく通過していたわけだからな。

その後に何かを変えたということは考えづらいから、ガス発生器の異常圧力が生じるトラブルというのは必ず起こるわけではないようだ。

今回の打ち上げについても、スタティックファイアテストの結果が良好であったとしても、安心するのは早いかも知れない。

(野口聡一宇宙飛行士が搭乗するクルー・ドラゴン、11月15日に打ち上げへ)
https://sorae.info/space/20201027-crew-dragon.html

「NASA(アメリカ航空宇宙局)は、日本人宇宙飛行士野口聡一さんが搭乗する宇宙船「クルー・ドラゴン」の打ち上げを日本時間11月15日午前9時49分(現地時間11月14日午後7時49分)に設定したと発表しました。」

スタックしていたもう一つのミッションであるクルー1の日程も決まった。

その前のセンチネル6Aは、予定通り11月10日に上がって、クルー1の露払い(?)をする感じだ。

(ミッションセンチネル-6A)
https://www.elonx.cz/mise-sentinel-6a/

「開始日: 10。11。2020 20:45 CET」

来週辺りから、打上げラッシュが続きそうだな。

・NROL-108:10月31日(9時:日本時間):B1059.4:SLC-40
・NROL-101:11月3日~4日(2230-0110 GMT):アトラスV:SLC-41
・GPS3-SV04:11月5日(2324-2339 GMT):B1062.1:SLC-40
・センチネル6A:11月10日(1931 GMT):B1063.1:SLC-4E(バンデンバーグ)
・クルー1:11月15日(0049 GMT):B1061.1: LC-39

その他時期未定のファルコン9がらみの11月の打ち上げ

・SXM7:未定:未定:SLC-40
・スターリンクV1L15:未定:未定(再使用):SLC-40
・テュルクサット5A:未定:未定:SLC-40

こんな沢山上がるのかあ?。

まあ、どうでもいいんですが。

気になるのは、塩漬けが続いているNROL-44(デルタ4ヘビー)だな。

NROL-101と一瞬勘違いしたが、スタック状態がいつになったら解除されるかは見当もつかない。

ファルコン9の新品エンジントラブル絡みのスタックが一気に解除されて、残るのはこれだけになった。

やれやれ・・・。

<さらに追加>----------

NROL-108が延期されそうという情報がテスララティで上がっている。

この時期に無理やり突っ込んだんだから、多少の延期は仕方ないが、まさか、やっぱ新品がいいとかごねてるんじゃ。ないだろうな。

また、NROL-101が予定通り上がれば、GPS3-SV04が1日前倒しになるようだ(スペースフライトナウによる)。

いずれにしても、11月は忙しい。

<さらにさらに追加>----------

(ほんの少しのラッカーが新しいファルコン9ロケットを1か月間どのように接地したか)
https://arstechnica.com/science/2020/10/nasa-and-spacex-set-new-date-for-crew-launch-explain-merlin-engine-issue/

「彼らは、ガス発生器内の安全弁(エンジン内の小さなロケットが始動してその機械に動力を供給する)がマニキュアに似たマスキングラッカーで詰まっていることを発見しました。彼らは、ベントホールからラッカーを取り除くことでエンジンが正常に始動することを示すことができました。」

「このラッカーは、ガス発生器のアルミニウム部品を処理するために陽極酸化プロセス中に適用されます。その後除去されることになっているが、これら2つのエンジンの場合、わずかな量の材料が直径2mm未満のボアホール内に閉じ込められていた。」

「この特定の処理は外部のベンダーによって行われるため、小さなプロセスが変更されて、すべてのラッカーが除去されなかった可能性もあります。」

浮沈子の妄想は妄想に終わり、マーリン1Dエンジンのガス発生器の圧力異常は、直径2mmの穴(安全弁のベントホール)が、アルミニウムの陽極処理(マスキング剤として使用)に伴うラッカーの残りかすで詰まったことによる障害だった。

大山鳴動して鼠一匹。

GPS衛星とクルー1の打ち上げに使用されるエンジンは、それぞれ2基が交換されたという(センチネル6Aについては未記載)。

再使用に供されたエンジンは対象外とある。

「この後、SpaceXはフリート全体の他のエンジンを検査しました(すでに飛行したFalcon 9の最初のステージはこの問題の対象ではないため、同社は新しいブースターのみを検査しました)。」

「以前にその症例があった可能性は確かにあり、それらはかなり無害であったため、完全に見逃した」

これは、矛盾する記述ではないのか。

あるいは、再使用に当たって、ベントホールを交換なり清掃するなりしているのか。

再使用エンジンの方が問題がなく、新品のエンジンに問題があったことは確かだ。

使い捨てロケットの場合、不良というのは初期不良が全てだ。

それが除去されなければロケットは墜落するか爆発し、初期不良がなければ飛ぶ。

ファルコン9は、初期不良と経年劣化の両方のリスクを抱えている。

今回は、初期不良のくじを引いてしまった。

経年劣化のくじは、これから引くことになるのかも知れない(洗浄剤が残留して墜落したことはあったけどな)。

CRS7の墜落の時も、ヘリウムタンクを支えるビーム材の強度不足を、納品検査時に見逃していた。

今回も、外部処理の品質管理に問題があったことになる。

やれやれ・・・。

同じ様な話は、これからも出る可能性がある。

それにしても、すす払いの方はそのまま継続することになったわけだ。

そっちの方が解決するのは、ラプターエンジンの実用化を待つしかないのかも知れないな・・・。

そういえばあれはどーなった:ブルーオリジンの飛ばないBE-4エンジン2020年10月27日 23:21

そういえばあれはどーなった:ブルーオリジンの飛ばないBE-4エンジン
そういえばあれはどーなった:ブルーオリジンの飛ばないBE-4エンジン


ロケットエンジンを付けたロケットが飛ぶというのは当たり前のような話だが、エンジンが出来た出来たと騒いでから何年経っても飛ばないロケットというのもある。

ULAのバルカン、ブルーオリジンのニューグレンは、いずれもブルーオリジンのBE-4エンジンを搭載して飛ぶことになっているが、様々な問題を抱え(どんな問題かは知りませんが)、エンジンが出来てから数年経った今でもロケットは上がっていない。

どころか、影も形もない。

ULAは、来年春には飛ばすと言ってたからな。

(ヴァルカンケンタウルス)
https://en.wikipedia.org/wiki/Vulcan_Centaur

「処女飛行は2021年7月に行われる予定」

あれ?、いつの間にか夏になっている。

まあ、どうでもいいんですが。

第1段ロケット(バルカン)、第2段ロケット(セントールV:新規開発)は、影も形もない。

BE-4エンジンは一応作ってるようだがな。

実機がありそうなのは、固体燃料ブースターくらいか。

(ノースロップ、GEM63XL補助ロケットの初地上試験に成功)
http://www.jwing.net/news/28607

「GEM63の拡張型。炭素繊維強化エポキシ樹脂で形成した直径63インチのGEM63XLは、GEM63よりも推力と性能を15から20%向上」

こっちは、まあ、なんとか上手くいきそうだ。

が、肝心のロケットの方はいつまで経っても上がりそうもない。

エンジンについては、ターボポンプに問題ありと言われていたが、ようやく目途が付いたようだ。

(ターボポンプの問題が「解決」され、BE-4ロケットエンジンが生産に移行)
https://arstechnica.com/science/2020/10/ula-chief-says-the-be-4-rocket-engines-turbopump-issues-are-resolved/

エンジンが出来たからロケットが飛ぶわけではない。

そういうことなら、スターシップだって、もっと簡単に上がるだろうしな。

「問題は「解決」され、本格的な飛行構成のBE-4エンジンがテストスタンドに多くの時間を蓄積している」

まだテスト中なわけで、完成したわけではない。

今後、新たな問題が生じないとも限らない。

「推進剤を高圧でBE-4燃焼室に供給するターボポンプにはまだトラブルシューティングが必要であることを確認」

確かに8月の問題は解決されたようだ。

が、それが全てではないだろう。

バルカンロケットは、2基のBE-4エンジンを使用する。

スターシップでテストしているように、クラスター化されたエンジンは、単体とは異なる挙動を示すことがあるため、その解析のためのテストが必要だ。

少なくともロケット開発としては、全てはこれからということになる。

もっとも、バルカンは大幅な改良は行わず、既存のロケットの延長線上に位置づけられている。

「第一段階の推進剤タンクは、デルタIVコモンブースターコアの直径を共有」

「バルカンの上段があるケンタウルスV、現在のアトラスV. Aのバージョンで使用される一般的なケンタウルス/ケンタウルスIIIのアップグレードされた変異体RL-10ノズル拡張子を持つエンジン、RL-10CXは、バルカンケンタウルスに使用されますヘビー。」

もちろん、ブースターについても、既存のものの改良だ。

それらをインテグレートして、官需を満たすロケットシステムを構成して見せるのがULAの腕の見せ所というわけだが、いつになることやら・・・。

「少なくとも2022年までにデビューする可能性が低い同社のニューグレンロケット」

エリックバーガーにしては、手ぬるい表現だな。

ニューグレンなどというロケットは、未来永劫飛ばないに違いない。

「2018年9月の時点で、Blue Originはフロリダの製造施設と打ち上げサイトに10億米ドル以上を投資しており、さらに多くのことを行う予定です。」

その製造施設で作っているのは、ひょっとしたらバルカンロケットかも知れないしな(米軍の調達からも外れたしな:追加参照)。

BE-4エンジンの、問題の一つが解決されたという報道は好ましい。

それは、ファルコン9一色になりそうな米国の打ち上げロケット業界に、一石を投じることになる。

アトラスVも、デルタ4も、価格競争力は皆無だし、それはバルカンも同じだ。

互角の競争に持ち込むのは困難かも知れないが、エンジンユニットを回収して、若干のコスト削減を果たすことができれば、納税者の理解を得ることができるかもしれない。

「ULAは、発射と回収が完了した後、ロケットから分離してBE-4エンジンを再利用することを計画していると述べました。しかし、彼はその活動がいつ始まるかもしれない日付を置くことを断った。」

そうだろうとも。

浮沈子は、ULAがスペースXとの対抗上、何らかのソリューションを示しただけだと見ている。

エンジンユニットの再使用なんてのは、絵に描いた餅に過ぎない。

つまり、具体な計画などないのだ。

もちろん、ULAが無能なわけではない。

1段目にBE-4エンジンを選択して、大幅なコストダウンを狙い、固体燃料ブースターを安くて高性能なものに取り換え、コストダウンと高性能化を図っている。

それは、通常進化のプロセスで、打ち上げロケット業界が辿ることができる改善の積み重ねとして評価していい。

ノースロップグラマンは、固体燃料ロケットのノウハウを生かして、別の選択肢を提供しようとしたが潰えた。

(ノースロップグラマンがOmegAロケットプログラムを終了)
https://spaceflightnow.com/2020/09/14/northrop-grumman-ends-omega-rocket-program-after-losing-military-launch-competition/

「現時点では、OmegA打ち上げシステムの開発を継続しないことを選択しました」

スペースXさえ登場しなければ、業界は甘い汁を吸いながら、テキトーな改善を続けているふりをして、美味しい生活を送ることができたわけだ(そうなのかあ?)。

スターシップが現実のものとなった時、長距離旅客機や軍の輸送は天変地異にも匹敵する変化に見舞われるだろうが、それは10年先の話だ。

スプートニクショックならぬ、スターシップショックだな。

敵陣の後方に瞬時に大量の兵員・兵器を送り込み、一気に局面を打開する決定的な戦力を得る。

部分的再使用を可能としたファルコン9のもたらす衝撃など、それに比べれば微々たるものだ(米国の主要なペイロードの打ち上げ全てがS社によって行われるようになるだけだからな:ついこの間まではULAだけで行われていたわけだから、何の問題もあるまい?:当面は6:4みたいです)。

ブルーオリジンとULAには、是非とも頑張ってもらいたいものだ・・・。

<以下追加>----------

(ULA、SpaceXがペンタゴンとの画期的な数十億ドルの打ち上げ契約を獲得)
https://spaceflightnow.com/2020/08/07/ula-spacex-win-landmark-launch-agreements-with-pentagon/

「2022年から2027年の間に離陸するミッションに対して、2024年後半までに授与される軍の最も重要な衛星打ち上げ契約の60%を受け取ります。SpaceXは40%を受け取ります。」

「国防総省は、ノースロップグラマンとブルーオリジンによって提出された提案を選択しませんでした。」

「BlueOriginのオファーは、ニューグレンの重量物の性能、25億ドルを超える前例のない民間投資、および注文期間全体にわたるあらゆるミッションに対する非常に競争力のある単一の基本的な打ち上げサービス価格に基づいていました。」

影も形も、当然何の実績もないロケットに、国民の税金を投じるわけにはいくまい。

「私たちは、現在の商業契約を履行し、大きく成長している商業市場を追求し、新しい民間宇宙打ち上げ契約を締結するために、ニューグレンの開発を進めています」

大いに期待できるとみるか、負け犬の遠吠えと見るか。

「これが私たちが目にする最後のイノベーションだとは思いません。フェーズ2の次の5年間に興奮していますが、5年後のフェーズ3を楽しみにしています。スペースへの確実なアクセスを保証するだけでなく、より安価にするために、どのような新しい飛躍的で低コストのテクノロジーが最前線にあるのか疑問に思っています」

うーん、5年後(実質的には7年後)くらいになれば、ニューグレンのプロトタイプくらいは拝めるかもしれない。

そのころに、まだ、ブルーオリジンという会社が存在していたらの話だがな・・・。