モノリス、ミステリーサークル、ミッキーマウスの怪しい関係2020年12月05日 10:43

モノリス、ミステリーサークル、ミッキーマウスの怪しい関係
モノリス、ミステリーサークル、ミッキーマウスの怪しい関係


今朝の妄想は、ちょっと激しい。

いま、世界中でモノリスが発見されている。

(ルーマニアでも「モノリス」発見、そして消滅…ユタ州の物体は2016年には存在していた)
https://www.businessinsider.jp/post-225318

「ユタ州の物体は2015年8月から2016年10月の間に建てられたようだ。」

「ルーマニアのモノリスは11月27日に発見された。同じ日、アメリカ・ユタ州ではモノリスが行方不明になったと報告されている。」

「ルーマニアの丘の上に現れた「モノリス」は12月1日に姿を消した。」

これで終わりかと思ったら、続きがあった。

(発見相次ぐ謎の「モノリス」、今度は米カリフォルニアに出現)
https://news.yahoo.co.jp/articles/cedcf02c0a5b888cb40c76030c8270b3c6e7ac3b

「今度は米カリフォルニア州に出現した。」

「高さはおよそ3メートルで、ユタ州で見つかったもの同様、三角柱の形状」

以前のものが消えると、別の場所に忽然として現れる。

世界で同時に2か所に現れることがない・・・。

(ディズニーのミッキーマウスは1匹しかいない・・・)
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1212815662

「昔は1体(海外の場合同時刻に出ているか確認するのが難しい為、一つのパーク内で1体=アメリカに2体、日本に1体、パリに1体)でしたが、現在は無理になり同時に出ていることもあります。」

なんだ、もう、同時に複数出てたのか・・・。

しかし、逆にこれはモノリスのミステリー性を高める。

だれか、コントールしている人がいるんだろうか?。

「誰がモノリスを置いたのか、明確な証拠は残されていない。​ユタ州当局は、エイリアンがこの建造物に残していったという考えを一笑に付した。​当局は声明で、「連邦政府が管理する公有地に許可なく建造物や芸術品を設置することは違法だ」と述べている。」(ビジネスインサイダーの記事より)

味気ない話だな・・・。

浮沈子が若い頃はやった話に、こんなのがある。

(ミステリー・サークル)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%AB

「田畑で栽培している穀物の一部が円形(サークル形)に倒される現象、あるいは、その倒された跡。」

「英語ではクロップ・サークル (Crop circle) という呼称が一般的」

「1990年代に入ってからは、製作者自身による告白や超常現象懐疑派による検証が進み、人為的なものと判明」

単なるイタズラ以上の何ものでもない(芸術性とかは分かりませんけど)。

他人の土地に入って、作物をなぎ倒す行為は褒められたもんじゃないしな。

UFOが飛んできて、着陸する際に付けた痕跡だという話の方が夢があって良かった。

プラズマ現象とかで説明されたら、味気なさすぎるしな。

イタズラの方がマシだ。

次々に登場するモノリスは、人々の何らかの願いを象徴しているような気がする。

新型コロナによる閉塞感をぶち壊してほしいとか、いるはずのない地球外生命の存在を信じたいとか。

2001年宇宙の旅に登場するモノリスは、今回出現している三角柱ではなく、一辺の比が1:4:9の直方体ということになっている。

全ての電磁波を吸収する漆黒の物体だ。

物語の中では、人類がサルから別れる時、月の地中から発見される時、木星圏へ飛行したボーマン船長に見つけられる時、その臨終のときに現れる。

まるで、神のように・・・。

2010では、木星を第2の太陽に変え、エウロパに生命を宿す(前からいたみたいだけどな)。

世界は、モノリスが象徴する超自然的な力に支配され、人間はそれにひれ伏して生きる存在だとされる。

人が人にうつしまくる感染症の時代に、人ならぬ神の存在に救いを求めるのは無理もない。

まあ、ワクチンでもいいんですが。

生き続けるために必要な何か。

生きる前提となる力。

生命が何かの偶然によって誕生したのではなく、確固たる意思と計画の元に生まれたと考えることの安心感・・・。

いや、まてよ?、んなら、新型コロナも、そいつのせいじゃないのかあ?。

まあいい。

モノリスは現れ、再び消える。

誰かが作ったものにせよ(ルーマニアのは、完成度低いらしいです)、人々が求めているからこそ現れるのだろう。

ユタのやつは、2016年くらいからあったらしいからな。

新型コロナは、ひょっとしたらその頃から流行ってたのかも知れないぞ(まだ未確認?)。

全米一の感染者数を誇る(!)カリフォルニア州に現れたのは、無関係ではないだろう。

我が国に現れるのを願う話もあるらしいが、浮沈子的には遠慮したい気分だな・・・。