再使用という幻想:ESAは単段式ロケットの夢を見るか2020年12月20日 10:59

再使用という幻想:ESAは単段式ロケットの夢を見るか
再使用という幻想:ESAは単段式ロケットの夢を見るか


最低気温がマイナス0.6度とか言っても、その前のマイナス0.5度との差なんてわかりっこない。

今朝は、ただ寒いだけだ・・・。

謎の衛星NROL-108の打ち上げも無事に終わり、スペースXの年内の打ち上げ予定は完了した。

トルクサット5AやV1L16は来年に先送り。

昨年暮れからの1年間は、宇宙ネタに困ることはなかったな。

スターライナー(OFT)のチョンボに始まり、スターリンク衛星の急速な展開、それに伴うスターリンクトレインの発生やダークサット、バイザーサットの導入、ベータテストの開始、スペースレーザーの話題、その間にクルードラゴンによる2度の有人飛行、カーゴドラゴン2の導入、エンジン不良(マスキング剤の詰まり)、ISSの空気漏れもあった(結局、直ったのかあ?)。

そうそう、中国が月からサンプルリターンを実現させたことを忘れるところだった(追加:1731gだそうです)。

火星にも探査機を飛ばしているからな(米国も飛ばしているけど)。

計画ばかりで影も形もないブルーオリジンのニューグレン、形ばかりで一向に火を吹かないSLS(ウェットドレスリハーサルは年内に終わる見込み)。

固体燃料ブースターの更新には成功したけど、本体がいつになっても現れないULAのバルカンロケット。

我が国のH3の開発は、エンジンテストでボロが出て、初飛行は来年度(つーことは、再来年の春だな:そんなあ!)に見送りになった。

小型の打ち上げロケットや、弾道軌道の話題はあるけど、メガロケット開発には時間がかかるからな。

何といっても、スターシップ絡みで、SN5とSN6が上がったのが大きい。

その前に、何度も爆発を繰り返していたから、無事に空を飛んだだけでも大成功に見える。

調子に乗ってSN8を上げたら、見事着地に失敗して、期待に応える大爆発!。

まあ、どうでもいいんですが。

ESAは、火星ロケットの打ち上げを見送り、アランボンドの夢を追い続けている。

(SABREを搭載した再利用可能なランチャーのシステム調査結果)
https://www.esa.int/Enabling_Support/Space_Transportation/System_study_results_for_SABRE-powered_reusable_launcher

「この研究は、ESAの宇宙輸送局のFuture Launchers Preparatory Program内で実施され、2022年から2025年の期間内にさらなる活動を組み立てることを目的としています。」

「Bryce Space&Technologyは、2030年以降の市場の展望を提供し、打ち上げサービスのビジネス分析をサポートしました。」

「この研究の結果は、既存のSABRE技術に基づく再利用型ロケットの技術的および経済的課題を浮き彫りにしています。それは処女飛行までの宇宙と地上セグメントを網羅していました」

先の長い話だが、エアブリージングで25km、ロケットエンジンに切り替えて150km上がり(うーん、図を見ると130kmくらいに見えるんだがなあ)、そこから使い捨てロケットを打ち上げて軌道に到達させるというXSー1に似た仕掛けだ。

同様のスタイルは、バージンのラウンチャーワンも同じだが、軌道高度まで上げるところが違う(もちろん、速度は全然足りませんが)。

1段目の再使用で、酸化剤として地球大気中の酸素を使って高度を稼ぐことで、どれだけのメリットがあるのかは知らない。

上空からのロケットの発射は、打ち上げ地点の天候に左右されにくいという明確なメリットがあるので、軍事用衛星など、タイムリーな打ち上げには有利かも知れないが、たかが知れている。

このプロジェクトが実現することは、たぶんない。

有翼機を宇宙に上げるという見果てぬ夢の続きだ。

弾道飛行で無重力を体験させるという、観光目的ならいいけど。

「この研究は、フランス領ギアナにあるヨーロッパの宇宙港から低軌道に挿入するための特定のペイロードクラスを対象とした2段式宇宙輸送機に収束しました。」

市場は限定的だし、技術的にはこれから開発すべき要素が多過ぎる。

ESAは、当分(少なくとも10年くらい)の間、再使用ロケットに取り組むつもりはないだろう。

それは、我が国も同じだ。

いや、中国だってロシアだって、真面目に取り組んでいるわけではない。

計画や研究レベルで細々とやってるだけで、ビジネスとしてのメリットは見ていないわけだ。

で、全部スペースXに持っていかれる。

まあいい。

打ち上げロケットは国家事業だから、どうにでもなると考えているんだろう。

そういう状況は、スターシップの貨物版が実用化した時に消えてなくなる。

2桁低い価格差を正当化することはできないからな。

軍事衛星とかならいいけど、民間需要を考えれば、必死になって再使用ロケットを追求するタイミングのはずだが、そんな気配はない。

まあいい。

アリアンが事実上独占していた民間衛星の打ち上げが、スペースXに取って代わっただけの話だ。

どこか、他のところが完全再使用を実現して、S社に取って代わって欲しいところだが、そんな気配はない。

NASAは、SLSなどという、文字通りの前世紀の遺物を抱えているし、ESAもやる気なし。

インド、中国や我が国も、それどころじゃない。

再使用に向けて真面目に取り組んでいるのは、米国企業であるロケットラボだけ(パラシュートで1段目着水に成功)。

情けない・・・。

変異種:今週のキーワード:SARS-CoV-2 501.V22020年12月20日 19:57

変異種:今週のキーワード:SARS-CoV-2 501.V2


ワクチンは出来ても、感染拡大が続く新型コロナ。

そのウイルスが、2週間に1個(箇所?)のペースで遺伝子の変異を繰り返していることは知られている。

通常の場合は、取り立てて変化はない。

期待されるのは、毒性が減って感染力が落ちる変異だが、世の中そう上手くはいかない。

ウイルスの生き残りやすさを考えれば、毒性は減るけど感染力が増加する方向だろう。

何かの間違いで、毒性も増えちまったら目も当てられないが、感染を広げる前に宿主が死んじまっては元も子もない。

感染力の増加と毒性のバランスが重要だな。

その感染力を削ぐのがワクチンだが、一抹の不安もある。

そう、変異がワクチンを無効化する形で起これば、元の木阿弥になってしまう。

毒性・感染力・ワクチンへの影響が、ウイルス変異について考える際のポイントになる。

中国で最初にウイルスが報告されてから1年。

この間、計算上では25回くらいは変異しているから、その種類は膨大になる。

単純計算すると、2^25(=33554432)になる。

べらぼーめ・・・。

先日辺りから、感染力が増強された変異種について、英国と南アからの情報が報道されている。

(イギリスで新型コロナウイルスの変異種が急速に拡大:追加:12月15日の記事)
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2020/12/post-95191_1.php

「英保健相は12月14日、イギリスで新型コロナウイルスの「変異種」が検出され、この変異種が最近の感染者数急増に関係していると述べた。世界保健機関(WHO)にはすでに報告されているという。」

「感染者数の急増にもかかわらず、イギリス政府は「クリスマスのガイドラインを見直す予定はない」としている。クリスマスをはさんだ12月23日から27日の5日間は、規制が一時的に緩和され、3世帯までなら集まることが可能だ。」

この時点では、ガイドラインは緩いままだが、こののち強化されることになる。

(コロナ変異種が英国で拡大、感染力最大7割増 ロンドン再び封鎖)
https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-britain-idJPKBN28U038

「感染力が最大で7割高いとみられる変異種の新型コロナウイルスが広がっている」

「変異種にもワクチンは有効」

「致死率も重症化率ももともとのウイルスより高くない」

「イングランドではここ2週間、変異種ウイルスにより感染者数が急増」

(南ア、コロナ変異種検出 感染スピード速い恐れ)
https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-safrica-idJPKBN28S2W9

「新型ウイルスの変異種が確認された。『501.∨2』と呼ばれており、南アフリカ国内で科学者が検出した。現在の第2波はこの変異種により引き起こされている公算が大きいことを示す証拠が得られている」

「新たな変異種は従来種よりも感染拡大が速い可能性がある」

「重症度のほか、ワクチンの有効性などについて判断するのは時期尚早」

「変異種の感染の仕方が従来種と異なることを示すデータはない」

まあ、社会政策の失敗をウイルスのせいにして誤魔化したい気持ちも分からないではない(そうなのかあ?)。

成功すれば、弱毒化とか感染力の減少とかには触れずに、自分の手柄にするだろうしな。

為政者の生態は万国共通のようだ。

終息へのシナリオで、最も重要なのはワクチンの効きにどう影響するかという点に尽きる。

流通が始まっているmRNAワクチンや、その他の早期対応可能なワクチンが効かなくなるとまずい。

その可能性はゼロじゃないし、そのためにも複数のワクチンを確保していく必要がある。

ウイルスの変異と、ワクチン開発とのスピード競争になる。

新型コロナの場合、ウイルスの変異が、必ずしもワクチンの無効化につながるわけではない。

そこが、インフルエンザウイルスと異なるところだ。

あっちは、結合部位に特化した変異を繰り返すという、厄介な性質らしいからな。

今のところ、そういう変異のパターンが見られるという話はない。

しかし、それだって、今後の研究とかで明らかになるかも知れないしな。

一寸先は闇だ・・・。

英国の変異種と南アの変異種が同じなのか、異なるのかは分からない。

複数の変異が同時に起こり、それがどれも感染力に係るという事態の方が厄介な気がする。

いろいろ記事を漁ってみたけど、この件に関しての情報は少ない。

WHOを含め、当局は何か重要な事実を隠蔽しているのではないか。

(南アでコロナ変異種確認、流行第2波や若い患者増加の原因か)
https://www.afpbb.com/articles/-/3322239

「南アフリカの医師らは、若年層の感染者が増え、ウイルスの影響が強まる他の病気にかかっていないのに重症化するケースが増えていると指摘。」

「研究チームは今回の調査結果を科学界と共有して英国の当局にも警告した。チームの責任者は「英国が自国で採取したウイルスの検体を調べたところ、類似の変異種が見つかった(中略)この変異種がロンドンで感染拡大を引き起こしている」と述べた。」

毒性の強化、世界全体への感染の広がり(感染力7割増量だからな)、ワクチンへの隠された懸念(そうなのかあ?)。

若年層の重症化の割合が増えているという指摘も気になる。

ジジババが免疫弱くて死んじまうのは、まあ、自然の摂理だから仕方ない気もするが、若年層で重症化して後遺症が残ったり、最悪死に至るというのはやり切れない。

現状では、致死率や感染力から見て、人類への脅威とはなっていないけど、発症のメカニズムの変化(例えば潜伏期間の長期化や、不顕性感染者による感染力強化)や毒性の変化が致命的になれば、次元の異なる対応を求められることになる。

浮沈子が棲息する東京都では、じりじりと感染者が増え続けている。

新規感染者は、それでも1000人未満だし、隣町のカリフォルニア州のように1日で5まんにんも増えたりはしてない(やれやれ・・・)。

ウイルスの変異が、感染パターンに何らかの影響を与えていると報道されたのは、今回が初めてだからな(未確認)。

若年者にも影響が大きく、感染力7割増しのヤツが、我が国に入ってきて猛威を振るい始めたらたまらんからな。

無関心ではいられない。

ウイルスに意志はない。

自然選択に則って、ヒトヒト感染を続けているだけだ。

全世界が繋がっていて、英国と南アの変異ウイルスが同じかもしれないという時代なわけだ。

おらが町(東京都)が、隣町(加州)のようにならないという保証はどこにもない。

ワクチンの効きに影響がないことを祈るのみだ・・・。

<以下追加>ーーーーーーーーーー

(よくある質問
南アフリカにおけるSARS-CoV-2の新しい変種)
https://www.nicd.ac.za/wp-content/uploads/2020/12/New-Variant-of-SARS-CoV-2_Frequently-Asked-Questions_v9_19-December-2020_Final.pdf

「Q:
これはロンドンのバリアントと同じですか、それとも異なりますか?」

「A:
確かに同じバリアントではありませんが、501の位置でスパイクタンパク質の同じ変化を共有しているため、類似点があります。 それが私たちに伝えていることは、私たちがウイルスの拡散を制御しなければ、世界のさまざまな地域で同様の方法で進化する可能性が高いということです。」

ははあ、それで501.V2なわけね。

この記事には、再感染のリスクなどについても書かれている。

確かに、一度罹っても免疫が効かない可能性はあるからな。

やっかいなはなしだ・・・。

<さらに追加>ーーーーーーーーーー

(WHO、英の「新たな変異種」オランダなど他国でも確認)
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4156606.html

「オランダ、デンマーク、オーストラリアでも確認」

(Covid:新しいウイルスの亜種をめぐって英国と「緊密に連絡を取り合っている」WHO:元記事)
https://www.bbc.com/news/world-55382212

「英国で見られたのと同じ亜種の9つの事例がデンマークで報告されており、1つはオーストラリア、もう1つはオランダである」

「他のいくつかの国は、「英国で見られる遺伝的変化のいくつかを運ぶ」変異を確認した」

(コロナ変異種拡大 オランダがイギリスからの旅客機到着禁止 ドイツ、フランスなども同様措置検討)
https://mainichi.jp/articles/20201220/k00/00m/030/192000c

「ワクチンが普及するまで変異種を抑えるのは非常に難しい」

「WHO欧州地域事務局はオランダとデンマークのほか、欧州域外のオーストラリアでも変異種が見つかった」

既に世界中に広がっちまってるみたいだな・・・。

(英国からの航空便の到着禁止 欧州各国、コロナ変異種拡大で)
https://www.afpbb.com/articles/-/3322387?cx_part=top_category&cx_position=1

「感染力の高い新型コロナウイルスの変異種が「制御不能」となったと英国が警戒を呼び掛けた」

「WHOは欧州の加盟国に対し、英国で広がっている新型ウイルスの変異種に対する措置を強化するよう要求。ドイツ、フランス、アイルランド、イタリア、オーストリア、ルーマニア、オランダ、ベルギーなどの欧州各国は旅客機の往来を停止する方針を明らかにした。ドイツ政府関係者は、制限措置が欧州連合(EU)全加盟国の27か国に適用される可能性があるとし、英国と各国を結ぶ海路と道路・鉄道の陸路に関して共同の対応策をEU加盟国が協議していると明らかにした。」

ちょっと、過剰対応だな。

「エマニュエル・マクロン(Emmanuel Macron)仏大統領、アンゲラ・メルケル(Angela Merkel)独首相に加え、EUのウルズラ・フォンデアライエン(Ursula von der Leyen)欧州委員長、シャルル・ミシェル(Charles Michel)EU大統領は20日、この問題に関して電話で協議した。」

欧州は、相当の危機感を持ってこの変異種に対応しようとしている。

「「われわれにあるこれまですべての知識によれば」、変異種は「ワクチンに影響をもたらさず」、ワクチンの効果は依然として「同様に有効だ」」

それが本当であることを祈るしかないけど、ふつーに考えれば、過剰とも思える今回の対応を見ていると、単なる感染力の増加だけとは思えないんだがな。

浮沈子的妄想では、ワクチンに対する懸念が拭えないんじゃねーのかあ?。