変異種:ノババックス製ワクチン:ひょっとしたら本命はこれかも2021年02月19日 13:49

変異種:ノババックス製ワクチン:ひょっとしたら本命はこれかも
変異種:ノババックス製ワクチン:ひょっとしたら本命はこれかも


ADE(抗体依存性感染増強)のことが気になったので、せっかく開設した厚労省のコールセンターに電話してみた。

(新型コロナワクチンに関する厚生労働省電話相談窓口(コールセンター)の設置について)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_16589.html

「ADEってのがあるんですが、ワクチンうって変異種に罹っても重症化することはないですか?」(実際には、もちろん別の表現で聞いてます)。

応対に出てくれた相談員の方は、丁寧に聞き取って、保留を掛け、厚労省の方に確認してくれたようだ。

「治験の際や、承認審査の際に安全性については確認されています。」

「新たな知見が明らかになった際には、ホームページに掲載しますのでご覧ください。」

「ワクチン接種については、個人の判断で行っていただきますが、罹患した際の重症化を防止する効果があるとご案内しています。」

まあ、想定の範囲内の回答なので、丁寧な対応にお礼を言って電話を切った。

ホームページには、こんな情報も出ていた。

((2021年1月時点)
新型コロナウイルス感染症の“いま”についての10の知識)
https://www.mhlw.go.jp/content/000731162.pdf

“いま”とかいいながら、2月もそろそろ下旬なのに、1月時点の情報というのは如何にもお役所らしく、ほほえましい(最近、人間が丸くなってきたので・・・)。

「日本への供給を計画している海外のワクチン※」

最後の方に出てたんだが、米印が気になって参照すると以下が出ていた。

「※ファイザー社、アストラゼネカ社、モデルナ社、ノババックス社が開発中のワクチン」

ふーん、ノババックスも入れるんだ・・・。

調べてみると、武田薬品が国内製造するという。

(武田薬品、新型コロナワクチン2剤を同時開発、年明けから国内治験)
https://www.chemicaldaily.co.jp/%E6%AD%A6%E7%94%B0%E8%96%AC%E5%93%81%E3%80%81%E6%96%B0%E5%9E%8B%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%8A%E3%83%AF%E3%82%AF%E3%83%81%E3%83%B3%EF%BC%92%E5%89%A4%E3%82%92%E5%90%8C%E6%99%82%E9%96%8B%E7%99%BA%E3%80%81/

「年間2億5000万回分以上の生産能力は確保できるとみている。」

おいおい、これって本命ということなんじゃないのかあ?。

浮沈子がうつワクチンは、これになる可能性が高いということになる。

mRNAやウイルスベクターなどとは異なり、組み替えタンパクワクチンだ。

(COVID-19ワクチンの開発状況について)
https://www.covid19-jma-medical-expert-meeting.jp/topic/3335

「組換えタンパクワクチン:
組換えタンパクワクチンは、抗原となる蛋白質を遺伝子組換え技術によって作り出し、主に大腸菌、酵母、動物細胞を利用して製造される。様々な抗原蛋白質に対応できる点が、組換えタンパクワクチンのメリットと言える。一般的に免疫原性が低いことが多いので、アジュバントを添加するなどして、免疫原性を上げる必要がある。」

「米国ノババックス社は、COVID-19に対する組換えタンパクワクチン「NVX-CoV2373」の開発研究を進めている。同社は、SARS-CoV-2のS蛋白質を、バキュロウイルス-昆虫細胞発現系を用いて大量発現させた。」

昆虫細胞だってえ!?。

調べてみると、カイコとかが宿主となるバキュロウイルスが目的のタンパク質を大量に発現させて、そいつを精製加工して、アジュバントと呼ばれる振り掛け(?)と一緒に接種するとお望みのワクチンが出来るらしい。

武田は、この辺の技術開発に自信があるんだろう。

この技術の特徴は、抗原性を有するタンパク質を直接注入できることだろうな。

人間側の遺伝子発現機能を使わなくていいので、変異に対してダイレクトに対応できるかもしれない。

昆虫というと、何となく不安な気もするし、ワクチンうったらモスラになっちまうかも(!)という妄想を育むには格好のネタだが、科学リテラシー的に言えば、そんな気遣いは無用だ(未確認?)。

(モスラの歌  ザ・ピーナッツ:動画(?)出ます。)
https://www.youtube.com/watch?v=G7AYWANc2pk

「インドネシアの架空のインファント島の石碑にかかれていた呪文を歌にしたもの」

まあ、どうでもいいんですが。

SARSワクチン開発の際には、不活化ワクチンでADEが起こってしまった。

製品化はされなかったが、ノババックスの組み替えタンパクワクチンは大丈夫なのかな。

変異種に対する有効率(発症予防効果)が、南ア産に対しては明らかに減少することが分かっている。

効果の減少とADEとは直接の関係はないかもしれないが、中途半端な免疫になるという点では気になる。

時期的にも、数量的にも、我が国におけるメインのワクチンになる公算が高いわけで、もっと注目されてもいいかもしれない。

サプライチェーンは冷蔵庫で十分という。

今後の推移によっては、mRNAは超低温冷凍サプライチェーンを有する国や地域、そうでないところはアストラゼネカやノババックスなどに棲み分けられるかもしれない。

それも格差だがな。

スターリンクではないが、ないよりマシのベータ版かもしれない。

我が国ではワクチンの種類は選べない(たぶん、現在はどこも同じでしょうが)。

年内分はファイザー・ビオンテック、モデルナ、アストラゼネカで凌ぎ、来年からはノババックスか(未確認)。

全世界供給分は、それでも全く足りない。

富士フィルムは、ノババックス製の米国での生産を始めている(下請けみたいです)。

(富士フイルム、米テキサスでコロナワクチン候補を製造)
https://www.nikkei.com/article/DGXZQODZ156C20V10C21A2000000/

「すでに米ノースカロライナ州の拠点でも、同じワクチン候補の製造を始めており、量産は2拠点目となる。」

ワクチンに国境はない。

自主開発出来ないなら、生産と流通で貢献することもできる。

オリンピック・パラリンピックに投入する国力を、全世界に対するワクチン供給に振り向けたら、そして、その先頭に選手たちが立つことが出来たら、どれだけの命が救われ、感謝されることだろう。

この間の、一連のごたごたのマイナスイメージを帳消しにすることは間違いない。

どれだけ感染に配慮し、力強いメッセージを発信しようとしても、この時期の開催は世界の誰かの犠牲の上での仇花になる。

まあ、オリンピック自体が、そういう要素をはらんでいるイベントだからな。

変異種には、オリンピックもパラリンピックも関係ない。

誰が、何色のメダルを取るかも知らない。

人間が移動し、集まるところで流行を繰り返す。

ワクチンをうてば逃避変異し、長期重症化すれば新たな変異の温床になる。

この流行を、一刻も早く終息させることが何よりも求められている。

その際に与えられる栄誉は、金ぴかの板切れより遥かに輝き、その価値は地球より重いものになることだけは間違いない・・・。

<以下追加>ーーーーーーーーーー

(新型コロナウイルスワクチンの米国における現状と今後)
https://www.igaku-shoin.co.jp/paper/archive/y2020/PA03392_02

「ワクチン関連増強呼吸器疾患(Vaccine-associated enhanced respiratory disease:VAERD)」

「やはりワクチンによって中和作用の低い抗体が産生され,その抗体がウイルスとの免疫複合体を形成し,補体活性化を惹起して気道の炎症を引き起こすものです。さらに,この不完全な抗体はTh 2細胞優位の免疫反応も惹起して気道内にアレルギー性の炎症を引き起こします。これらの病態によって,より重症なRSウイルス感染をワクチン接種者に認めた」

記事にもあるように、ワクチン開発に当たっては、ADEだけでなく、その他の有害事象の出現を適切に監視し、安全第一に行われているようだ。

「ADEやVAERDの可能性を正しく評価するためには,ワクチン接種者が実際に新型コロナウイルスに感染したときにどのような反応が起きるかを対照群と比較する必要があり,今後の第III相試験を含めた安全性評価および後述するワクチン認可後の安全性モニタリングが鍵」

現在、ワクチンを接種している状況の中で、認可後の安全性モニタリングがカギというのは、まさにその通りだな。

コールセンターの案内にもあるように、ADEやVAERDなどの出現があれば、適切に情報開示されるに違いない。

世界では、数千万人が既に何らかのワクチンを接種しているはずだ。

何事もなく、無事に推移することを願おう・・・。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
kfujitoの徒然の筆者のペンネームは、
「○○子」です。
○○を記入してください。

コメント:

トラックバック