変異種:再感染:ワクチンが変異種を生む?2021年02月26日 08:46

変異種:再感染:ワクチンが変異種を生む?
変異種:再感染:ワクチンが変異種を生む?


(ワクチン“1回接種”だと『変異株ができやすくなる』免疫学の専門家が指摘する危険性)
https://www.mbs.jp/news/kansainews/20210225/GE00037195.shtml

「1回接種の免疫でイスラエルのデータだと有効率が6~7割」

「どういうことが起こるかというと変異株ができやすくなるんです。」

マジか・・・。

「1回だけのワクチン接種で体内の抗体がウイルスを殺せるよりも少ない量になってしまった場合、ウイルスがそれに勝つために変異していくというのです。」

ワクチンが普及する過程で選択圧が掛かり、逃避変異を起こすことが指摘されているが、こうあからさまに言われるとドキッとする。

実際には、中立的な変異を繰り返す中で、生存に有利な変異が結果的に選択されて残っていくということなわけだ。

ワクチンの普及のスピードが問題なのは、流行を止めるのが先か、変異によってスルリと逃げられてしまうのが先かということとも関係している。

感染予防効果については無症候性キャリアの割合が多い新型コロナでは測定困難とされているけど(30から60パーセント)、ワクチンの効き目が限定的だと流行を止めるより先にワクチンが効かなくなってしまう。

やれやれ・・・。

変異種御三家筆頭の英国では、B.1.1.7が登場した原因として、免疫不全状態で長期間感染が継続した患者の存在が指摘されている(仮説の様です)。

N501Y変異を初め、23もの変異を一気に獲得したこの変異種は、瞬く間に従来の流行株を押しのけ、少なくともイングランド南西部では優勢株となった。

最近では、E484K変異までしてワクチン回避能力まで獲得したといわれる。

南ア産、ブラジル産に負けてないぞと・・・。

まあいい。

昨日、再感染の記事を書いてから、このニュースを見たんだが、妙に引っ掛かっていた。

中途半端なワクチンが変異種を生むのであれば、再感染(もちろん、中途半端な免疫のせい)すれば、更に変異種を生むのではないか。

ひょっとすると、ADE(抗体依存性感染増強)などよりも、中期的には厄介な状況になるかも知れない。

免疫が切れ、再感染が広範囲で起こり、ワクチンは効かず、次々と変異種が生まれる・・・。

勘弁してくれ・・・。

今朝の妄想は激しいな。

新型コロナは人類にとって初めて遭遇するウイルスだ。

基本的に、免疫が十分に機能するわけではない。

それでも、大部分の感染者は無症状か軽症で済む。

高齢者、持病持ち、一部の若年者が重症化して、感染症としては比較的高い死亡率になる。

それでも、いつかは折り合いをつけ、共存するようになるといわれている。

今回の流行が一段落し、散発的で小規模な感染が続く程度になれば、世の中は落ち着く。

世間の関心は遠のき、いつの間にかマスクも外れ、3密も復活し、カラオケ放題になるかもしれない。

それでも、再感染は継続し、変異も生まれる。

ある意味で、ヒトヒト感染を繰り返しているうちは安心なのかもしれない。

お互いに折り合いをつけながら、なんとか地球上で生き延びているわけだからな。

動物由来感染症が怖いのは、人類の免疫機構にとって初物だったりして、やられっぱなしや過剰反応してしまう点だろう。

(長期にわたる宇宙飛行は人の免疫を低下させてウイルス感染症を引き起こす可能性)
https://gigazine.net/news/20210221-astronauts-virus-reactivation/

「数カ月あるいは数年という長い年月にわたって宇宙での任務に携わる中で、宇宙飛行士の免疫力が低下し、ウイルスへの日和見感染を起こす可能性が指摘されています。」

火星移民に成功して、長期にわたって地球環境と隔絶された状況で世代交代を重ねれば、人類(火星人?)の免疫記憶から新型コロナの情報が消えてしまうかも知れない(未確認)。

数千年後、ジェゼロクレーターの一角から、奇妙な探査車が発見される。

6輪駆動のヤツなわけだな。

大昔、地球から送り込まれたものらしいと分かるが、ラボに持ち帰った研究者が次々と奇病に罹る。

37.5度の熱が4日以上続き、すりガラス状のX線画像を呈する肺炎と、自覚症状のない低酸素血症の挙句、突然呼吸困難で死んでしまう。

解剖すると、体中に血栓が出来て悲惨な状況なわけだ。

ツタンカーメンの呪いか?。

パーセベランスに付着した新型コロナのせいだと分かるまでには時間が掛かったわけだな。

まあ、どうでもいいんですが。

火星表面の放射線豊かな環境で、長期間ウイルスが生存しているかとか、そもそも到着前には死滅しているだろうとか、そういう突っ込みは認めない(断言!?)。

火星人は免疫不全なはずだから、彼の地で大流行するに決まっている(そんなあ!)。

妄想の世界では、全てが自由だからな。

新型コロナは不滅だ。

人類の宇宙進出と共に、太陽系に広がり、やがては銀河一円に満ち満ちていく(そうなのかあ?)。

今年は再感染の年になるかも知れない。

ワクチンによる流行の終結が早いか、再感染と変異を繰り返す新型コロナに先を越されるか。

中途半端な効き目のワクチンが変異種の登場を促すという話が本当なら、J&J(有効率:米国で72%、中南米で66%、南アで57%)やノババックス(有効率:89.3%、南アでは49.4%)のワクチンとかもヤバいかもな。

有効なのは、ファイザー/ビオンテックかモデルナのmRNAワクチンの2回接種だけになるかも知れない(モデルナは、ブースターや3回接種を模索中)。

英国で、変異種が次々と見つかっているのは、もちろん、遺伝子解析が広く行われていることが理由だが、ひょっとしたらアストラゼネカのワクチンの1回接種のせいかもしれない(B.1.1.7が見つかったのはワクチン接種前ですが)。

何が変異種を揺籃し、再感染を広めていくのか、正確な所は分からない。

ワクチンがその原因の一つになるとしたら、何とも皮肉な話だな・・・。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
kfujitoの徒然の筆者のペンネームは、
「○○子」です。
○○を記入してください。

コメント:

トラックバック