🐼変異種:江戸の敵を長崎で:英仏戦争の行方2021年12月17日 09:59

変異種:江戸の敵を長崎で:英仏戦争の行方


豪州の原潜調達問題で、フランスが煮え湯を飲まされた話は記憶に新しい。

契約を一方的にキャンセルされた背景には、英国が音頭を取って締結したAUKUSがあるからな。

この恨み、はらさでおくべきか・・・。

そうして化けて出たのが、今回のこれ!(そうなのかあ?)。

(仏 英からの入国厳しく制限と発表 オミクロン株感染広がり受け)
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211217/k10013391641000.html

「フランス政府は16日、イギリスでオミクロン株による感染が急速に広がっているとして、イギリスからの入国を厳しく制限すると発表」

「観光やビジネスでの入国は原則認めない」

EU離脱の恨みも収まらないに違いない(たぶん)。

「出発までの24時間以内に行った検査での陰性証明の提示が義務」

「フランス入国後も48時間の隔離など」

英仏は、ユーロトンネルで地続きだからな。

「物流の混乱を避けるため、トラックの運転手などは入国制限の対象にはしない」

実効性に欠ける気もする。

仕返し以外の何ものでもないだろう。

英仏戦争(単なるじゃれ合い?)は当分続きそうだな・・・。

🐼メキシコへの道:第2章:自宅待機最終日2021年12月17日 11:21

メキシコへの道:第2章:自宅待機最終日
メキシコへの道:第2章:自宅待機最終日


帰国翌日起算で14日間の待機期間も今日で終了。

途中経過は既に記事にしている。

(メキシコへの道:補遺:MySOSの傾向と対策)
http://kfujito2.asablo.jp/blog/2021/12/10/9446837

「以下は、その(ビデオ録画)1分前の予告通知の時刻だ(アプリのお知らせ履歴に残ります)。
12月4日:17:25(応答できず)
5日:14:52(応答できず)
6日:14:20
7日:13:35
8日:13:43
9日:12:45」

その後の続きは、以下の通り。

10日:12:22
11日:12:18
12日:11:31
13日:11:37
14日:10:41
15日:10:03
16日:10:12
17日:09:55

全て、AIによる自動録画で、オペレーターが出ることは一度もなかった。

傾向としては、ほぼ一貫して通知時刻が早まってきている(2日毎に1時間ほど)

現在地確認は、概ね午前1回、午後1回の一日2回だけ(時刻はほぼランダムだが、午前8時から午後6時までに限られている)。

初日と2日目は、時差ボケが治らず、応答できないこともあったが、3日目以降は全て対応した(今日は、あと1回ありますけど)。

健康状態報告は、前半は習慣にしている朝の検温(概ね5時頃)が終わると同時に報告していたが、後半はせっかくの通知を受け取ってからにした(午前11時20分過ぎくらいに届く:今日はこれから)。

明日からは、通知がないというのも寂しい限りだ(ホントかあ?:あースッキリした!)。

まあいい。

行政検査で発熱外来を受診した以外、長時間人と会ったりしたこともなく(近所のコンビニの買い出しくらい:サッカーの観戦とかには行きませんでした!)、その後の体調変化はコロナ太り程度で、発症することもなく、メキシコへの道(第1章)は、無事収束を迎えそうだ。

目出度い。

次回は、是非とも誓約書なんて提出せずに、停留措置を受けてみたいものだ(その方が、国内感染のリスクが減るので安心だ)。

今後も、不要不急の外出は避け、フィットネスやダイビング以外は、引きこもりの生活を続けよう。

レストランでのランチも、当分おあずけだ(会食は感染リスク高いからな)。

浮沈子の免疫が切れるまで、あと1か月と14日。

準高齢者(63歳)で持病持ちだが、現在検討されている国の基準では、2回目接種から8か月経たないと追加接種の対象にはならない。

予定されている次回のメキシコ行きには間に合わないことになる。

何とか早く接種できないものか。

途中で、海外にワクチンツアーとか行って来ようかな。

そんでもって、感染したりしたら目も当てられないけどな。

メキシコの流行状態は当てにならない。

致命率は我が国(1,1パーセント)の約7倍(7,6パーセント)だからな。

ろくに検査なんてしていないことの現れだ(医療事情とかも影響しているでしょうが)。

現状では、一切の入国規制を掛けておらず、渡航に際してはワクチン接種証明書や、事前のPCR検査による陰性証明書なども必要ない。

今回、ANAのメキシコシティ行きに乗ったけど、搭乗に際して検温などもなかった。

杜撰というよりは、恐怖だ。

ANAの機内では、3分で換気され、マスク着用が義務付けられているとして、感染のリスクは小さいと宣伝するビデオが流されていたが、帰国後の検疫で陽性者が確認されれば、成田空港検疫所は、搭乗者全員を濃厚接触者としているようだ(パイロットは別室だが、キャビンクルーは含まれるかもしれない:未確認)。

幸い、浮沈子が乗ったNHー179便に感染確認者はいなかったようで、自宅待機期間に施設待機に変更するような連絡はなかった。

やれやれ・・・。

おっと、今日は健康状態報告の連絡が11時8分頃に来た。

体調は万全、食欲は旺盛、コロナ太りは絶好調!(帰国後に、2kg以上増加:現在68kg台で、なお増加中!)。

明日からは、フィットネスで絞りまくらなければならない。

年内65kg達成の可能性は露と消えた。

せめて、次回メキシコ行きまでには、なんとか達成したいもんだ。

メキシコへの道(第2章)は、その意味でも遠い。

さて、そろそろ遅い朝食でも仕入れに行って来ようかな・・・。