🐼変異種:フランスの追加接種は3か月2021年12月29日 06:04

変異種:フランスの追加接種は3か月
変異種:フランスの追加接種は3か月


(フランス 接種証明の提示義務化の法案を閣議決定 来月施行へ)
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211228/k10013407021000.html

「ワクチンの接種を加速させるため、3回目の接種について、これまで4か月間としていた2回目からの間隔を、3か月間に前倒しする」

(フランス、追加接種まで3カ月に短縮 在宅勤務を義務化)
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGR27CMP0X21C21A2000000/

「ワクチンの接種を完了してから追加接種(ブースター接種)までの間隔を現在の4カ月から3カ月に短縮する。」

NHKが、表題にも掲げず、ひっそりと下の方に書いていたのに対して、ほぼ同時刻に配信された日経の記事では、堂々と標題になっていた。

フランスでは、ワクチンの追加接種は2度目の接種完了後、3か月となった。

もちろん、既存のワクチンを3回接種しても、オミクロンの感染は防げない。

イスラエルは、だからこそ4回目の接種を行うわけだし、英国も検討を始めている(たぶんな)。

マクロンは必死だ。

出来ることは何でもやるだろう。

(2022フランス大統領選挙、世論調査でマクロン敗北予想 ペクレス善戦)
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2021/12/2022-8.php

「調査はニュース専門局のBFMとレクスプレス誌の委託で実施。1回目の投票でマクロン氏が23%、ペクレス氏が20%を得票し、決選投票でペクレス氏が52%対48%でマクロン氏に勝利する予想となった。」

ワクチンが手配でき、接種態勢が整うなら、2か月後だって、いや、1か月後だって、接種可能にするかもしれない(そんなあ!)。

意味ないって・・・。

北里大学が、インビトロでの中和抗体の減弱を発表している。

(オミクロン株 国内接種者でもワクチン効果大幅低下か 北里大)
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211227/k10013406211000.html

「ファイザーのワクチンを2回接種して3か月たった人ではオミクロン株に対する中和抗体の値は、デルタ株の場合と比べて平均で72%下がっていました。」

「モデルナのワクチンでは接種後3か月たった人のオミクロン株に対する中和抗体の値は、デルタ株の場合と比べて平均で82%下がっていた」

デルタ株との比較だからな。

絶対的な感染予防効果はさらに低い(米国の調査ではゼロから20パーセント)。

まあ、どうでもいいんですが。

浮沈子的には、この中和抗体の測定を、3か月後に行った点が気になる。

4か月では、検出限界以下だったとか(そうなのかあ?)。

「オミクロン株に対しては、ワクチンを接種した人も基本的な感染対策を改めて徹底する必要がある」

ワクチンじゃ防げないって、ハッキリ言えばいいのに・・・。

オミクロンを狙い撃つ改良型ワクチンが投入されない限り、型落ちワクチンを何度接種しても同じだろう。

重症化予防効果はあるかも知れない。

しかし、感染者は増え続けることになる。

キリスト教文化圏では、クリスマス休暇で検査自体が縮小している。

年明けにまとめて計上される数字が怖いな。

NHKなどは、気になる情報を流している。

(大阪知事 “府内は同じ由来のオミクロン株 感染広がりか”)
https://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20211228/2000055899.html

「大阪府内では、さまざまな経路から由来が異なるオミクロン株が入り込んで広がっているのではなく、由来が同じオミクロン株による感染が相次いでいるとみられる」

NHKは報じていないが、この系統は空港検疫で見つかっているものとは異なるとされている。

(オミクロン水面下で拡大か、大阪
空港検疫と異なる特徴)
https://nordot.app/848505906427576320?c=39546741839462401

「府内で市中感染が確認された新型コロナウイルスのオミクロン株は、ゲノムの特徴が空港検疫で最近見つかっているものと異なるとの分析結果」

「22日に全国で初めて市中感染が明らかになる前から、無症状者を中心に同株への感染が広がっていた可能性」

関西空港で見つかった特徴とは異なるということのようだ。

実際にどういう経路で入り込んできたかを調べるには時間が掛かるだろう。

各県で次々に市中感染が見つかる中で、水際対策が強化される以前から国内に入り込み、静かに拡散していた可能性すらある。

我が国の検疫が茶番であることは、浮沈子が身を持って体験しているからな。

市中感染が確認された都道府県では、無料で検査を受けられる体制をとっている(対象者とかはビミョーに違いますが)。

東京都では、およそ180か所での検査が可能。

浮沈子が棲息する大田区内でも複数の検査場が設定されている。

(検査が受けられる場所)
https://tokyo-kensasuishin.jp/img/business.pdf

ちょろっと受けてみようかな。

回数制限とかあるのかな(未確認)。

<以下追加>ーーーーーーーーーー

(新型コロナ 感染者数 フランスで一日17万人超 過去最多)
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211229/k10013408441000.html

「28日、新型コロナウイルスの感染者が新たに17万9807人確認」

べらぼーめ・・・。

一方、米国ではオミクロンの流行がデルタの収束に繋がるかも知れないという話も出ている。

(新型コロナ「オミクロン株」がデルタ株を駆逐してくれる可能性)
https://gigazine.net/news/20211229-omicron-enhances-neutralizing-immunity-delta-displace/

「オミクロン株に感染した個人で、デルタ株への中和免疫が増加したということは、その人がデルタ株に再感染するリスクが低下している可能性があります。オミクロン株はデルタ株より病原性が低いことを示唆するデータも出ている中、このような結果は重症化を減らすという点でポジティブな意味を持つかもしれません」

毒を以て毒を制する。

経済界を中心に、この手の話はもてはやされるだろう。

オミクロンで規制強化などせず、どんどん流行らせたらよろしい・・・。

まあ、どうでもいいんですが。

「オミクロン株に対する中和免疫の増加は予想通りでしたが、オミクロン株に感染した人たち、特にワクチン接種を受けた人たちがデルタ株に対する免疫力を高めていたことも判明しました。つまり、オミクロン株に感染した人はデルタ株に再感染する可能性が低くなるということなので、もしオミクロン株の病原性が低いかもしれないというこれまでの知見が確かであれば、この結果はデルタ株を克服する上で追い風になると思われます」

ワクチンうってオミクロンに罹ろう!。

運良く死なずに済めば、デルタにも耐性が高まるぞ、と。

米国の状況はめちゃくちゃだからな。

(アメリカ 1日感染者数の週平均が24万人超 過去最多に迫る)
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211229/k10013408691000.html

「アメリカCDC=疾病対策センターによりますと、アメリカ国内で1日に報告される感染者の数は急速な増加が続き、27日時点での1週間平均で24万人余り」

(<新型コロナ>米国で44万人の新規感染、1日当たりで過去最高 欧州でも相次ぎ最多更新)
https://www.tokyo-np.co.jp/article/151606

「27日に報告された国内の新型コロナウイルス感染者が約44万1千人」(フロリダとかは、1週間分まとめて報告しているからな。)

まあいい。

で、近所の薬局に朝9時半に行って、10分でわかる定性抗原検査でも受けようかと思ったら、本日の検査は終了とあった。

予定数量に達すると、受付を終了してしまうようだ。

なーんだ・・・。

無料とかだと、あっという間に殺到して予定数量に達するらしい。

誰でも無料で受けられるとか言って、実態は近所のスーパーのタイムセール並みのショボイ話なわけだ。

やれやれ・・・。

明日も行くけど、どーせ、本日の予定数量は終了なんだろう(開店前に並ぶ気はしないし)。

来年くらいになれば、少しはマトモな検査態勢になるだろう。