🐼ウクライナ降伏不可避:特殊軍事作戦→戦争2022年05月01日 09:56

ウクライナ降伏不可避:特殊軍事作戦→戦争
ウクライナ降伏不可避:特殊軍事作戦→戦争


(5月9日にプーチン氏「戦争」宣言か 英国防相指摘、動員拡大の恐れ)
https://mainichi.jp/articles/20220430/k00/00m/030/165000c

「5月9日の「対独戦勝記念日」に、ロシア軍がウクライナと戦争状態にあると位置付け、軍や市民の大量動員を宣言する可能性」

この場合のロシアとウクライナの線引きがどこかが問題だ。

ドネツクとかその辺りのテキトーな所に線を引いて、こっからこっち(ロシア側)がロシアの領土だということにしてしまえば、ウクライナはロシアに対して攻撃していることになる。

降りかかった火の粉は払いのけなければならない(そんなあ!)。

身勝手で手前味噌もいいところな話だが、侵略戦争というのは、そういうものだからな。

ウクライナ側としては、自国の領土を切り取られることに納得いかないだろうから、当然取り返そうとして攻撃し続ける。

南部の黒海沿岸までロシア側に押さえられれば、国力の疲弊は免れないだろうが、西側は援助を続けるに違いない。

5年先、10年先も続くんだろうか?。

「ジョンソン首相は4月22日、訪問先のインドで、戦闘が「2023年末まで続く」可能性を示唆した。」

そんなもんじゃ済まないだろうな。

浮沈子は当初(2月24日侵攻時点)、3日でケリがつくと見ていたけど、長期化は避けられない情勢になっている。

ウクライナは西側の援助を受けて善戦しているようだが、ロシアの攻撃を遅らせるのがせいぜいで、撃退はおろか食い止めることも出来ないでいる。

ロシアが東部から南部を占領下に置くのは、文字通り「時間の問題」になっている。

西側の報道は、戦争報道にありがちな「味方は勝ってて敵は負けてる」報道だからな。

ロシアがキエフへの電撃侵攻に失敗したのは明らかだが、戦線を立て直して再度攻勢をかけている。

浮沈子が着目したのは、兵站の重要性を十分に認識した運用を行っている点だ。

(ロシア軍は「補給部隊と離れないよう慎重に進軍」…米は「軍事作戦遅れている」と分析)
https://www.yomiuri.co.jp/world/20220430-OYT1T50109/

「露軍が「補給部隊と離れないよう慎重に進軍している」」

「露軍はドンバス地方制圧に向け、親露派武装集団が実効支配している地域、東部ハルキウ州、南東部マリウポリから攻勢をかけている」

手堅い戦術に切り替えてきている。

「露国防省は29日、首都キーウ(キエフ)近郊、西部フメリニツキー州、南部オデーサ(オデッサ)州の合わせて3か所で、鉄道の分岐地点にある変電施設をミサイルで破壊」

「ウクライナ軍の補給能力に打撃を与えようとしているようだ」

味方の補給路を確保し、敵の補給路を断つ。

基本だな・・・。

西側は、当然、それを前提とした対策を立てていくことになる。

列車や車両、航空機などによる多角的な補給網を確保しようとするだろうし、保管場所についても分散したりして、ミサイル攻撃などによる損耗を減らそうとするだろう。

米軍は時間差を掛けて重層的なルートで輸送し、オンデマンドで前線に届くような高度な輸送作戦を立てているのではないか。

もちろん、その間の損耗による分を上乗せしてな。

物量作戦は得意だからな。

まあいい。

じりじりと攻め込まれていく中で、いつになったら終わるかが問題になってくるだろうが、インド中国の支援を背景に、ロシアは戦争継続に対して自信をつけてきている。

どこかで、ポッキリお終いになることはないだろう。

地固めをしながら、10年くらいの時間をかけて、ネコがネズミを仕留めるように、舌なめずりしながらウクライナに攻め込んでいく。

経済制裁が効いているとか、プーチン政権にほころびが見えるとか、西側の報道も、浮沈子から見れば手前味噌に見える。

そりゃあ、20年くらい続ければ、経済制裁の効果も出てくるかもしれないし、プーチンだって不死身じゃないから寄る年波に勝てずに引退するかもしれないけど、その頃にはウクライナは存在していないだろうからな。

先が読めない時間の関数になっちまった長期戦の中で、不確定要素を巡る憶測が渦巻いている。

国際社会(=西側?)を一切信用していないプーチン政権が、間接的な攻撃にへこたれるとは思えない。

国連さえも無視した行動をとり続けるしな。

軍事的な実力だけが、ロシアの侵攻を食い止め、思いとどまらせ、撤退させることが出来る。

このまま事態が進行すれば、10年後にはウクライナはロシアの一部となり、ポーランドなどの隣国は直接ロシアと対峙することになる。

NATOの東方拡大を進めた際に、いつかはそういう日が来ると分かっていたはずだがな。

それが今、現実となっているに過ぎない。

ちょっと過激で、想定外の状況ではあるけどな。

ロシアにしてみれば、手にした領土を非NATO化、非軍事化し、西側との緩衝地帯とすることで自国の安全を図ろうというシナリオなんだが、どうも、やはり、それでは上手くいきそうもないことが分かってきたのかも知れない。

領土的野心はないけれど、言うことを聞かなければ占領するしかない。

5月9日に戦争宣言をするしないに関わらず、ロシアはウクライナを占領しようとするだろう。

どれだけの時間が掛かろうと、どれだけの犠牲を伴おうと、それがロシアの選択だ。

国家の意思とはそういうものだし、それを変えることは容易ではない。

英国は、8000人規模の陸軍を東欧に派遣することにしたそうだ。

(イギリスが陸軍部隊8000人を東欧に派遣 冷戦以降最大の規模)
https://news.yahoo.co.jp/articles/42e7b5505eaa33d30313a29b027ef17ae36b8d1b

「イギリス国防省は29日、今年の夏までに東ヨーロッパ各地で計画されている合同軍事演習に、イギリス陸軍の部隊約8000人を派遣すると発表」

延べ人数かも知れないし、正確なところは分からないけど、英国陸軍(現役8万2千人)の1割を派遣するということになれば、相当な規模になる。

「軍事演習にはNATO(=北大西洋条約機構)のほか、加盟を検討しているフィンランドやスウェーデンなども参加を予定」

西側には、ロシアのウクライナ占領を本気で止める気はさらさらない。

自分ちの庭にトバッチリが来なければ、それでいいのだ。

ゼレンスキー政権は、初めから梯子を外されている。

ウクライナ降伏不可避。

NATOへの電撃加入も、欧州大戦争も起こらなかった。

全ては、ウクライナというコップの中の嵐に留まっている。

それは、西側(=米国?)とロシアとの間に取り交わされている密約(←浮沈子の妄想です)にも沿っている。

ワシントンポストがすっぱ抜いたロシアの外交文書は、米国の高性能兵器の供与が続けば、「予測不能な結果」を招くと警告していた。

それって、核戦争でもなければ、ロシアの欧州侵攻でもない。

第三次世界大戦に至らず、欧州大戦争にもならずに、ウクライナをロシアにくれてやるという「予測可能な結果」が崩れるということなわけだ(そうなのかあ?)。

米国は、どこかでウクライナへの武器援助のバルブを閉めるだろう。

そのタイミングはまだ見えてこない。

当分は、生かさぬように殺さぬように、ウクライナを使ってロシアの軍事力を消耗させる。

英国国防相の見立て通り、ロシアが大っぴらに戦争を唱えて攻勢をかけてくれば、兵站が追い付かないほどの急速な侵攻が始まれば、事実上、補給線は消える。

そういう事態に直ちになるとは思えないけどな。

事態は、文字通り「時間の問題」になっている。

タイミングの問題だろうな。

いつ、どのような形で、どの程度の攻撃が行われるのか。

そのカードを握っているのがロシア側であることだけは間違いない。

<以下追加>ーーーーーーーーーー

(「私たちは彼を打ち負かした」:プーチンの「落雷」の核の脅威によって「ガタガタ音を立てていない」防衛秒)
https://www.lbc.co.uk/news/russia-war-ukraine-ben-wallace-lightning-strikes/

「I think he will try to move from his 'special operation'. 」(私は、彼が彼の『特別作戦』からの脱却を試みようとしているのだと思う。:浮沈子訳)

英国国防省のラジオ番組の元記事。

特殊軍事作戦から戦争への脱却ということは、兵力の増強や戦線の拡大ということなわけだ。

このことについては、別記事も見つけた。

(9日「戦争宣言」か…ロシアがウクライナに 英国防相が示唆)
https://news.yahoo.co.jp/articles/2f722c980ea61b3001c0386e12b766fc2fc32e65

「ロシアが戦争を宣言することによって状況は大きく変わる可能性がある」

「ロシアと軍事同盟を結んでいる国々も参戦を余儀なくされ、戦争が広がって長期化することが懸念される」

「ウクライナにとどまらずモルドバまで侵攻する可能性も」

モルドバも、ウクライナと同じNATO非加盟国だからな(ロシアの餌食?)。

モルドバといえばこれ!。

(恋のマイアヒ)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%81%8B%E3%81%AE%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%92

「モルドバ出身の音楽グループO-Zoneの楽曲。」(歌詞はルーマニア語:モルドバの公用語はルーマニア語)

まあ、どうでもいいんですが。

そのうち、ロシア語版とかも出るのかも知れないな・・・。

🐼自転車ネタ:ブロックダイナモに落ちる2022年05月02日 09:33

自転車ネタ:ブロックダイナモに落ちる
自転車ネタ:ブロックダイナモに落ちる


安易な選択をしたかもしれない。

愛車フェラーリ号(←勝手に浮沈子が付けた宮田のママチャリの名前:20年以上乗っている電動アシスト自転車)のライトが壊れてから数年間、秋葉原で買ってきたLEDライトをビニール袋に入れて使っていた。

無灯火で走るわけにはいかないからな(安全上の問題)。

一時期、無灯火の自転車が減ったんだが、最近はまた増えてきている。

昼間点灯もする浮沈子は、できれば走行抵抗が少ないハブダイナモにしたかったんだが、とりあえず、応急的ということで、最近流行りのLED式のブロックダイナモを付けた。

(MLA-8 マグボーイ)
https://www.rinei-web.jp/product_detail/?cid=106&pid=4251

大井町に行く途中で見つけた自転車屋さんが選んでくれたのは、丸善のマグボーイ(グレー:色は浮沈子の希望)。

走行を止めて暫くは、ランプ両脇のオレンジ色のLEDが点滅して、ポジションを表示するというスグレモノ(内蔵のコンデンサーの劣化とかにもよるかも知れないが、今のところ2分以上点滅している。だんだん、点滅の間隔が短くなり、光量が減って消えるパターン)。

ネットで見ると、税別2500円くらいで、さらに送料がかかるから、店頭で2980円税込取付工賃込みというのは納得の価格だ(別売のフロントフォークに付ける取付用ステーは不要でした:既存のライト用ステーを使用可能だったため)。

こういうのは、自分で選ぶのも楽しみのうちなんだが、結局、役に立たないものを付けて後悔することになるからな(今回はお任せでした)。

で、LEDで発電量が小さくても済み、ゴムローラーで音も気にならないという評判だったが、浮沈子的には期待したほど抵抗が少ないとは感じなかった(期待がデカ過ぎたのか・・・)。

走行抵抗は、それなりにしっかりとある。

音は、確かに昔の発電機に比べれば小さいが、無音ではない(ウーという低いうなり音が聞こえる)。

ハブダイナモに変えるまでの繋ぎと考えておくのがいいかも(乗り慣れれば、このまま行く可能性も)。

或いは、ハブダイナモが故障した時の予備とか。

光量は、都心で乗るのには不自由はない。

そもそも街中で無灯火の自転車が多いのは、自転車に乗る側としては明るさの面では不自由を感じない街灯が整っているから。

街灯もない真っ暗な道を走るわけじゃない。

そんなのは、ゼロビジの水中洞窟をラインコンタクトなしで泳ぐようなもんだからな(例によって、レア過ぎて例えになってないけど・・・)。

まあ、どうでもいいんですが。

構造を詳細に見てみると、ゴムのローラーはリムに接触していて、昔のようにタイヤ側面の摩擦を使っているわけではない(使わない時は離しておいた方が、圧着に伴うゴムローラーの変形は抑えられるかも)。

発電機は、リムに押し付けるバネを内蔵したボックス状の部品と一体になっていて、ボックスから金属製のステーでライトを支えている(発電機とは別体です)。

発電機の底部からは、細い電線が1本出ていてランプ底部と結ばれている。

1線式だから、ベース電流の方は金属製のステーで導通しているわけだ。

浮沈子は昼間も点灯して運用するつもりだから、耐久性とかも確認できるだろう。

走行抵抗が増えるのは、電動アシストで補う(うーん、意味ねー・・・)。

自転車に乗るのは、もちろんリーズナブルな時間で移動するためだが、有酸素運動も兼ねている。

最近は、平地では電動アシストを切っているしな。

発電機の抵抗は、ちょうどいい負荷になるかも知れない(んなら、アシスト切ればあ?)。

まあいい。

暫く使ってみて、何かあればまた書く。

🐼HLS:スターシップとNASAは道連れ2022年05月03日 21:51

HLS:スターシップとNASAは道連れ


(SpaceXのエンジニアは、NASAがスターシップの「重要な」機能を計画する必要があると述べています)
https://arstechnica.com/science/2022/05/spacex-engineer-says-nasa-should-plan-for-starships-significant-capability/

「Starshipは、月面に100メートルトンを供給することができます。」

本当にそれが出来るなら喜ばしいことだが、捕らぬ狸の皮算用もいいところだ。

2026年とか2028ねんとか、いや、今世紀中は無理だとか(そんなあ!)、いろいろ遅延が予想されるアルテミス3だが、S社はその先を見ている。

「NASAはすでにスターシップに賭けています。アルテミスの有人宇宙飛行システムとして選択されたことで、大型の最先端のビークルは、NASAの半世紀で最も野心的な有人宇宙飛行プログラムである月に人間を着陸させるためのクリティカルパスになりました。そして、NASAの宇宙飛行士がスターシップが成功することを賭けているなら、宇宙機関の残りの部分もおそらく成功するはずです。」

賭けに負けたらどうなるのか。

スターシップの開発に失敗し、HLSが出来なかったら?。

訴訟を起こして7か月の遅延をもたらしたジェフベゾスが正しくて、イーロンマスクがただの大ぼら吹きだったらどうなるんだろうか?。

もちろん、次に月面に着陸するのは中国になる。

米国の威信は失墜し、月軌道を回って帰って来るだけのSLSとオリオンの飛行だけに留まる。

有人火星探査なんて、夢のまた夢に終わる。

米国は、巨大な使い捨てロケットであるSLSだけをうち上げる能無しの宇宙開発国になるわけだな(そうなのかあ?)。

まあ、ファルコンシリーズとか、バルカンロケットは飛ぶだろうけど。

おっと、もしかしたらスターライナーも飛ぶかもしれないけどな。

でも、クルードラゴンやスターライナーでは、火星はおろか月にさえ行けない。

「実際には、SpaceXは、飛行に値する惑星間輸送システムを提供する準備が整う前に、依然として大きな技術的課題に直面しています。」

完全再使用ロケットの登場は、確かに画期的な出来事になる。

スターシップのような、巨大ロケットであればなおさらだ。

SLSに匹敵するペイロードを、少なくとも毎週打ち上げることが可能になる。

年間50回。

実際、S社は今年、毎週1機のペースでロケットを打ち上げ続けている。

(SpaceXは、2022年に週に1基のファルコンロケットを打ち上げる予定です。)
https://www.teslarati.com/spacex-weekly-falcon-launch-cadence-2022/

「SpaceXは、2022年の17回目の打ち上げ– Starlink 4-16 –を4月29日に達成し、年の最初の4か月を、平均して1週間にほぼ正確に1回の打ち上げで締めくくりました。」

再使用か使い捨てかの最大の違いは、その打ち上げ頻度の問題になる。

金をいくらつぎ込んでも、巨大な使い捨てロケットを高頻度で打ち上げるわけにはいかない。

ICBMとかでなければ、そういう運用は想定されていないわけだからな。

まあ、それでも、やろうと思えばできるかも知れない。

毎週1回、SLSがうち上げられるとは思えないけどな(毎週1回スターシップがうち上げられるかどうかはもっと怪しいかも・・・)。

例えば、地球周回軌道上に自重100万トンの巨大な太陽発電衛星を建造しようとしたら、それこそ1万回もの打ち上げが必要になるけれど、そういうのはSLSではムリポだろう。

現実的な時間の中で、実現するとは思えない(年1回の打ち上げでは、1万年もかかってしまう)。

毎週打ち上げてもまだ足りない。

地球上のあちこちの射場から、毎日10機くらいうち上げないと、3年以内に建造することはできない。

たった100万トン(巨大タンカー3杯程度)の建造物でさえ、それだけの手間暇がかかる。

HLSの場合は、もっと複雑だ。

地球低軌道に本体をうち上げた後、タンカー仕様のスターシップをうち上げて、月着陸用の燃料を補給しなければならない。

何回の補給で足りるかは、ミッションにもよるだろうが、最大8回程度と言われているからな。

高頻度の運用を行うためには、軌道上に燃料を貯蔵しておく必要もある。

月面基地なんて作ろうと思ったら、そういうインフラを整えて、べらぼーな手間暇掛けて取り組まなければならない。

ISSの1万倍くらいかな。

数人が滞在する程度の掘立小屋なら別だけど、数百人が生活する本格的な月面基地ということになれば、とてもとてもHLSが想定するロジでは運用できない。

S社の技術者とやらは、なーんも考えていないということなわけだ。

火星移民というのが、どれ程浮世離れした話かは、想像に難くない。

ちなみに、霞が関ビルの重量は、約10万トンと言われている。

異星に都市を築くなどというのは、夢の中だけの話だ。

人類は、大人しく地上に留まっているのがよろしい。

100トンのペイロードなんて、雀の涙のようなもんだ。

ちょっと考えただけで、人類の宇宙開発にとっては大した影響を与えないことが分かる。

しかし、先のことは分からない。

スターシップよりも、はるかに効率的に宇宙にアクセスできる手段が開発されれば話は別だ。

ワープとか、反重力装置とか、そういう類のやつだな(そうなのかあ?)。

もちろん、現地調達(In situ resource utilization)出来る物は、可能な限り利用するしかない。

鉱山丸ごとワープさせて、現地で採掘してもいいけどな・・・。

🐼減量ネタ:我田引水:運動するように進化していないことを確認2022年05月03日 22:41

減量ネタ:我田引水:運動するように進化していないことを確認


(科学に裏打ちされた「運動したくないときにモチベを高める方法」10選)
https://gigazine.net/news/20220503-how-improve-motivation-exercise/

「運動に関するモチベーションを考える上で最初に考慮すべきは「人類は運動するように進化していない」という点だ」

「人類の歴史は食べ物不足の歴史と言っても過言ではなく、我々人間は何千年もの間にわたって「食べ物を探すために移動し、食事を終えたら次の食べ物が得られる方向がわかるまで休息してエネルギーを節約する」という行為を続けてきました。」

「「ジムに行くよりNetflixでも見ていたいな」と考えてしまったとしても、自分の体がごく自然な欲求に従っているだけなので、まずは安心するべき」

浮沈子は、ここまで読んで、早速、このブログ記事を書き始めた。

我田引水・・・。

得意ですな!。

ここから先は読まなくてもいい(そんなあ!)。

タイミングよく、明日はフィットネスの休館日だし。

罪悪感を感じないで、サボることが出来る。

「「運動で大事なのは日々の積み重ね」といったフレーズを耳にタコができるほど言われても、「今日はいいや……」という気分の日もあります。」

毎日がそんな日々の中で、8日に一度の休館日こそ、萎えた気持に鞭打って自転車にまたがることなく、心置きなく休むことが出来る。

基本的に、雨の日は行かないしな(たまには、雨合羽着ていくことも)。

別に、モチベーションを高める方法なんて、読みたくもない・・・。

◆1:何のために運動するかを考える
◆2:友達を誘う
◆3:自分へのご褒美を設定する
◆4:フィットネストラッカーを購入する
◆5:毎日同じ時間に運動して習慣化させる
◆6:楽しい種目に専念する
◆7:最初はほどほどにする
◆8:テンポの早い音楽を聴く
◆9:イヌと散歩する
◆10:達成できなかったら募金するといった金銭的な罰則を設定する

1、3、5、6、7は実践している。

目的はダイビングを続けるためだし、自分へのご褒美は爆食爆睡(目標達成の有無に関わらず!)、最近、出足が遅いことがあるけど、なるべく早い時間に出かけるようにしているし、自分が使い慣れたマシンや泳法以外はやらない。

強度や回数、時間は、最初からほどほどにしているけど、その日の体調と相談しながら過剰にならないようにコントロールしている。

フィットネストラッカーは効果的かもしれないけど、その代わり、毎日体重計に乗っている。

今日の計量は、68.6kg。

目標体重より、10kg以上多い。

来年の誕生日(65歳)までに達成しようと考えている(去年もそう言ってた気がするんだがな)。

音楽を聞きながらというのも性に合わないし、イヌも友人もいないからな。

ライバルは昨日の自分だ(一昨日の自分には勝てないから)。

金銭的罰則は、寄付ではなく、食費に消える(罰則じゃないような気も・・・)。

まあいい。

「運動習慣を身につけるためには3~4カ月かかるとされており、一度運動習慣が身についた後は自発的に運動を続けられるようになります」

週に一度の水泳教室には、医者通いやダイビング、体調が余程悪くて出られない時などでなければ、欠かさず参加することにしている。

それだけは習慣になっている。

人類は、運動するように進化していないというのはなかなかの名言だな。

今回の記事では、そこだけ頂こう・・・。

🐼自転車ネタ:テールライト電池交換:あと12個もあるんだがな2022年05月03日 23:19

自転車ネタ:テールライト電池交換:あと12個もあるんだがな


ブリヂストンのテールライトの電池をLR44に替えて、昼間点灯するように太陽電池とセンサー部分を黒テープで覆ってしまった話は、ずいぶん昔に書いた。

(本末「点灯」)
http://kfujito2.asablo.jp/blog/2016/11/21/8257785

「ソーラー充電式の自転車用テールランプについて、何を血迷ったか、純正の充電用ニッケル水素電池を100均で買った一次電池に交換してテストするという暴挙に走った話は、昨日既に書いた」

「実際、手持ちの黒い布テープをベタベタに貼り付けてみて分かったのは、夜間だけ発光させるための光センサーが上面に付いているので、それも覆ってしまうことになるという想定外の事態になった。」

「昼間、発光してしまうというのも、電池の消耗は伴うが、後方の視認性が高まることから、安全性の向上にも寄与しているので、デメリットばかりではない。」

今回は、電池交換と共に、黒テープも追加して上から貼った。

バッチリだな。

見つけた自転車屋さんによれば、後はサドルだけだという。

表皮が破れて、100均のカバーを付けた上からコンビニ袋を被せている(あるある・・・)。

見映え最悪だが、運用上は快適だ。

ブロックダイナモも、今のところ快調に動いているので、取り立てて不満はない。

バックアップライトなどを収納しておくポーチが欲しいところだな(布製の袋に入れて携行)。

ドリンクホルダーも必須だ。

が、まあ、前かごの中に放り込んでおけばよろしい。

余りゴチャゴチャしないのがいいな。

浮沈子的には、自転車の修理改造は一段落だ。

後は、前輪のハブが寿命になったらハブダイナモに移行する。

今付けているブロックダイナモは、予備に取っておくことにしよう。

それまで持てばの話だけどな・・・。