🐱水泳ネタ:腕枕でブレスせよ2022年10月04日 07:58

水泳ネタ:腕枕でブレスせよ


月曜日の15:00からは、新しく始まった上野センセのクロールブレス。

このコースは、以前はクロールベーシックで、まあ、やってることは同じような感じだ。

蹴伸び、バタ足までは全く同じ。

呼吸に特化したメニューとしては、この後、キック板を用いて、顔を横向きにあげる練習。

呼吸側の腕は体側。

反対側の腕をキック板に置いて、肩の開き(前後動?)を意識しながら、顔を横向きにする。

その際に、反対側の二の腕に耳の後ろ(後頭部?)を乗せる感じで行う。

腕枕だなあ・・・。

顔を横向きにするという点と、その際に頭を起こさない点を意識させるにはいい方法かもしれない。

次は、それを、呼吸する側の腕を回しながら行う。

本来なら、この後、キック板を外して同じ片手クロールによる呼吸を行うところだが、参加者が14人もいて大盛況で時間が足りず、これは飛ばしてふつーのクロールで泳いでお終い。

本日のミッションは、腕枕でブレスせよ!。

うーん、ややインパクトに欠けるし、実際に呼吸する際は腕や肩が動いているわけだから、のんびり腕枕している暇はない。

その辺りの動的なノウハウは、これからの指導に期待だ。

浮沈子は、25mなら通常はノーブレで泳ぐ。

呼吸する方が苦しい(そんなあ!)。

水、飲むし・・・。

ブレス、嫌い!。

苦手なブレスを克服するために、暫くはこのコースを続ける。

目標は、左右交互に3かき毎に1回のブレスを入れながら、ストレスなく25m泳ぐこと。

もちろん、今でもやればできるけど、水呑みまくりで息が苦しい(ブレスして息切れしてどーする!?)。

まあいい。

ジジイになっても、新しいことに取り組む(周りもババ達だけど)。

皆さん熱心だ。

ジジババの水泳は競争じゃない。

ライバルは、昨日の自分。

新しいことに取り組む意欲に溢れている。

出来ても、出来なくても、チャレンジすること自体が喜びなのだ。

挑戦者たち・・・。

これまでの長い人生でも、挑戦を繰り返してきたベテランぞろいだ。

挫折の経験にも不足はない。

クロールのブレスが多少上手く出来なくたって、そう簡単に諦めたりはしない。

その意味では、14人のメンバーが減ることは当分ないだろう。

まあ、ジジババだからな。

腕枕ならぬ北枕で、ぽつぽつと減っていくことだけは間違いない・・・。