🐱クローム:リモートデスクトップ:ノートパソコンの蹉跌 ― 2023年06月21日 12:58

クローム:リモートデスクトップ:ノートパソコンの蹉跌


昨日繋がらなかった大井町ジェクサーのWi-Fiに、今日はあっさりつながったA315(ワケワカ・・・)・。

蓋を開けて、設定を確認しようとしたら、既に繋がっていた(昨日は、有効な接続数の制限とか掛かっていたのかも知れない:未確認)。

このウィン11に上げたノートを持ち歩くのは、無難で面白みがなくチャレンジもトライも新味にも欠け、実用一点張りなダサい選択だ。

こうして、自宅のメイン機(A220)に入っているだけが取り柄だ(それって、取柄なのかあ?)。

しかも、昨日、アローズのインナーケースを100均で買うついでに、2.0の老眼鏡も買い求め、それをかけて打っている。

老眼対策として15.6インチのモニターに拘ったんじゃなかったっけえ?。

快適だ・・・。

可搬性を考えれば、13インチくらいの普及モデルでも、なんなら10インチ程度でも、2.5くらいの老眼鏡(値段は同じです)にすれば十分対応可能だ。

いずれにしても、アローズをルーター代わりに持ち運ぶことになれば、そのメニューを読むには老眼鏡が必須になる。

折り畳み式の虫眼鏡も考えているんだが、究極の選択だからな(自宅では既に必須のアイテム!)。

A315を持ち出す際の重大な決意は、今のところウエイトトレーニングの一環としてクリアしているが、それは邪道だ。

現代の矢立として、徒然に与太ブログを綴る道具としては相応しいとは言えないな。

10インチの型落ちアンドロイドタブレットであるアローズ(F-04H)は、今のところこれといった瑕疵はない。

クロームのバージョンが106までしか上がらないとか、そういうのは想定の範囲内だからな。

最低要件として、グーグルリモートデスクトップのクライアントに成れればそれで十分だ(Wi-Fiモデルでも良かったけど)。

低速シムで繋がり、テザリングに使えたのは余禄だ(アローズはドコモのシムロック解除版だし、浮沈子が契約している低速シムはドコモ系だから当然か)。

液晶(有機EL)も綺麗で、お店では「色むらがある」といわれたが、浮沈子の安物単焦点人工眼内レンズを入れた目には、全く認識できない。

どうせ、2枚持ちで運用するなら、アローズだけでも良かった気がする。

もちろん、そのためにはブルートゥース接続のキーボードを持ち運ぶ必要が出てくる(まだ、叩きつけて壊してはいません)。

ノートパソコンは、お仕着せとはいえ、キーボードが付いているからな(トーゼンですが・・・)。

浮沈子は、インターネットに繋がってホームページの閲覧ができるワープロが欲しいわけだから苦労が絶えない。

まあ、理想を言えば、衛星通信もできて、13インチ以上のモニターが付いていて、キーの幅にも余裕のある打鍵感がしっかりあるキーボードがあれば言うことはない。

昼時なのに、今日はラウンジは比較的空いている(2、3人くらいか)。

のんびりと与太ブログを打っていても気を遣うこともない。

展示販売のおばちゃんが、クエン酸飲料(つーのかあ?)の宣伝をしているので、それが気になる程度だ。

2杯目のコーヒーでも飲んで、午前中の水泳教室の疲れを癒しながら、午後の筋トレの英気を養うとしよう・・・。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
kfujitoの徒然の筆者のペンネームは、
「○○子」です。
○○を記入してください。

コメント:

トラックバック