🐱水泳ネタ:クロールの呼吸に苦しむ ― 2023年08月02日 22:34

水泳ネタ:クロールの呼吸に苦しむ


浮沈子は、クロールの呼吸(ブレス)ができない。

いや、できないわけではないんだが、ブレスを入れると泳ぎが止まる。

水も飲む。

むせる。

鼻からも水が入る。

25m泳ぎ切ることができない。

ブレスしなければ?。

25mは、簡単に泳げる。

ノーブレの方が楽だ・・・。

で、今年の目標として、25mをブレスで泳ぎ切ることを掲げている。

基本は右呼吸なんだが、右肩の腱板炎もあるので、左右呼吸を目指している。

今でも、呼吸している振り(って、何なんだあ?)は出来ている。

息はしてないけど、顔を上げて水面に口を出すところまでは出来ている。

水中で息を吐いていないし、水面に出した口を開いているけど、気道は閉じたままだ。

鼻から息を吐くと鼻から水が入ってくるし、口から息を吐くと口から水が入ってくる。

やれやれ・・・。

ちなみに、浮沈子は背泳ぎでもノーブレだ(なんでや!?)。

水面で息をすると、苦しいからな。

息をしている泳法は、バタフライと平泳ぎくらいか。

まあ、それも怪しい・・・。

クロールの呼吸法の練習として、今日教わったのはサイドキックなんだが、頭が水没しているので練習にはならないことが分かった。

片手を前に出し、反対の手を体側にしてバタ足しながら、首を横に回して呼吸するという練習だ。

出来ない・・・。

口が水面に出ない。

まあいい。

前に出している手で、水を下に押すというのがコツらしいんだが、浮沈子の場合は水底に向かってどんどん沈んで行ってしまうからな(沈むのは得意ですが!)。

んじゃあ、呼吸どころじゃないだろうが!。

新しい水泳教室のセンセからは、呼吸するときにはバタ足をしっかりするようにアドバイスを受ける。

推進力を維持するということらしいんだが、浮沈子はどんどん深みにはまっていく。

泳いでいる時の姿勢が問題だな。

頭下がりになっていて、キックすればするほど深く潜っていく。

顎を引き、頭頂部を前方にして、目線は真下にするというが、首の構造に問題があるんだろうか。

ふつーにバタ足しても、水底に向かってしまうからな。

バタ足系の呼吸は鬼門だ。

何か、きっかけを掴んでこの難行苦行から脱出しなければならない。

毎日の練習の最後には、自分へのご褒美としてノーブレで25m泳ぐ。

楽ちん!。

息も切れないし、水も飲まない。

腕の掻きも少なくなって、最近は14ストロークで対岸に辿り着けるようになった。

呼吸を入れると17くらいか。

左右だと右3回、左2回にプラス2回くらい(3×5+2=17)。

まあ、どうでもいいんですが。

ブレスすると苦しい!。

今年は、何としてもこの状況から解放されたいな・・・。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
kfujitoの徒然の筆者のペンネームは、
「○○子」です。
○○を記入してください。

コメント:

トラックバック