🐱フル23-24:大幅に増加2023年10月27日 01:40

フル23-24:大幅に増加
フル23-24:大幅に増加


(【速報】インフルエンザ患者数 前週比大幅増)
https://www.khb-tv.co.jp/news/15039165

「16日から22日までの1定点医療機関あたりのインフルエンザの患者報告数は「21.74人」」

「前の週の「16.19人」から大幅に増加し、高い水準が続いています。このうちおよそ7割を14歳以下の子どもが占めています。」

(インフルエンザの流行状況(東京都 2023-2024年シーズン)
更新日:2023年10月26日)
https://idsc.tmiph.metro.tokyo.lg.jp/diseases/flu/flu/

グラフ(画像参照)をみると、前週からの増加が激しい。

(モデルナ公表の季節性インフルエンザ患者数推移(東京))
https://moderna-epi-report.jp/region/tokyo.html

診療ベースの推計値が上がってきていることから、まあ、想定の範囲内という感じだ。

このまま、メインの流行になるかもしれないなあ。

都内流行マップを見ると、都心部では少ないが、周辺で増えてきている。

7割が14歳以下ということだから、子供の分布が影響している可能性もある(未確認)。

浮沈子が参加している水泳教室のインストラクターの話では、学級閉鎖どころか学校閉鎖になっちまっているところもあるという。

んでも、水泳には来ているわけだからな。

そこで、うつしっこしてるかもな(インフルでも、新型コロナと比べれば割合は少ないながら、無症候性キャリアからの感染もあります)。

まあいい。

このまま、モデルナ公表のデータからは、一気に警報レベル(定点当たりの患者数が30人以上)に爆増する感じはないが、流行レベルを維持しながら、じりじりと増えていく可能性は高い。

気温の低下に伴う免疫の減弱、乾燥に伴う呼吸器系の感染しやすさの増加、行楽シーズンの進展での交流増加など、全国的にも減少する要素はないからな。

一方で、第10波に入ったはずの新型コロナは、まだ、じりじりと下がり続けている(別稿で書きます)。

東京都の推定感染者は、既に2000人を切ってきて、1800人台になっている。

陽性率も12パーセントと、目安である10パーセントに迫っている。

第9波は、ほぼ、完全に収束するかもしれない。

ベースラインが十分に下がっていれば、この冬の流行の規模がある程度抑えられる可能性もある。

まあ、何とも言えないな。

先行して流行期に入っているインフルエンザの状況は、新型コロナにとっても不気味な要素だ。

オミクロン系は、上気道感染が得意(!)だから、気管支にダイレクトに達するインフルエンザのパターンとは異なる(初期症状から咳が出る)。

インフルの流行と、新型コロナの流行との関連についてのエビデンスはない。

つーか、新型コロナの感染予防策が奏功して、この間、インフルの流行が抑えられていたわけだからな。

その感染予防策を取っ払っちまった、最初のインフルシーズンということになる。

やれやれ・・・。

お約束通り、インフルの流行は続いている。

つーか、この夏は、流行が完全に収束することなく、「秋の流行」シーズンとなってしまった。

増加を続ける季節性インフルがどこまで増え続けるのか、下降し続けている新型コロナが、どこで反転するかに注目している。

両方ともワクチンはうったし、あとは感染予防策を徹底して、横目で流行状況を眺めながら、罹患しないように心がけるだけだ。

とりあえずは、メキシコ行きまでの間、罹患せずに過ごせればそれでいい。

もちろん、行っちまってから、向こうで感染すると厄介だけどな。

無事に帰国を果たせれば、後は野となれ山となれだ(そんなあ!)。

帰国は12月中旬になるけど、その頃はダブル流行の真っ盛りかもしれない。

まあ、どうでもいいんですが。

この冬、いずれかの感染症には捕まるだろう。

両方とも罹らずに済めばそれに越したことはないが、流行の規模によっては難しいかもしれない。

クリスマス、年末年始、年明けの連休、ワクチン効果(特に、感染予防効果)の経時的減弱、流行の拡大などなど。

帰国後はフィットネスも控えめにして、思いっきり引き籠ろうと考えていたら、2月にダイビングのお誘いが掛かった。

うーん、どうしようかな・・・。

虎穴に入らずんば虎子を得ず(ちょっと違うような気も)。

虎穴に入っても虎子は居ず、だったりするかもしれない(意味不明)。

テクニカル系のトレーニングダイブ中心から、徐々に、ふつーのレクリエーショナルダイビング中心へとシフトしつつある。

お誘いを受ければ、なるべく断らずに参加しようと思っているけど、リスクを伴う時期だからな。

2月かあ。

ちょっと、熟考してから返事することにしよう・・・。