失敗の原因2017年07月20日 20:34

失敗の原因


(【WEC】トヨタ「これからの5戦で勝利し、タイトルを獲得する」)
https://jp.motorsport.com/wec/news/wec-%E3%83%88%E3%83%A8%E3%82%BF-%E3%81%93%E3%82%8C%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%AE5%E6%88%A6%E3%81%A7%E5%8B%9D%E5%88%A9%E3%81%97-%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%AB%E3%82%92%E7%8D%B2%E5%BE%97%E3%81%99%E3%82%8B-932865/

「我々はチャンピオンシップを勝利しようと試みている」

果たして、そう上手くいくだろうか?。

言っちゃあ悪いが、トヨタは手こずるだろう。

原因が分かっていることと、それを改善することが出来ることとは、天と地ほどの違いがある。

「不利なレイアウトのニュルブルクリンクでトヨタがその性能を実証した」

いいだろう、確かにスパではワンツーをもぎ取った。

だが、それは相手(ポルシェ)が、まだハイダウンフォースモデルを投入する前の話だ。

ポールポジションは確かにトヨタが取ったが、レースそのものは惨敗(車両の破損とはいえ)。

「レース中エアロにダメージを受けた7号車トヨタは、首位から1分遅れで3位。一方、フォーメーションラップ中に燃料ポンプのトラブルを抱えた8号車ポルシェは5周遅れで4位だった。」

「今回は気温はポルシェに適していた。しかし、我々も天候に左右されている時点で、十分な体制を敷いたとは言えないだろう。」

そう、原因は分かっている。

エアロパーツのダメージを受けづらくし、燃料ポンプの不具合を解消し、タイヤチョイスを完璧にすれば、メキシコとオースチンで勝てるというのかあ?。

そこでは、別のパーツが損傷し、違う部品が壊れ、完璧なドライブをするはずだった人間に起因するミスが生じる・・・。

ポルシェだって、同じことが起こる。

浮沈子は、ルマンの状況を見ていて、あることに気づいた。

中盤から終盤にかけ、トップを走っていた1号車が壊れることを想定して、2号車のペースを決めていたのではないか。

もちろん、ワンツーを狙っていたんだろうが、それだけではないような気がする。

最低でも優勝・・・。

盤石なだけではダメなのだ。

盤石でもトラブルは発生するし、人間の行為である以上、ミスは起こる。

もちろん、形あるものは全て壊れる運命にある。

マネージしているのは、目に見えるものだけではない。

もちろん、気温とか路面温度とか天候とか、そういうことではない。

人間の心理とか、ファイティングスピリットとか言うことでもない。

レースそのものをマネージメントできるかどうか。

オーケストラの指揮者のようなもんだな。

生演奏である以上、チョンボは起こる。

練習の時には出なかったミスもある。

音量が足りないとか、デカすぎるとか、テンポがずれるとか・・・。

個々のトラブルは、想定の範囲内だ。

しかし、オーケストラという楽器を十分に鳴らし、作曲者の意図に指揮者の洞察に満ちた解釈を施した演奏は、聴衆の心を打ち、万雷の拍手を得る。

「最も困難なレースで、想定よりもいいパフォーマンスを発揮することができた。」

そうじゃない。

最も困難なレースで、最低でも優勝をもぎ取るのが実力の証だ。

「クルマのパフォーマンスには満足することができた」

個々の要素に目がいっているようでは、チャンピオンシップは望めないのではないか。

「常に難しいレースであるニュルで、想定以上に良い結果を得ることができた」

志が低いな・・・。

「・・・よってポルシェは勝利に値するのだ」

この結語だけには、浮沈子も同意する。

常にチャレンジャーとして戦い、敗れることに慣れ過ぎてはいないか?。

「我々にとってトラックは暑すぎた」

そうではない。

レースにおいて、トヨタは温過ぎるのだ。

喝ーっ!。

さて、次回のレースで、ぶっちぎりでワンツー出来たら、少しは見直すんだがな・・・。

身がすくむほどの恐怖2017年07月20日 19:57

身がすくむほどの恐怖


(大型ロケットFalcon Heavyの初打ち上げは「リスクを伴う」 SpaceXのマスクCEOが講演 (1/2))
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1707/20/news100.html

「火星行きは気弱な人には向いていない。リスキーで、危険で、不快で、死ぬ可能性もある」

「皆さんは行きたいですか。“あり得ない!”という人が大半だろうが、中には“もちろん!”という人もいるだろう」

不満分子はいつの世にもいるのだ。

まあいい。

ファルコンヘビーでも危険なのだ。

そのエンジンの数は27(+1:2段目)にも及ぶ。

火星行きの有人ロケットは、更に多数のエンジンを積む。

もちろん、数の問題じゃない。

「3〜4年後くらいには、もっと小型のFalconロケットに乗ってISSに行きたい」

んだよ、自分は安全性が立証されたファルコン9(たぶんブロック5?)で地球低軌道までかあ?。

「9月にオーストラリアで開催されるカンファレンスで最新の火星計画を披露する」

あれから1年。

それまでにファルコンヘビーが上がっていれば、多少なりともインパクトはあるかもしれない。

そういえば、去年の発表は、発射台で大爆発起こした直後だったからな。

今年も9月か・・・。

縁起がいいとは言えないな。

まあ、どうでもいいんですが。

で、ドラゴン2による初の有人飛行は、もちろんファルコンヘビーで行うわけではない。

ちゃあんと、安全性を確認したファルコン9で行われる。

NASAの宇宙飛行士が乗るわけだからな。

そう簡単に爆発してもらっては困る。

その直後には、ヘビーにドラゴン2着けて、月周回に投じる。

それは、確かにリスキーだな。

しかし、スペースシャトル(実際に宇宙に行ったコロンビア号)は、初飛行でいきなり人間を乗せている。

それに比べれば、遥かに安全といえよう。

そうはいっても、27発のエンジンの同時点火というのはリスクを伴うことは確かだ。

しかし、クラスター化したエンジンは、それだけ余剰の推力を持たせているわけだから、故障したエンジンの代わりに、他のエンジンの燃焼時間を延ばすなどの対応が可能だ。

うーん、ビミョーだ。

ラプターエンジンが完成すれば、ファルコン9やファルコンヘビーのエンジンも換装される可能性がある。

推力の増強をそのままペイロードの増加にするのか、数を減らしてシンプルにするのかは不明だ。

推力は現行の3倍くらいになるというから、1本3基で上がることになる。

ヘビーの場合、合計9基のエンジンを管理するわけだから、現行と変わらなくなる。

でも、その代わり、1基故障したときのリカバリーは困難になるだろう。

ヘビーなら、まだ挽回できるかもしれないが、9だと3分の1を失うことになるからな。

それにしても、ヘビーのリスクを宣伝して観客を集めようというのはいい度胸だ。

「Falcon Heavyにはたくさんのリスクがある。軌道に到達できない可能性も非常に高い。“major pucker factor(身がすくむほどの恐怖)”という表現がぴったりだ」

「聴衆に、Falcon Heavyの打ち上げを見学しにケープカナベラルに行くよう促し、「ワクワクする体験になること請け合いだ」と断言すると、会場から大きな笑いが巻き起こった。」

浮沈子も、可能なら見に行きたいな。

間違いなく、壮大な見世物になるだろう。

両側のブースターと真ん中のコアステージが着陸する様を見てみたいものだ。

しかしなあ、その一方で、グィンショットウェルは、既に成功している技術の組み合わせだとか言ってたっけ。

どっちなんだあ?。

たぶん、どっちも本当だろう。

ロケットは博打だ(爆竹みたいなもんだしな)。

やってみなければ分からない。

爆竹みたいになっちまうかもな。

バーン・・・(木端微塵)。

27本(+1)だからな、何かあればド派手なことになるのは、間違いない。

バババババババババ、バババババババババ、バババババババババ、バーン(最後は、2段目)。

失敗するかもしれない打上げさえ、見世物にしてしまう商魂の逞しさ。

旧ソ連だったら、秘密都市(閉鎖都市)からこっそり打ち上げて、失敗したら打ち上げそのものをなかったことにして、責任者をシベリア送りにしてしまうところだ(そうなのかあ?)。

いや、それより気になるのは、9月に発表される火星計画のブラッシュアップの方だな。

「最新の計画では、宇宙船の小型化を図るが、それでもまだ大きいは大きいという。」

100人乗りの宇宙船の小型化って、どんだけにするつもりなのか。

10人乗りにしましたとか言って、笑わせるんじゃないだろうね。

浮沈子的には、その位にしないと成立しないんじゃないかと思ってるんだがな。

でもって、数打つわけだな(下手な鉄砲かよ・・・)。

例えは悪いんだが、まるでガス室送りにされる捕虜のような感じだな。

身ぐるみ剥がされて、宇宙船に押し込められて、ドカーン・・・。

行先はどっちにしても変わらないかもしれない。

上手く打ち上げられて辿り着いたとしても、その先に待ち受けているのは生き地獄の日々だ。

「リスキーで、危険で、不快で、死ぬ可能性もある」(再掲)

浮沈子は気弱だからな。

絶対向いていない。

一体、どんな人が手を上げるんだろうな・・・。

500E入院2017年07月20日 18:44

500E入院
500E入院


異音が出ている。

発進するときに、ギギッという音の後、カタカタし出して、回転の上りと共にピッチが上がっていって、ロードノイズに埋もれていく。

左後輪の辺りからの音だ。

つーか、その辺から出ているように聞こえる。

500Eは、全世界的に左ハンドルしかないので、右側で聞くわけにはいかない。

窓を全開にして、左側に塀とか壁があるとハッキリと聞き取れる。

ハブベアリングかあ?。

金川さんの話では、サイドブレーキの引きずりの可能性もある(他の原因もいくつか)。

いずれにしても、長距離をブッ飛ばすのは危険だな。

先週末ごろ気付いて、エアコンかけていると気にならなかったのでそのままにしておいたら、昨日の帰りとかにも出ていた。

今朝、少し乗って、出なければそのまま成田行きにしようかと思ったが、ちょっとリスキーなので持ち込んだらお預かりということになった。

最悪、ポセイドンとバックアップのサイドマウントBCをボクスターに積んで、成田に行かなければならないかもしれない。

いや、最悪なのは、そのまま強行して、飛行機に間に合わなくなることだな。

あり得る話だ・・・。

まあいい。

大したことなければ、週明け火曜日の引き取りで間に合う。

水曜の午後1番でもギリギリOK。

無理せず、徹底的に直してもらおうと思っている。

実用車だからな。

実用にならなければ話にならない。

うーん、やっぱ、こういう時に頼りになるのはボクスターだ。

手元に置くなら、これしかないか・・・。

21世紀のクルマだしな(2003年型)。

走行距離少なく、維持費も安い(排気量最低)。

いざという時に2人しか乗れないことを除けば、足車にもなる。

しかしなあ、これ1台じゃあな。

もう少し手元には置くけど、やはり、いつかは手放そう。

500Eには、頑張ってもらわないといけない。

終(つい)のクルマは、やはり83タルガしかなかろう。

20世紀のクルマだがな。

さて、J-AUTOから上野毛までの途中には、わが国唯一のAMG専売ショールームがある。

(世界初のAMG専売店、AMG東京世田谷をオープンいたしました。)
https://www.amg-tokyosetagaya.jp/whats_new/30

おっと、世界初か。

2階建てで、1階に受付のおねえさんが一人いる。

他のスタッフはサボっているのか、隠れているのか、出かけているのか、そもそもいないのか・・・。

まあ、どうでもいいんですが。

1階と2階にクルマが置いてあって、2階はサーキット風の設えになっている。

縁石がタイヤで擦られて汚れた感じまで出ていて、ほほうと感心する。

浮沈子には縁のない価格帯のクルマなので、大人しく一回りして、さっさと退散した。

AMGは社内ブランドなので、BMWのMシリーズのようなもんだな。

で、上野毛から自由が丘経由でみなとみらいへ。

(三菱みなとみらい技術館)
http://www.mhi.co.jp/museum/

お子様でも楽しめる(つーか、お子様でも飽きる?)分かりやすい展示。

陸海空を制する三菱の根性籠った展示内容だ。

飛行機あり、ロケットあり、風力発電あり、原発あり(北海道の泊は三菱だからな)、しんかい6500あり、えとせえとせ・・・。

(原子力発電所と原子炉メーカー:追加)
http://ameblo.jp/life-is-beautiful-2010/entry-10847847492.html

「三菱重工のみ抜粋:
・北海道電力 泊原発(PWR)
・関西電力 美浜原発(PWR)
・関西電力 大飯原発(PWR)
・関西電力 高浜原発(PWR)
・四国電力 伊方原発(PWR)
・九州電力 玄海原発(PWR)
・九州電力 川内原発(PWR)
・日本原子力発電 敦賀原発2号(PWR)」
(建設中を除く)

おっと、結構あるな(追加ここまで)。

入館料は500円。

券売機で買うのが大変だったが、なんとか買えた(お子様用に、表示部が低いのと、字が小さいので老眼鏡必須だ)。

無料の音声ガイドも調達して、10項目余りの音声を聞く。

(音声ガイド(有料))
http://www.mhi.co.jp/museum/information/voiceguide.html

「価格:100円(税込)」

いや、今日は無料だったな。

一応、100円玉を握りしめていたんだが、受付の方は、無料だと言って受け取らなかったしな。

その代わり、大した内容ではない。

あってもなくても同じだ。

印象的だったのは、2階の原子炉の展示だ。

三菱は加圧水型(PWR)なので、その模型を展示していた。

うーん、やっぱ、諦めきれないんだろうな。

火力発電の高温タービン(1600度対応)の模型も、2階にある。

風力発電の風車や、地熱発電の模型・・・。

1階は乗り物系だからな。

概ね話はわかっている。

LE-7とLE-7A(実物)が並べて展示してあり、比較できるようになっているんだが、どっちもごちゃごちゃしていて、溶接個所が減っていると言われても、良く分からない。

1万3000メートル相当の圧力下で圧壊したチタン合金の試験体の現物とか、ちょっとビビる展示もある。

浮沈子的には、500円と交通費、飲み物代(ペットボトル:館内では飲めません)の価値はあったな。

夏休みに行くところがなくて、ガキ連れて安く上げたいならお勧めかもしれない。

大人は、飽きるかもな。

30分が限界だ。

2階のマルチスクリーンでは、エネルギー関係の映像を流していた。

うーん、その位かな。

川崎の東芝の博物館の方が、遥かに見応えがあった。

(東芝未来科学館)
http://toshiba-mirai-kagakukan.jp/

大人向けの展示だからな。

一緒にしてはいけない。

それにしても、三菱重工はアウトリーチが上手いとは言えないな。

品川の東京本社の展示も、取って付けたようなところがある。

お役所よりも官僚的といわれる、体質の問題かもしれない。

明日はフィットネス再開。

耐圧通したアルミタンクの引き取り。

今日は、酔い止めの調達も済ませて、着々と準備は進む。

ああ、軍資金の手配か・・・。

どうせ、空港でドタバタと両替することになるんだろう。

今回は、時間に余裕が少ないからな。

出来ることはしておいた方がいいかも知れない。

おっと、イーロンマスクが怪しげな発言をしているぞ!。

どれどれ・・・。

やっとで梅雨明け2017年07月20日 06:20

やっとで梅雨明け
やっとで梅雨明け


昨日(7月19日)、関東地方はようやく梅雨明けした。

平年(7月21日)より2日早いが、ははは、もう7月初旬から東京は梅雨明けだ(個人的見解)。

連続する真夏日、立て続けの熱帯夜(今朝は、24.9度ですが)で、渇水情報(荒川水系)もあり、今更梅雨明け宣言されてもな・・・。

まあいい。

(平成29年の梅雨入りと梅雨明け(速報値))
http://www.data.jma.go.jp/fcd/yoho/baiu/sokuhou_baiu.html

「平成29年の梅雨明け:
地方:関東甲信
平成29年:7月19日ごろ
平年差:2日早い
昨年差:10日早い
平年:7月21日ごろ
昨年:7月29日ごろ」

速報値だからな。

秋の確定値は、変更になるかもしれない。

(大暑)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E6%9A%91

「快晴が続き、気温が上がり続けるころ。『暦便覧』には「暑気いたりつまりたるゆえんなればなり」と記されている。」

暑さ極まるという感じか。

今年は7月22日だそうだ。

ちなみに土用丑の日というマーケティングツール(?)があって、今年は7月25日と8月6日となっている。

(2017年の『土用の丑の日』の日にち)
https://tashlouise.info/%E9%80%9A%E5%B9%B4%E8%A1%8C%E4%BA%8B/%E5%9C%9F%E7%94%A8%E4%B8%91%E3%81%AE%E6%97%A5/1320.html

まあ、どうでもいいんですが(うな重食いてー!)。

今年も、日本の暑い夏が本格化してきた。

「小暑と大暑の一か月間が暑中で、暑中見舞いはこの期間内に送る。」

もう、何十年も暑中見舞いを書いたことはない。

残暑の期間の方が長いので、暑くなり出したとたんに見舞いをもらうのもどうかと思うがな。

航空機の座席も満席で、グアム行きはビジネスクラスになった。

ちょっとタイミングを外してしまったな。

それでも、台風シーズン前に設定できたのは良かった。

台風といえば、高緯度まで海水温が高いので、日本近海に怪しげな雲が見られる。

ちなみに、船舶安全法に定める近海区域はこちら。

(近海区域・遠洋区域)
http://www.jci.go.jp/areamap/pdf_etc/kinkai_enyou.pdf

もちろん、もっと日本に近いところという意味で使っている。

どっちかといえば、このスケールくらいか。

(沿海区域 ・ A2水域 ・ N‐STAR衛星船舶電話の通話可能水域)
http://www.jci.go.jp/areamap/pdf_etc/enkai_a2.pdf

インターネット衛星が飛び交う時代になれば、世界中どこでも高速通信が可能になって、この図も様変わりするだろうな。

地球温暖化は、原因は別としても着々と進行している。

海水の膨張などによる海水面の上昇で、沿岸の地図も大いに変わって来るに違いない。

日本沈没だな(そこまでいくかあ?)。

(温暖化で海面上昇するとどこが水没するのかがわかる地図「Global Sea Level Rise Map」)
http://gigazine.net/news/20160113-global-sea-level-rise-map/

ちなみに、浮沈子の近所は13mまでは大丈夫だ(そういうことかあ?)。

試しに60mまで水没させてみても、世界地図はあまり変わらない(そうかあ?)。

安心して温暖化ガスを撒き散らすことにしよう・・・。

占有2017年07月19日 19:53

占有
占有


今日は、國富のプールを竹内さんと占有する。

我々だけ。

午前中だけのつもりが、午後も水遊び(!)。

いろいろスキルをやらせて頂いたり、SMS50の調整をして頂いて、お世話になりっぱし。

午後の2本目は、バンジーが切れたが、テキトーに水中で結んで凌ぐ。

テクニカルダイバーがテクニカルなことをしているのを見るのも勉強だ(竹内さんは自主練習)。

浮沈子の癖とかも指摘していただいた(フロッグキックで、右足が動いていない?)。

まあいい。

そんなはずはないのだが、そう見えるということだな。

他にもいろいろお願いして、今日は夕方にお開き。

朝から器材を運んだり、現地で調整したりして、重労働だな。

ポパイ(中華屋のような、定食屋のような)でアジフライ定食を平らげる。

糖質たっぷりのメニューだが、それ相応のエネルギーは消費したはず(220バールくらい?)。

使わせていただいたアルミタンク(11リッター)で、ウエイトのバランスやBCのタンクバンドの位置(もちろん、バックマウント)などをチェックできた。

バックマウントでは、ウエイトベストで上のポケットに左右1kgずつ入れて、後はウエイトベルトで調整すればいい感じだ。

サイドマウントは、逆に下のポケットに左右1kgずつ入れて、ウエイトベルトでちょうどいい。

サイドマウントのタンクベルトの位置も調整する。

まあ、タンクのバランスにもよるんだろうが、下過ぎていた位置を調整した。

やっぱ、アルミタンクは慣れているだけあって、扱いやすい。

来週は、ポセイドンでグアム直前チェックダイブを入れた。

目の回るような忙しさ・・・。

明日は、フィットネスが休みの日。

心置きなくサボれる。

それでなくても、筋肉痛が・・・。